分析

2017年6月12日 (月)

ナダル また歴史を作る 全仏10勝の偉業 S.バブリンカ破る

R.ナダル また歴史を作った 全仏10勝  ロランギャロス2017
 R.ナダルの凄さ、もうレジェンドと呼ばれているが、
どうしてどうして。
 何回もの怪我を乗り越えて、見事な復活。
 破壊力を誇る、S.バブリンカを軽く一蹴。
 僕は、S.バブリンカが攻めまくって、
 R.ナダルの城壁を崩すと思ったのですが。
 終わってみればストレート。S.バブリンカを跳ねのけました。

 しかも、スーパーショットの連発で観客を沸かせた。
Nadalswshakerg


 まさにクレーコートではスーパースターですね。
 グランドスラムの同一大会で10勝の凄さ。
Naalrghistory


 復活を支えた、名コーチの支え。C.モヤコーチ

 R.ナダル、S.バブリンカ戦予測  

 R.ナダルセミファイナル D.ティエム戦 

 A.マレーをかわしたS.バブリンカ 

R.ナダル◎ 6-2, 6-3, 6-1  ×S.バブリンカ
Nadalswscore


グランドスラム全体では、
 R.フェデラーが 18勝
 R.ナダル    15勝
 P.サンプラス  14勝
 N.ジョコビッチ 12勝

強いナダル
 グランドスラムの優勝から遠のいていた。
 誰でも落ち込みやすい。
 見事な復活。
 今年の強さ、
 やはり印象的なのは、
 クレーコートシーズンに入ってからの強さ。

 シーズンインの四半期は、
 ハードコートでR.フェデラーの強さ。
  Raceランキング一位。
 クレーコートに入り、R.ナダルが一位 
  モンテカルロ 1000 優勝

  バルセロナ500 優勝  

 マドリッド 500 優勝  

  ローマ1000 クオーターファイナル
 D.ティエムに敗れる。今となっては事件
 しかしロランギャロスですぐに雪辱
  完璧な勝利で復活。

Saynadal


 レッドクレーでR.ナダルの強さを予言する記事
 

 そしてクレーコートに入ってから、破竹の進撃で、
 D.ティエムとの激闘を制して、あれよあれよの一位。
 King of Clay

King of Roland Garros 79勝2敗。
 たったの2敗ですよ。勝率97.5%
 全仏10勝
 全仏5連覇 2014  N.ジョコビッチを破る
 
 全仏35連勝
 1セットも落とさず、優勝 3回

 ロランギャロス R.ナダル vs S.バブリンカ ハイライト動画

 そのR.ナダルを初めて破った、R.Soderling との試合

午後に試合の細かい内容を紹介します。

スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage


 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2017年6月10日 (土)

データで見る 錦織、敗因研究 ロランギャロス2017

データで見る 錦織、敗因研究 全仏2017
全仏は、男子シングルスがR.ナダル対S.バブリンカ
 女子がS.ハレプと若手のオスタペンコ。注目の一戦ですね。
 面白かった、S.バブリンカ、A.マレー戦。
注目していた、R.ナダル、D.ティエム戦の試合経過は後でアップします。
 先に気になって気になって仕方がない、
 錦織圭選手、敗戦のデータをまとめておきます。
Murraykeiscore


 負けから学ぶことは多い のです。
 そこは謙虚に学んで、
 芝のシーズンに入って欲しいからです。

 残念ながら、決勝に進んだA.マレーに敗れた錦織圭。
 先のブログでは、メンタルの弱さを指摘 したが、
 
 今回は僕のライフワークでもある、データ分析を紹介したい。

 データはたかが数字で試合の結果だが、
 グランドスラムの様な5セットになると、
 数字が先か、勝負が先かのように思えて来る。

 しかもクレーコートで天候も不安定  

テニスの試合、勝つにしても負けるにしても、データは安定して、試合状況を示す。
 しかしこの試合、錦織選手のデータが整わない。
 心の乱れを示しているようだった。

 テニスと数字、確率
Saydata


 特に第一セットの楽勝から。
 勝負を分けた、第3セットタイブレークの0-7は
 勝負の怖さを示している。
 そして第4セットの、1-6もあるが、
 2ndサービスのポイント獲得率の0%。
 この数字の乱高下が、A.マレーの勝利を提供した形になった。
 錦織圭の一人相撲。
 A.マレー自身も、試合後、
 「調子はそれほど良くなかった」と。語っていた。
 試合後、調子不足の中で、ままあの全仏だったと、とらえている。
 この差がBig4との差になっていると感じる。

