« デビスカップ 日本 カナダ戦 予想 アウェイのプレッシャー | トップページ | デビスカップ2015 フランス、イギリス、セルビア 王手 »

2015年3月 6日 (金)

日本 カナダ戦 デビスカップ 明日早朝から 伊藤、錦織がトップバッター

デビスカップ 日本 カナダ戦 明日朝 激突 
デビスカップ 日本対カナダ戦のメンバーが発表された。
 ただこのメンバー、選手の調子、流れなどで、前日に変更が可能だ。

 デビスカップではコーチングが可能。
 テニスは一般的には、試合中のコーチングは出来ない。
 しかし、団体戦のデビスカップでは、コーチはベンチの横に座り、チェンジエンドの都度、
 アドバイスが可能。そこでコーチングも重要になってくる。
 選手は目の前のポイントに集中するので全体が見えにくい。
 客観的な流れも見失いがち。

去年のスイス優勝の牽引者
R.フェデラーの戦い方
  
  

 テニスの流れを知り、
 テニスのアドバイスはビジュアルに


 デビスカップのキャプテン、3日間の選手の起用法など、難しい点も多い。
 重圧のかかるデビスカップのキャプテン。
 コロンビア戦での采配は見事

デビスカップは5セットマッチの長丁場、選手の心.技.体が試される。過酷な戦いだ。
  デビスカップはテニスのワールドカップ

 初日はシングルスのNO1対NO2が対戦する
 二日目はダブルス
 3日目にNO1,NO2同志が激突する。

 初日第1試合
 日本は伊藤竜馬が カナダのNO1 M.ラオニッチに挑む。
 サービス力の対決で、速い、早い展開になる事必死。
 伊藤竜馬は楽天オープンで、当時。飛ぶ鳥を落とす勢いのS.バブリンカを破った試合を思い出して欲しい。
  
 

 錦織圭はカナダのNO2  V.ポスピシルとの試合。
 日本は絶対に落とせない試合。それが錦織圭に、変なプレッシャーにならないと良いのだが。

Dcup


 錦織圭の良さは、逆境に強い事。
 特に ファイナルの強さ は、誰もが恐れている。
 

 注目のダブルス
 日本は、添田豪、内山靖崇組が D.ネスター、V.ポスピシル組に挑戦する。
 ダブルスのスペシャリスト二人組に捨て身で向かうしかないだろう。
 日本はダブルスが苦手、しかし、日本人は性格的に、ダブルスは強いはず。
 協調性があるからだ。

Lcdbvolookbig

 ダブルスで勝つコツ。相手に前衛を大きく見せる事。

 

 第3日 
 錦織圭対、M.ラオニッチのNO1同士の激突。
 実力も近いし、大接戦になるだろう。
 伊藤竜馬対V.ポスピシルの試合。

 デビスカップ 日本 カナダ戦 公式サイト
  

 デビスカップが分かる、情報集


 デビスカップ、日本対カナダ戦予想

 テニス作戦ボード2画面マグネット、スコア画面 Allstaffscorebird


 


★☆★   デビスカップが良く分かるサイト ★☆★
 ITF デビスカップ公式サイト  

 JTA デビスカップ日本チーム  

 wowow オンラインデビスカップ

 wowowで3月7日(土)、午前6時45頃からライブで中継。
 8日のダブルスは 5:55
 9日のシングルス、錦織圭、M.ラオニッチは 4:55


 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« デビスカップ 日本 カナダ戦 予想 アウェイのプレッシャー | トップページ | デビスカップ2015 フランス、イギリス、セルビア 王手 »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

コーチング」カテゴリの記事

デビスカップ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

コメント

デビスカップですね。なんだか緊張します。
コートが速いそうですね。

投稿: まっちゃん | 2015年3月 6日 (金) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本 カナダ戦 デビスカップ 明日早朝から 伊藤、錦織がトップバッター:

« デビスカップ 日本 カナダ戦 予想 アウェイのプレッシャー | トップページ | デビスカップ2015 フランス、イギリス、セルビア 王手 »