« 錦織 2014強さを分析 サービス力 ゾーン | トップページ | 試合直前の練習 新しい事はしない 自信を高めるために »

2014年12月21日 (日)

ダブルス 上達エッセイ 変則陣形に慣れよう

ダブルス 上級者への道 ダブルス上達エッセィ
  変則陣形に慣れよう。
 普段見慣れないから変則に見える。
 でも相手の意味が分かれば、合理的な陣形。
 ダブルスのMoondb1pointsmall

ペアで組み始め、
 さらにダブルスの
 面白さにはまった。
 そんな方が、ぶつかる最初の壁が、
 対戦して、それほど強さは感じないのだが、勝てない相手だ。
 結果的には、実はそれは上手さの秘密なのだが、なかなか気づきにくい。
 そんな中級者から上級者に向かっているダブルスのペアに、
 陣形を駆使した作戦をお伝えしたい。


 雁行陣では勝てない事を感じるようになった。
 並行陣を使えるが、相手にかわされてしまう、そんなペアにも強力な武器となるはずだ。

 動画で USオープン S.エラーニ、R.ビンチ、ペア vs D.ハンチュコワ M.ヒンギス
 の対戦を紹介する。
 非常に面白い動画だ。
 試合前の練習もあるので、ショットの参考にもなる。


変則陣形を習熟しよう

 ダブルスも相手が上手くなるといろいろな陣形を駆使するようになる。
 雁行陣から並行陣を使いこなし、
 さらに変則陣形の名人になろう。


 まずはしっかりダブルスの基本をマスター、復讐しておこう。
 
Serre4forlow

 ①:通常の雁行陣。陣形としては、たまたまサービス、レシーブ時の陣形と考えると合理的。

 ②:月さん、命名のプレスフォーメーション。前衛がセンターにより、相手にプレッシャーをかける。

 ③:I.フォーメーション、前衛がコートの中央に位置、(サービスが当たらないよう、低く構える事が多い)
  サインプレーで左右に動くか、センターを待つ。

 ④:オーストラリアンフォーメーション サーバーと前衛が同じ側に立つ。最近は余り見られない。
 相手のリターンが上手い場合、使い分けて欲しい。

月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 そして基本陣形を整理 しておきたい  

 変則陣形の使い勝手の良さは、相手が戸惑う事にある。
 打つプレーヤーに何をしてくるんだろう、と判断を鈍らせることだ。

 多くはレシーバーへのプレッシャー、同時に相手ペアに、戸惑いを与える。
 レシーバーが上手い場合に使われることが多い。

 前衛がいろいろなポジションに立つことで、相手に考えさせるのだ。

 サービス、レシーブの陣形と思って欲しい。
 変則陣形には、オーストラリアンフォーメーション、
 I.フォーメーション、
 プレスフォーメーションがある。

 前衛がサーバーを同じ側に立つのが、オーストラリアンフォーメーション
 前衛が中央に立つのが、I.フォーメーション
 前衛が、センター寄りに立つのがプレスフォーメーション

 オーストラリアンフォーメーションは、リターンの上手い、特にクロスリターン、
 前衛が最初からロスを塞ぐフォーメーション。
 ダブルスプレーヤーは ダウンザラインはあまり得意ではない。
 シングルスプレーヤーはダウンザラインが上手い。

 I.フォーメーションは前衛がネット中央に位置(サービスが頭を直撃しないように、低い姿勢)
 レシーバーに左右どちらに返そうか、判断を鈍らせる。

 プレスフォーメーションは雁行陣の前衛を、かなりセンターに寄せ、
 クロスケアを相手に示すことで、リターンを考えさせる

 いずれのフォーメーションでも重要なのは、ペアリング
 

 サーバーと前衛がの意思疎通が重要。
 サービスのコースを決め、(自由でも良いが、決めた方が動き易い)
 前衛は左右どちらかに動く。
 ポーチで仕留める事が出来れば最高。
 ストレートを抜かれても、サーバーはポジションチェンジしているので安心だ。
 これがサインプレーの妙味だ。

  ダブルスならではのサインプレー
Signplaylow

  

 トッププレーヤーは、毎回サインプレー、
 言わなくても分かっているのが最高だけれど。
 ブライアン.ブラザーズの阿吽の呼吸
 

ダブルス上達
 レッスンドリル集   レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
  ダブルス試合形式練習が豊富
Tcser1alllow


 ダブルス上達ノート
  ダブルス強化ノート
 スコアをかけるノート
Db0


 ダブルス陣形編  

 勝利の法則ダブルス
 テニス上達のテニスノート システム手帳
テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

ソフトテニスシステム手帳 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

 2013 USオープン S.エラーニ、R.ビンチ、ペア vs D.ハンチュコワ M.ヒンギス


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織 2014強さを分析 サービス力 ゾーン | トップページ | 試合直前の練習 新しい事はしない 自信を高めるために »

エッセー」カテゴリの記事

エラーニ」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

ペア」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。菅平からの発信です。スキーは楽しい。テレビでオーストラリアンオープンを見てのスキー。ぜいたくでしょう。
スキー、団体で、中学、高校生を教えていますが、いろいろ教えられることも多いです。
今年も、生徒に恵まれています。

投稿: 月さん | 2015年1月26日 (月) 06時19分

4つの陣形が良く分からないのですが。
よろしくお願いします。

投稿: えーと | 2014年12月24日 (水) 18時16分

こんばんは。I.フォーメーション、ユーチューブで見ます。
男子ダブルスの1stサ-ビスはこれが多い。

投稿: 万年中級者 | 2014年12月22日 (月) 21時44分

おはようございます。女子ダブルスでも変則技は必要ですか?

投稿: 生徒A | 2014年12月22日 (月) 09時09分

ダブルスのエッセイ、楽しいです。次に期待です。

投稿: まっちゃん | 2014年12月21日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/60842576

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 上達エッセイ 変則陣形に慣れよう:

» コロンビアに逆転負け デビスカップ ダブルス 王手をかけられる [テニススキー徒然草 フィーリング編]
デビスカップ、コロンビア戦、ダブルス。出だしタイブレークでとった日本ペア。しかしそこから一気に攻撃されて逆転負け。相手はベテラン、スペシャリスト。日本は若手。しかしいつかは経験しなくてはならない。ダブルスの面白さ、醍醐味を紹介したい。強い相手には、孫子の兵法なのだ。... [続きを読む]

受信: 2015年9月20日 (日) 16時49分

« 錦織 2014強さを分析 サービス力 ゾーン | トップページ | 試合直前の練習 新しい事はしない 自信を高めるために »