 同じように、心の動きも。
 勝ったから笑うのか、笑うから勝ったのか。
 卵が先か、ヒヨコが先か、

 それを考えると、勝つ事は先にできないが、笑う事は先にできる。
 そこから良い循環に持って行く、これがアスリートではないだろうか。

Saynumeffort


 メンタルの良い循環 

サービス力の検討
 錦織圭選手は残念ながら体格的に、ビッグサーバーではない。
 トップ10をみても、誰もが1stサ-ビスは200キロを軽く越えて来る。 
 1stサ-ビスのポイント獲得率は少なくとも70%。
 サービス力のある選手なら80%は軽く越える。
 サービスと身長の相関関係  

その中でランキング上位を保っているのは立派。

錦織圭選手は、セカンドの方が強い選手。
 2013年頃は、2ndサービスが弱く, 
 M.チャンコーチの加入で、強化した。

 一番強いのはN.ジョコビッチ

錦織圭選手、1stサ-ビスの確率が悪いとセットを落とすと良く言われるが、
Keiserrgmurray_2

 
 今回の第4セット、1stサ-ビスは82%に上げたが、セットは1で落とした。
 この時の1stサ-ビスのポイント獲得率は44%、
 得意の2ndサービスではなんと屈辱の0%。
Keirg1st


 2ndサービスの数字は、錦織圭が優位だったが。
 2ndサービスが得意な錦織圭。

Kei2ndrg


サービス力の上達法  

 A.マレーも錦織圭と同じデフェンス力の選手

 しかし、A.マレーはサービス力もある
 錦織圭選手は少しリターンに頼り過ぎる傾向がある。
 サービス力はポイント獲得率、70-80%の世界。
 ここから下がるのは利幅が大きく上がる。厳しい。
 リターンは良い選手で50%越え。
 ここから上げても利幅は少ない。

全体的なスタッツ
Keistatsmurray

 グランドスラムはスラムトラッカーが便利 
 感謝しています。
 テニスのデータをとろう  

 試合のスコア

 ソフトテニスで試合途中のアドバイス の有効性。


 テニススコアノート  

 ソフトテニス スコアノート 

勝利に重要な安定指数
Keimurray


Saydatabig4


 

本日の御教訓 テニスはデータ勝負
試合が先か数字が先か
1:1stサ-ビスのポイント獲得率を上げる
2:安定指数を上げる
3:デュース、タイブレークの集中力

 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年6月 9日 (金)

錦織 ロランギャロス2017の反省点 心の弱さ

錦織圭のロランギャロスが終わった。
 紆余曲折の1週間。良くも悪くも。
  体調不十分の中で戦ったと言えばそれまでだが、
 いつもなら、試合経過、スコアを書くが、
 今回は、余りの不甲斐なさに、
 心の問題、メンタル.タフネスについて書くことにする。
 皆さんは、テレビを見ていて、
 ストレスがたまりませんでしたか?

 全てを象徴しているのが、第3セットのタイブレーク。
 0-7の敗れ方だ。
 心.技.体の全てが悪い方向に向かって行った。
 良い時は、先行されても、じわじわ、追いつき、
 相手にプレッシャーをかける。
 しかし、力が入り過ぎ、ネットミス。
 ストロークが悪い循環に行ってしまった。
 良い時の循環  

 悪い心の循環
Mt2ways


 メンタル強化ノート 

メンタル.タフネス向上

 ロジャーズカップで負けた時 に、言い訳無しを書いた。
  
 大きく負け越している、A.マレーに苦手意識が大きく働いていた。

A.マレー◎ 2-6,6-1,7-6(0),6-1 ×錦織圭
Murraykeoscore


A.マレーにゲームを支配された。
第1セットは好調、今年の全仏で一番良かったのではないか。
 ミスしても、冷静に淡々とプレー、少しずつゲームを支配する。
 その落ち着きが、ラリー得意のA.マレーがからミスを誘う。
 A.マレーが、もう錦織圭とはプレーしたくないと言わしめた、
 デビスカップでの試合がある。

しかし、今年の全仏を象徴するような、乱高下、
 松岡修造が、解説で、
 今年の全仏は毎試合、崖っぷちと話していたが。
 トッププレーヤーの条件として安定性、が上げられる。
 多少のアップダウンは有っても、
 修正する力があると言う事だ。
 超乱高下のF.ベルダスコ戦。  

