« 錦織 初陣を勝ち抜ける 地元マレーに地力勝ち | トップページ | フェデラー 要所を締めて、ラオニッチ寄せ付けず »

2014年11月10日 (月)

錦織 勝利のデータ分析 ブレインゲーム

錦織圭のブレインゲーム  ATPの解説サイトで、僕が好きなのがブレインゲーム。
 テニスは戦略を地で行っている記事だ。
 錦織圭の事が取り上がられて、うれしい。

 良く登場するのが、N.ジョコビッチ、R.ナダル、R.フェデラーの3人だ。
 ラウンドロビン、次に当たるR.フェデラー この試合が一番の山場だろう。 勝つ予感がする。


 トッププレーヤーにとって、最大の武器はフォアハンド。
 それを証明したのが錦織圭だ。

 トッププレーヤーに限らず、テニスの選手のウィナーはフォアハンド。
 従って相手は相手の苦手のバックを狙う。
 バックのクロスコートのラリーが増える。

 ここからいつ、フォアに回り込むか。
 ここからゲームが動き出す。

 グラウンドストロークの数
 錦織圭 188本  A.マレー 191本。

 錦織圭が構えた時に、一度コースを隠すので、A.マレーは予測が難しかった。
 特にオープンスタンスの時は、読みにくい。
Keifsready


フォアハンドで打つ割合
 錦織圭は65%、A.マレーは44%。
 A.マレーも錦織圭のバックを狙っているが、錦織に上手く、回り込まれている。
 逆に、錦織は、A.マレーのバックを丁寧に攻めている。

Keifsrev


ストロークの速さ
 ラリーの速さは、それほど速くしない。自分の時間も奪うからだ。
 しかしゆっくりしたラリーの展開から、ウィナーを狙う時は早く打つ。
 ダウンザラインが良い例だ。
Keifspp


 この試合のテンポが重要だ。
 トッププレーヤーはこのリズム変化を上手く使う
 


 フォアハンド
 錦織圭は平均124km/h、A.マレーの116km/hを大きく上回っている。

バックハンド
 錦織圭114km/h   A.マレー103km/h

 一番速いストローク
 錦織圭177km/h   A.マレー 151km/h

 この数値で錦織圭がいかに速いかが良く分かる。

アンフォーストエラー フォアハンド
 アンフォーストエラー バックハンド
 錦織圭 7本 A.マレー19本

 A.マレーはアンフォーストエラーの少ない、デフェンス型の選手
 その選手よりも少ないのだから凄い。
 

 一般プレーヤーでは自滅は減らせが合言葉だが、
 トッププレーヤーでは、ミスを恐れず、攻撃せよ、となる。

 最高なのは攻めて、ミスが少ない事。
 A.マレー戦の錦織圭がまさに、それを実行した。
 
 特に第2セットは良かった。


ストローク上達3要素フィーリング自習
 

 錦織圭のストロークの進化、急激に伸びた。

 ストロークで考えたい基本 レディポジション
 
 ストローク ボールの回転を覚えよう。
トップスピンマスター 
スライスマスターカード

 オープンスタンスとスクエアスタンス 違いは?


ネットプレー
 錦織圭は、M.チャンコーチと、ネットプレーの練習を相当に増やしていた。
 トッププレーヤーの練習風景  ハイライト動画

 
 ストローク戦で優位に立ち、仕上げはネットプレー、この展開を意識しているのだ。
 錦織圭 14回。 A.マレー たったの3回
 ポイントは8回で確率は良くないが、ネットに詰める事で相手に大きなプレッシャーを与える事が出来る。

 錦織圭のネットプレー ダブルスも上手いのが、錦織圭
 


 2ndサービス 錦織圭が勝った大きな要素はここ。
 錦織圭は、致命的と思われる8本のダブルフォールトを犯しながら、50%ポイントをとっている。
 しかるにA.マレーは、27%しかポイントが取れていない。

 Kei Brain Game  Kei in Command


 ブレインゲーム N.ジョコビッチ編
  
 R.ナダルからNO1を戻した武器。

 ブレインゲーム R.ナダル編 


 ブレインゲーム R.フェデラー編


 錦織圭 A.マレー ハイライト動画

 次は、M.ラオニッチを下したR.フェデラーと対戦する。
 試合の予測は明日、アップする。お楽しみに。

  作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート


ATPファイナル、グループ分け

ATPトッププレーヤーが良く分かるリンク集
 ATP公式サイト
ATPファイナル 公式サイト 

グループB
 R.フェデラー公式サイト 
 錦織圭 公式サイト


 A.マレー公式サイト   
 M.ラオニッチ公式サイト 
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法
 
 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織 初陣を勝ち抜ける 地元マレーに地力勝ち | トップページ | フェデラー 要所を締めて、ラオニッチ寄せ付けず »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

分析」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

ATPファイナル」カテゴリの記事

コメント

ユモレスクさん、おはようございます。
錦織圭選手をそのまままねるのは難しいし、意味がないです。トッププレーヤーはF1サーキットの感じでラリーしていますから。
身体も痛めます。イメージをつかんで、動きの基本を真似ましょう。レディポジション、動き始め。フットワーク、打点の入り方。そして次のレディポジションへの戻り方ですね。スウィングだけを真似する人が多いですから

投稿: 月さん | 2015年5月20日 (水) 09時05分

こんばんは。錦織圭選手のバックハンド、速いですね。
速攻、格好いいなあ。真似をしたいけれど。

投稿: ユモレスク | 2015年2月25日 (水) 18時19分

こんばんは。ブレインゲームって? 具体的には、どんな作戦ですか?

投稿: 万年中級者 | 2014年11月11日 (火) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 勝利のデータ分析 ブレインゲーム:

» フェデラー 要所を締めて、ラオニッチ寄せ付けず [テニススキー徒然草 フィーリング編]
錦織と同じブロックのトップ、R.フェデラー、ビッグサーバーのM.ラオニッチと対戦。直前い初めてM.ラオニッチに敗れている。どんな戦いが展開されるのか。錦織圭は次にR.フェデラーと対戦する。データが欲しいところだ。... [続きを読む]

受信: 2014年11月11日 (火) 13時13分

« 錦織 初陣を勝ち抜ける 地元マレーに地力勝ち | トップページ | フェデラー 要所を締めて、ラオニッチ寄せ付けず »