スライス

2017年10月11日 (水)

人気ブログ テニスコーチ部門 上位 関心の記事は?

今日は快晴、秋らしい一日。
 テニスには最高ですね。
 上海では、杉田祐一、完敗ですね。
 しつこさが足りませんでした。
 リフレッシュが必要な様子。

 ナダルは北京で、N.キリオスに完勝。

人気記事、テニスコーチ部門で3位まで。
 お陰様で、またもや人気記事3位までを。
 皆さんのクリックのお蔭です。
1011

ダブルスの記事、人気がありますね。
 特に今回は、楽天オープンでの
 マクラクラン勉・内山靖崇ペアの活躍に日本中が湧きました。

上位ランクインのお礼として、新しいコート図下敷きのイラスト入りPDFをプレゼント。
 コピーしてお使いいただけます。
 コート図下敷きの内容
 硬式テニス、ソフトテニスで内容を変えてあります。


応募は簡単。ブログのどこかにコメントをして、メールを送ってください。
 アート&スポーツ
  サービスは今週中とさせて頂きます。
 お気軽にどうぞ。

C


1位の記事 マクラクラン勉・内山靖崇ペア、念願の優勝
 
 デサイディングポイントならではの勝ち方を紹介。

2位の記事 マクラクラン勉・内山靖崇ペア ランキング急上昇
 
 ブログをアップした、翌日です。

3位の記事 S.ジョンソンのスライスの使い勝手、ハードヒッター対抗策。
 トップスピンは良くありますが、スライスの記事少ないですよね。
 
 D.ティエムに勝ったことも大きかったようです。

 甲子園で、下馬評の低かったチームが、
 あれをあれよと勝ち上がるうちに、
 最初は接戦で、
 強くなって行くって、ありますよね。
 まさにこの状態でした。

 しかも相手は、名だたるダブルスのスペシャリスト達。
 ダブルスのスペシャリスト達は、試合展開が早く、
 サービス、レシーブから仕掛けてきます。

とくに2回戦のペアは、今年のUSオープンの優勝ペア。
 J.ロジェール/ H.テカウ組、
 内山靖崇組、金星。  

ファイナルのペアは、世界ランク3位の実力者です。
 J.マレー、B.ソアレス 試合内容
 

 内山靖崇は、B.ソアレスには今年のデビスカップ、ブラジル戦で、
 J.マレーには、去年デビスカップでイギリス戦でやられている相手です。
 

デビスカップの対戦相手は、イタリアです。
 ここにもダブルスのスペシャリストが待ち構えています。
 これから期待が出来ますね。
 ダブルスのスペシャリスト、
 B.ブライアンの戦略、男子ダブルスの前陣速攻型。
  

 M.ヒンギスの戦略 非常にバリエーションの多い、天才ですね。
  

ダブルスのスペシャリスト、どこが違うのか、
次に特集します。
 戦略、戦術、
 そのためのショットのタッチ。
 大きく異なります。
 
今日もお読みいただき有り難うございます。
ご意見など、コメントにいただければうれしいです。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコート図を使った作戦ボード、見開き2画面


ダブルスフォーメーションBook

Dbre


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 サインプレーの紹介。
 ダブルスのメンタル.タフネスも
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 上海ロレックスマスターズ

 NHKで放映 する。

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年10月 4日 (水)

スライスの効用 ティエム破ったジョンソン ハードヒッター対策

D.ティエムの強打を封じた、S.ジョンソンのスライス
 楽天オープン、大波乱ですね。
 日本で人気のD.ティエム、第2シード、敗れました。
 シードの、K.アンダーソン、R.ハリソンに敗れました。
 サービスエース、24本しのいでいます。
 S.クエリ、復活中のR.ガスケに敗れています。

 楽天オープンのドロー、注目カード

 楽天オープン初日

D.ティエム、まさかのスライスヒッターのS.ジョンソンに。
 D.ティエムのハードヒットがS.ジョンソンのスライスにかわされた。
 そんなテニスでした。

 N.キリオスの強打を封じた、G.デミトロフの試合 を思い出しました。

 杉田祐一もスライス上手いですよ
 
改めてスライス、使い勝手がありますね。
 試合の構図としては、D.ティエムのハードヒットに
 S.ジョンソンのスライスがどこまで通用するかにありました。
 S.ジョンソン、スライスヒッターはだいた粘り強い。
 予測が良いですね。