 本人は、第2セット焦ってしまったと言うが、言い訳は無し。
 スポーツは、0sayingnoexcuse

言い訳無用。
 言い訳は
弱者の逃げ道。
 野球の
野村監督の言葉に、
「不思議の
 負け無し」、
がある。
 弱いから負けたのだ。
 ナダルが、ブルーコートで負けた時
 
 逃げ道は自分で断たなくてはならない。
 全てが実力不足と言う事、
 それを認めてからの自分の見直しだ。

 ATPのサイトでも、A.マレーとの対戦前の下馬評で、
 今の錦織圭は、クオーターファイナリストで、
 それ以上は勝てないと書かれていた。

 今年の全仏、乱高下が激しかった。

 一方で対戦した、J.シャーディ、F.ベルダスコは
 強い時は、展開が早く、全くつけ入るスキがないと。
 強い時があっても、弱い時があれば、トーナメントはそれまで。
 J.シャーディ戦

 女子のS.ハレプ、絶体絶命の第2セット1-5から逆転勝利した、
 S.ハレプのメンタル.タフネスを見習いたい。

 テニス、試合中は反省せず、次に向かうが、
 試合が終わったら、しっかり自分を整理しなくてはならない。

テニスは確率心のスポーツ
 錦織選手、今年は、右手首の不調から、
 練習不足、
 身体の他を壊す、と悪循環。
 自分自身をこわごわコントロールしている感じがあった。

 自分を信用できていない。
 心が崩れる。
 パフォーマンスが下がる、の悪循環。
 テニスは確率のスポーツ。

 それと、A.マレー戦でも、ラケットを投げつけた。
 ラケットを投げてはいけない  
 チャン戦で、同じことをして、メディア、ファンからブーイングの嵐。
 
 メンタル.タフネスを立て直さないことにはこれ以上の勝ちは望めない。
 そこを立て直せば、勝つ進むことも可能だ。
 良い時は強いのだから。

本日の御教訓 最後まで諦めない
言い訳はしない
 1:強い心で挑む
 2:ボールを最後まで追う
 3:ショットは積極的に
Saykeinoexcuserg

 錦織圭の全仏は終わった。同時に、
 ウィンブルドンに向かってのグラスコートのシーズンに入る。
 休養をしっかり取り、心機一転、頑張って欲しい。


スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage


 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

錦織 闇から光明 全仏2017 Best8 NO1マレー戦へ

錦織 開き直り、大逆転 ロランギャロス2017 ベスト8へ
テニスに詳しいジャーナリストたちも、第1セットを終わって錦織の敗戦を信じた。
 体調がやはり悪いのかと。
 錦織も、思った様に動かない、自身の体に、諦めを感じ。
 その結果、開き直る事が出来た。
 テニスが、心の持ち方ひとつで大きく変わる、象徴的な試合。
 錦織自身も、それを感じ取ったはず。

 それでなくても、グランドスラムは過酷
 ロランギャロスは天候も不安定。
 心.技.体の、強さ が求められる。  

 3回戦、チャン戦。
 負ける展開 だった。
 中断で 心を立て直す余裕を頂いた

 なんだか訳が分からなくなったのが、F.ベルダスコ。
 それ以前に、F.ベルダスコには、最近,錦織圭に勝てない、
 そんな気持ちが、心のどこかにあったのだろう。
 去年のロランギャロスのフルセット
  
 この試合は一人相撲をとってしまった。

錦織圭◎ 0-6,6-4,6-4,6-0, ×F.ベルダスコ
Keiverscore


 スコアの真ん中の数字は、ブレーク数と、チャンス数を示している。

第1セット、一人でこけていた錦織圭。第4セットはF.ベルダスコが勝手にこけていた。
錦織圭が開き直った第2セット。
 数字的には、F.ベルダスコが押している。
 錦織圭はアンフォーストエラーが16本と多いが、
 開き直ってウィナーが9本と増えた。
 1ブレーク差で錦織圭が6-4と取る。
 そして第3セットはウィナーがアンフォーストエラーを上回り、安定指数を上げた。

Keiverstatts


第1セットと、勝ち始めた錦織圭、ルーティーンが明らかに違う。
 本人は意識していないだろうが、
 心が落ち着いてきた証拠。開き直りの良さだ。
Performancefacekei


