« フェドカップ 森田 踏ん張り 2-2のタイに | トップページ | 錦織 バルセロナ2015 クレーコートに登場 去年は優勝 »

2015年4月20日 (月)

フェドカップ 日本のダブルス アザレンカに敗れる

テニス 女子 国別対抗戦 フェドカップ2015

フェドカップ 最終ダブルス
 フェドカップ、ワールドグループ2部への復帰をかけた日本。
 残念ながら、大健闘したが、ベラルーシ、と言うか、V.アザレンカ一人に敗れた。

 フェドカップ 初日
 1勝1敗 奈良くるみの頑張り.V.アザレンカは楽勝。  
 二日目 シングルス  
 1勝1敗 森田あゆみの頑張り。V.アザレンカは楽勝。
 フェドカップって? 特徴は?
Fcjapanstats


 ダブルスは青山修子の居る日本に分があると考えていた。

 ベラルーシもエースを投入、まさかのV.アザレンカだ。
 アザレンカ、ダブルスも上手い。オリンピックでベラルーシを優勝に導いている。
 2012 ロンドンオリンピック
 

 日本は、ダブルスにスペシャリスト、青山修子、そして急遽抜擢の森田あゆみをエントリー。
 しかし、シングルスに後がない、日本は森田あゆみをシングルスに起用。

 シングルスフルセット、3時間近くを戦ってきた。
 疲れもピークだろう。

 第1セット、V.アザレンカペアが押し込む。
 お互いに1stサ-ビスのポイント獲得率が良くない。
 特に日本は36%。これでは勝てない。

 日本の方がブレークチャンスは多かった。8回、しかし活かせたのは2回。
 7回のチャンスを3回活かした、ベラルーシが、
 試合をもぎ取る。
 ダブルスもブレーク合戦の様相。

 シングルスと比べると、ネットプレーが増えるし、ポイントも多くなる。
 要所で、ネットプレーの確実さが必要になる。

 ダブルス勝利の法則 陣形を駆使する。
 

 女子ダブルスの新しい形 ヒンギス、ミルザペア
 
Fcdbstats


 第2セット、日本がブレーク、しかしすぐにブレークバックされる。

 再びブレークされて、リードを許す。
 ベラルーシ 5-4 マッチゲーム
 マッチポイントを許す。40-30
 しかし日本、踏ん張りデュース。 ブレークバックのチャンス。
 しかしデュース。逆に再びマッチポイント。

 ベラルーシに負けたというよりはV.アザレンカ一人に負けた日本だった。
 しかし、これからの良い材料として、森田あゆみの復活がある。
 ランク50位以内に入るには、1年はかかるだろう。
 頑張って欲しい。

Fcdbaomori


 V.アザレンカの魅力
 基本通りのテニス。 
Fcdbviva

 急きょ出場のダブルスでもペアを引っ張る。
 国のために頑張ると。次も頑張って欲しい。


 叫び声は何とかして欲しい。M.シャラポワ戦が一番うるさい。

★☆★ 国別対抗戦フェドカップが良く分かるリンク集 ★☆★
 ITFフェドカップ ワールドグループ2部 プレーオフ
 
 ITF フェドカップ 公式サイト  

 フェドカップ日本チーム 公式サイト

 テニス365

ダブルス強化ノート
A5memoc2wbmatchc2


 ダブルス陣形編

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”
 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« フェドカップ 森田 踏ん張り 2-2のタイに | トップページ | 錦織 バルセロナ2015 クレーコートに登場 去年は優勝 »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

森田あゆみ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

アザレンカ」カテゴリの記事

フェドカップ」カテゴリの記事

青山修子」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。デビスカップ、フェドカップ、日本イマイチですね。強い選手が二人必要ですか?
 女子はシングルス重視?

投稿: まっちゃん | 2015年4月20日 (月) 18時45分

おはようございます。フェドカップ、見たかったですね。
アザレンカ、やはり格上ですかね。

投稿: 万年中級者 | 2015年4月20日 (月) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェドカップ 日本のダブルス アザレンカに敗れる:

» クレーコート ドロップショットの使い勝手 ジョコビッチ ナダル [ショップブログ]
モンテカルロ ドロップショットの使い勝手  スポーツって面白い、スキーは名残惜しいですが。  今日はフィギュアスケート、ボクシングで日本選手活躍の記事が出ていました。   今日のイイね!  先日はゴルフの松山ですね。  R.フェデラー、S.バブリンカの敗退で波乱含みのモンテカルロ。  N.ジョコビッチがT.ベルディフをフルセットで破り優勝。   クレーコート、目立ったのは、ドロップショットの使い勝手。  クレーコートはボールが弾んでから減速する。  だから頑... [続きを読む]

受信: 2015年4月20日 (月) 06時09分

« フェドカップ 森田 踏ん張り 2-2のタイに | トップページ | 錦織 バルセロナ2015 クレーコートに登場 去年は優勝 »