« 錦織 中断後,,驚異の踏ん張りをデータで再現 全仏2017  | トップページ | 錦織 ロランギャロス2017の反省点 心の弱さ »

2017年6月 7日 (水)

錦織 闇から光明 全仏2017 Best8 NO1マレー戦へ

錦織 開き直り、大逆転 ロランギャロス2017 ベスト8へ
テニスに詳しいジャーナリストたちも、第1セットを終わって錦織の敗戦を信じた。
 体調がやはり悪いのかと。
 錦織も、思った様に動かない、自身の体に、諦めを感じ。
 その結果、開き直る事が出来た。
 テニスが、心の持ち方ひとつで大きく変わる、象徴的な試合。
 錦織自身も、それを感じ取ったはず。

 それでなくても、グランドスラムは過酷
 ロランギャロスは天候も不安定。
 心.技.体の、強さ が求められる。  

 3回戦、チャン戦。
 負ける展開 だった。
 中断で 心を立て直す余裕を頂いた

 なんだか訳が分からなくなったのが、F.ベルダスコ。
 それ以前に、F.ベルダスコには、最近,錦織圭に勝てない、
 そんな気持ちが、心のどこかにあったのだろう。
 去年のロランギャロスのフルセット
  
 この試合は一人相撲をとってしまった。

錦織圭◎ 0-6,6-4,6-4,6-0, ×F.ベルダスコ
Keiverscore


 スコアの真ん中の数字は、ブレーク数と、チャンス数を示している。

第1セット、一人でこけていた錦織圭。第4セットはF.ベルダスコが勝手にこけていた。
錦織圭が開き直った第2セット。
 数字的には、F.ベルダスコが押している。
 錦織圭はアンフォーストエラーが16本と多いが、
 開き直ってウィナーが9本と増えた。
 1ブレーク差で錦織圭が6-4と取る。
 そして第3セットはウィナーがアンフォーストエラーを上回り、安定指数を上げた。

Keiverstatts


第1セットと、勝ち始めた錦織圭、ルーティーンが明らかに違う。
 本人は意識していないだろうが、
 心が落ち着いてきた証拠。開き直りの良さだ。
Performancefacekei


いつも落ち着いている、R.フェデラーが心の先生 だ。

 しかし、立ち直り始めた錦織圭の何かを勝手に感じて、
 自身のパフォーマンスに自信が持てなくなってしまった。
 第1セットは、信じられないようなミスを繰り返す錦織圭。
 アンフォーストエラーが15本、ウィナーはたったの2本。アンフォーストエラーは仕方がないにしても、
 ウィナーの2本は、全く信じられない。

 第3セットで、錦織圭らしさでアンフォーストエラーを減らし始める。

そしてこのカウンターショットだ。
Keicounterver


 第4セット、完璧に錦織圭のペース、
 と言うか、F.ベルダスコが勝手にミスを重ねて、の大逆転。

ウィナーとアンフォーストエラーの数字比較
 F.ベルダスコと錦織圭で大きく逆転している様子が良く分かる。

 攻撃テニスと守備テニス  

 安定指数 
 試合に勝つ、大きな要素。

Keiver


昨日まで、一人相撲で試合を展開。
 勝っちゃった、感 があった今回の全仏。

 アンフォーストエラーを減らせ! 

本日の御教訓 パフォーマンスは心が決める
試合の流れをつかむ
1:テニスは自分との戦い
2:自分をどこまで信じられるか
3;開き直れ!

次は、NO1シード、A.マレーと当る。
 実は、A.マレーも戦うのを嫌がっているのが錦織圭
 
詳しくは夕方アップします。


スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage


 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織 中断後,,驚異の踏ん張りをデータで再現 全仏2017  | トップページ | 錦織 ロランギャロス2017の反省点 心の弱さ »

クレーコート」カテゴリの記事

スコア」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

分析」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^○^)♪ 
コメント有り難うございます。
幸か不幸か、またF.ベルダスコと当っちゃいますね。
しかもダブルスのパートナー

投稿: 月さん | 2017年6月20日 (火) 05時43分

驚きました。目を覆うような第1セットの落とし方。もうだめかと思いました。錦織圭選手の体力、身体、大丈夫なんでしょうか? 凄く心配ですね。

投稿: 万年中級者 | 2017年6月 7日 (水) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65380887

この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 闇から光明 全仏2017 Best8 NO1マレー戦へ:

» 錦織 メンタルの弱さ露呈 ベスト8 ロランギャロス2017 A.マレー戦 [ショップブログ Sports&Art]
錦織圭のロランギャロスが終わった。  紆余曲折の1週間。良くも悪くも。  錦織、得意のクレーコートのはずだった。  最近はシードを守れていなかったので、  ベスト8で良しとする。   体調不十分の中で戦ったと言えばそれまでだが、  いつもなら、試合経過、スコアを書くが、今回は、余りの不甲斐なさに、  心の問題、メンタル.タフネスについて書くことにする。  全てを象徴しているのが、第3セットのタイブレーク。  0-7の敗れ方だ。  心.技.体の全てが悪い方向に向かって行った。 ... [続きを読む]

受信: 2017年6月 9日 (金) 08時10分

« 錦織 中断後,,驚異の踏ん張りをデータで再現 全仏2017  | トップページ | 錦織 ロランギャロス2017の反省点 心の弱さ »