« ダブルスコート 大きさのイメージ シングルスとの違い | トップページ | 杉田まず価値ある1勝 デビスカップ2017ブラジル戦 »

2017年9月15日 (金)

デビスカップ2017 日本代表 ブラジル戦 情報集 歴史年表

デビスカップ2017、日本代表 ブラジル戦
日本がいた、ワールドグループではセミファイナル。
 日本はホームで戦える強み。
 デビスカップはホームが有利
 大阪は縁起の良い場所。

デビスカップ ワールドグループ
 ベルギー対オーストラリア
 ベルギーは、D.ゴファン一人の大活躍。
 フランス対セルビア
 フランスは日本を破っての勝ち上がり。
 この舞台に戻りたい。

Dcup

 
日本代表、苦難の歴史は続いている。
 シングルスの駒は揃ってきたが。
 錦織圭が欠場でも、杉田祐一が大きく育った。
 本当は西岡良仁の2枚看板で行きたかったかったが。

 課題はいつもダブルス。

デビスカップの仕組み
 グランドスラムと並び、5セットマッチの持久戦も。
 国の威信をかける、プレッシャーも大きい。
 キャプテンが岩淵聡に変わり、チームがどう変わるか。
 植田キャプテンで育った、日本チーム

 デビスカップで選手が育つ。
Dcupteam2017


日本代表、近年史。
オセアニアゾーン時代の苦難の歴史

プレーオフの勝ち上りがしびれる。
2011 ウズベキスタン ゾーンから脱出   
 錦織圭が、添田豪とダブルス
2012 クロアチア戦 2-3 課題整理  
2015 コロンビア大激戦  
2016 ウクライナ戦 完勝  

Dcup2017


注目の日本代表 vsブラジル戦
ブラジルチーム エースのT.ベルッシが来ないのでラッキーだが
 ブラジルはシングルス世界ランク81位のティアゴ・モンテイロ、G.クレイザー124位
ダブルス世界ランク1位のマルセロ・メロ、同6位のブルノ・ソアレスというメンバー
 メロ USオープンでクボットと組み優勝。
 世界のダブルスが見れる。

日本チーム キャプテン岩淵聡
杉田祐一(40位)
添田豪(152位)
 内山靖崇(197位)
 B・マクラクラン(複138位)

 初日、シングルス、1,2回戦
 二日目、ダブルス
 三日目、シングルス、4,5回戦

Dcupbra

 最終日までもつれるだろう。
 杉田祐一は有利。
 Mrデビスカップ、日本を引っ張って来た、添田豪がどこまで頑張れるか?
 ダブルスは、ブラジルが圧倒的に強い。
 日本は杉田祐一の2勝と添田豪の1勝で勝ち上がりたが。

第1日 緊張する中で行われる。
 第1試合シングルス 杉田祐一×ギジェルメ・クレザ 
 初めての対戦。
第2試合シングルス 添田豪×チアゴ・モンテーロ
 初めての対戦。

マクラクラン勉 でBen  
 新加入のB.マクラクラン ニュージーランド生まれの
 ダブルスが好き 身長185m 
 下位の試合で今年1勝  ペアはS.Waad選手


テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird


 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 JTA デビスカップ

 ITF日本vsブラジル戦


 Japan Women's Open Tennis 2017

 wowow on line

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« ダブルスコート 大きさのイメージ シングルスとの違い | トップページ | 杉田まず価値ある1勝 デビスカップ2017ブラジル戦 »

データ」カテゴリの記事

デビスカップ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

予測」カテゴリの記事

添田豪」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

杉田祐一」カテゴリの記事

内山靖崇」カテゴリの記事

コメント

デビスカップって凄いんですね。熱狂的。添田豪選手は対照的にクールな試合運び。ハラハラドキドキでした。

投稿: 生徒A | 2017年9月16日 (土) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デビスカップ2017 日本代表 ブラジル戦 情報集 歴史年表:

» 添田 気力で逆転勝ち デビスカップ2017、ブラジル戦 2連勝で王手 [ショップブログ Sports&Art]
日本 ブラジル戦で2連勝、王手  表面的にはデビスカップの初日で2連勝。  しかしその内容は、非常に濃いものがあった。  数字には出ない、心と体の葛藤。  国を背負う選手の厳しさ、キャプテンの重要性。  サポートのメンバー、  大きな応援団の存在などなど、  まさに人生の縮図を見るような初日の二試合目。 デビスカップはテニスのワールドカップ   デビスカップは国の威信をかけた総力戦だ。  デビスカップで試合の順番をラバーと呼ぶ。  rubber トランプ用語で、3,... [続きを読む]

受信: 2017年9月16日 (土) 07時42分

» 青山修子 ダブルスの冴え Japan Open2017連覇 [ショップブログ Sports&Art]
青山修子組、優勝 Japan Women’s Open連覇  有明で行われている、Japan Women’s Open。  日本選手大活躍。ダブルスが間近で見れるのが楽しい。  ペアを替えても強い、青山修子。ダブルス達人の証拠。  シングルスでは加藤未唯選手が強打で決勝に進出。 ダブルスでは、青山修子選手がYangと組んで大会2連覇。 Japan Women’s Open 決勝  ○青山修子/Z.Yang(4) 6-0,2-6,[10-5] ●M.アダムチャック/S.サンダース ... [続きを読む]

受信: 2017年9月17日 (日) 21時17分

« ダブルスコート 大きさのイメージ シングルスとの違い | トップページ | 杉田まず価値ある1勝 デビスカップ2017ブラジル戦 »