« マレー・ザ・チャンピオン ライバルジョコビッチをストレートで下す | トップページ | マレーを育てた環境 チーム、モチベーション、真面目さ »

2016年11月22日 (火)

マレーの強さを解析 ジョコビッチ戦 ATPファイナル2016

改めてA.マレーの強さ 真のチャンピオン。強さをデータ解析する
 N.ジョコビッチも絶賛、
 「アンディは強くなった、僕の強さを封じ込めた、」
 「アンディ真のチャンピオンだ」と言えばマレーは
 「少し前までは、全く勝てなかったし、
 あなたはロランギャロスで偉大なグランドスラムを達成した。」
 と敬意を口にする。 気持ちの良い言葉だ。
 相手に敬意を表する。スポーツマン。素晴らしい試合を締めくくる言葉だった。」
 前日のM.ラオニッチ戦、3時間38分の大激戦  の直後の決勝。
 A.マレー自信、良く寝れたけれど疲れは残っている。
 

 スコアから見ると6-3,6-4,A.マレーの完勝だが、
 一本一本のラリーは互角、ラリーしてからのミス。
 それがN.ジョコビッチが先にした。
 一般プレーヤーでは打ったショットの1/3が凡ミス。
 この試合では2割にも満たない。
 長いラリーとなった。最長で33本のラリー。
 5ポイント以下のラリーはほぼ半分。
 一般的には5ポイント以下のラリーが2/3。 だから試合時間が長かった。

A.マレーの強さ
 何しろ、今年の終盤は24連勝、5大会連続優勝。
 より強さを求めて進化、レベルアップを図る。
 I.レンドルコーチに再度専属コーチを依頼したこと。これは過去に例はないと思う。
 一度I.レンドルの都合でやめている
  

 そして復帰してからの大躍進。  

 大体、コーチと選手の関係がぎくしゃくして、分かれるから。

ブレインンゲーム A.マレーの戦略  
バックハンドの打ち合いを制したこと。
 N.ジョコビッチのバックハンドは安定していて、カウンターが強い。
 それをこの試合ではA.マレーが実践した。

 トッププレーヤーの戦いでは、いつフォアの回り込むかで勝負が動く。
 しかしこの二人、それほど無理をして回り込むことはしない。
 フォアに回り込む、決まると恰好いいが、ハイリスク、ハイリターンのショット。
 R.ナダルの例  
 自分からオープンコートを作るからだ。
 お互いにそれを警戒して、バックはバックで打つ、だからラリーがつながる。
試合のスタッツを整理すると
Murraynolestatsatpf

 サービス、リターンともファーストはA.マレーが良く。
 セカンドではN.ジョコビッチが良い。
 スコア以上に接戦。 競った時にA.マレーが取り切っている強さ。


 N.ジョコビッチのバックハンドウィナーをたったの3本の抑え、
 アンフォーストエラーを17本に増やした。
 これはN.ジョコビッチは落ち着いてプレーできない。
 あれだけのプレーヤーでも、ミスを重ねてしまうのかと。
 強い時のN.ジョコビッチでは信じられない。
 ロランギャロスでグランドスラム達成

 N.ジョコビッチのミスを誘う。結果的に、疲れて攻めれなかったのが不幸中の幸い。
 基本的にA.マレーのボールが深かった。
 N.ジョコビッチも深かったが、A.マレーは極端に攻めようとはしていなかったので、
 ラリー、続ける事に集中できた。
 アンフォーストエラーが極端に少ないのがN.ジョコビッチのテニス
 

 2012ファイナルはバックハンドでA.マレーに打ち勝ったN.ジョコビッチ
 

A.マレーのバックハンド  
 錦織圭戦から 
  バックハンド、両手打ちvs片手打ち比較
Murraynolebsrally

 A.マレーはバックハンドのラリー、 少しずつN.ジョコビッチを外に出し、
 N.ジョコビッチがたまらずカウンターにダウンザライン
 それを待っていて、カウンターのカウンター。
 

