« 添田 グリグリのスピンに対抗 高い打点のカウンター デビスカップ勝因 | トップページ | 東レパンパシフィック2017 見どころ、出場選手 大坂なおみ、ケルバー激突 »

2017年9月17日 (日)

ダブルス 青山、連覇 強豪破る 戦術のレベルアップ

青山修子組、優勝 Japan Women’s Open連覇
 有明で行われている、Japan Women’s Open。
 日本選手大活躍。ダブルスが間近で見れるのが楽しい。
 ペアを替えても強い、青山修子。ダブルス達人の証拠。
 シングルスでは加藤未唯選手が強打で決勝に進出。

ダブルスでは、青山修子選手がYangと組んで大会2連覇。
Japan Women’s Open 決勝 
○青山修子/Z.Yang(4) 6-0,2-6,[10-5] ●M.アダムチャック/S.サンダース
Dbscore


 オーストラリアペアを破る。
 1stサ-ビスのポイント獲得率、リターンポイント獲得率、
 ブレークポイントでも効率良く試合を展開。

 ダブルスの試合結果PDF

新しい女子ダブルスを見た。
 雁行陣での前衛の動き。
 リターンはストレートアタック。
 準決勝の青山組、二宮ペアの試合が面白かった。
 まず、1stサ-ビスではI.フォーメーションで相手にプレッシャーをかける。
 この二人、ペアで去年のこの大会の優勝者。
 特徴は超早い前衛の動き。
 雁行陣で動き回る。

Db


 ダブルスの基本陣形 
 
 雁行陣の戦術 リターン編 

 そのために、リターンが変わって来た。
 前衛が動いて、決められるなら、ストレートに打っておこう、
 ストレートアタック。
Dbdlattack

 サービスが緩いと、前衛は幾ら準備していても、ミスが増えるし、
 予測と異なれば、抜かれる。
 トッププレーヤーのリターンはハードアタックだ。

 それでも、青山、ポーチに動く。
 動くことによる、メリット、リターンへのプレッシャーを計算済みなのだ。

 NHK青山修子ニュース 

Yangjwo


 
 青山修子の凄い実績  

青山Yangペアのダブルス

強い日本の女子ダブルス
 加藤、穂積ペアはペアで強い。
 穂積 絵莉 ダブルス28位
 加藤未唯 ダブルス30位
 青山修子、ダブルスで31位。
 二宮真琴 ダブルス38位。

 加藤、穂積でオーストラリアンオープン、ダブルスのスペシャリスト、S.ミルザ組を破る。


 青山修子が教える、ダブルスのコツ

 ポイントゲットは前衛にあり


ダブルス上手には、
 正しい用語を使う。

 ダブルスコートを有利に使う
 自分達は狭く、相手コートを広く使う。

 上達には正しい用語で、
 フォアサイド、バックサイドは間違い
 
スポーツ&アート テニス、ソフトテニスの便利グッズ
 スコアをつけよう 
 スコア、試合記録ノート 作戦ボード入り 

Tnotewb


 


 ビジュアルスコア 

 スコアが書ける、テニスシステム手帳  
 マグネット作戦ボード付

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 wowow on line

 JTA デビスカップ

 ITF日本vsブラジル戦


 Japan Women's Open Tennis 2017

 ATP

 WTA

 テニス365 

 


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« 添田 グリグリのスピンに対抗 高い打点のカウンター デビスカップ勝因 | トップページ | 東レパンパシフィック2017 見どころ、出場選手 大坂なおみ、ケルバー激突 »

イメージ」カテゴリの記事

イラスト」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

青山修子」カテゴリの記事

コメント

青山修子選手、二宮真琴選手、小さいのに頑張ります。こまねずみの様ですね

投稿: 青い山脈 | 2017年9月22日 (金) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65800550

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 青山、連覇 強豪破る 戦術のレベルアップ:

» 二宮真琴、攻守に超便利 新ショット 超ムーンボール [テニススキー徒然草 フィーリング編]
ダブルスの日本女子強い、その中でも、二宮真琴、青山修子二人の前衛の動きは秀逸。二宮真琴は前衛に加えて、後衛の時に打つ二宮スペシャル、超ムーンボールが有効。一発で前衛の頭を抜き、ペアはカバーに入れない。その強力さを紹介する。東レパンパシフィック、準決勝に進んだ。応援よろしくお願いします。... [続きを読む]

受信: 2017年9月22日 (金) 10時05分

« 添田 グリグリのスピンに対抗 高い打点のカウンター デビスカップ勝因 | トップページ | 東レパンパシフィック2017 見どころ、出場選手 大坂なおみ、ケルバー激突 »