« 錦織選手 次の試合 ATPファイナル、ランキング | トップページ | テニスコートの長さ、角度、比率を知ると テニス上達の近道 »

2016年10月21日 (金)

ナダル 今季断念 手首故障 ATPファイナル トッププレーヤー

ナダル今季の出場を断念。左手首の治療に専念。
 ナダルの良いニュースと悪いニュース。
良いニュースは念願のRafa Tennis Academyがオープンする。
Rafaacademy1


 この情報は、詳しく後で紹介します。

残念なお知らせ、R.ナダルが左手首の治療に専念する。
 リオのオリンピックでは錦織圭に敗れたが

 ダブルスで金メダル。スペインペア  
 少しずつの復活を目指していたが、上海でG.デミトロフに敗れた。
 この時はサービスが良くなかったので次の試合に調整すると話していたが、
 欠場すると決心した。
 ナダルは2014年、最初に効き手ではない右手首を故障
 

 ナダルの打ち方を真似する、若者は多いが、
 手打ちになるとNadalserkick

 手首を故障する。
 特に、
 キックサービスの
 手首の負担。

 脚部
 から
 運動連鎖で
 ラケットヘッドに


 テニスは全身運動、で脚部からの動きで運動連鎖
 
 こうすれば、怪我は少ない。

J.D.ポトロが、その例に当たるが、手首の故障は時間がかかる。
 J.D.ポトロの復活  
 バーゼルでは、台風の目となるだろう。
 錦織圭もJ.D.ポトロには勝っていない

 ナダルは、ボールを最後まで追い続け、しっかり振り抜く。
Nadalrfs2way

 
 しっかり治して復帰して欲しい。
 その結果、次に予定していたスイスインドアの試合、R.ナダルは上から2番目だったが、
 錦織圭が繰り上がりとなる。

ATPファイナルも出場しない。
 先に欠場を表明したR.フェデラー、Big4の二人が欠場。
 しかもN.ジョコビッチはやや不調
 好調なのはA.マレーただ一人

ナダルはATPファイナルに縁がない。2012,2014も怪我で欠場。
 ATPファイナルの予想  

 2014年は虫垂炎  
あれだけのプレーヤーでATPファイナルの優勝が無いのも珍しい。

 ナダルの魅力 エッグボール  

 ナダルのフォアの回り込み 

 ナダルのプロペラスウィング 
Nadalfsft2way


 

 2017年度版、テニス、ソフトテニス、システム手帳

Studentser

 これは、見本のフォームを入れた、生徒用のノートです。


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
 錦織圭の次の試合は、バーゼルのスイスインドアです。
バーゼル 公式サイト

ATPツアーファイナル 公式サイト 

wowow on line

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織選手 次の試合 ATPファイナル、ランキング | トップページ | テニスコートの長さ、角度、比率を知ると テニス上達の近道 »

ATPファイナル」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

怪我」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

コメント

ナダル手首ですか。残念です。

投稿: まっちゃん | 2016年10月22日 (土) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/64378160

この記事へのトラックバック一覧です: ナダル 今季断念 手首故障 ATPファイナル トッププレーヤー:

» テニスコートの長さ、角度、比率を知ると テニス上達の近道 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
読者の方から検索が多い、テニスコートの大きさ、長さ、しっかりまとめました。参考になさってください。テニスコートの正しいイメージを持つことが、テニス、特にダブルスの上達につながります。たかがテニスコート、されどテニスコートなんです。... [続きを読む]

受信: 2016年10月22日 (土) 14時09分

« 錦織選手 次の試合 ATPファイナル、ランキング | トップページ | テニスコートの長さ、角度、比率を知ると テニス上達の近道 »