« ロペス サービスエースの競演 光るテクニック M.シリッチを破る  | トップページ | 杉田祐一 ウィンブルドン2017に向け、好調 芝の対応力  »

2017年6月29日 (木)

ウィンブルドン2017 芝への対応が鍵 何故滑る

ウィンブルドン 芝が難しい理由 コートサーフェイスとボールの弾み方
 前哨戦、真っ盛り。
 N.ジョコビッチも急遽参戦を決めた。
 芝は、期間が短く、調整が難しい。

 ウィンブルドンの特徴

ウィンブルドンが面白い点
 1;テニスの聖地。
 2:4大グランドスラム
 3:芝。
  シューズ、フットワークが全く異なる
  芝の得手不得手はトッププレーヤーでも差が出る。
 4:土のロランギャロスから、短期間で移動。
 5:正規の5セットマッチ
 6:ルール、レギュレーション


 土から芝へ 

 それでなくても難しい、クレーコートのロランギャロスから。
 一気の球足の速い、滑る、グラスコート。

コートサーフェイスとボールの弾み方
 ボールはClay_court_ballspeed

 弾んでから
 減速するが、
 一番少ないのが
 グラスコート。
 70%。
 クレーコート
 では59%、 
 その分早く感じる。

 しかも、芝の部分でボールが滑るのは、弾まずに滑る印象となる。
 選手にとっては、食い込んでくる感じ。
Ballslidegrass


 振り遅れやすい。
 だから早い対応が求められる。
 芝のストローク やはりR.フェデラーでしょう。
 

 グランドスラムのコートサーフェイス、ウィンブルドン

 ハードコートでは、イレギュラーが少ないので、
 選手も安定したプレーをできるが、
 芝では、イレギュラーが多い、
 と言うか、毎回イレギュラーの弾み方となる。

 だからハードコートでは、ボールがネットを越えてから、
 打点に入る予測をしやすいが、
 芝では弾み方が毎回微妙に異なる。

 だから、面白いのだけれど。

 しかも、芝は、フットワークで消耗してすり減って来る。
Ccourt2012

 大会初日のきれいなっ芝から、ファイナルの時には、
 芝が剥げて、踏まれたクレーコート状になる。
 ウィンブルドンの芝の変化
  

 コート、コンディションが変わるのもウィンブルドンなのだ。
 最終日のウィンブルドン,芝と言うよりも土だ。
Wimbledonccourtafter


 前哨戦で見える、芝の勝ち方。
 R.フェデラーvsA.ズべレフ 

 F.ロペス vs M.シリッチ  

 そこから見えたものは、
 サービス力、

 低いボールへの対処。 
ストロークの基本 しっかり低くして構えられるか。
 クレーコートの弾むボールの対処は異なった対応。

 その点でR.ナダルの試合が面白い。
 絶頂期には芝でも上手かった。
 R.フェデラー、R.ナダル、ライバル史


 芝のフットワーク   

 去年、杉田祐一、芝で好成績
今年も前哨戦で、D.フェレールを破り快調。
  

 芝への対応の仕方  

 コーチのアドバイス、どう聞きますか?  

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmgradingmix


 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 Aegon International 公式サイト
 N.ジョコビッチ登場

 wowow テニスオンライン


 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« ロペス サービスエースの競演 光るテクニック M.シリッチを破る  | トップページ | 杉田祐一 ウィンブルドン2017に向け、好調 芝の対応力  »

ウィンブルドン」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

スライス」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

予測」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

前哨戦」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

芝の難しさ、分かりました。有り難うございます。

投稿: 守護神 | 2017年6月30日 (金) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65470881

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンブルドン2017 芝への対応が鍵 何故滑る:

» 杉田祐一 ウィンブルドン前哨戦 好調持続 芝への対応 QFへ [ショップブログ Sports&Art]
ウィンブルドンに向けて、杉田祐一、絶好調  アンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)シングルス準々決勝、  杉田祐一◎ 6-3,6-0   ×D・アルトマイヤー 世界ランク66位の杉田祐一が同252位のD・アルトマイヤー(ドイツ)を6-3, 6-0のストレートで下し、  ツアー初のベスト4進出。  相手にブレーク許さず、自身は4回のチャンスで4回ブレーク。  これは強い証拠。 杉田祐一は最近好調。  クレーコートでスペシャリスト  C... [続きを読む]

受信: 2017年6月30日 (金) 09時03分

» ウィンブルドン2017 男子シングルス 大胆予測 R.フェデラーが軸 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
ウィンブルドン2017男子シングルスのドローが出た。どの山も強豪が揃っている。シードのA.マレー、やや不調。ここにきて調子が良いのが、R.フェデラー、A.ズべレフ、R.ナダル、N.ジョコビッチ。錦織は怪我からの復調が気がかりだ。いずれにしても芝の戦い、5セットのフルセットマッチ。非常に楽しみだ。応援よろしくお願いします。... [続きを読む]

受信: 2017年7月 1日 (土) 08時04分

» 錦織圭 ウィンブルドン3回戦へ サービスに不安 スコア、スタッツ [ショップブログ Sports&Art]
錦織圭 早くも辛勝 ウィンブルドン2回戦 ウィンブルドン、全英オープンテニス選手権、  男子シングルスドロー   「The Lawn Tennis Championships on Grass」。この名称が短縮され、 現在は「The Championships」  会場の正式名称 All England Lawn Tennis and Croquet Club  グランドスラム、ウィンブルドンの偉大さ。  第9シードの錦織圭。 ... [続きを読む]

受信: 2017年7月 6日 (木) 08時31分

» ウィンブルドン2017 面白情報集 ウエア、錦織、芝、 [面白真面目]
ウィンブルドン真っ盛りです。日本選手、錦織、杉田、大坂なおみと頑張りましたが。でも魅力ある大会ですね。白のウエア、トッププレーヤーの戦い。などなど興味ある情報をお届けします。テニス徒然草をアップしている月さんならではの情報です。お楽しみください。テレビを見るのがより面白くなりますよ。... [続きを読む]

受信: 2017年7月10日 (月) 07時51分

» 数字に勝って試合に負けたナダル 無念さ ウィンブルドン2017 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
R.ナダルが敗れる、衝撃、ウィンブルドン2017。サーブ&ボレーのG.ミューラーに敗れた。しかも2セットダウンから、2セットを戻して、R.ナダル得意の大逆転のパターン。あわや思ったが、G.ミューラーが5時間近い死闘を制して、振り切った。試合の内容をスタッツで探ろう。テニス、グランドスラム、ウィンブルドン面白い。... [続きを読む]

受信: 2017年7月12日 (水) 09時35分

» 速い 二宮真琴のダブルス ウィンブルドン2017 ベスト4へ [ショップブログ Sports&Art]
ウィンブルドン 女子ダブルスで二宮真琴 ベスト4に進出  テニスの殿堂、ウィンブルドン。  注目選手が、二宮真琴選手。  小柄だが、俊敏、動きが速い。  いつもは雨が多いウィンブルドン。  だからコンディションが大変。  今年は雨が少ない。それはそれでコートが異常。  ウィンブルドン、面白い情報。  今年のウィンブルドン、日本選手、残念ながらイマイチ。  錦織圭、  杉田祐一、大健闘   大坂なおみと思うような結果を残せない、今年のウィン... [続きを読む]

受信: 2017年7月14日 (金) 18時40分

« ロペス サービスエースの競演 光るテクニック M.シリッチを破る  | トップページ | 杉田祐一 ウィンブルドン2017に向け、好調 芝の対応力  »