いつも落ち着いている、R.フェデラーが心の先生 だ。

 しかし、立ち直り始めた錦織圭の何かを勝手に感じて、
 自身のパフォーマンスに自信が持てなくなってしまった。
 第1セットは、信じられないようなミスを繰り返す錦織圭。
 アンフォーストエラーが15本、ウィナーはたったの2本。アンフォーストエラーは仕方がないにしても、
 ウィナーの2本は、全く信じられない。

 第3セットで、錦織圭らしさでアンフォーストエラーを減らし始める。

そしてこのカウンターショットだ。
Keicounterver


 第4セット、完璧に錦織圭のペース、
 と言うか、F.ベルダスコが勝手にミスを重ねて、の大逆転。

ウィナーとアンフォーストエラーの数字比較
 F.ベルダスコと錦織圭で大きく逆転している様子が良く分かる。

 攻撃テニスと守備テニス  

 安定指数 
 試合に勝つ、大きな要素。

Keiver


昨日まで、一人相撲で試合を展開。
 勝っちゃった、感 があった今回の全仏。

 アンフォーストエラーを減らせ! 

本日の御教訓 パフォーマンスは心が決める
試合の流れをつかむ
1:テニスは自分との戦い
2:自分をどこまで信じられるか
3;開き直れ!

次は、NO1シード、A.マレーと当る。
 実は、A.マレーも戦うのを嫌がっているのが錦織圭
 
詳しくは夕方アップします。


スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage


 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年6月 2日 (金)

錦織 勝ったけれど、課題が ロランギャロス2017 J.シャーディ戦

テニスは怖いスポーツ クレーコートはさらに
 赤土のロランギャロスはさらに、、、、。
 一つの油断が、試合の流れを大きく変える。
 この試合から、テニスの勝利の法則を探ってみたい。
男子シングルス2回戦
 第8シードの錦織圭が世界ランク74位のJ.シャーディを
 ストレートで下し、
 3年連続4度目の3回戦進出を果たした。しかし

試合の流れが、これほど激変するとは、
 テニスは怖いスポーツ。
 油断大敵。

 試合の流れを重要に。
 改めて勝利の法則が重要を感じた。

錦織圭◎ 6-3, 6-0, 7-6 (7-5) ×J.シャーディ
Keijchascore


 錦織選手は、前の試合と比べると、完璧だったと。
 しかし、試合の数字で見ると、第3セットは危ないし、
 ブレークチャンスを作り過ぎている。
 ブレークの確率は高く、効率は良かった。
 これはR.ナダル的。集中力。

 確かに第2セットは完璧。
 しかし試合は全体で語るもの。
 第3セットの、メディカルタイムアウトの取り方は如何なものが。
錦織圭選手の試合全体、各セットのスタッツ。
Keijchastatts


 手首は復活の様子だが、
 右肩が違和感。 少し心配。
 サービスがかなり浅くなっていた。
 錦織圭の心配、1stサ-ビスの確率。

 追いつかれそうになってからの錦織圭の集中力は凄いけれど。
 ギアの入れ方。 

 勝利の法則:勝っている時は流れを変えない。
  
 負けている時は、流れを切る。

 この原則から言えば、明らかに逸脱している。

J.シャーディが語る。
 第1セット途中から、12ゲームを連取された錦織に対しては
 「どうやってプレーしていいか分からなかった。
 攻略の糸口がなかった」と脱帽。
 「クレーでも凄く早いタイミングで
 ボールをとらえてくるから予測不可能。」
 と語った。

Saykeitennis

 「優勝候補を3人選ぶなら、ジョコビッチ、ナダル、
 あと錦織にするよ」

錦織圭の課題
 マドリッドオープンでの課題 
  初戦の入り方
 ローマでの課題 
  ビッグサーバー対策
 ジュネーブでの課題 
 ネットプレー対策

 錦織圭は、自分に集中し過ぎる。
 第三者的に全体が見えていない。
 テニスは試合を客観的に観る、これが重要。

スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage


 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月30日 (火)

土居美咲 戦術負け、技に屈する 全仏2017

クレーの祭典、ロランギャロス2017 土居美咲
 調子を上げ、期待されたが、腹筋痛、治らず。
土居美咲 ベテランの技に屈する
 S.エラーニ◎ 7-6(7),6-1 × 土居美咲
Saradoiscore


