« パエス、ヒンギス ミックスのグランドスラム達成 全仏2016 | トップページ | 錦織 2016芝のシーズンin 第2シードで登場 初戦は難敵 »

2016年6月12日 (日)

昇り竜 ティエム 芝の王者フェデラー破る

D.ティエム、芝の王者R.フェデラーを下す。
 芝のシーズンに入った。
 コートサーフェイスにどう対応するかが勝負の分かれ目。

コートサーフェイスと強さ、デビスカップが良く分かる。

 芝のシーズン 
 D.ティエムはランキングを急上昇させて臨んだ。

シュツットガルト、メルセデスカップ、セミファイナル
第3シードのD.ティエム、第1シードのR.フェデラーを下す。
 D.ティエムは芝は本人が言う様に苦手のコートサーフェイス。
 クレーコートは強い。
 一方R.フェデラーは、ご存知のように芝の王者だ。

Rflawn1


 今年2度戦ってR.フェデラーの1勝1敗
 ブリスベーンではR.フェデラー
 先のローマではD.ティエム

 試合のスタッツ

 1stサ-ビス、
 2ndサービスとポイント獲得率は拮抗。
 D.ティエムが有利だったのはR.フェデラーの2ndサービスを攻略できたこと。
 R.フェデラーの方が多いブレークチャンスがあったが、D.ティエムが少ないチャンスを活かした。
 試合に強い。
D.ティエム◎ 3-6, 7-6(7), 6-4. R.フェデラー×
 今まで芝ではUnderdogで強気になれなかった。
 でもこの試合で自信がついたと。地球上で一番幸せな人間だと喜びを隠せなかった。
Thiembeatrfsmile


 D.ティエムは強い。ただし、芝では大きなスウィングが弱点になるのではないかと懸念されていた。
芝はテンポが早いので、クレーコートが得意のD.ティエムは苦手 ではないかと。
 
 確かに第1セット、第2セットと、意識的にコンパクトなスウィングを心掛けていた。
 しかし第3セット、クレーコートそのままの大きなスウィングでR.フェデラーを追い詰めた。
Rffsrunlawn1


 第1セットを奪ったR.フェデラー、第2セットD.ティエムの5-0とリードを広げられた。
 そこから王者の意地でタイブレークまで持ってきた。
 普通の選手ならここで白旗を上げるだろう。
 しかしD.ティエムは違う。5-0から追い上げられた時は、緊張したよ。

 敗れたR.フェデラーは、自分の調子はそれほど悪くはなかった。
 でもウィンブルドンに向けてもう少し調整するよと語っていた。

 D.ティエム、片手打ちバックハンドの魅力 
 D.ティエムの強さ  

 芝のシーズン プレビュー
ハイライト動画 

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

Bmposivs

試合形式練習、サービス、レシーブ練習が多いです。
Bmserbasicposition



レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ATP500  13-15 Gerry Weber Open
 錦織圭出場予定 
 BS朝日で放送予定 

ATP500  13-19日 AEGONチャンピオンシップ
     
ATP250 女子 4-12日 男子 8-25日 AEGON Open
    
グランドスラム ウィンブルドン  27日-7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« パエス、ヒンギス ミックスのグランドスラム達成 全仏2016 | トップページ | 錦織 2016芝のシーズンin 第2シードで登場 初戦は難敵 »

フェデラー」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

コート」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

ATP」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

ティエム」カテゴリの記事

コメント

へえええ、フェデラーが負けたんですか。
それもティエム、本当に強くなりましたね。

投稿: 万年中級者 | 2016年6月12日 (日) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇り竜 ティエム 芝の王者フェデラー破る:

» 錦織 2016芝のシーズンin 第2シードで登場 初戦は難敵 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
錦織、今年の芝のシーズンイン。毎年出場しているゲーリーウエーバーオープン、第1シード、R.フェデラー、第2シードで登場。D.ティエム、D.フェレール、A.ズべレフなど注目の若手が登場。錦織圭の相手も、22歳の29位。手ごわいぞ。... [続きを読む]

受信: 2016年6月13日 (月) 07時35分

» 錦織 芝の初戦 積極的な若手に苦しむも 見事に対応 Gerry Webwr2016 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
錦織圭の芝の初戦、ウィンブルドンへの大事な関門だ。最初は硬かったが、粘り強く戦い、フルセットで伸び盛りの新鋭プイユを振り切った。課題も残るが、それが良い教訓となる。芝は、慣れが必要なのだ。試合のスタッツからデータ分析した。ご一読を。... [続きを読む]

受信: 2016年6月14日 (火) 08時55分

« パエス、ヒンギス ミックスのグランドスラム達成 全仏2016 | トップページ | 錦織 2016芝のシーズンin 第2シードで登場 初戦は難敵 »