Johnsonslicetactics


S.ジョンソン◎ 4-6, 7-6(5), 6-4  ×2シードD.ティエム
Sjjondtscore


 試合は、僅差、ブレークは同じ2ですが。
 D.ティエムがずっと耐えていました。
 S.ジョンソンにはブレークチャンスが13回あったのですから。

S.ジョンソンの勝利の要因は
 1:最後まで諦めない心
 2:予測の良さ
 3:バックハンドスライスの粘り 
この3点にあります。

Saysjhonson


 D.ティエムのウィナー級のショットを、ことごとく拾って返します。
 少しずつ、D.ティエムに焦りが出てきました。
 これを見て、S.ジョンソンはにんまりです。
 このままスライスを続ければ大丈夫。
 そう思ったことでしょう。

S.ジョンソンのスライス。
 R.フェデラーほどのキレは有りませんが、
 しつこさには定評があります。
 D.ティエムのハードヒット、トップスピンがかかり良く跳ねます。
 バックハンドに跳ね上がってきたら、対応は大変です。
 でもS.ジョンソンのスライス。D.ティエムの勢いを逆利用します。
 R.フェデラーが教える、スライスの打ち方

 スライスマスターカード
Sliceracketfaceline


 トップスピン、スライスセット
  
 スライスでテニスのタッチ、フィーリングを良くしよう
  

 予測の良さと言えば、錦織圭 でしょう。
 
スライス対策

 諦めないと言えば、デビスカップの大逆転、添田豪でしょう。
 泥臭く、粘ります。


テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面

Tennie2magscorefullset


ダブルスフォーメーションBook


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ATPのライブスコア

楽天オープン  ATP500。
 杉田祐一、ダニエル,太郎、ダブルスも期待。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 杉田祐一オフィシャルサイト 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年8月24日 (木)

テニス徒然草 Q&A スライス デミトロフを例に

Q&A 質問箱 スライスってどうなの?
 USオープン、ビッグネーム、N.ジョコビッチ、S.バブリンカ、錦織圭、欠場の中、
 トッププレーヤーの調整が続きます。
 杉田祐一選手、アメリカの若手、T.フリッツに完敗でした。

 世界では若者が伸びています。
 A.ズべレフ

 そんな中、G.デミトロフ、マスターズ初優勝で、注目が集まっています。

 僕はG.デミトロフのスライスの使い方に感心しました。
 G.デミトロフ 杉田戦から

読者の方から質問です。
 テニス徒然草Opaqa

 Q&A 
 スライス、
 覚えましょう!
 質問
 何でもOK!
Q&A テニススクールに通っています。
 コーチがスライスを練習しろと。
 バックは両手打ちですが、攻撃的に行きたいので、
 トップスピンが主体です。
 ロブもあまり使いません。
 何か弱気な感じがして嫌なのですが。

 コーチのアドバイス、どう聞きますか?

Slicemodelimage

 

 テニススクール生徒手帳  

 テニススクール手帳の使い方

A: スライス、バックハンド、どうするか?
 それは、あなたがテニスのどこを目指しているかによります。


テニスはストレス解消で楽しくで、と言うのであれば、
 自分の好きなようにプレーすれば良いでしょう。
 でも、試合を少しでも考えているのであれば、スライスはテニスの幅が広がりますよ。
Gdsliceimp


 テニスの目的。 

 しっかり基本をマスター  

 社交性

 試合志向 

スライスを覚える事のメリットを考えてみてください。
 皆さんがスライスを使ったら、
 シミュレーションしてみてください。
 1:守備範囲が広がり
 2:ショットバリエーションが増えて、
 3:戦術が増えて

スライスの基本的打ち方のイメージ。
 R.フェデラーが見本でしょう。

 ではそれぞれ、どうなるのか考えてみましょう。

スライスマスターカード
Lcsliceswingillust


 テニス上達のマニフェスト  

 ワンポイントアドバイス 
Bs2type


 テニス上達のシステム手帳  

その答えはすぐ後にアップします。


正しいコート図下敷きプレゼント 


スポーツ&アート  
 硬式テニスグッズ  

 2画面マグネット作戦ボード特注版。ロブ表示
Tennie2magscorefullset


 ソフトテニスグッズ  

 セミオーダー、御注に応じて調整。 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィントンセーラムopen  

