« テニス上達エッセー バックハンド 両手打ち、片手打ち メリット.デメリットは? | トップページ | テニス上達エッセー 基本に戻ろう フィーリング、イメージ、練習法 »

2015年12月23日 (水)

テニス上達エッセー スマッシュ編 苦手意識を無くすには?

スマッシュで分かるテニスの実力  スマッシュが上手い人はテニスが強い。
 皆さん、スマッシュ得意ですか?
 大嫌いと言う方が多いすよね。

 スマッシュの苦手意識をなくす方法を考えましょう。
テニス上達エッセー 第2弾です。

スマッシュが苦手の理由は
 1:ボールの落ちて来るタイミングが読めない
 2:スマッシュの練習量が圧倒的に少ない
 3:練習向きのロブを上げてくれる人が少ない
 この3点です。

1:ボールの落ちて来るタイミングが読めない
 スマッシュが難しいのは、ボールが高い所から落ちて来るから、
 タイミングが取りにくいのです。

 高~~いロブは難しいですよ。
 一度弾ませて、グラウンドスマッシュにした方が楽です。
 立体感覚のイメージが大切です。

2:スマッシュの練習量が圧倒的に少ない
 皆さん、スマッシュ練習しますか?
 まずほとんどやりませんよね。
 試合に出る方は、数本打つでしょうけれど。
 練習を合理的に

3:練習しやすい、ロブを上げてくれる人も少ないでしょう。
 スマッシュ練習に付き合ってくれる、ロブの上手い人が必要です。
 これって、リターンの練習と似ていますよね。
Keismall


 ボールの高さのイメージを持つ
 初級者は2段階、
 中級者は3,4段階。
 試合に出るなら、さらに高い逃げのロブ、ネットから沈める、ディンクショットが必要。
 つまり7種類ですね。
System5height


 錦織圭選手のスマッシュ練習の動画がありました。
 トッププレーヤーは全員スマッシュが上手いです。
 反射神経がいいし、全身バネのようにして打ちます。

 この様にジャンピングスマッシュできたら格好いい。
 相手はもうロブを打ってきませんよ。
Sm_jump


 ですからトッププレーヤーの試合では、ロブは極端に少なく
 パッシングショットを狙う様になります。

 錦織圭はトップスピンロブ上手い ですね。


スマッシュの一人練習法、
 一度コートにボールを叩きつけて、グラウンドスマッシュ状態にして
 はいスマッシュ。
 最初は難しいですが、ラケッティングの延長です。
 テニスは、ラケットとボールのタッチ、フィーリングが重要なスポーツ。
 遊び感覚で上達しましょう。
 

 スマッシュはサービス感覚で 
Keismimp

 ボール出しマニュアルでは、練習しにくいスマッシュ、ロブの練習も多く取り入れています。


お陰様で、テニスのシステム手帳、ランキング一位です。有り難うございます。
 早速注文が来ました。ブログって凄い。
 

 実はテニスブログもランキング一位になったんですよ。

テニスブログランキング 1位 ロランギャロスの記事です。


 記事はこれ  

テニス マーフィーの法則 次に書きますね。
 自分のスマッシュの時には太陽が目に入る

 スマッシュの当たりが良過ぎて、アウトした。

 マーフィーの法則 日常編 

テニスノート
 

 IPTL ダブルス名人 L.パエスに学ぼう
  

 野球の作戦ボード、練習ノートも人気なんです。

 横置きのコート図は、テニスコーチ指向ですね。両チームを平等に見ています。
 縦置きのコート図は、選手タイプですね。
 自分を手前位に置くことが多いようです。

 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 

 テニス システム手帳2016  

 
ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 
ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

★☆★ 旬のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 テニス365 

 ITF デビスカップ公式サイト
 動画、写真満載で面白いですよ。

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« テニス上達エッセー バックハンド 両手打ち、片手打ち メリット.デメリットは? | トップページ | テニス上達エッセー 基本に戻ろう フィーリング、イメージ、練習法 »

テニス」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

エッセー」カテゴリの記事

テクニック」カテゴリの記事

コメント

スマッシュの練習大変です。ロブを上げてくれる人が上手くないと辛いですね。

投稿: 月さん | 2016年8月12日 (金) 16時24分

おはようございます。スマッシュ大の苦手です。凄く参考になりました。有り難うございます。

投稿: テニスはフィーリング | 2016年2月17日 (水) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニス上達エッセー スマッシュ編 苦手意識を無くすには?:

» テニス上達エッセー バックハンド 両手打ち、片手打ち メリット.デメリットは? [テニススキー徒然草 フィーリング編]
中級者の方が一番悩むのがバックハンド。特に試合に出るようになると、相手は確実にバックを狙ってくる。そこをどうくぐる抜けるか。両手打ち対片手打ち、メリット.デメリットを検証しよう。... [続きを読む]

受信: 2015年12月23日 (水) 20時58分

» Happy Tennis Christmas 世界のテニス、クリスマスカード [ショップブログ Sports&Art]
テニスは楽しい クリスマスカード  スキーに仕事で行って、テニス好きのスキーのお客様と再開。  テニスとスキーの話でもちきりでした。  来年の横浜でのテニスも決定。  テニス発祥の地でクリスマステニス     今日はクリスマス。  例年テニスクリスマスを紹介しています。  世界のクリスマスカード   花の画家、田熊 順のクリスマスカード   2012 テニスクリスマス    2013 ジュニアのプレゼント    201... [続きを読む]

受信: 2015年12月25日 (金) 00時28分

» 錦織 絶好調 単複で勝ち上がる ブリスベーン2016 [ショップブログ Sports&Art]
期待の錦織 オーストラリアンオープンに向けて快調スタート  M.ククシキンをストレートで破る。 錦織圭 緊張が見られたが、めでたく初戦突破。2016 ブリスベーン国際  G.デミトロフと組んだダブルスでも第1シードを破り勝ち上がっている。  僕は、錦織圭は絶対にダブルスも出た方が良いと思うが、体力の心配さえなければ。  ダブルスをするメリット。  錦織圭のダブルスの上手さ。  デビスカップでのイギリス戦。  ブリスベーン、2回戦、今年の初戦。相手は曲者の、M.ククシキ... [続きを読む]

受信: 2016年1月 7日 (木) 18時51分

» ロランギャロス2016 奈良くるみ 元女王イワノビッチに挑戦 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
ロランギャロス、2回戦、奈良くるみ、元女王A.イワノビッチと当る。強い選手と当る時は、チャレンジャー精神。思い切り自分を出して行こう。作戦を考えてみた。 [続きを読む]

受信: 2016年5月26日 (木) 17時22分

« テニス上達エッセー バックハンド 両手打ち、片手打ち メリット.デメリットは? | トップページ | テニス上達エッセー 基本に戻ろう フィーリング、イメージ、練習法 »