« セレナ 絶頂期を彷彿 強さ復活 A.ケーバーを一蹴 ウィンブルドン2016 | トップページ | 錦織 ランキング維持6位 次の試合は? しっかり休養で »

2016年7月11日 (月)

マレー 鉄壁のデフェンス Newラオニッチのネットプレーを封じる ウィンブルドン2016

A.マレー 3年ぶりのウィンブルドン復帰 サーブ&ボレーのM.ラオニッチを下す。
 グランドスラム初優勝時と同じコーチのレンドルとの二人三脚。


 コーチ対決、J.マッケンローのM.ラオニッチをストレートで下した。
 A.マレーと、M.ラオニッチ この二人、直前尾前哨戦で対決している。
  この時にいみじくも二人の素晴らしいレジェンドのコーチが復帰した。
 A.マレーにはI.レンドル。 A.マレーグランドスラム初優勝の請負人だ。
 最初の依頼 
 I.レンドルは現役時代から、上手いが地味な選手。
 現役引退後は、プロゴルファーになろうかと言う腕。
 戦略家、メンタル.タフネスに強い。
Amlendlewim

 

 A.マレー、グランドスラム初優勝  
  そしてM.ラオニッチは通常のコーチC.モヤが、
  盟友J.マッケンローをウィンブルドンのスペシャルコーチとして依頼した
 
 I.レンドルとJ.マッケンロー、幾多の名勝負を残している。
 I.レンドルは、ストローカー、パッシングショットの名手。

 J.マッケンローは知る人ぞ知る、スーパーサーブ&ボレーヤー

 僕はM.ラオニッチが、久々のネットプレーの登場であることを、祝福したい。
 サーブ&ボレーの練習は難しくない。

サーブ&ボレーの系譜
J.マッケンロー、
 P.サンプラス、
 P.ラフターに次ぐネットプレーヤー

 ネットプレーの精度を上げて、R.フェデラーを粉砕した、M.ラオニッチ
 芝の王者を破る事で、大きな自信につながった。
 しかし、このフルセットは、体力を消耗した。

A.マレー◎ 6-4, 7-6(3), 7-6(2), ×M.ラオニッチ
Amraoscore

 果敢にネットを取る。
攻撃のM.ラオニッチ。
 M.ラオニッチのスーパーサービス力

 A.マレーのデフェンス力

 デフェンス力のA.マレー。予想通りの構図だが、M.ラオニッチのネットプレーが異常に多い。
 M.ラオニッチの ポイント 102ポイントの内の46をネットプレー
 なんと45%。

 二人のトートータル、ポイント 217ポイントの内の74ポイント、実に34%がM.ラオニッチのネットプレー
 二人だと、44パーセントがネットプレーでの決着。

ラリーのスタッツ
Amraorallystats

 A.マレーは磨きをかけた鉄壁のパッシングショット。
 芸術の域に達している。
Ampaopass


 Big4の並外れた強さ  
  A.マレー、この辺から力をつけてきた。
 A.マレーの強さ、クレーコート、芝への対応力
 

A.マレーの練習風景 この練習にパッシングショットの上達の秘訣が。


 ここには皆さんにも上達のヒントがあります。
 試合で使う実践ショットをマスターしようと言う事
です。
Amdinkexer

 試合のスタッツ
Amraostats


★☆ テニス上達を支援 スポーツ&アート ☆★
 テニスが強くなり、レッスンが楽になるグッズ  
 テニス作戦ボード 
Allstaffscorebird

 左のコート図、スコア付で、試合のアドバイスに最適。

 これは2画面マグネットタイプです。便利ですよ。バインダーが二つあります。メモも挟めます。

作戦ボードの詳しい内容は

テニス システム手帳2016 
 作戦ボード、スコア試合経過付。


★☆★  ウィンブルドンが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow on line

NHK ATP 
    
グランドスラム ウィンブルドン  -7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。ブログランキングへ">


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« セレナ 絶頂期を彷彿 強さ復活 A.ケーバーを一蹴 ウィンブルドン2016 | トップページ | 錦織 ランキング維持6位 次の試合は? しっかり休養で »

ウィンブルドン」カテゴリの記事

サービス」カテゴリの記事

スコア」カテゴリの記事

パッシング」カテゴリの記事

ボレー」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コンチワ、A.マレー選手、I.レンドルコーチが復帰したら強くなった。

投稿: イワン | 2016年8月16日 (火) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/63899348

この記事へのトラックバック一覧です: マレー 鉄壁のデフェンス Newラオニッチのネットプレーを封じる ウィンブルドン2016:

» 女王はセレナ ウィンブルドン2016連覇 圧倒的なサービス力 ケルバー寄せ付けず [ショップブログ Sports&Art]
ウィンブルドン女子シングルス セレナ、2連覇。 A.ケーバーにリベンジ  今年の全豪でフルセットで敗れている。 嫌な記憶がある。    6-4, 3-6, 6-4  それを払拭し、名実ともに女王であることを証明するために、誓ったことがある。  それは、冷静に自信を持ってプレーする。  自分の実績が示している。  つまり自分を出せ場、必ず勝てる。  強い自分を信じる、自信を持つ、メンタル.タフネスの極意だ。 セレナ自身、メンタル.タフネスで何度も崩れたことがある。 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月11日 (月) 11時00分

« セレナ 絶頂期を彷彿 強さ復活 A.ケーバーを一蹴 ウィンブルドン2016 | トップページ | 錦織 ランキング維持6位 次の試合は? しっかり休養で »