 女子のコネチカットオープン 

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

デミトロフ 危険なファイターN.キリオスを崩した スライス

G.デミトロフ 激闘制するスライス
 マスター初優勝。
 USオープンへの道
 本当はトッププレーヤーが多く出場するはずだった
 W&Sオープン2017

 G.デミトロフ、N.キリオス
 今を代表する、攻撃型ストローカーの打ち合い。
 キリオスのミスを誘った、デミトロフのスライス。
 ここでも効を奏した。

 二人ともミスを恐れず、攻撃をする攻撃型。
 代表はR.フェデラー。
 守備型の代表として、R.ナダルがいる。

 守備型のR.ナダルを破り、同じ守備型のD.フェレールと大接戦。
 攻め勝ったN.キリオス。

 一方のG.デミトロフは、急成長を遂げる杉田祐一にきっちり勝利して
 

 自身の攻め方に確信を得ると、
 次は超ビッグサーバーの地元J.イズナーと
 2回ともタイブレークの大接戦を制して勝ち上がる。

G.デミトロフ◎ 6-3,7-5 ×N.キリオス
Gdnkscorews


 この試合もサービス、レシーブに絡む短いラリーのポイントが多かった。
 それだけ二人のサービス力がある。
 特にサービスエースのN.キリオス。
 G.デミトロフはエースは少ないが、サービスポイントは多かった。
 サービスのキレがある。

 フォアのストローク、ウィナーを奪える。
 強力だ。
Gdfsimp


第2セット、N.キリオスが1ゲームで3回のダブルフォールト。
 それだけプレッシャーが大きくかかると言う事だ。
 錦織圭もこの場面でミスが増える。

 トップ10に入るには、競った展開での安定性が必要だ。

 N.キリオスはフォアハンド、自由自在に打って来る。
 高い打点のフラット、強烈なスピンでワイドに振る。
 しかしバックハンドは比較的フラットな面で、
 叩く、ブロックする、とバリエーションが減る。

 しかし高い打点で打たせると、
 ベースラインからでもウィナーが飛んでくる。
 超危険なストローカー、それがN.キリオスだ

 ストロークの進化 N.ジョコビッチ、N.キリオス、錦織圭
 

 N.キリオスの力。ランチャーストローク
 

G.デミトロフはここを突いた。
意識的に低い弾道のスライスで、フラットに面を作るN.キリオスのミスを誘った。
 杉田祐一と同じ攻め方だ。
Slice3ways


 低く入るスライスは、脚部をしっかり曲げて、
 下から上に振り抜く事でスピン量を増やす必要がある。
 スライス対抗策  

 R.フェデラーに習う、スライスの打ち方

 もちろんスライスにはスライス返しが一番楽だが、

 スライスの延長として、ドロップショットがある。
 N.キリオスのトリッキーなドロップショットは予測して
 きっちり拾う。

 そしてN.キリオスの油断をついて、完璧なドロップショット
 

 そしてスライスを待っていると
 スルスルとフォアの回り込んでウィナー。

 トップスピンの打点がこれだけ前だから、切れの良いショットが飛ぶ。
 G.デミトロフのトップスピン  

N.キリオスもG.デミトロフのバックを攻めるが。
 難しいボールはスライス
 つなぎでもトップスピン
 そしてここぞではフォアの回り込みウィナーを狙う。
Gdbh3wa

 試合スタッツ
Gdnkstattsws

 ついに、マスターズ初優勝。
 錦織圭らの中堅グループで一歩抜け出した。

スポーツ&アートの指導、上達グッズ 

作戦ボード折りたたみ2画面ロブ表示 
Tennis2mag

 テニス指導者用、作戦ボード、2画面マグネット特注版

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 正しい比率のテニスコート下敷き、プレゼント中
Tc

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィントンセーラムopen  
 杉田祐一登場 

 女子のコネチカットオープン 

 W&Sオープン

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2017年8月20日 (日)

スライスの対策法 トップスピンで打ち抜く

G.デミトロフの嫌なスライス どう打ち返すか
 W&Sオープンのクオーターファイナル、
 杉田は頑張ったが、G.デミトロフに完敗
 
 その大きな要因が、G.デミトロフの打つスライスの対処だった。

 これは一般プレーヤーにも必要な事なので紹介したい。
 逆に杉田ほどのプレーヤーでも嫌がるスライスの効果。

 杉田は非常に打ち難そうにして、ネットにひっかけミスを増やしていた
 G.デミトロフのスライスがどうして打ちにくいのかを、検証しよう。

 打ち難くいと感じたら、スライス返しが一番楽。
 しかし、それでは状況を打破できない。
 打ち抜く必要がある。

スライスの対処法を知るには、スライスの打ち方を覚えるのが一番。
 J.D.ポトロのスライスの活かし方

 自分が打てるようになると、対処法も分かって来る。
Lcsliceswingillust

G.デミトロフのバックハンド、スライスの特徴。
 豪快なバックハンドのトップスピンと同じ構えから打ち出される。
 しっかり肩を入れ、引きつけて打たれるので、コースが読みにくい。
 タイミングがずれる。
Gdbh2ways

