« 大坂なおみ、躍動 ビーナス撃破、大きく復調 香港オープン | トップページ | 作戦ボード用 コート図、硬式テニス、ソフトテニス コート図下敷き »

2017年10月14日 (土)

ダブルス強化書 陣形の基本を スペシャリストの動きから

ダブルス 上達法、こうすれば強くなる
上海オープン、R.フェデラー、R.ナダルが出場している。
 ダブルスも面白い。
 ダブルスの上位ペア、どこかで見たような名前が。
  そう、
楽天オープンで、マクラクラン勉、内山靖崇ペアに苦杯を飲まされたペア。
 J.マレー、B.ソアレス組

 今年のUSオープンの優勝ペア。J.ロジェール/ H.テカウ組

 S・ゴンザレス/ J・ペラルタ組 ベスト4決めまで上がっている。

世界ランキング2位のKontinen, Peers組が、このペア、ダブルスのスペシャリスト。
 去年から一気に強くなった。
 M.グラノラー、I.ドディグ組と対戦。
 面白い展開となった。
 この4人、ダブルスの戦略は何でも出来る、
 1ポイント毎に戦術を練って、フォーメーションをとって来る。
 だからダブルスは面白い。
 この試合から、ダブルスの面白い場面を抽出してみた。


ダブルス上達チェックシート
 ダブルスのいろいろな場面を取り出して、
 それぞれ何を考えるか、チェックして欲しい。
 この時にサービス側、レシーブ側の二人の考え方が同じだと、
 ダブルスはスムーズに行く。
 これが正しいと言う考え方は、ペアの力量、フォーメーションによるが、
 大事なのは共通意識を持つことだ。
Db1sere

最初のサービスの時、4人が何を考えるかです。
 サービス側、リターン側で共通意識を持てる事。
 ダブルスの共通意識

さあ、場面設定で行きましょう。

場面1;サービス、レシーブの陣形
 相手サーバー、結構良いサービスを打ちます。
Db12

 そこでリターン側の前衛、下がります。
 後衛陣ですね。
 後衛陣のメリットは何でしょうか?  
 一般プレーヤーの方も、是非後衛陣使ってみてください。
 新しい可能性が見えますよ。

 サービス時の、4人のプレーヤーの、視線も注意してください。
 ダブルス、誰を見るか? 

 ダブルスでは相手が2人います。
 ボールをいつも見るのですが、周辺視野では、
 二人のプレーヤーのポジションを常にチェックすることが重要です。
 まず見る必要があるのは、自分にとって一番危険な相手です。
 サーバーは相手二人のポジションを確認。

 リターナーがフォアの回り込みするか、可能性を見ておきます。

 リターナー、サービスのコース、球種を予測します。
 サービス側の前衛、ポーチの可能性も頭に入れますよ。

 サービス側前衛、チャンスボールは決める。上のケアも。
 リターン側前衛、相手のポーチに備えます。
 ここが一番狙われ易いですから。

場面2:良いファーストサーブ、同時にサーブ&ボレーです。
 相手は速攻ですね。
 さあリターナーは何を選択しますか?
 リターナーの選択。 
 
Db2rechoice

 基本はDb2relob

 クロスの
 リターン、
 強打できれば
 最高。
 ストレートアタック、
 ロブ、
 決めて
 おきましょう。
 フォアに
 来たら逆襲、
 バックは
 守るでも可。

 大事なのは
 ペアで
 共通意識を持つ事。

 この時のリターン側の後衛、
 どんな対処が必要でしょうか?
 まずは、相手、前衛のポーチケアですね。
 ポーチが無くても、サーブ&ボレーで並行陣。
 少し下がって、守りの準備も必要です。
 ところが、ここで二つの意外なケースが。
 サーブ&ボレーではリターナーの角度を付けさせないために、
 センターが多いものです。それがワイドに。しかも甘いですね。

 もう一つ、リターナーがロブを選んだことです。
 フォアのリターンですからいろいろ攻めれるのに。
 サーバーの考えの裏をと思ったのかもしれません。

意表をついて,リターナーはなんとロブを打ちました。
 サービスは強くても、リターナーもフォアです。
 余りないケースで、意外ですね。
 バックに来たサービスはロブも多くなりますが。

 日本女子ダブルスは強い

 リターンでロブの選択
 しかもこのリターントップスピンがかかって、強烈。

場面3;この時リターン側のプレーヤー、どうしますか?
 ロブが抜けると判断した、リターナーは前に詰めます。
 リターン側の後衛も、それを見て前に。
Db3relob


 サービス側は、前衛はロブをとれないのでサイドチェンジ。

 サーブ&ボレーに来ていたサーバーがポジションを入れ替えてロブをカットします。
 ボレーで相手の足元に、返します。

Db3


 ここからはトッププレーヤーのダブルス。
 動画を見て頂きたいのですが、
 コンチネンが難しいボレーをロブ、ロブボレー、最高難度の技です。

 このロブボレーがいい。リターンダッシュで詰めた前衛の頭上を見事に抜き返しました。
 両ペアが戦後左右に動きます。
 最高のダブルス。ダブルスは陣形勝負なんですね。

 ここで一気に前衛陣対決になりました。
Db1_2


ダブルス上達の用語集  
 フォアサイド、バックサイドの間違い

 ダブルスはコートが狭くて楽? 

テニス上達グッズ  

正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました

|

« 大坂なおみ、躍動 ビーナス撃破、大きく復調 香港オープン | トップページ | 作戦ボード用 コート図、硬式テニス、ソフトテニス コート図下敷き »

イメージ」カテゴリの記事

イラスト」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

フォーメーション」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

コメント

ダブルスにはまっています。作戦、戦術、戦略の差は何ですか?

投稿: テニス参謀 | 2017年10月16日 (月) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/65914907

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス強化書 陣形の基本を スペシャリストの動きから:

» テニスコートの大きさ知ってますか? テニスコート下敷きプレゼント [ショップブログ Sports&Art]
作戦ボード で指導の合理化を  正しい比率、コートの長さ、角度を覚えよう。  フィートとメートル法。 早いですね。 10月中旬。  上海ではR.フェデラーがR.ナダルを破り優勝。  優勝数を着実に伸ばしています。  後で試合内容をアップします。  テニスの強さ、戦術、戦略が丸分かりです。 この二人の試合、面白いですね。  コートの大きさをフル活用です。  ベースライン後方で守りのR.ナダル。  ベースラインから前を積極的に使う、R.フェデラー。  ゾーンの戦いで... [続きを読む]

受信: 2017年10月16日 (月) 05時58分

« 大坂なおみ、躍動 ビーナス撃破、大きく復調 香港オープン | トップページ | 作戦ボード用 コート図、硬式テニス、ソフトテニス コート図下敷き »