« 錦織 ネットプレーの壁 ズべレフ兄に敗れる 全仏2017へ課題 | トップページ | 全仏2017 開幕 シードと日本選手 クレーで強いのは? »

2017年5月28日 (日)

レッドクレー全仏2017 特徴と歴史 名勝負の背景

赤土の殿堂,フレンチオープンテニスが始まる
予選も終わり、出場者、ドローが出た。
 シード、対戦相手など、次にアップします。
ロランギャロスは、少し前のランキングを元にシードが決まる。
 直前ランキング  
 芝の相性を考慮のウィンブルドンとは少し異なる。
 グランドスラムの面白さ。
 グランドスラムとコートサーフェイス 
 2016全仏 上位シード  

 レッドクレー、この時期、雨が多く、コンディション調整が難しくなる
French_open_2017

 

クレーコートでもレッドクレー、赤レンガを砕いて作ったコート。
 コートサーフェイスの特徴。  
 コートサーフェイスは遅い
 イレギュラーが多い。
 ラインテープの上は滑る。
 チャレンジは無く、審判の目視確認


プレーは大きく変わる、
コートサーフェイス遅いその結果
 ボールが弾んで減速するので、
 サービスの威力が下がる。
 ラリーが続く。
 試合時間が長くなり持久力が必要となる。
 ワイドに振っても、フットワークの良い選手は動き回って拾う。
 A.ズべレフ、 
 D.ティエム この二人は、新しいクレーコートの戦い方をマスターしている。
  
 R.ナダル以上にベースラインから下がりラリー、
 ベースラインの少し後方、一般的には深いボールだが、
 ここからウィナーを打ち出す、スウィングスピードがある。
 クレーコートのフットワークが必要となる。
 スプリットステップからClaynadalslidego

 踏み出す一歩目
 滑り易い

 走ったら、
 打点の距離を計算して
 スライド、
 止まって、
 打つ

 次のレディポジションに戻る
 ストロークの循環が必要。

 
 クレーコートシューズが必要  

 レッドクレー雨で中断が多い
 コンディショニング維持の難しさ
 試合が経過すると。クレーが踏み固められて,ハードコート状態に近くなる、
 その結果、試合の展開がもつれる事が多い。
Rgrainball

 クレーコートの戦いは、タフ。
 冷静にプレーする、メンタル.タフネスが重要となる。
 すこしでも油断すると、
 そこに付け込まれる。
 
グランドスラムならではの影響
 男子シングルスは5セットマッチ、
 しかも優勝には7回の勝利が必要なので、
 類まれなる、心.技.体のバランスが必要。

真の強い選手の証明となる。
 ハードコートが得意の選手は、走るが、上手く滑らせることが難しい。
 クレーコートには slide Stop &Go! の事なった要素を求められる。

幾多の名選手、名勝負が生まれた。
 クレーコートスペシャリストが生まれた。
 G.クエルテン。 
 超ハードヒッター、ムスター

 あれだけ強い、N.ジョコビッチ、R.フェデラーが優勝したのは一度だけ。

4つの大会を制覇する事をグランドスラムと言うが。
 名選手の証、グランドスラマー 
 N.ジョコビッチ去年
 R.フェデラー
 R.ナダルは早かった。しかも9回の優勝を誇る。

 女子では、S.グラフ、
 S.ウィリアムス

 この大記録に、レッドクレーのロランギャロスがネックになっている、
 それほどレッドクレーは難しい。

歴史を物語る、ロランギャロスのポスター。
2017rolandgarrosposter


芸術性の高いテニスのポスター
1989年 錦織圭のコーチ、M.チャンが史上最年少で優勝。17才。

1999年、N.ジョコビッチの新しいコーチA.アガシが優勝
D13csnoleaarg

 クエルテンもロランギャロスの代名詞
  フォアハンドのトップスピンの打ち方のモデルだ。
Fsheavytopspinkuerten

テニス上達アイテム
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 超便利作戦ボード、折りたたみ2画面マグネット
 立体コート図でロブ表示。 

 ダブルスの説明が楽ですよ。
 ビジュアルなレッスンを
Lob

 テニス・システム手帳 
スコア、データ整理、作戦ボード、とテニス指導の全てが出来る。


もちろん,ソフトテニス用も準備。


作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« 錦織 ネットプレーの壁 ズべレフ兄に敗れる 全仏2017へ課題 | トップページ | 全仏2017 開幕 シードと日本選手 クレーで強いのは? »

錦織」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

クレーコート」カテゴリの記事

グランドスラム」カテゴリの記事

コメント

ジョコ、負けちゃいましたね。D.ティエムが強かった?

投稿: 驚き桃の木 | 2017年6月 9日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドクレー全仏2017 特徴と歴史 名勝負の背景:

» フレンチオープン2017 男子シングルス、シード、注目対戦 ジョコビッチ、ナダル、錦織 [ショップブログ Sports&Art]
ロランギャロス2017 赤土の祭典  レッドクレーの戦いが始まりますね。  今年は、ランキングが大幅に動いて、    群雄割拠、まさに戦国時代の様相です。 とは言え、クレーコートにはスペシャリストが存在します。  そのクレーコーターが絶好調。  R.ナダル、D.ティエム、A.ズベレフを軸に、  N.ジョコビッチ、S.バブリンカ、錦織圭がどう絡むかでしょう。  A.マレーは、かなり出遅れています。  Eloシステムでクレーコートの強さを出してみると。 Elo Ra... [続きを読む]

受信: 2017年5月28日 (日) 21時36分

» ダニエル,太郎 クレー上手い ビッグサーバーに完勝 全仏2017 [ショップブログ Sports&Art]
全仏2017 ダニエル,太郎登場 ストレート勝ち 今年、調子がイマイチ上がらず、100位前後だったダニエル,太郎。  予選を見事に勝ち抜き、本戦に。守屋に勝つ。  初戦、ウィンブルドンベスト4の経験がある、  J.ヤノビッツに見事な勝利。2年連続の初戦突破だ。  2016 クリザンに勝利。    スタートのサービスゲーム、デュースにもつれこんだが、  このピンチを抜けたら、一気に展開した。  クレーコートが好きなだけある。  クレーコート勝因はデフェンス力    サービス力は... [続きを読む]

受信: 2017年5月29日 (月) 10時28分

» テニス ランキング Nadal堂々の2位復活 ATPファイナル 出場決定 [ショップブログ Sports&Art]
5月3週のランキング R.ナダルが2位に復帰。  ご存知の様にランキングには2種類ある。  良くある通常のランキングと、  ATP ツアーファイナル出場を目指す、Race to Londonのランキングだ。  ATP二つのランキング    もう一つのテニスの総合的、強さランキング、      ロランギャロスでは圧倒的な強さを見せた。  無傷の完全優勝。S.バブリンカを跳ね返した。    R.ナダル勝利の名言集。  ウィンブルドンのために、通年出場する前哨戦をパス。... [続きを読む]

受信: 2017年6月19日 (月) 08時21分

« 錦織 ネットプレーの壁 ズべレフ兄に敗れる 全仏2017へ課題 | トップページ | 全仏2017 開幕 シードと日本選手 クレーで強いのは? »