« ティエムに学ぶ 攻撃テニスの原点 波状攻撃 | トップページ | ジョンソン スーパーランニング ボールを追う執念 »

2017年10月 6日 (金)

ダブルス 日本ペア大金星 楽天オープン2017、スコア、スタッツ

日本人ペア、大金星。USオープン優勝ペアを下す。
USオープンを制したダブルススペシャリストペアを撃破。
 しかもストレート。
 この試合、最新のダブルスが見えた。
 最近の試合から、ダブルスの今をお伝えしているが。
 R.フェデラー、R.ナダルの最強コンビのダブルス

Saydb


マクラクラン勉・内山靖崇組◎  7-6 (7-2), 7-6 (7-3)
 ×第1シードJJ.ロジェール/ H.テカウ組
 日本はダブルスがいつも力負け。
 日本の女子ダブルスは強い

 1時間40分弱のロングマッチ。
 ブレークチャンスは相手が多い。
 その点日本ペア、集中力があった。 
 これもデサイディングポイントの試合の妙。
 第2セットは、日本ペアにはブレークチャンスなし。
 相手には3回のブレークチャンス。ここをしのいだのが大きい。

Dbrtscore


試合の流れ
 2回ともタイブレーク、
 ゲームはデサイディングポイント。
 毎回緊張の連続。
 これは一般プレーヤーのダブルスでも多いので、慣れる必要がある。

デサイディングポイントに慣れる事、勝利には必要だ。
 勝利の法則、デュースゲームに強くなる。
 相手はサービスエース0、日本チーム5本は大きい。
 しかも相手にはダブルフォールトが多かった。
 日本ペアのプレッシャーが大きかったのだろう。
 デュースゲーム、デサイディングポイント、集中力

試合スタッツ
Dbmacrtstats

  

勝因を考えてみた。
 まず日本ペア、相手への恐怖を持っていなかった、
 1:相手を恐れていなかった、
 2:サービス力があった
 3:マクラクラン勉のダブルス慣れ

Lcdb5

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則
  

 ダブルス上達のレッスンマニュアル

 ソフトテニスでは特にダブルスのメンタル.タフネスについて特別にページを割いています。

 ソフトテニス、ダブルスフォーメーションDVD
 基本の雁行陣から、並行陣、変則陣形まで詳しく解説。
 サービス、レシーブ時の陣形の推移も良く分かります。 

この勝因については次に細かく解説する。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面


ダブルスフォーメーションBook

Dbhow


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★

楽天オープン  ATP500。
 10月1日から、杉田祐一、ダニエル,太郎、ダブルスも期待。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ティエムに学ぶ 攻撃テニスの原点 波状攻撃 | トップページ | ジョンソン スーパーランニング ボールを追う執念 »

ダブルス」カテゴリの記事

ペア」カテゴリの記事

マクラクラン勉」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

内山靖崇」カテゴリの記事

勝因」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

楽天」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

コメント

マクラクラン勉、内山靖崇ペア、決勝に進みましたよ。凄い、試合をしながらダブルスが強くなっています。ブログでアップしますね。

投稿: 月さん | 2017年10月 8日 (日) 06時37分

ダブルス、楽しいです。次、待ってます

投稿: ダブちゃん | 2017年10月 7日 (土) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65880859

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 日本ペア大金星 楽天オープン2017、スコア、スタッツ:

» 日本ペア 念願の優勝 マクラクラン勉・内山靖崇 楽天オープン2017 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
新しいダブルスの勝利の法則。アイフォーメーションの使い勝手、デサイディングポイントの駆け引きだ。マクラクラン勉・内山靖崇の日本ペア、念願の初優勝。日本のとっても久しぶりの快挙。ダブルスのスペシャリストが生まれた。大きな活力となる。楽天オープンで、この二人、強豪シードを連続して破る快挙。勝因、ダブルスの新しい勝ち方、勝利の法則を紹介したい。... [続きを読む]

受信: 2017年10月 9日 (月) 08時07分

» マクラクラン勉・内山靖崇ペア、ランキング急上昇、強さ [テニススキー徒然草 フィーリング編]
日本ペアのランキング、急上昇。マクラクラン勉、内山靖崇ともに大きくジャンプアップ。その足跡をチェックしよう。如何に二人が、デビスカップから、大きく成長したかが良く分かる。ダブルスは明らかに進化している。皆さんも乗り遅れないよう、準備しよう。... [続きを読む]

受信: 2017年10月10日 (火) 08時34分

« ティエムに学ぶ 攻撃テニスの原点 波状攻撃 | トップページ | ジョンソン スーパーランニング ボールを追う執念 »