« USオープン2015 日本選手 本戦出場者 錦織は第4シード | トップページ | 西岡 USオープン 初戦突破 フルセット勝ち 守りきる »

2015年9月 1日 (火)

錦織 身体のキレに欠き、ペールの展開に巻き込まれる USオープン、初戦負け

USオープン2015 本戦 錦織圭登場、しかし
 錦織圭は第4シード、強さの賭け率でも4位。実力を求められていた。
賭け率1位は、ダントツでジョコビッチ、2位3位がR.フェデラー、A.マレー、4位、錦織圭、5位、S.バブリンカ
 錦織圭の前評判、USオープン2015情報いろいろ

フルセットで負け 相手はドロップショットの達人 B.ペール
 大味な展開。錦織圭はリズムがなく試合を作れなかった。
 マッチポイントを握りながら。
 錦織圭の試合を相手にやられた。
 4-6, 6-3, 6-4, 6-7 (6-8), 4-6
Keipairescore


 試合前の予測。リターンでは競るだろうと。

 試合時間は短い。つまり余りラリーがないと言う事。
 サービス、リターン、その次位で決まる事が多かった。

 サービス力が重要。
 錦織圭が取った、第2、第3セットは1stサ-ビスのポイント獲得率が80%を越えて、ペールを上回ったが、
 トップクラスでは、浅いボールをどこまで決めれるかが重要となる。

 面白いデータがある。
 錦織圭はサービスをセンターに集めている。
 センターセオリー 
 センターセオリーでワイドのリターンを嫌っている。

 ボディ狙いも多く、リターンからの攻撃を恐れていた証拠だ。
Keipairesercourse

 ペールは、錦織得意の、バックハンドを攻める大胆な作戦。


 錦織圭の逆転勝ちパターン
 

 敗因は第1セットの2ゲーム、相手のブレークポイントをとれなかったこと。
 硬さが目立ち、脚が止まっていた。
 良い時の錦織圭のフットワーク。
 焦りが出ていた、表情に出ていた
Ws000006

 

 チェンジエンドのベンチで、タオルで頭の汗を拭う動作の早い事。

 いつもの、相手の逆を突くショットは少なく、
 強引にワイドを狙っていた。
 ペールが良く読んでいた。
 ペールの読み勝ちとも言える。

 テニスは戦略のスポーツ

 錦織圭が冷静さを失ったのが、第1セットの5回のブレークポイントを活かせなかった事だろう。
 解説の松岡修造が言う様に、心にずっと悔いが残ったはず。

 ミスからの切り替え、開き直りは上手い はずなのだが。
 ギアの潤滑油が足りなかった。
 

 ペールの試合運びが賢かった。
 リターン時のレディポジションを上げ下げして、錦織圭にプレッシャーをかけた。
 しっかり振り抜き、ミスを恐れない、大胆な攻撃だった。
 このペールのチャレンジ精神に対して、錦織圭は守りに入ってしまった。
 守りのギアから、ギアアップして、第4セットマッチポイントまで行けたが、
 そこからまた振り抜けなくなってしまった。

Keipairestats_2


 ドロップショットの切り替えし も待っていたはずなのだが
 

 そしてバックの強打と、ドロップショットの織り交ぜ方が絶妙。

 チャンスは錦織圭が多かった。
 ブレークは2でイーブン。
 トータルポイントでも錦織圭が多い。勝ちパターンではあった。
 それを取り切れない、今の錦織圭の現状だ。
 身体は大丈夫と言っていたが、身体のキレがなかった

 相手はクレーコートスペシャリスト、粘りがある。
 速いコートのアドバンテージを活かせなかった。

 それが実力。
試合スタッツ 

 試合は試合、
 負けは負け、Say

 ポイントを
 大きく失うが、
 次からの
 試合で
 少しずつ
 返すしかない。
 この負けを
 大きな
 バネに
 切り替える。
 それが真の実力だ。

 それがグッドルーザー
 テニス上達ワンポイントアドバイス

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Bmstcourseangle


 ダブルスフォーメーションBook 小冊子 プレゼント中
 フットワーク、試合形式練習豊富に紹介。

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 テニス作戦ボード セミオーダー

錦織圭を強くしたメソッドDVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」


★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日
 錦織圭、念願のグランドスラム初優勝を狙う。

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。  

|

« USオープン2015 日本選手 本戦出場者 錦織は第4シード | トップページ | 西岡 USオープン 初戦突破 フルセット勝ち 守りきる »

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

分析」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

ATP」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

敗因」カテゴリの記事

コメント

今年こそチャンスだったのでは?

投稿: 万年中級者 | 2015年9月 2日 (水) 17時20分

おはようございます。試合ですから仕方ないんでしょうけれど。途中からフットワークが悪くなりましたね。
うーむ

投稿: ショック | 2015年9月 2日 (水) 05時36分

おはようございます。途中まで見ていました。第1セットを落としても、いつもの逆転なんて思っていたんですが。
朝起きてがっくり。

投稿: 生徒A | 2015年9月 1日 (火) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 身体のキレに欠き、ペールの展開に巻き込まれる USオープン、初戦負け:

« USオープン2015 日本選手 本戦出場者 錦織は第4シード | トップページ | 西岡 USオープン 初戦突破 フルセット勝ち 守りきる »