« ウィンブルドン2017 芝への対応が鍵 何故滑る | トップページ | ウィンブルドン2017 男子シングルス 大胆予測 R.フェデラーが軸 »

2017年6月30日 (金)

杉田祐一 ウィンブルドン2017に向け、好調 芝の対応力 

ウィンブルドンに向けて、杉田祐一、絶好調
 アンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)シングルス準々決勝、
 杉田祐一◎ 6-3,6-0   ×D・アルトマイヤー
Altscore


世界ランク66位の杉田祐一が同252位のD・アルトマイヤー(ドイツ)を6-3, 6-0のストレートで下し、
 ツアー初のベスト4進出。
 相手にブレーク許さず、自身は4回のチャンスで4回ブレーク。
 これは強い証拠。

杉田祐一は最近好調。
 クレーコートでスペシャリスト
 C.ブスタに快勝  

 若竜、D.ティエムに敗れたが良い感触

 ゲーリーウエーバーでR.フェデラーと対戦したのが大きな要因。
杉田祐一、好調の理由。
 芝への対応が良い。
 芝でボ-ルの跳ね方、滑り方

 サービス力が上がり、
 ゆっくりしたSeralta

 テイクバックから
 一気に
 振り抜く

 1stサ-ビスの
 確率も高く、
 安定性がある。
 ストローク戦、攻守のメリハリが良くなっている。
 相手に攻められても落ち着いてしのいで、
 少しでも甘くなったボールを、一気に叩きに行っている。


第1セットを先取した杉田は、第2セットの第1ゲームでブレークするとアルトマイヤーを圧倒し、危なげなく勝利した。
 ハイライト動画  

準決勝では、元世界ランク8位のM・バグダティスと対戦する。
バグダティスは準々決勝で
D.ティエムに勝ったR・ラマナサンを逆転で破っての勝ち上がり。

 杉田祐一とM.バグタチスは初めての対戦。
 結構感情の起伏が激しい選手なので、粘ると良い事がある。

今シーズン好調の杉田は今大会1回戦で予選勝者のM・エブデン、
 2回戦では元世界ランク3位で第4シードのD・フェレールを下した。
 1stサ-ビスのポイント獲得率78%、これが好調さの秘訣。
 杉田祐一◎ 6-3,3-6,7-6(2) ×D.フェレール
Ferrerscore


 同じ3ブレークの激戦。
 タイブレークを取り切った杉田祐一のサービス力。

 この大会、第1シードのD・ティーム、
 第2シードのP・ロレンジが初戦敗退の波乱。

杉田祐一 D.フェレールを破る  

 杉田祐一 チャレンジャーでの活躍


伊藤竜馬 4時間半の激戦。ウィンブルドン予選。
 日本選手残念ながら敗れている。
 添田豪、守屋宏紀、サンティラン昌、
 40本のサービスエースを浴びて 予選11シード、S.スタコフスキーに敗れる。
 31歳、最高は31位.193cmの長身。

 多くのブレークチャンスを活かせなかった。
 試合経験の差。

 match statts 

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
ダブルス・フォーメーションBook 刷新。
DBフォーメーションBook 内容

DBフォーメーションBook

ソフトテニス用ダブルスフォーメーションDVD


Dbrecourse3ways


 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 Aegon International 公式サイト
 N.ジョコビッチ登場

 Antalya Open 公式サイト
 杉田祐一登場

 wowow テニスオンライン


 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« ウィンブルドン2017 芝への対応が鍵 何故滑る | トップページ | ウィンブルドン2017 男子シングルス 大胆予測 R.フェデラーが軸 »

動画」カテゴリの記事

ウィンブルドン」カテゴリの記事

スコア」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

予測」カテゴリの記事

杉田祐一」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉田祐一 ウィンブルドン2017に向け、好調 芝の対応力 :

« ウィンブルドン2017 芝への対応が鍵 何故滑る | トップページ | ウィンブルドン2017 男子シングルス 大胆予測 R.フェデラーが軸 »