スライスマスターカード

 トップスピン、スライスセット

 ネットすれすれの低い弾道で飛び
 入射角が低くコートンの摩擦で少しずれてから、伸びるように見える。
 このため、低く食い込んでくる。
 G.デミトロフのバックハンドは元から定評 がある。

杉田としては、いい感じでバックハンドを振り抜いて打っていたところへ、
 タイミングをずらされて、しかも伸びる。
 G.デミトロフが肩を入れて構えたところで、
 足が止まっててしまう。
 弾むボールを落ち着いて見る。観れたらベター。
 訓練が必要だが。

Risingnormanhitline


 小刻みに脚を動かし続けてリズムを作るべくべきだった。
 ストロークの良い循環と同じ
Stbasic


 タイミングを狂わされて、また同じショットが来ると、思うと
 悪いイメージを思いしてしまう。

 フォアハンドだから起こる、イップス
 あのR.ナダルもなっている。
 リセットして、自信を持って振り抜く事。
 ミスは忘れリセット。
 ここはメンタル.タフネスの問題

Mtcircle

 最近の杉田はそれが出来ているはずだった。
 

トップスピンで打ちにくい。と感じているが;
 弾道を見極め、低くは入れれば良かった。

対抗策としては、
 ボールをよく見て、弾道、弾む弾道を予測し、
 トップスピンの基本、下から上に、振り抜く。
 この時に手打ちになるとネットミスになる。
 錦織圭のJ.D.ポトロ対策  

 トップスピンの打ち方の基本


 運動連鎖のストローク、トップスピンだ。
 

 トップスピン打ち方、レッスンカード
 

正しいコート図下敷きプレゼント 

 これはソフトテニス用。
Softtc


  

スポーツ&アート 
 硬式テニスグッズ  

 2画面マグネット作戦ボード特注版。ロブ表示
Tennie2magscorefullset


 ソフトテニスグッズ  

 セミオーダー、御注に応じて調整。 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マスターズ NHK で放映
 W&Sオープン、

 W&Sオープン
 杉田祐一登場

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2017年6月29日 (木)

ウィンブルドン2017 芝への対応が鍵 何故滑る

ウィンブルドン 芝が難しい理由 コートサーフェイスとボールの弾み方
 前哨戦、真っ盛り。
 N.ジョコビッチも急遽参戦を決めた。
 芝は、期間が短く、調整が難しい。

 ウィンブルドンの特徴

ウィンブルドンが面白い点
 1;テニスの聖地。
 2:4大グランドスラム
 3:芝。
  シューズ、フットワークが全く異なる
  芝の得手不得手はトッププレーヤーでも差が出る。
 4:土のロランギャロスから、短期間で移動。
 5:正規の5セットマッチ
 6:ルール、レギュレーション