 終わってみれば、最初のゲームが全て
 S.エラーニのサービスゲーム、土居美咲は攻め込むが
 さらりとかわされて、ブレークできず、
 直後のゲームをブレークされる。
 リードしたら、S.エラーニの粘りが効く。
 クレーコートを知り尽くした技。
 コートを左右に大きく使う、
 ムーンボール屈指の使い手、
 ムーンボールの効果
 元世界5位、
 ロランギャロスの魅力 
 土居美咲は今年のクレーコートシーズン、

 クレーコートで調子を上げてきた だけに残念。
 アメリカ期待のキーズに打ち勝った

 直前の、ニュールンベルガーでもベスト4まで進出。
 ランキングを戻しつつあった。

 技のS.エラーニに対して、策が無かった。
 ウィナー狙いが、Dbladiesrule

 ほんの少しの
 アウトが続く。
逆に、
 敢えて、
 土居得意の
 フォアを打たせて、
 狙わせ
 ミスを誘う、
 S.エラーニに軍配。

 S.エラーニはダブルス、元世界NO1
 ダブルスで培った技が光る  

 これはS.ジョンソンに敗れた杉田祐一にも言える事だが、
 クレーコートは戦術、戦略が大事だ。
 R.ナダルの教え  

 女子の試合を象徴するゲーム。
 女子はラリーが続く  
 サービス力ではなく、リターン勝負。

 クレーコートの女子シングルス
 一般プレーヤーに良い見本となる。
 ミスを減らし、ラリーする事。

 1stサ-ビスのポイント獲得率
  S.エラーニ:56% 土居美咲:47%
 2ndサービスに至っては
  S.エラーニ:43% 土居美咲:36%
Saradoistatts

 重要な、安定指数 
 打ち勝つか、
 自滅を減らすか、
 もろ刃の剣。

 錦織圭のタイプは? 

 女子シングルスで攻撃力で勝てる選手は、
 S.ウィリアムス、M.シャラポワ位。
 若い選手は攻撃的だが。

 ほとんどがデフェンス力の選手。
 A.ケーバー、S.ハレプ、

前の試合で痛めた、腹筋の痛みが出た。
 これではサービスがトーンダウンする。
 土居美咲のサービス、第2セットは、48%に下がり
 ポイント獲得率も落ちた。
 腹筋の痛みはサービスへの影響が大きい。
 錦織圭もそうだった。
Keiabs

 
全仏2017
 ダニエル,太郎、初戦突破  
 奈良くるみも逆転で突破。
 全仏始まる、シード紹介

スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  

 ソフトテニス専用作戦ボード 
Softtwb2mag


 

 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 連日熱戦が続く、ダニエル,太郎、奈良くるみ勝利、
 杉田祐一が熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

錦織 全仏への道 アンダーソン戦 絶対に有利 その根拠

全仏まであとわずか。 錦織圭のクレーコート、K.アンダーソン戦、 
 作戦は?
 トッププレーヤーは必死の調整を続けている。
 ゆっくり休養に入ったのは、
 A.マレー、N.ジョコビッチ、R.ナダル
 R.フェデラーはウィンブルドンに専念するために
欠場を表明した。

さて、必死もがく錦織。
 ジュネーブに参戦
 初戦の2回戦は、しぶとい、M.ククシキンを一蹴
 調子の良さをアピールした。

 次の対戦は、K.アンダーソン。
 怪我から回復途上とは言え、ローマでも活躍。
 アメリカの伸び盛り若手、J.ドナルドソンにフルセット勝ち。
  15本のサービスエースを放っている。これは要注意。
  ビッグサーバーの油断できない相手。
1203cm 超長身、もちろんビッグサーバー。
 2015年には10位まで上げている。
 身長とサービスの相関関係  
K.アンダーソン 203㎝ 錦織圭177cm
 錦織圭にはSerheightkeikevin

 打ち上げ感覚の
 スピンサービス
 が必要。

 長身
 アンダーソンは
 フラットサーブ
 が可能。

 それは
 仕方がない。


 残念ながら、テニスは、長身有利


 ハードコートでは特に。 

 しかし、クレーコートでは、サービス力は20%減。
 錦織圭のリターン力が活きる

 ただ、クレーコートは錦織圭が得意で、
 錦織圭の1stサ-ビスが普通に入っていれば大丈夫。
 サービスエース10本は覚悟の内。

それを証明するのがElo 強さ比較 

Keikandelo


 

