« 全仏2017 開幕 シードと日本選手 クレーで強いのは? | トップページ | 土居美咲 戦術負け、技に屈する 全仏2017 »

2017年5月29日 (月)

全仏2017 ダニエル,太郎,2年連続、初戦突破

全仏2017 ダニエル,太郎登場 ストレート勝ち
今年、調子がイマイチ上がらず、100位前後だったダニエル,太郎。
 予選を見事に勝ち抜き、本戦に。守屋に勝つ。

 初戦、ウィンブルドンベスト4の経験がある、
 J.ヤノビッツに見事な勝利。2年連続の初戦突破だ。
 2016 クリザンに勝利。  
 スタートのサービスゲーム、デュースにもつれこんだが、
 このピンチを抜けたら、一気に展開した。
 クレーコートが好きなだけある。
 クレーコート勝因はデフェンス力  
 サービス力は20%減となるから。

 トッププレーヤー、一般プレーヤーでも、試合の序盤が大事。
 錦織圭の苦手な部分。


 相手にブレークを許さない、完璧な内容。
ダニエル,太郎◎ 6-4, 6-4, 6-4  ×J・ヤノヴィッツ
Tarojjscpre


 サービスエースを13本食らったが、ダニエル,太郎も8本、
 ダブルフォールト0は立派。

ダニエル,太郎の良かった点
 1:ブレークを許さなかった事
 2:アンフォーストエラーを極端に抑えた
  一桁は立派
  デフェンス力、粘りのダニエル,太郎らしい
 3:しっかり攻撃したこと。
  ウィナーも多く、安定指数も大きい。

Tarojjstatts


 今年、クレーコートで強いのはこの人 Eloレイティング


テニスは確率のスポーツ  
Saypercent

 テニス勝利の法則 アンフォーストエラーを減らす、

 勝利の法則シングルス

 勝利の法則ダブルス

 サービス力アップ
 
 
 安定指数が大事  
  攻撃力の選手は、ウィナー
   R.フェデラータイプ
  守備力の選手はアンフォーストエラーを下げる
   R.ナダルタイプ
  いずれにしても、ウィナー-アンフォーストエラーを
  相手よりも上にすることが重要。
   錦織圭タイプ

 ダニエル,太郎、S.バブリンカに善戦 全仏20162回戦 
 去年の全仏で、S.バブリンカといい試合をした。
 
 2回戦の相手P.C.ブスタ ダニエル,太郎と同じスペインで練習する、スペシャリスト
 クレーコートの粘りが身上のプレーヤー。
 全仏、スペインの選手が圧倒的に多い。
 スペインはR.ナダルを筆頭に、クレー王国。

Tarobustaatp


 2016エストリエールで敗戦 P.C.ブスタ◎6-4,7-5 ×ダニエル,太郎
 接戦だったので、雪辱して欲しい。


 杉田祐一は、強豪、S.ジョンソンと接戦
 日没で順延。   

奈良くるみも逆転勝ちで3回戦へコマを進めた。
奈良くるみ◎

15歳 A・アニシモバ(アメリカ)に3-6, 7-5, 6-4の逆転で勝利し、4年連続の初戦突破を果たした。

 テニスのスコアをつけよう  

 べビーステップに習って、テニスノート 作戦ボード付

Studentser

 
作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 連日熱戦が続く、ダニエル,太郎、奈良くるみ勝利、
 杉田祐一が熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 全仏2017 開幕 シードと日本選手 クレーで強いのは? | トップページ | 土居美咲 戦術負け、技に屈する 全仏2017 »

クレーコート」カテゴリの記事

スコア」カテゴリの記事

ダニエル,太郎」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

コメント

太郎君、良かったですね。やっぱり、クレーコートが合っている?

投稿: 生徒A | 2017年5月29日 (月) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65342761

この記事へのトラックバック一覧です: 全仏2017 ダニエル,太郎,2年連続、初戦突破:

» 土居 エラーニに敗戦 クレーで勝つには 戦術、自滅 [ショップブログ Sports&Art]
クレーの祭典、ロランギャロス2017 土居美咲  調子を上げ、期待されたが、腹筋痛、治らず。 土居美咲 ベテランの技に屈する  S.エラーニ◎ 7-6(7),6-1 × 土居美咲  終わってみれば、最初のゲームが全て  S.エラーニのサービスゲーム、土居美咲は攻め込むが  さらりとかわされて、ブレークできず、  直後のゲームをブレークされる。  リードしたら、S.エラーニの粘りが効く。  クレーコートを知り尽くした技。  コートを左右に大きく使う、  ムーン... [続きを読む]

受信: 2017年5月30日 (火) 08時51分

« 全仏2017 開幕 シードと日本選手 クレーで強いのは? | トップページ | 土居美咲 戦術負け、技に屈する 全仏2017 »