 土から芝へ 

 それでなくても難しい、クレーコートのロランギャロスから。
 一気の球足の速い、滑る、グラスコート。

コートサーフェイスとボールの弾み方
 ボールはClay_court_ballspeed

 弾んでから
 減速するが、
 一番少ないのが
 グラスコート。
 70%。
 クレーコート
 では59%、 
 その分早く感じる。

 しかも、芝の部分でボールが滑るのは、弾まずに滑る印象となる。
 選手にとっては、食い込んでくる感じ。
Ballslidegrass


 振り遅れやすい。
 だから早い対応が求められる。
 芝のストローク やはりR.フェデラーでしょう。
 

 グランドスラムのコートサーフェイス、ウィンブルドン

 ハードコートでは、イレギュラーが少ないので、
 選手も安定したプレーをできるが、
 芝では、イレギュラーが多い、
 と言うか、毎回イレギュラーの弾み方となる。

 だからハードコートでは、ボールがネットを越えてから、
 打点に入る予測をしやすいが、
 芝では弾み方が毎回微妙に異なる。

 だから、面白いのだけれど。

 しかも、芝は、フットワークで消耗してすり減って来る。
Ccourt2012

 大会初日のきれいなっ芝から、ファイナルの時には、
 芝が剥げて、踏まれたクレーコート状になる。
 ウィンブルドンの芝の変化
  

 コート、コンディションが変わるのもウィンブルドンなのだ。
 最終日のウィンブルドン,芝と言うよりも土だ。
Wimbledonccourtafter


 前哨戦で見える、芝の勝ち方。
 R.フェデラーvsA.ズべレフ 

 F.ロペス vs M.シリッチ  

 そこから見えたものは、
 サービス力、

 低いボールへの対処。 
ストロークの基本 しっかり低くして構えられるか。
 クレーコートの弾むボールの対処は異なった対応。

 その点でR.ナダルの試合が面白い。
 絶頂期には芝でも上手かった。
 R.フェデラー、R.ナダル、ライバル史


 芝のフットワーク   

 去年、杉田祐一、芝で好成績
今年も前哨戦で、D.フェレールを破り快調。
  

 芝への対応の仕方  

 コーチのアドバイス、どう聞きますか?  

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmgradingmix


 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 Aegon International 公式サイト
 N.ジョコビッチ登場

 wowow テニスオンライン


 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2017年6月26日 (月)

フェデラー 勝利の法則 作戦を解剖 ズべレフ戦 ハレ2017

R.フェデラー 強さ。ウィンブルドンに万全
前哨戦、ゲーリーウエーバーOpen2017 
完全勝利で締めくくる
 ベテランの強さ。
 頭脳的なプレー。
 よりオールラウンダーに。
 R.フェデラーが尊敬する、P.サンプラスとの比較
 

 R.フェデラーvs A.ズべレフ戦
強さ満開 試合内容。

 R.フェデラー、試合展開の上手さ。 


 まずA.ズべレフのビッグサーブを軽くいなすリターン。
 リターンでは無理に回り込まず。
緩いリターンで、タイミングをずらす作戦だ。
 打ち気にはやる、Say

 若いA.ズべレフ、
 ついついりきんでしまう。
 アンフォーストエラー
 が急激に増えた。
 本人もイライラ感
 を募らす。
 ハードヒッターと
 対戦する時のセオリー

 R.フェデラーのリターン、
 フォアも強打せず、丁寧に、合わせる。
 スイスのお家芸、ブロックリターンだ。
 

前半は、A.ズべレフの打ち気をそらす。
 敢えてネットプレーに出ない。
 中盤、ドロップショットで相手を振り回す。
 後半は、速攻で慌てさせる。
 緩い展開にA.ズべレフが合ってきた頃、
 

前半の武器は、バックハンド、スライス 7色のスライス。
 滑るスライスではなく、ゆるく深くはいるスライス
スライスマスターカード 

中盤の武器は、ドロップショット
 読まれてもドロップショット。
 R.フェデラーが凄いのは、ドロップを打った次
 錦織圭もこうしたら効果的と思うが。
 

 ドロップショットの後、ポジションを前にして、
 ネット戦にも備えている。
 強引には打ち合わない。

後半の武器は、フォアに回り込む強打
 緩いボールで、相手のタイミングをずらす。
 相手が焦ったところで、得意の強打。

 速攻、3球目攻撃 
 サービスからRf3rdattackhalle

 相手を
 外に押し出し、
 展開
 バックを攻める

 ネットプレー
 が上手いので
 相手には
 大きなプレッシャー

 
 サーブ&ボレー 
 前半からRfsvoaz

 サーブ&ボレー
 に出たら、
 A.ズべレフは
 待ち構えている

 そこで
 緩いボールを
 多用。

 後半、
 サーブ&ボレーで一気に勝負。
 サービス力アップ
 勝利の法則シングルス

 フォアに回り込む。
 この時はA.ズべレフは完全にタイミングをずらされていた。
Rffsre3ways
 R.フェデラーが肩を入れて構えた時点で、
 A.ズべレフの足が止まる。

R.フェデラー、フォアに回り込む 多い選択肢。
 基本のフォアの打ち方  

 ビッグ4の実力 強さと個性  

 R.フェデラー A.ズべレフ ハイライト動画


テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Wb2magimage

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 ゲーリーウエーバーOpen
 錦織圭、出場。嫌な相手、F.ベルダスコと対戦。
 BS朝日 20日、(火)19時放映予定

 Aegon Champion ship 公式サイト


 wowow テニスオンライン


 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年10月28日 (金)

