« オリンピック 上位陣の明暗 シード総崩れ ジョコビッチ、セレナ | トップページ | 錦織 ベスト4進出 次は天才G.モンフィルズ テニスの醍醐味 »

2016年8月11日 (木)

J.D.ポトロが王者 N.ジョコビッチに勝った理由 リオ テニス

涙のN.ジョコビッチ、J.D.ポトロ
 王者N.ジョコビッチが負けた理由、いやJ.D.ポトロが勝てた理由をデータで調べた
 怪我から復帰のJ.D.ポトロ、R.ナダルと復帰の快進撃。

オリンピックには魔物が、絶対王者、女王が負けた、しかも単複で。

 錦織圭はなんとか逆転勝ち、スリル満点。
 窮地を救ったショットそれは?

 N.ジョコビッチが初戦で負けたのが信じられなかった。
 確かにJ.D.ポトロは、強かった。USオープンは錦織圭を破り優勝しているし、
 しかし、手首の故障で再三の手術。
 ナダルと同じ利き腕ではない手首
 しかし二人とも、そのうちに利き腕の手首まで、皆さんも経験あるでしょうけれど、
 手首の腱鞘炎、治りにくいですよ。 

 復帰したのは今年。それまでも手術しては復帰しているが上手く行っていなかった。
 復活したのはつい最近、ウィンブルドンの2回戦でS.バブリンカを破る
 

 実はここにバックハンド上達のヒントがあります。

 バックハンド、左手の使い方

 バックハンド上達法

 何故王者が負けたか知りたくて、いろいろチェックしたが
 分かり易いスタッツを見つけた。

 いろいろなところにスタッツは紹介されているが、試合の全容が分かるものは少ない。
 好きついでに、スタッツをいろいろ重ね合わせて、いろいろな方向からチェックしてみた。
 勝因は、負けて元々のJ.D.ポトロの開き直り、あった気がする。
 N.ジョコビッチの、先のオリンピックで負けた経験が、心の奥底には潜んでいたのだろう。

N.ジョコビッチ× 6-7(4),6-7(2) ◎ J.D.ポトロ
Potronolerio


 試合後にJ.D.ポトロが語った様に、王者に勝てるとは思っても見なかったそうだ。
 ただ考えたことは、思い切ってサービスとフォアハンドを打ち抜くことだけを考えたと。

 J.D.ポトロの怪我、手首の腱鞘炎、しかも両手首。
 バックはスライスで良い、

なるほどJ.D.ポトロのサービスは最速210キロ出ている。
 
 最盛期に近い。Ws000006

 ウィンブルドンでは
 204㎞だったので
 明らかに上がっている。
 ウィンブルドン3回戦で、
 フランスのL.プイユに
 1-3で敗れているが、
 この時は相手の
 ウィナーに圧倒されている。

 それが2カ月で、N.ジョコビッチと対戦。劇的に良くなっている。

サービスのスタッツ
Potronolestatsser


 サービスエースこそ、N.ジョコビッチが多いが
 ウィナーで王者を圧倒。
 元からN.ジョコビッチはウィナーがそれほど多くはないタイプだが、
 その分アンフォーストエラーは極端に少ない。
 デフェンス力の選手。
 N.ジョコビッチの強さはデフェンス力  
 この点錦織圭と似ている。

 一方J.D.ポトロの強さは、サービス力とフォアハンド 
 展開の起点は、サービスとフォアハンド。

リターンスタッツ。
 リターンも良い。リターンはN.ジョコビッチが圧倒的に強いはず。
 しかし頼みの
このリターンでも、N.ジョコビッチを圧倒した。
Potronolestatsre


ストロークでは、バックハンドのスライスが良かった。
 J.D.ポトロは両手首を手術している。復活して間もない。
 バックは強打を避け、スライスをメインにした。
Ws000010


