« ウォズアニッキ 強打対策の徹底 女王のリズム崩す | トップページ | 東レ2017優勝 Newウォズアニッキ 攻撃力up »

2017年9月24日 (日)

ダブルスの進化 東レ2017 決勝から  強化法研究

ダブルス決勝 東レパンパシフィック2017
 ダブルスって面白いですね。
 ペアの個性が光る。
 若いシングルスペア二人と、ダブルスのスペシャリストペアの対決。
 ダブルスのスペシャリスト、第4シード、クレパッチ、サンチェス組が
 クレパッチ、34位
 サンチェス 26位 しかしチームとしては10位
 超攻撃的な二宮真琴

 ムササビポーチの青山修子

 ダブルスランキング  
 日本人ペア、結構上位にいます。期待しましょう。
 オリンピックに向けて好材料です。
 男子を何とかしたいですね。
 デビスカップ、日本ワールドグループに残留
 ダブルスにも光明が。

 シングルスのトッププレーヤー二人に勝利。
 D.ガブリロバ、D.カサキナ ダリアペアは、シングルスのトッププレーヤー。
 若く、さらに上を目指す。
 奈良くるみ、尾崎里紗ペアに接戦で勝った。
 勢いがある。

M・クレパーチ/ M・マルティネスサンチェス組◎ 6-3,6-2×D.ガブリロバ、D.カサキナ組
 ダブルスとシングルスの違い を知る。
 

 ダブルスの醍醐味を教えてくれた。
 テニスは戦略的、戦術的なスポーツ
 

 ダブルスはより戦術的
 
 ダブルスは共同社業 だから。

 ダブルス力を知る 
Dbpowerchart


 

 テニスノートの活用  

 ダブルスに強くなる  

 ダブルスは二人のシングルスではない
 

 バドミン高松ペアに学ぶダブルスの基本  
Bad


東レの決勝に話を戻します。
 この試合、見ていてダブルスの参考になる事が多かった。
 参考になる点
 1:ダブルスのスペシャリスト対シングルスチーム
2:デサイディングポイントの試合
 プレッシャーが早く来る。
3: ダブルスは陣形勝負
4:ダブルスはペアリング、コンビネーション、
 次に分けて細かく説明しよう。

1:ダブルスのスペシャリスト対シングルスチーム
 非常に面白かった。
 前々からダブルスは専用の戦略、戦術必要と話していたが。
 シングルスの若い二人、ショットの勢いは有ったが、
 ダブルスのプレースメントが重要。
 ダブルスを知り尽くしている経験がものを言った。
 シングルスペアの弱点とは。
 個人のショットに頼って、ペアを活用していない。
 戦術的には、ペアリングがしっかりしていない。

 カバーが遅れたり、
 サインミスも見受けられた。
 アイフォーメーションは取るが、前衛、特にD.カサキナは動きが少ない。

 この点ダブルスチームは、コンビネーションがしっかりしている。

一方のクレパッチ、サンチェスペアは、ダブルスのスペシャリスト。
 どう戦うかが見ものだった。
 最初はダリアペアが、ショットの勢いで相手を押し込んでいた。
 しかし、ダブルスのスペシャリスト達は、
 相手のスキを見つけて、そこにたたみみかけてきた。
 流レをつかむ、これが上手さ。

 ダブルス強化の練習 優先順位  

シングルスチーム
 ストロークが少し内側に入り込むこと。
 ダブルスチームは、しっかりアレーに来る。
 特に若いペアがアイフォーメーションをしている時に、
 アレー目がけてのリターンエースはダブルススペシャリストならではのショットだ。
 ダブルスチームはアレーを活用する。

2:デサイディングポイントの試合
 結構デサイディングポイントがあったのだが、ここで勝負が分かれた。
 ダブルスチームに流れが動いた。
 デサイディングポイントの対処に仕方、
 プレッシャーが早く来ることになる。
 普通はデュースから一本あり、そこからゲームポイントが来るが、
 デサイディングポイントが一本勝負なので、30-40,40-30の段階で、
 プレッシャーが来ることになる。
 なんとかデュース、と安心する余裕はない。
 両チームとも、デサイディングポイントのレシーバーは決めていた。
 勝利の法則 デュースゲーム
 

3: ダブルスは陣形勝負
 この試合、最初は雁行陣で始まったが、
 ダブルスチームが優勢になると、
 お互いにアイフォーメーションを使う様になった。
 アイフォーメーション、最近は2ndサービスでも使っている。
 サービスのコースが甘いと逆襲されれる
 基本はセンターが多い。その理由は?
 リターンの角度がつけにくい。
 サービスの勢いを使える。
 センター狙い前衛の、頭周辺をサービスが通過する。
 かなりのコントロールが必要だ。
 ダブルスは陣形勝負  

4:ダブルスはペアリング、コンビネーション、
 二人で共同作業。
 きちんと陣形をとる。
 シチュエーションでフォーメーションを変える。
 これが相手にプレッシャーを与える。
Dbpair112


  ダブルスはペアリング

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird

ダブルスフォーメーションBook

コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 東レパンパシフィックopen2017 公式サイト

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。  

|

« ウォズアニッキ 強打対策の徹底 女王のリズム崩す | トップページ | 東レ2017優勝 Newウォズアニッキ 攻撃力up »

イメージ」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

フォーメーション」カテゴリの記事

ペア」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

東レ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65832834

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルスの進化 東レ2017 決勝から  強化法研究:

« ウォズアニッキ 強打対策の徹底 女王のリズム崩す | トップページ | 東レ2017優勝 Newウォズアニッキ 攻撃力up »