« 杉田祐一 試合展開の上手さ 好調維持 ウィンブルドン2017 | トップページ | 杉田祐一 大激戦、力尽きる ウィンブルドン2017,2回戦 仇をとられる »

2017年7月 6日 (木)

錦織 ヒヤリの勝利 課題克服を ウィンブルドン2017

錦織圭 早くも辛勝 ウィンブルドン2回戦
ウィンブルドン、全英オープンテニス選手権、
 男子シングルスドロー  
「The Lawn Tennis Championships on Grass」。この名称が短縮され、
現在は「The Championships」

Aelctc

 会場の正式名称
All England Lawn Tennis and Croquet Club

 グランドスラム、ウィンブルドンの偉大さ
Ccsurface1


 第9シードの錦織圭。
初戦は、超、快調
 攻めてこの8割位で行って欲しかった。
 1週目は楽勝で通過して欲しい。希望ですが。

 杉田祐一も快勝

S.スタコフスキー、 ツアーでは2敗、
 デビスカップのダブルスで完勝はしているが。
 相性の悪い相手。S.スタコフスキー。
 錦織圭の、苦手意識と、
  芝では上手いなあと、感じてしまった。
 こ信条が左右している。
 2013ウィンブルドンで、あのR.フェデラーを破っている
 
 芝をSayingsswinlaw

 得意としている。
 サーブ&ボレーも
 多く織り交ぜる

 この時、
 僕が書いた、
 格言。
 芝は、
 ネットプレーがミサイル。

ウィンブルドンとしては快晴、暖かい。
 この異常さでは羽ありが大量発生。
 錦織圭は明らかに気にしている、S.スタコフスキーは平然。
 これもオープンスキルのウィンブルドン。

 集中してれば、羽ありごときは、でありたいが。

錦織圭◎  ×S.スタコフスキー
Keiscorewim2


6-4, 6-7(7), 6-1, 7-6(6)
 勝つには勝ったけれど。
 試合のムードは悪い。
 2度のタイブレークは、明らかに、S.スタコフスキーのペース。

反省点が多い。
 一つは、ピンチでのダブルフォールト。
 今年何度、ダブルフォールトの多さを指摘している事か。
 
 
試合展開の単調さ。

 勝ち切れない今年の錦織圭
 
 
 相手の得意のドロップショッを先に打たれている。
 展開を相手に握られている。

 ブレークされた時の試合運びは、単調。
 なかなか取り切れない。
 芝の特性をどう活かすか。 

 デュースゲームで、ブレークチャンスを迎えても、簡単に取り切れない。
 ここが今の錦織の弱いところだ。
Keiwim2rstatts

 試合はポーカーフェイスで。
 特に、弱みを見せずに、

 実はこれ、メンタル.タフネスの重要な部分。
 
 R.フェデラーのクールさ
 N.ジョコビッチの気合の入れ方。
 A.マレーのセルフトーク。
Keiporkerface

メンタル.タフネス向上

 メンタル強化ノート 

 ジュニアのためのノート(年齢に合わせます)

 親子の交換日誌ノート  


  F.ベルダスコ戦 

 それは錦織圭の攻めの遅さだ。
 今年の前哨戦を見ていると、バックハンドスライスの使い勝手の良い選手が成績が良い。
 スライスと芝は良く似合う
 ハイライト動画も入っている記事
 

良く試合で、先行って言います。
 先にポイントをとっていくと言う事ですが、
 ウィンブルドンでは先攻が大事です。
 テニスの特性、差サービス側有利。
 芝で滑る。ですから、サービスなんです。
 ですからダブルフォールトは本当にもったいない。
 先攻の意味
 先に攻める
 展開を待たない。

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
 ソフトテニス応援キット

Bivscorecpower

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 wowow テニスオンライン

 NHK ウィンブルドン

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« 杉田祐一 試合展開の上手さ 好調維持 ウィンブルドン2017 | トップページ | 杉田祐一 大激戦、力尽きる ウィンブルドン2017,2回戦 仇をとられる »

ウィンブルドン」カテゴリの記事

サービス」カテゴリの記事

スコア」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

分析」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

コメント

確かに、試合中、調子が悪そうな素振りをしょっちゅう見せますよね。

投稿: 万年中級者 | 2017年7月 7日 (金) 06時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65499487

この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 ヒヤリの勝利 課題克服を ウィンブルドン2017:

» 敗戦から分析 次へ準備 錦織圭のウィンブルドン2017 [ショップブログ Sports&Art]
試合の敗因を探る  Part1 データ編  期待していた錦織選手のウィンブルドン2017、 初戦は快勝。  残念ながら3回戦で敗退。  敗戦の理由を、データと、心の問題として探っていく。  注目のPart1はデータ編だ。  錦織圭選手の試合データでの分析と、  心.技.体でのバランスの崩れからの敗因を探ってみたい。  これは誰にでもあることなんで、冷静に分析してみよう。  錦織圭、負ける要因は2回戦にあった。 R.B=アグ◎ 6-4,6-7(3),3-6,6-3  ×... [続きを読む]

受信: 2017年7月 9日 (日) 08時03分

« 杉田祐一 試合展開の上手さ 好調維持 ウィンブルドン2017 | トップページ | 杉田祐一 大激戦、力尽きる ウィンブルドン2017,2回戦 仇をとられる »