 これが逆に、N.ジョコビッチのリズを狂わした。
 緩急の変化になり、
 トップスピンとスライスの球種の変化になり、

バックは、決め球は回り込む決断をすることになる。
Saypotroweekpoints

 本日の御教訓 災い転じて
弱点を活かす
1:緩急の変化
2;回転の変化
3:フォアで決める決断

テニス上達アイテム
 テニス、ソフトテニス作戦ボード

 テニスグッズの概要
2画面見開き表紙付作戦ボード。

Wb2callstaffs
 プレーヤーマグネット、長短ライン、ボール、イレーサー、マーカー2色付きで、即活用できます
 サービスのコースなどはオプションです。

 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。


★☆★ リオ・オリンピックが良く分かるリンク集 ★☆★
 オリンピックのテニス、いろいろサイトは有りますが、一番分かり易いのは
NHK on Line のテニスです。  
 ここから種目に入ります。競技中、  終了、いずれにしても試合のスタッツを見る事が出来ます。


 リオ・オリンピック テニス日本代表  


  Rio テニス 公式サイト  


 オリンピック日本代表  JOC公式サイト  

 日刊スポーツ
    
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« オリンピック 上位陣の明暗 シード総崩れ ジョコビッチ、セレナ | トップページ | 錦織 ベスト4進出 次は天才G.モンフィルズ テニスの醍醐味 »

D.ポトロ」カテゴリの記事

Rioオリンピック」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

スコア」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

ジョコ、試合の後涙していましたね。
オリンピックは難しい。

投稿: まっちゃん | 2016年8月11日 (木) 20時29分

なるほど、絶対王者ですからね。相手は。

投稿: がってん | 2016年8月11日 (木) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/64042210

この記事へのトラックバック一覧です: J.D.ポトロが王者 N.ジョコビッチに勝った理由 リオ テニス:

» 錦織 ベスト4進出 次は天才G.モンフィルズ テニスの醍醐味 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
リオオリンピック、強風の中ベスト8進出をかけてトッププレーヤーが競う。上位ランカーが抜けだす。錦織圭は楽に勝ち上がった。しかし油断は禁物、次は天才G.モンフィルズ。ダニエル,太郎はJ.D.ポトロに惜しい逆転負け。しかし次への大きな自信をつけたはずだ.... [続きを読む]

受信: 2016年8月12日 (金) 10時07分

» スライスで活き返ったJ.D.ポトロ ナダルを下して決勝へ リオ [テニススキー徒然草 フィーリング編]
リオで準決勝を戦った、J.D.ポトロとナダル。二人の打ち方を見て、誰が怪我から復帰したばかりと思うでしょうか? 怪我から覚えたものそれは、バックハンドのスライスです。もちろんトッププレーヤーですから自由には使いますが、より積極的にスライスを活用するようになりました。これって皆さんにも応用できますよ。スライスで、復活、美しいですね。... [続きを読む]

受信: 2016年8月14日 (日) 16時56分

» J.D.ポトロ 試合の強さを分析 見事な復活 USオープンのダークホース [ショップブログ Sports&Art]
伏兵J.D.ポトロの強さ 誰もが怯えるノーシード  今回のUSオープン、ワイルドカードで凄い選手が入る。  どの山に入るか、トッププレーヤーも戦々恐々だろう。  Rioのオリンピックでひときわ注目を集めたのは  王者N.ジョコビッチにストレート勝ちしたJ.D.ポトロ。  ノーシードで絶対王者を破ったのだから。 USオープン、ジョコビッチ、マレー、錦織圭、そしてJ.D.ポトロ  元からフォアハンドは世界最強と言われていた。  USオープン2009で,R.フェデラーを破り優勝した... [続きを読む]

受信: 2016年8月27日 (土) 08時34分

« オリンピック 上位陣の明暗 シード総崩れ ジョコビッチ、セレナ | トップページ | 錦織 ベスト4進出 次は天才G.モンフィルズ テニスの醍醐味 »