« ダブルス スイスを勝たせた 有名コーチ | トップページ | トップスピンロブ 打ち方 フェデラーを参考に »

2014年12月 7日 (日)

ダブルス 典型的な陣形勝負 ブライアン.ブラザーズ

ダブルスの面白さ 陣形変化 前衛陣vs変則陣形
 ダブルスの総力戦 男子ダブルスの典型ブライアン.ブラザーズ
 変則ダブルスの典型 グラノラー,ロペス組
 ダブルスのいろいろなチームがありますが、僕の好きなダブルスは、
 正統派としては、ブライアン.ブラザーズ、
 もう一つがグラノラー,ロペス組の変則ダブルスです。
 展開が読めないくらい、いろいろやってくる。
 特にM.ロペスのテニスが秀逸です。

 変則陣形には変則陣形。速攻には速攻、そのダブルスの展開が面白いですね。

 ブライアン.ブラザーズのコーチ、D.マクファーソン、フェデラー、バブリンカのスイスのペアを、短期ですが指導しました。
 D.マクファーソンって?

 その効果絶大、ハイライト動画を見て分かります。
 二人の強引さが、見事なコンビネーションに変わりました。
 デビスカップのスイスペア

 ダブルス、陣形駆使の面白さ 
 ダブルスの陣形を知ろう 陣形の基本 
  

 グランドスラムのどこかの試合のスタッツを出しておきました。
Dbbrayansue


 不覚にも、どの試合だったか記録を残しませんでした。
 今度チェックしておきます。

 ダブルスの面白いデータが残っています。
 ブライアン.ブラザーズは攻撃的で、まず前衛陣です。
 リターンゲームでも虎視眈々と前を狙います。

 結局ダブルスも安定性が重要

ダブルスの基本陣形
Dbbasicfor1

 

 ブライアン.ブラザーズの攻撃テニス
 

 一方の グラノラー,ロペス組は、変則陣形を多用 します。
 

 ブライアン.ブラザーズの前衛陣に対抗して、陣形をめまぐるしく変えます。
 これが面白いのですが。

 試合のスタッツで見ると、アプローチショット、ドロップショットの記録がありませんが、
 これはウィナー、アンフォーストエラーがないという事で、
 次のラリーになっているという事です。
 このペアが戦ったら、
例えばブライアン.ブラザーズはリターンゲームで必ずアプローチショットを打って前に出ます。
 グラノラー,ロペス組で言えば、後衛陣でロブで相手を下げたら、必ず前に出ていますから。

 彼らの共通点は、相手の1stサ-ビスでは、後衛陣で必ず守っていること。
 ここから始めます。
 ただし後衛陣のままいることはなく、チャンスボールで攻撃に転じます。

2ndサービスでは、リターン側の前衛は出ます。
 リターンが沈んだら、まずポーチを狙いますね。
 ブライアン.ブラザーズは1stサ-ビスは必ずサーブ&ボレーです。

 サービスの陣形の時に、ブライアン.ブラザーズはI.フォーメーションをかなり使います。相手のダウンザラインでもしっかりポジションチェンジします。

 グラノラー,ロペス組はロペスが前の時に、I.フォーメーションを使いますね。
 I.フォーメーションの使い勝手
 

 後衛陣の使い勝手

 お互いにI.フォーメーションの対策できていますが、
 はまるとポイントがきれいに決まります。

Sayingdb2backkeimonaco


 テニスのスタイルは、ブライアン.ブラザーズの方が攻撃的なんですが、ボールのつなぎは丁寧です。
 グラノラー,ロペス組の方は、奇想天外、つなげる時はゆっくり、
 攻撃の時は一気に仕掛けてきますね。
 それが面白いです。

2013 ATPファイナル ブライアン.ブラザーズを破ったスペインペア
 

グラノラー,ロペス組 ブライアン.ブラザーズ破った


 2012 ATPファイナル ブライアン.ブラザーズ グラノラー,ロペス組


 ダブルスに強くなる レッスンマニュアル ダブルス用のレッスンで、陣形、ショットを覚えよう。
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


Db112


 サービスドリルもたくさん紹介。
 ジュニア、シングルス、ダブルス陣形ドリルと豊富です。今ならダブルスフォーメーションブックかメンタル.タフネス上達法、冊子プレゼント


 サーブ&ボレーをマスターしたい方に
 上達のレッスンカード サーブ&ボレー 速攻の勧め

 ダブルスの陣形も組み合わせて、覚えましょう。
 ダブルス陣形並行陣


テニスノート 2015 新発売
 テニス手帳2015年版 の進化 お客様のご要望にお応えしながら進化し続けています。
Courtzone

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ダブルス スイスを勝たせた 有名コーチ | トップページ | トップスピンロブ 打ち方 フェデラーを参考に »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

ブライアン.ブラザーズ」カテゴリの記事

コメント

ダブルス面白いですね。基本の陣形。それができたら、
それを利用して裏をかく。
さらに、裏の裏をかく。要するに駆け引き上手なんです

投稿: 月さん | 2014年12月20日 (土) 06時24分

ダブルス強くなりたいですね。いろいろ陣形、使ってみたいけれど、、、。

投稿: ダブルス愛好家 | 2014年12月 8日 (月) 08時16分

ダブルスを楽しみますが、まだまだ雁行陣から離られません。相手に崩されて、前に行くことはありますが。

投稿: 万年中級者 | 2014年12月 8日 (月) 07時08分

去年、F.ベルダスコが優勝したんですね。今年はだめですか?

投稿: 万年中級者 | 2014年12月 7日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 典型的な陣形勝負 ブライアン.ブラザーズ:

» ダブルス スイスを勝たせた 有名コーチ [テニススキー徒然草 フィーリング編]
スイスのデビスカップ、ダブルスチーム、R.フェデラー、S.バブリンカを指導したコーチ。それがブライアン.ブラザーズの専属コーチD.マクファーソン。ダブルスの強化のヒントを短時間に指導した。さすがプロのコーチ。ドンなところが変わったかを、報告する。... [続きを読む]

受信: 2014年12月 8日 (月) 07時15分

» ダブルス 上達エッセイ 変則陣形に慣れよう [テニススキー徒然草 フィーリング編]
もう年末ですね。クリスマス直前。僕はテニスクラブの忘年会、その前にブログをアップ。ダブルス上達のエッセイを連載します。今日のプレーをイメージしながら。 [続きを読む]

受信: 2014年12月21日 (日) 10時45分

« ダブルス スイスを勝たせた 有名コーチ | トップページ | トップスピンロブ 打ち方 フェデラーを参考に »