« ウィンブルドン 二つの前哨戦 優勝 見えたものは | トップページ | The Championships ウィンブルドン2016 いよいよ »

2016年6月21日 (火)

コーチでウィンブルドン2016 どう変わる? マレー、ラオニッチ

マレー、ラオニッチ コーチを替えて挑むウィンブルドン
ウィンブルドンが近づいている。近況と、
 前哨戦、決勝、A.マレー、M.ラオニッチ、レジェンドがコーチについていた。それは?
 二つのテーマでお届けする。

 熱中症対策 大丈夫ですか? 新しい情報をどうぞ。

 錦織圭選手、脇腹の故障でウィンブルドンが心配だったが、現地で練習を始めた様子。
 一安心。ただ、前もそうですが、脇腹は大きな筋肉で、コンディションは大変でしょうね。

 今年のウィンブルドンは荒れそうだ。
 絶対王者N.ジョコビッチは余裕の休養。で前哨戦をパス。
 R.ナダルは手首の故障で欠場。
  以前は右手だが、今回は利き手の左手なので時間がかかる。
  
 R.フェデラーはいつもなら快調の前哨戦で、ウィンブルドンに入る。
 しかし今年は二人の若手の敗れる。
  D.ティエム 
  ハレのズべレフ
 この二人近い将来のトップ候補。

Big4で一人だけ気を吐いているのがA.マレー。
 Aegon,A.マレーが5度目の優勝を飾った。2009,11,13,15今年は連覇。
 フルセットにもつれる激しい展開。
Murrayaegonrecord


 A.マレー◎ 6-7(5) 6-4 6-3 M.ラオニッチ
 試合のスタッツ 
 
サービス力のM.ラオニッチ
 エースは多いし、ダブルフォールトが少ない。
 しかも1stサ-ブの確率が高い。これって相手は辛いですよね。

  M.ラオニッチはサービスからの攻撃力を増すために、
  ウィンブルドン専用コーチとして、J.マッケンローに依頼。
  M.ラオニッチのチームには、C.モヤ、J.マッケンローとスタッフが揃った。
  C.モヤは、R.ナダルも尊敬する、スペインのオールラウンダー。
  コートサーフェイスでプレースタイルを変えるのでよく覚えている。
  C.モヤとP.サンプラスのフットワーク  
  僕はM.ラオニッチにI.ルビチッチがついて,リターンが凄く良くなったと感じていた。
 C.モヤで総合力、
 J.マッケンローで芝対策。コーチも専業化、凄い。
Raonicjohn


 確かに、この大会で、M.ラオニッチはネットプレーを多用。
 サーブ&ボレー、リターンダッシュを使っていた。大きな変化。
  
  J.マッケンロー、薄いグリップの神秘
   
  J.マッケンローの言葉が面白い。
  I’m The CEO of team.

リターン力のA.マレーの攻防、
 このA.マレーコーチを良く替える、母親もイギリステニス連盟のお偉いさん。教育ママ。
 I.レンドルのコーチングが一番良かったようで、
2014 マレーから離れる   
  カムバックを要請、これは珍しい事。よっぽどよかったに違いない。
  I.レンドルが引き受けた。

Murraylendle


試合の内容
 14本のサービスエースの嵐をかいくぐったA.マレーの勝利。
 M.ラオニッチはブレークチャンスの1回を活かしただけで、A.マレーに7回の内4回ブレークされた。
 この確率は高い。

 錦織選手は残念ながらブレーク率は低い
  
  
 錦織選手は最終セットは強いのだから、本当に困らないと一生懸命になれないのかなあ?
  2014年、N.ジョコビッチに次いで2位 でした。

 でも今はM.チャン率いるTeam Keiがある。修正するだろう。
  
 Big4は競った時のブレーク率を高くする。これが強さだ。
 Big4の強さを学ぶ  

 特に強いのがN.ジョコビッチ
  コーチはB.ベッカー。
 サービスゲームで強いのがR.フェデラー
 フェデラーのコーチは、元M.ラオニッチのコーチのI.ルビチッチ。
 その前がサーブ&ボレーのS.エドバーグ。

 リターンゲームで強いのがA.マレー

テニス 選手を育てる
トッププレーヤーと名コーチ

ジュニアの育て方

部活の効率の良い運営法


テニスの部活活性化をフォロー します。

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
Bmdrillpolisy


レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。

作戦ボード入りテニスノート 

作戦ボードの詳しい内容は

テニス システム手帳2016 
 作戦ボード、スコア試合経過付。


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ATP500  13-15 Gerry Weber Open
 ファイナルを放映 
 BS朝日で放送予定 

ATP500  13-19日 AEGONチャンピオンシップ
     
ATP250 女子 4-12日 男子 8-25日 AEGON Open
    
グランドスラム ウィンブルドン  27日-7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ウィンブルドン 二つの前哨戦 優勝 見えたものは | トップページ | The Championships ウィンブルドン2016 いよいよ »

ウィンブルドン」カテゴリの記事

コーチング」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

ラオニッチ」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

トッププレーヤーでもコーチングで大きくテニスが変わりますね。今度特集します。
トッププレーヤーのコーチ。

投稿: 月さん | 2016年11月30日 (水) 06時21分

A.マレー、今年の活躍、凄いですね。レンドルコーチあってこそ。

投稿: あれあれ | 2016年11月27日 (日) 10時10分

マレーとレンドルですか? マレーは良くコーチを替えますね。

投稿: 万年中級者 | 2016年8月24日 (水) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/63809157

この記事へのトラックバック一覧です: コーチでウィンブルドン2016 どう変わる? マレー、ラオニッチ:

» The Championships ウィンブルドン2016 いよいよ [テニススキー徒然草 フィーリング編]
いよいよ、芝のシーズンのクライマックス、ウィンブルドンが始まる。錦織圭の怪我は大丈夫な様子でほっとしたが、N.ジョコビッチ、R.フェデラー、A.マレーと注目の試合が待っている。女子はセレナに芝に強いP.クビトバ、ムグルサがどう挑むか。芝はオープンスキルの代表なので面白い。自然とも戦う。... [続きを読む]

受信: 2016年6月21日 (火) 22時50分

« ウィンブルドン 二つの前哨戦 優勝 見えたものは | トップページ | The Championships ウィンブルドン2016 いよいよ »