« 錦織 メンフィス連覇の意義Part2 実はフィリッツ、苦手だった  | トップページ | ナダル 若手のティエムに敗れる波乱 クレーキングが何故 »

2016年2月19日 (金)

ブラジル リオが熱い理由 クレーコート オリンピック

リオ オープンテニス
 今大会は、ヨーロッパ、南米、に分かれて戦っている。
 南米ではクレーコートに移っている。
 負傷で欠場が長い、デルポトロが復帰する。ここにも注目。
 南米が熱い理由と、クレーコートの面白さを紹介したい。
 熱い、ブラジル Rioオープン。

 今南米のテニスが熱い。
 アルゼンチン、ブラジル、メキシコとクレーコートの試合が続く。
 メキシコでは錦織圭が出場予定だ。
 何故ブラジルが熱いのか。
 トッププレーヤーが南米に集まる理由は二つ。
Riocoyrt


  クレーコートのロランギャロスに備える事。
  そして、オリンピックに備える事だ。
ブラジルのリオデジャネイロでオリンピックがあるから。 

 ブラジルと言えば、元世界王者のG.クエルテンが代表的選手。
 ベースライン後ろから攻撃テニスで世界を席巻した。
Fsheavytopspinkuerten


 当時ランキング1位ながら、ウィンブルドンでのシードが下だったのを不服に、キャンセルした勇気も凄い。
  

 そのクエルテンが代表する、ブラジルのテニスで、オリンピックのコートサーフェイスが
 クレーからハードコートに変わったのには、いろいろな力が加わったのだろう。

 ナダルはコートサーフェイスの変更に不満を漏らしていた。
 去年から、調子が完全には復調していない、クレーキング、ナダル
Nadalaimopenc


 この辺の実情も、分かり次第報告したい。

 クエルテンのストローク。ソフトテニスに近い今風トップスピンの打ち方の代表例。
 ストロークの打ち方の良い例だ。

 サースポーの西岡選手。グリグリのトップスピン
 

 第1シード R.ナダル、第2シード D.フェレール
 そしてアルゼンチンでナダルを破ったD.ティエムに注目が集まっている。
 ナダルは、2回戦で同僚のN.アルマグロに競り勝った。まだ本調子ではない様子。

 全豪でまさかの初戦負け、アルゼンチンではD.ティエムに敗れた、ナダルの頑張りにも注目だ。
  初戦で同僚のF.ベルダスコ選手だから不運とも言えるけれど。
 リオではクレーコートだがオリンピックではハードコートになる。
 若手の、D.ティエムに得意のクレーコートで敗れた、
 D.ティエム、実はクレーコート、ラリー戦が得意のナダルタイプのプレーヤー。
 この内容は、次に紹介する。

 クレーコートのテニスが何故面白いか
 

 クレーコートのフットワーク 

 トッププレーヤーはコートサーフェイスを選び出場する
 


 錦織圭は調子を上げている


 テニス部活応援キット

Tenniswblob

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。


ソフトテニスシステム手帳2016 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

テニス指導者用作戦ボード大特集 全ての機能紹介

 星空のファンタジー 菅平の夜空  

 かわいい子猫のポートレート 
   
★☆★ 2016のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 テニス365 

 Rio Open Tennisオフィシャルサイト  

 オリンピック リオ  公式サイト  
 オリンピックではコートサーフェイスはハードコートとなっていたけれど、
 オリンピックは期間が短いし、ハードコートにしないと厳しいかも。

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織 メンフィス連覇の意義Part2 実はフィリッツ、苦手だった  | トップページ | ナダル 若手のティエムに敗れる波乱 クレーキングが何故 »

動画」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

クレーコート」カテゴリの記事

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^○^)♪ コメント有り難うございます。クエルテン、素晴らしい選手でした。マナーは良いし。ストロークの革命児でしたね。

投稿: 月さん | 2016年7月16日 (土) 09時00分

降ってますね。午後には上がってくれると良いのですが。

投稿: 大雨 | 2016年6月28日 (火) 08時26分

おはようございます。リオのオリンピック、
ハードコートにするんですか?

投稿: 早起き鳥 | 2016年2月20日 (土) 05時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル リオが熱い理由 クレーコート オリンピック:

» 錦織の進化 対ビッグ4 ストローク力戦術面のアップ [ショップブログ Sports&Art]
錦織,ここが強くなった Part2 連覇の意義  ビッグサーバー対策、ストローク力アップ この2点が錦織圭の大きな進化です。  4連覇のメンフィスのファイナル、テイラー,フリッツ戦、いろいろな事が見えてきました。  Part1では、トッププレーヤーに対しての強さの証明を、紹介しました。  錦織圭の進化、ビッグサーバー対策、  そしてフォアハンドの威力アップです。    錦織圭選手、N.ジョコビッチ、R.フェデラー、R.ナダルと同じことをしているのです。  ウィルソンとの生涯契... [続きを読む]

受信: 2016年2月19日 (金) 09時09分

» ナダル 若手のティエムに敗れる波乱 クレーキングが何故 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
クレーキング、ナダルが粘り負け。僅差で若手D.ティエムにフルセット負け。そのアルゼンチンの悔しさをバネにリオで第1シードを維持している。D.ティエムのテンスの分析データ。 [続きを読む]

受信: 2016年2月20日 (土) 08時42分

« 錦織 メンフィス連覇の意義Part2 実はフィリッツ、苦手だった  | トップページ | ナダル 若手のティエムに敗れる波乱 クレーキングが何故 »