 後は自分を信じる事  

 錦織の3勝1敗。 
 錦織9位、最高4位 アンダーソン62位、最高10位
 直近は今年のマイアミ 錦織圭のストレート勝ち

 2015はメンフィスの決勝で、3連覇の記念になる大会だった。


 負けたのは、少しの油断から、上海のマスターズ

 同じ轍は踏まないだろう。
本日の御教訓 K.アンダーソン戦
 まずは自分を信じる事。
Sayingchandepace


 試合に入り方要注意
  錦織圭は序盤がペース作りが下手。
 最初のゲーム、リターンで崩す
 錦織圭は1stサ-ビスの確率を上げる

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを
Wb2magimage

 ワンポイントアドバイス、レッスンカード 

 テニス・システム手帳 
スコア、データ整理、作戦ボード、とテニス指導の全てが出来る。

A5memoc2cbird2

もちろん,ソフトテニス用も準備。


作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017年5月24日 (水)

テニス 新しい強さの指標 Eloレイティング 今強いのは誰?

錦織、ジョコビッチ 新しいデータで実力比較
 今日の日経新聞、さすがデータの日経と思われる記事があった。
 テニスのランキング、強さの指標、Elo イロレイティングの紹介だ。
 面白いでデータなのでぜひ読んで欲しい。
 たかがデータ、されどデータ。
 強さの数値化、将棋、チェス、テニス、海外では賭けが盛んなので、発展します。
 良い悪いは別として。
 それによると、錦織圭は、歴代のトッププレーヤーの中でも強い方。
 しかも、上位選手との差を、どんどん詰めてきている。

  
日経新聞 Eloの紹介記事

 その記事を参考に、月さんの情報を駆使して、
 トッププレーヤーの強さを、改めて比較してみたい。

Elo2

錦織圭のランキング 2017、5月
 ATP 9位 Race 14位 Elo 7位  この差は何だ? 
 そこで早速調査開始。

 日経新聞の記事、面白いデータで役に立った。
 テニスは、ネットを挟んだ対人競技だから、このチェスからの発想は役に立つ。
  テニスはネットを挟んだ対人競技。
 ただ、テニスは、チェスの様にクロズドスキルではなくて、
 クロズドスキルのフィギュアスケート 
 

 コートサーフェイス、天候など、オープンスキルのスポーツ。
 テニスはオープンスキルのスポーツ

Sayingcrisismanagement


クレーコートの強さ
 特に今行われているクレーコートでは、クレーコートへの対応で得意、不得意が分かれる。
 R.ナダル、D.ティエムはクレーコートで強い。

 R.フェデラー、N.ジョコビッチは、クレーコートは余り得意ではない。
 でも、ピークでは、二人ともロランギャロスで優勝。

 N.ジョコビッチのロランギャロス  

 R.フェデラーのロランギャロス 
 二人とも、全仏優勝で、グランドスラム達成しています。

 僕は旬の強さを測るのは、Race のランキングと前から書いている。
 今年は特に、その二つ、差が開いている。
 群雄割拠状態にある。
 

 直前の二つのランキング比較  

 Eloのデータを見ながら、Raceランキングをチェックしよう。

Elo レイティングが凄いのは
 その選手の最盛期の強さを数値化。
 年齢も比べる事が出来る。
 すると錦織圭は、まだまだ強さに復活の余裕あり。
 J.D.ポトロを5位に挙げてている事。
 この強さは有っていると僕は確信する。
Eloatprank0524


 錦織圭を下した、J.D.ポトロ  

 A.ズべレフ ローマで優勝

 D.ティエムも合っている マドリッドオープンで優勝

 テニスの強さ、比較に新しい見方。
 イロ レイティング スウェーデンの、物理学者でチェスマスターでもある、Elo博士が考案した、
 強さの指標。

 Atpのランキングシステムと、本当の強さの乖離を、詰めるべくの説明。
 細かい物理的な数字が多くて、分かり難いが、
 現在のATPのランキングでは、試合でのポイント獲得数で、ランキングが決まる。
 当然、一位は圧倒的に多く、2位、3位と、どんどんポイントは下がる。
 Eloでは対戦したプレーヤー同士の勝敗,ポイントなどで分析し、から、数値を出し、合計する。
 すると確かに、強さの指標が、一致してくる。