錦織 苦手J.D.ポトロ対策 Part2 バーゼル2016QF

今日注目の一戦 錦織圭vsJ.D.ポトロ 苦手な相手の作戦集Part2
世界が注目する一戦だ。錦織とJ.D.ポトロ戦から、苦手な相手の対策をまとめた。
 参考にして欲しい。
バーゼル インドア 最高の舞台でJ.D.ポトロとの決戦
 バーゼル出場選手 錦織圭のドロー。  
 第2シードのM.ラオニッチが初戦負け。
 トッププレーヤーが出場しているからだ。

ATPファイナル3年連続の出場を決めている錦織圭
 これはテニスプレーヤーとして最大の勲章。
 

 怪我の長い休養から、復帰、奇跡的な復活を見せているJ.D.ポトロ
 強さは最盛期に戻っている。

 錦織圭はJ.D.ポトロに4連敗中。
 しかしトップを狙う錦織圭に壁は不要。
 大きくぶつかって欲しい。

J.D.ポトロに対する作戦は?
Saykei


  

苦手な相手との対戦する時の、心構え集になります。
 苦手な相手と試合するのは、誰でも嫌ですが、
 自分にとっての飛躍にはクリアしなくてはならない壁です。
 錦織圭はもっと上を目指しているのですから。
 相手を尊敬はするが、決して恐れない。
 相手だって人間なんですから。

残念ながらサービス力は、J.D.ポトロがかなり上。長身ですから仕方がないですね。

 サービスエース10本は想定内でしょう。

 しかし、2ndサービスを叩いてプレッシャーをかければ、1stサ-ビスの確率は落ちます。
 これを錦織圭がやられると、危険です。
 ですから錦織圭は、1stサ-ビスの確率を上げる事が必要最低条件です。


 2ndサービスはイーブンです。

リターンは錦織圭が有利。
 特にどちらが先に2ndサービスを叩き、プレッシャーをかけるか。


J.D.ポトロはサービス力を利用して,サーブ&ボレーにも出ます。
 落ち着いてパッシングショット が必要です。
Keipassbasel

 

バックハンドのストローク戦になるでしょう。
 先にベースラインに入る事が必要です。
 錦織圭は良く試合の序盤で様子を見て、ベースラインから下げられることが多いので、
 積極的に前に入って欲しいですね。
 ストロークは陣取りゲーム、ベースラインに入る。
Keifsfrontbasel

 
 J.D.ポトロに先に入られると、錦織は下げられてしまいます。

 J.D.ポトロは長身で、武器はフラットで打ちおろす感じのフォア。
 特にフォアに回り込むと、逆クロス、ダウンザラインを読みにくいです。
 これでN.ジョコビッチに勝ちました。  

 錦織圭の得意ショットは、最初、J.D.ポトロの反撃にあう可能性があります。
 トップスピンで跳ね上がったところを、叩きやすいからです。

 フラットで打つので、J.D.ポトロのバックにスライスのアプローチショットで前に詰めるのもGood.
 錦織圭のネットプレーは反応が良いですから。

 ただラリー戦のテンポは錦織圭に分があります。
 1stサ-ビスからフォアハンドへの速攻 が必要ですね。


 ですからJ.D.ポトロのパフォーマンスを下げる必要があります。
 そこで、J.D.ポトロの長所、高い打点で打たれるのを防ぎます。
 必要なのは滑るスライスです。

 バックハンドの打ち合いになった時に、スライスが凄く大事になります。
 錦織圭のバックハンド 

 錦織圭のスライス  

本日の御教訓 苦手な相手を恐れない
 相手も人間、しっかり分析する
 1:チャレンジする楽しさ、スポーツの原点
 2:相手の長所をつぶす
 3:最後は自分の得意で

テニス上達のレッスンメニュー
 基本の基本 上達のマニフェスト  

 試合をイメージした練習を  

レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 フットワークドリルも豊富に紹介。戦略、戦術を多く紹介しています。
 メンタル.タフネスを強くするページ
Bmpsamplegrading


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


平成29年 システム手帳
 新年度用、スポーツ手帳、システム手帳、カレンダー、スケジュール整備、作戦ボード入り。


ソフトテニスシステム手帳2017
コート図練習メモ、特にダブルス用のスコア全てが入っている。

  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。

 J.D.ポトロ R.ハッセ、ハイライト動画

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
 錦織圭 BS朝日で放送します。

バーゼル 公式サイト

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

お陰様でバーゼルの錦織圭選手の記事、トップ3独占です。クリックありがとうございます。
Keibasel

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

スライスで活き返ったJ.D.ポトロ ナダルを下して決勝へ リオ

J.D.ポトロ 決勝へ  ここでも活きたバックハンドスライス
 誰が怪我から今年復帰した選手だと思うだろうか。
 しかも二人とも、手首の怪我で欠場していた。
スライスと復活をテーマに、テクニカルエッセー風にまとめてみた。
 二人の復活、Feeling

