« 錦織 チリッチに完敗 準優勝 展開の早さ、サービス力 | トップページ | チリッチ 挑戦者だからできた勝利の法則 テニスの原点 »

2014年9月10日 (水)

男子ダブルス 当然のブライアンズ 100勝目 USオープン2014

USオープン ブライアンズ通算100勝目 ダブルス 陣形
 男子ダブルスの歴史ですね。
 通算100勝目
Bb100

  

 男子ダブルス ブライアン.ブラザーズ グラノラー,ロペス組の面白い試合
 ボレーのウィナー アンフォーストエラー
 パッシングショットの争い。

 女子ダブルスとの違い
 ダブルスはネットプレーが増えるが、
 男子ダブルスは段違いにネットプレーヤーのポイントが多い。

 印象的だったのは、マッチポイントの決め方。
 ブライアン.ブラザーズがポーチで決めました。

ブライアンズ 1stサ-ビス
 右サイドBbpoint1ser

 サービスを
 ボディに
 リターンに
 角度を
 つけさせないためです。

レシーブのM.グラノラー
 バックハンドも得意で、Bbpoint2re

 バックで処理、
 大事に
 逆クロスに
 安全策です。

ブライアンズのポーチ
 相手がBbpoint3oc

 安全策
 マッチポイント
 セオリー通り
 ポーチです。

 相手は後衛陣で
 センターが大きく空いていました。
ダブルスのセンターセオリー
 

 ただし、ブライアン.ブラザーズには
 ウィンブルドンのダブルスでカナダ・アメリカペアに負けた 時の嫌な印象があります。
 
 それは、サイトをご覧ください。大胆ですよ。
 その後、このペア、注目の強さです。
 V.ポスピシル、J.ソック組です。

 きっとブライアンズにはしっかり印象に残っていたと思います。
 それをしっかりポーチで決めました。
Bbscore

 ブライアン.ブラザーズはトッププレーヤーの男子ダブルスの典型で、
 前衛陣を主体に戦います。
 1stサ-ビスは、100%、サーブ&ボレー。
 2ndサービスでも50%以上は出るでしょう。

 一方の グラノラー,ロペス組は、変幻自在なペア
 
 まあこのペアの試合を見ていると、すべての陣形が見れます。
 動画がありますから、ご参考に。
 
 後衛陣、前衛陣、雁行陣、陣形は自由自在。
 フェイント、
 ボールを返すコースも予測とは違ったところに返すペアです。
 特にM.ロペスは、ダブルスのマジシャン。

 ブライアン.ブラザーズは、相手の動きに惑わされることなく、
 自分たちのダブルスを貫き通しました。

 速い展開でのウィナーはブライアン.ブラザーズ。
 
 ネットプレーのウィナーは相手のグラノラー,ロペス組が上回っていますが、
 ネットプレーのミスは、ブライアンズが圧倒的に少ないです。

Bbfinalstats


 安定指数で勝つ  
 トッププレーヤーはウィナーを狙います。ミスを恐れず。
 一般プレーヤーはミスを恐れて欲しいのです。
 自滅を減らしましょう。

ダブルスの陣形を使いこなそう
 ダブルス陣形の基礎  

 ダブルス 陣形は動くもの
  


 女子ダブルス、フレッシュ・ロシアン・ペアが実力アップ。ベテランのヒンギスパネッタペアに勝ちました。
 

 錦織圭も準優勝ですごかったですが、
 クルム伊達ペアもベスト4ですよ。 大拍手です。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 今ならダブルスフォーメーションブック プレゼント。
Lcdbmindsayingretbasic


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

USオープン便利なリンク集
 USオープン 公式サイト  

 ATP   

 テニス365

 クルム伊達公式サイト
 ダブルスに凄く参考になります。最高のブログですよ。


 お陰様で今日も人気ブログ1位、3位です。皆様のクリックに感謝です。
1位の記事 錦織圭、M.チリッチ戦、データが語る真実
 

3位 ジョコビッチ戦 データが語る、錦織圭の実力アップ
0910


 

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« 錦織 チリッチに完敗 準優勝 展開の早さ、サービス力 | トップページ | チリッチ 挑戦者だからできた勝利の法則 テニスの原点 »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

ブライアン.ブラザーズ」カテゴリの記事

コメント

朝練さん、おはようございます。朝はめっきり寒くなりましたね。僕はテレビ体操に切り替えました。
結構いい運動ですね。

投稿: 月さん | 2014年10月16日 (木) 08時13分

おはようございます。ブライアン.ブラザーズのダブルス好きなんですが、なんで有明で、勝てないんでしょうか?

投稿: 朝練 | 2014年10月14日 (火) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子ダブルス 当然のブライアンズ 100勝目 USオープン2014:

« 錦織 チリッチに完敗 準優勝 展開の早さ、サービス力 | トップページ | チリッチ 挑戦者だからできた勝利の法則 テニスの原点 »