« D.ティエムのテクニック Part2 片手打ちバックハンドの魅力 | トップページ | デビスカップ ワールドグループ 日本対イギリス 予想 »

2016年3月 2日 (水)

デビスカップ2016 ワールドグループ、戦力分析 世界同時進行 

デビスカップ 2016 ワールドグループの初戦が始まる。
 今週末は、デビスカップウィーク。
 世界同時開催で、トッププレーヤーの試合が見れる。 
 国の威信をかけた、名誉の戦いだ。
 日本は、何と去年の優勝国、イギリスと初戦から対戦する
 
 確かに、イギリスは優勝国、しかし、日本にだって可能性はある。
 世界6位の錦織圭がいるのだから。
Keirank6may

 日本のデビスカップの歴史 
 ここ数年、ワールドグループを上がったり、下がったり。 

 デビスカップは普通の試合とは異なった国別団体戦。ハプニングが起きる。

 シングルス4本、ダブルス1本で行われる。
 ただしこの試合が過酷、正規の5セット、フルセットマッチ。
 最終セットは2ゲームアップ。

 キャプテンは、コートサイドでアドバイスを送れる
 キャプテンシーが重要 
 植田キャプテン、人柄で人望が厚い。 

Dcupjapan2016


 国別だが、主催国は、自分たちの有利なコートサーフェイスをチョイスする。
 だから去年、プレーオフを勝ち上がった日本は、敵地コロンビアで、
 日本苦手のクレーコートで戦った。
 劇的勝利。ダニエル,太郎の活躍で。
 

 試合順が、初日シングルス2本
 翌日、ダブルス。このダブルスがたったの1試合だが、
 勝敗を分ける事が多い。
 翌日のシングルスにプレッシャーとなるのだ。
 日本は、このダブルス、非常に弱い。
Dcupwg


 ダブルスに強いのが、ブライアン.ブラザーズを有する、アメリカ。
 役者が多い、フランス。
 A.マレーの兄がいる、イギリス
 D.ネスターがいる、カナダとなる。

ワールドグループの対戦表を比べよう。
オーストラリア対アメリカ
 若手の代表、キリオスが引っ張るオーストラリア。
 アメリカは、J.イズナー、J.ソックとビッグサーバーを揃える、ダブルスのブライアン.ブラザーズの存在が大きい。

イギリス対日本  会場  英国バーミンガムにあるバークレーカード・アリーナ
 イギリスはNO2のA.マレー。去年、A.マレーはデビスカップで無敗、優勝の原動力。
 日本は6位の錦織圭。 A.マレーの6勝1敗。
 2番手はエドモント80位台、日本のダニエル,太郎、西岡良仁にもチャンスはある。
 ダブルスは、J.マレーが強い。一気に勝ちに来れば、マレー兄弟の可能性も高い。

 日本は錦織圭(日清食品=シングルス世界ランク6位)、錦織圭、デビスカップのシングルス強い。
 ダニエル太郎(エイブル=同87位)、
 西岡良仁(ヨネックス=同126位)、
 内山靖崇(北日本物産=同238位)の4人で、
 昨年のWGプレーオフのコロンビア戦と同じチーム編成

英国代表はアンディ・マリー(同2位)、
カイル・エドムンド(同82位)、
ジェイミー・マリー(ダブルス世界ランク2位)、ドミニク・イングロット(同28位)という顔ぶれ。
Dcupmurrayready


セルビア対カザフスタン  セルビア優位。
 NO1のN.ジョコビッチ
 V.トロイツキのいるセルビアが優位。
 ジモニッチのダブルスも上手い

フランス対カナダ
 戦力が一番安定しているのがフランス
 J.W.ツォンガ、G.モンフィルズ、G.シモンと揃っている、ダブルスも強い。
 カナダにはビッグサーバーで今年好調の、M.ラオニッチがいる。
 そしてダブルスの、D,ネスターが上手い。
 カナダは、日本に勝ち、ワールドグループに上がった。

ドイツ対チェコ
 チェコは2013ま世界チャンピオン。T.ベルディフとR.ステパネックの二人で勝っていた。
 この二人、単複で強かった。
 しかしドイツも、P.コールシュライバー、若手のズヴェレフが強くなっている。

イタリア対スイス
 R.フェデラー、S.バブリンカがいたら、スイス圧勝だが、この二人の欠けたスイスはなすすべがない。
 イタリアのA.セッピ、S.ボレリは単複で安定性がある。
 2014 スイスは優勝  

ベルギー対クロアチア
 去年準優勝のベルギー。ラッキーとしか言いよう長い。
 ゴファン一人では、M.シリッチ、若手のB.コリッチ、そしてダブルスのI.ドディグ。崩せないだろう。

デビスカップの番狂わせの面白さ、ホームの強さ。開催国が応援後足押しで強い。
 それは、去年、イギリスと優勝を争った、ベルギー。
 世界ランクは、下で、ゴファン一人のチーム、
 ダブルスのスペシャリストもいない。
 しかし、勢いをつけて、準優勝。

 逆に、トッププレーヤーが揃っている、スペイン、今はプレーオフに回っている。
 シングルスでは、R.ナダル、D.フェレール、F.ロペスを有するし、
 ダブルスもスペシャリストがいる。


 テニスコーチ必携、作戦ボード  
 レッスンの記録はシステム手帳に  

 今日は何の日 各種スポーツイベント 

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Bmcombredsmlob


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

★☆★  デビスカップが良く分かるサイト集 ★☆★

 ATP  

 テニス365 

 ITF DavisCup  

 DavisCup ビデオ ハイライト動画  

 DavisCup日本チーム 

 デビスカップ、ニュース 過去の日本戦を中心に

 wowow on line
3月4日 夜9時放映

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« D.ティエムのテクニック Part2 片手打ちバックハンドの魅力 | トップページ | デビスカップ ワールドグループ 日本対イギリス 予想 »

戦略」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

分析」カテゴリの記事

日本人」カテゴリの記事

デビスカップ」カテゴリの記事

ランキング」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。デビスカップですね。一昔前は、日本はアジアゾーンから抜け出せませんでした。
錦織、さまさまですね。

投稿: アラ還68 | 2016年3月 5日 (土) 17時38分

こんばんは。デビスカップ、楽しみですね。
その前に、サッカー、なでしこ後がない。
頑張って欲しい。

投稿: 生徒A | 2016年3月 2日 (水) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デビスカップ2016 ワールドグループ、戦力分析 世界同時進行 :

« D.ティエムのテクニック Part2 片手打ちバックハンドの魅力 | トップページ | デビスカップ ワールドグループ 日本対イギリス 予想 »