 スライスを活かす。
 テニスが変わる。
J.D.ポトロ◎ 5-7,6-4,7-6(5)  × R.ナダル

J.D.ポトロは試合後、インタビューで、
 「まるで夢の中にいる様。Potronadalshake

 観客が
 後押しをしてくれた。」
 と述べれば、
 R.ナダルは
 「自分は、
 今出来る一番
 良いテニスをした、
 J.D.ポトロは
 それ以上に良かった」と
 J.D.ポトロの強さを、称賛した。

 二人は、8勝4敗でR.ナダルがリード。
 2013年に、J.D.ポトロが勝利しているが、それ以来の試合となる。

 フォアの強打をどう使うかが試合のポイント
 ナダルの強打は、エッグボール、見事に復活中

 J.D.ポトロは、最新の高い打点を叩くハードヒット。
 USオープンでフェデラー破り優勝  

 フォアの回り込みはメリットだが、決まらないとオープンコートが出来てしまう。
 この二人の共通点は手首の故障。その怪我が、長所を生み出している。
 それがバックのスライス。

 R.フェデラーに学ぶスライスタッチ
 

両手打ちのバックハンドでも片手打ちにする方がリーチが長くなる。
 クルム伊達の例
 クルム伊達選手もひざの手術からリハビリ中です。早く復帰して欲しいですね。
  恵比寿にパン屋さんをオープン、積極的に活動しています。 Frau Krumm です、よろしく。
 
 以前の二人は、バックハンドのスライスは守りに使い、余り展開には使っていなかった。
 それが手首の負担を避けるために、バックハンド,スライスを多用するようになった。

 このスライスがいい。

 ただ返す、スライスではなく、しっかり振り切って回転をしっかりかけているので、ベースライン深く入り、伸びる。
 リズムを変える事が出来るし、
 時間稼ぎが出来る。
 またボールが低い弾道なので、相手はトップスピンで持ち上げるが難しい。

 たかがスライス、Potrobssliceap

 されどスライス、
 アプローチショットに
 使いネットプレーへ、
 ボレーも
 サービスも良くなる。
王者N.ジョコビッチを退けたJ.D.ポトロのスライス  

 バックハンドと言えば、S.バブリンカ トップスピン、スライスの自由自在
 

スライスマスターカード  40枚のレッスンカード。
 一緒にトップスピンもと言う方には、
Ba_one_both_ts_slice_hi


 トップスピン、スライスセット

二人とも、怪我だったの本当? 位に打ててきている。復活は立派。
 二人ともフォアに回り込むケースが多いくそれが武器になっているが、バックをトップスピンを打ててきている。
 バックハンドのバリエーションが増えていると言う事だ。
 これは相手にとっては厄介な事。

Nadalbsslice


 J.D.ポトロは今年のウィンブルドン、S.バブリンカとの試合で復活を証明した
 この中にJ.D.ポトロの手首ノリハビリの動画がある。
 手首を痛めている方は参考に。

 ナダルも、「手首の怪我があったの?」 って感じで振り切っている、全盛期のテニス。
 フォアに回り込むケースも多いし。
バックハンド、スライスとトップスピンを使い分ける。 スライスは相手のバックにストレート、
 トップスピンはクロスもある。

J.D.ポトロ vs ナダル 全ポイント動画


本日の御教訓 災い転じて福と為す
使って覚える
1:スライスでショットの多様性
2:リズム変化、時間作り
3:攻守のメリハリ

Saypotro


テニス上達アイテム
 テニス、ソフトテニス作戦ボード

 テニスグッズの概要

 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。

 スコア便利ですよ。試合に強くなりたいのであれば。

 スライス練習も豊富に紹介。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmgradingmix


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


★☆★ リオ・オリンピックが良く分かるリンク集 ★☆★
 オリンピックのテニス、いろいろサイトは有りますが、一番分かり易いのは
NHK on Line のテニスです。  
 ここから種目に入ります。競技中、  終了、いずれにしても試合のスタッツを見る事が出来ます。