 テニスは、野球と違い、リーグ戦では無く、トーナメントなので、強い相手と当り負ければ、それまで。
 しかしこれからもトーナメントな訳だから、
 それはそれで良いと思う。

 ATPのランキングでもRaceランキングは、強さの指標として、役に立っていると思う。

ジュネーブ、3回戦、錦織圭対K.アンダーソン
 ジュネーブで錦織圭が対戦するK.アンダーソン Elo のレィティング
1919.2  39位
 錦織圭は  2201.7 で7位  200点以上の差だから、圧倒的に錦織圭が有利となる。

アップデートされた最新Elo tennisabstract.com


Elo Rating system
PDFで、ポイントの出し方を紹介。
 簡単と書いてあるが、数字に弱いと難しい、英語です。

イロ レイティング 

 お陰様で、D.ティエム、ズベレフを紹介した記事、トップ3まで独占です。
 クリック有り難うございました。
0524


テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
Wb2mag


 テニス・システム手帳 
スコア、データ整理、作戦ボード、とテニス指導の全てが出来る。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

19才ズベレフ 元王者 ジョコビッチにテニスをさせず 才能一気に開花

10代のエース A.ズベレフ 元王者を圧倒 Romaマスターズ
10代でマスターズ制覇、R.ナダル、N.ジョコビッチ以来。
 マスターズで勝つ事は超大変。
 R.ナダル、N.ジョコビッチが19才で、マスターズ優勝。
 R.ナダルハードコートのローマで2006年。
 N.ジョコビッチはマイアミで2007年。
 N.ジョコビッチのマスターズ、優勝31回目を阻止。
 N.ジョコビッチは、マスターズキング でもある。

 最新ランキングでも急上昇。10位が確定。
 Raceでも一気に上がる。

 サービスが良くて、速攻で試合をコントロール。
 落ち着いているのでピンチでも集中力を切らさない。
 つけ入るスキがなかなかない。

16シード 17位 A.ズベレフ◎ 6-4, 6-3 × 2シード2位 N.ジョコビッチ
Zvenolescore

あのN.ジョコビッチをして、「今の彼は強い。どんなコートサーフェイスでも強いね。」
 「サービスがいい。」
 「リターンを全く自由にさせてくれなかった。」
 「ほとんどのポイントを、2,3本目のラリーで彼のペースに持って行かれたと。」
 脱帽。

 N.ジョコビッチは、実は、A.ズベレフとずっと一緒に小さい頃からプレーしている。
 A.ズベレフの成長を、手助けしていた。

 A.ズベレフは、緊張に押しつぶされることなく、最初のポイントからアグレッシブにプレーできた。
 その証拠に、いきなりN.ジョコビッチのサービスゲームをブレーク。
 そのまま、あのN.ジョコビッチにチャンスを与えることなく、押し切った。

 ズべレフは、R.フェデラーを芝で破って 頭角を
 

 S.バブリンカをサンクトペテルブルグで破る。
A.ズベレフの強さ。
 心.技.体、そして感情のコントロールが出来た。
 感情のコントロール、これが難しい。これが出来たらトッププレーヤーの証。
 

 ツアーの初めの頃は、審判に暴言を吐いたりもあったが、
 若い頃は、誰でもある。未だに治らないのがF.フォニューニ。

A.ズベレフの凄さ
 パーフェクト型プレーヤー。
 若さに似合わず、落ち着いたプレースタイル。
 強力なサービス
 超下がって、ナダル的ベースライナー。
 リターンのポジションが特徴的
Repositionplayer

 

 この位置Zverevstfar

 もう、
 ラインズマンと
 接触しそう
 ここまで下がる
 R.ナダル
 D.ティエムと同じ

 しかし、今回のN.ジョコビッチ戦、下がらなかった。

Zvenolestatts

 その結果がこのスタッツ。他の相手ならまだしも、
 N.ジョコビッチ相手に、このサービス力。
 ポイント獲得率、1stサ-ビスで84%も凄いが、セカンドサーブでも69%驚異的。

 N.ジョコビッチの1st、70%、2nd,38%が低い数字に見える。
 N.ジョコビッチは2ndサービスのポイント獲得率高い


 ナダル、D.ティエムと同じタイプ。
 D.ティエムと良きライバル関係、新しい世代。
 D.ティエムのストローク  

 ダブルスも兄と出場、ネットプレーも上手い。

 ズベレフ、N.ジョコビッチ戦 ハイライト動画

★☆★  テニスコーチ向け、便利グッズ ★☆★
 新作、作戦ボード、折りたたみ、2画面で超便利 マグネット画面が二つあるって、超便利。7ダブルスのレッスンに最高!