 トッププレーヤーでもウィナーはフォアが多い。
 バックは続けて相手の浅いボールを待つ。
 このラリーの展開でN.ジョコビッチがイージーミスを続けた。
 さすがに、N.ジョコビッチも元王者の維持で最後は調子を出してきた。
 切れのあるアプローチショットでウィナーを奪い始めたが、時すでに遅し。
 この二人のクラスでは、1ダウンはなかなか挽回不能になる。

 バックハンド上達法
 片手打ち用、
 両手打ち用があります
バックハンドが上手くなれば、
 中級者からの脱出

 この事は、凡ミスでポイントを失う、一般プレーヤーへの良い教訓となる。
 昔から言われている事だが、
 相手よりも一本多く返す。
Sayingmanyrally

 ラリーに強くなる レッスンドリル。
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Bmcombredsmlob


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


 試合に勝つ方法  

 ベースラインのどこで打つかのゾーン戦争。
 じわりじわりとA.マレーは中に入り込み、少しずつN.ジョコビッチは下げられていた。
 錦織圭戦では22%ベースライン内側に入れたが
 この試合では18%に抑えられた。

 N.ジョコビッチ戦の勝利では、N.ジョコビッチのリターンを封じ込めたこと。
 A.マレーのサービスを叩こうと狙っていたが、良く弾むスピンサーブが入った。
 1stサ-ビスでは、ワイドに逃げるスライスが有効。
 これでN.ジョコビッチをコートの外に追い出すことに成功した。

 N.ジョコビッチは中に入りこんでカウンターを狙うのが得意。

A.マレーも相手に先に振らせて、それに追いついてカウンターが得意。
N.ジョコビッチのネットポイントが多かった。
結果論だが、もっと前に出てプレッシャーをかける事が必要だった。

らしさが出たのが 今年のローマ
 
 N.ジョコビッチに連敗中だったのを、戦略を変えて、N.ジョコビッチを破った。 
 このあたりから苦手意識が少なくなって来た。

A.マレーvsN.ジョコビッチ ハイライト動画

テニス上達グッズ
テニス2画面マグネット作戦ボード

ソフトテニス作戦ボード大型B4サイズ、見開き2画面

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付
B7tennis2magstaffall


 ダブルス、フォーメーションBook

 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK on lineATPファイナル
 今日から、錦織圭の特集番組があります。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« マレー・ザ・チャンピオン ライバルジョコビッチをストレートで下す | トップページ | マレーを育てた環境 チーム、モチベーション、真面目さ »

ATPファイナル」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

あんちゃんさん、コメント有り難うございます。
今朝も寒いですね。テニスに行くのが少しずつ、億劫になってきます。それが悲しいですね。
さあ、今日も、明るく楽しく元気良く!

投稿: 月さん | 2016年11月30日 (水) 06時20分

マレー、本当に強くなりましたね。マサカ、ジョコをストレートで下すとは。
強くなった理由ってありますか?

投稿: あんちゃん | 2016年11月24日 (木) 18時59分

おはようございます。今日はテニスの日なのですが、寒そうですね。風邪をひかないように準備して

投稿: 万年中級者 | 2016年11月23日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/64527504

この記事へのトラックバック一覧です: マレーの強さを解析 ジョコビッチ戦 ATPファイナル2016:

» マレー 後半連勝した理由 2強欠場 良きライバルの存在 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
今年のA.マレーは強い。その理由を探っていた。確かに、I.レンドルコーチを迎えてから、飛躍的に成績が上がったが、実はBig4同士の対戦で全員に負け越しているA.マレーが、R.フェデラー、R.ナダルの欠場で、勝てたと言うことも考えられる。と言う事は、錦織圭も頑張れたはずなのに。も少しA.マレーの強さの検証を続ける。コーチとして非常に面白い。これからデビスカップでM.シリッチとJ.D.ポトロが激突する。それも楽しみ。... [続きを読む]

受信: 2016年11月25日 (金) 10時43分

« マレー・ザ・チャンピオン ライバルジョコビッチをストレートで下す | トップページ | マレーを育てた環境 チーム、モチベーション、真面目さ »