 リオ・オリンピック テニス日本代表  


  Rio テニス 公式サイト  


 オリンピック日本代表  JOC公式サイト  

 日刊スポーツ
    
 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月30日 (木)

日比野菜緒 シードに惜敗 学ぶこと多し 次に期待 ウィンブルドン2016

日比野菜緒 惜敗 シードの壁は高かった。
 奈緒の名前は、往年の名選手、沢松奈央子、にあやかって命名されたとか。
 テニス一家の様子。
 のび伸びとしてテニスが魅力。
 今年のロランギャロスのダブルスでは2回戦に進出している。
 日本の土居美咲に次ぐ2番手として、伸びている。奈良くるみとの3人のライバル争いが良い刺激になるだろう
 少しずつ、グランドスラムに慣れてきている。
 芝への対応を楽しんでいるかの余裕が感じられた。

 日本女子の活躍  
 第3セット、日比野のサービスで1-5 40-15のところで、雨で順延。
 雨に助けられた格好。
 翌日、再試合。サービスゲームはキープされるが、ここまで、でも良い勉強になったはず。
 ストローク戦、展開力があるし、スライスを中心にいろいろトライをしていた。
 ウィンブルドンは短い期間だが対応力を身に付けるには最高。
 ウィンブルドンで活きるのが。ビッグサーブでない限りバックハンドのスライス。
Hibinoslice


 スライス
 バックハンドで低い弾道のスライスを打てると良い。

 両手打ちの方はスライスが難しい傾向がある。
 両手打ちのスライス、これを参照して欲しい。
問題は左手をどうするかですね。
 

 そしてネットプレーだ。
 ウィンブルドン、芝の職人D.ブラウン  
 この先を見据えるビジョンを持つことが大事。

Visiontactics

 テニスは頭脳スポーツ、戦略ありき

 若いし、これからの活躍に期待したい。
 相手はシード180㎝の長身ペトコビッチ、  日々のは163cm.
 A.ペトコビッチ◎ 6-3 5-7 6-2   ×日比野菜緒

Wimpetkohibinoscore

 最初は対等、いや、押していた。ペトコビッチが攻めるボールを、散らして返してくるので、
 ペトコビッチがペースをつかめない。

 ショット選択を迷っているペトコビッチ、日比野は躊躇な攻めストローク戦でミスを誘い、
第1セットを奪った。

 惜しかったのは第2セット。押し気味に試合を進めたが、フォアのミスが出始めた。
 攻撃的なペトコビッチのテニスに押された。
 ミスを恐れず、攻撃するタイプ。
 しかし、第3セットは、アンフォーストエラーを減らし、優位に立った。
 この戦略を変えれるのが上位選手の強み。
 試合の流れを変える
 先日の、奈良くるみの試合。流れがちょっちゅう入れ替わる。お互いに苦しい展開。
 こうなると精神力勝負。メンタル.タフネスの出番だ。

 試合は川下りの様な物。
 静かな流れもあれば、激流もある。
 しかし、必ず試合の転機は訪れる。その気配を察して、対応で来るかどうか。
 P.クビトバ的、最近強打の選手に多い。
 対照的なのがミスを抑える、A.ラドバンスカ、S.ハレプ。
 セレナは両方できるが、最近、アンフォーストエラーが増えてきた。

 試合スタッツ 
 第1セットでは効率良くポイントを重ねたが、
 特にリターン。ペトコビッチのサービスを恐れない。
 第2、第3セットと、主導権を奪われた。
 特に第3セットは、ブレークチャンスを一度も与えなかった。
 ペトコビッチは日比野がバックの方が、展開力がると知るや、
 フォアにボールを集めて、浅いボールを攻撃してきた。

 この辺の試合の展開力がシードの力だ。

Hibinopet


「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆ テニス上達を支援 スポーツ&アート ☆★
 テニスが強くなり、レッスンが楽になるグッズ  
 テニス作戦ボード 
B5rscorelob


 これは2画面マグネットタイプです。便利ですよ。バインダーが二つあります。メモも挟めます。

作戦ボードの詳しい内容は

テニス システム手帳2016 
 作戦ボード、スコア試合経過付。


★☆★  ウィンブルドンが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow on line

NHK ATP 
    
グランドスラム ウィンブルドン  -7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Laver Cup | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | P.C.ブスタ | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アンダーソン | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャパロフ | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ビーナス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マクラクラン勉 | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 二宮真琴 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山・勉ペア | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