Tennie2magscorefullset


テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。

ソフトテニス用も準備。


作戦ボードは、なんとマグネット対応 システム手帳B7 コート図満載の日誌、スコアと充実内容。


必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

錦織選手は急きょジュネーブオープンに参戦。
 ロランギャロスへ向け、ギャンブル的な調整。

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。

 イタリア国際 マスターズ 公式サイト


 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年5月11日 (木)

錦織 薄氷の勝利、データで分析 課題を見つけるデータ

錦織圭 数字で試合を振り返る 安定指数。
 錦織圭のマドリッドオープンが始まった。
 初戦はシードで2回戦から。
 リターンの良い、シュワルツマンに大苦戦
 初戦で、今年A.マレーを破っている、ラモスビノラスに完勝したのが分かる。

 試合の内容をデータから比べてみよう。
 テニスは確率のスポーツだから。
 とは言え、Saypercent

 野球と違い、
 満塁ホームランはない。
 ポイントの
 挽回も1つづつ。

 しかし、
 ゲーム、セット、
 を奪われても、
 次に挽回できるのが
 テニス。
 だからミスを持ちこさない気持ちが重要だ。

 テニスが心の戦い と言われる、由縁だ。

 昨年リターンランキングで3位、錦織圭は6位。
 確かに二人ともリターンが良い。
 だからラリーが続く。
 錦織圭のリターン確率91%で、シュワルツマンの85%を大きく上回った。

 テニスではアンフォーストエラーを少なくすることが勝利の法則の鉄則。
 凡ミス、自滅は、相手が得して、自分が気落ちする、ダブルで影響が出る。

 錦織圭は、デフェンス力の選手
 アンフォーストエラーを減らして、ウィナーに期待しないのが戦術。
 しかし、この試合、打ち合ってしまった。
 シュワルツマンもショットが良く、付き合わされてしまった。

 ウィナーも多いが、アンフォーストエラーも多い。

ウィナーはバックハンドが多い。
Keiwinnerbs


 普段は、フォアハンドが多いのだが、
 無理してフォアに回り込む事をしないので、この結果となった。
 錦織圭のフォアの回り込み

 バックのウィナーが55%は凄い数字。

 一昨年は世界一のバックハンドの称号をつけられた。
 

 サービスエースの5本が凄く活きた。

アンフォーストエラー、多かった。
 これだけ多いのは久しぶり。
 特に第1セットは、攻め込まれて、無理して狙い返し、ミスを増やした。
 第2セット、修正できてよかった。
 この修正力は錦織圭の魅力でもあるけれど。
 
 だから展開が読めなかった。

Keiuemadry


 結果的にシュワルツマンの要所でのダブルフォールト、5本が大きく錦織圭を救った。
 逆が、錦織圭には良くあるので。
 クレーコートの試合ではダブルフォールトは絶対に避けたい。

 安定指数はプラス1で、なんとかプラスにしたけれど。
 勝利の法則、安定指数をプラスに。 

Keivsschw


 

試合に勝つには、ウィナーからアンフォーストエラーを引いた、安定指数が、重要になる。
Lcstabilityindex

 ウィナーを増やすか、
 アンフォーストエラーを減らすか。
 トッププレーヤーの特徴。
 一般プレーヤーは凡ミス撲滅作戦ですよ。
 攻撃型のR.フェデラー、キリオスはウィナーを狙う。
 

 守備型の、R.ナダルは、アンフォーストエラーを抑えて来る。
 

 さらにクレーコートではサービス力が落ちるので、
アンフォーストエラーを減らす事 が必須となる。
 
試合のデータを分析できる、システム手帳
 
次の相手はD.フェレール レッドクレーの達人。

試合のデータ分析、面白い情報をお届けする。
お楽しみに。


テニス上達のヒント
 作戦ボードの進化、折りたたみで便利、立体コート図、人型マグネット 

Wblobmag

 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを


 作戦ボード入りテニスノート 


必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 バルセロナオープン オフィシャルサイト

 マドリッドオープン オフィシャルサイト 
 錦織圭が出場予定、強豪がそろい踏みするが、

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