クライシュテルス

2010年11月 1日 (月)

クリテルス 優勝 ウォズアニッキを破る 名勝負

優勝はK.クリテルス テニスの真髄を
 Doha 女子WTA チャンピオンシップ

 試合の内容を、たっぷりお楽しみください。

 K.クライシュテルス 優勝 フルセットの熱戦でC.ウォズアニッキを破る
  動画で

Kimgaze

 6-3 -57 6-3 フルセット、スリル満点

Dohafkimcw


 見ていて気持ちの世試合
 テニスのだいご味を教えてくれた。

 テニスの原点、ボールを追う姿勢
 諦めない
 ラリーが続く
 凡ミスが少ない
 攻守がはっきりしている。
 マナーが良い。相手への尊敬の念がある。

 二人のテクニック、ドロップショットの応酬が面白かった。
 切り出してみた。

Dohakimcwdropshot


  2009 USオープン のファイナルもK.クリテルスが勝っている。

 試合内容を詳しく。
 この試合も名勝負

準決勝の試合内容
 世界ランク1位のC・ウォズニアキが同2位のV・ズヴォナレーワに7-5, 6-0の
 ストレートで勝利
 試合内容 
 C.ウォズアニッキ、第1セットの2セットポイントを握られてから、
 一気に9ゲーム連取。

 K.クリテルスがS・ストザーを7-6 (7-3), 6-1
 試合内容 
 女子の最終戦 素晴らしい試合の連続でした。
 感動したのが、体調が悪かったJ.ヤンコビッチが、諦めず、最後まで戦ってくれた事。
 E.デメンティエバが有終の美を飾った事。
 そしてもちろん、決勝の二人の戦いです。
 歴史に残る名勝負でしょう。

 次はK.クライシュテルスの素晴らしさ、フットワークを紹介します。
 乞う! ご期待!!

 上達のメニューが満載 ドリル100の紹介


 テニスシステム手帳 2011

 テニス365 Q&A

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

 
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

女子テニス 世界チャンピオン 誰だ

Doha 女子WTA チャンピオンシップ

 台風いかがでしたか?
 大雨の中をカッパでレッスンへ。

 帰りは大丈夫で、傘を忘れてしまいました。
 お約束の準決勝組み合わせのアップです。

 さあ、準決勝の組み合わせが決まった。

 僕の勝手な予想。
 C.ウォズアニッキがV.ズボナレバを一蹴して
 苦戦して勝ち上がったK.クライシュテルスを破る。
 そして真の世界一 まあ夢ですが。

Dohacwvsvera

 Dohaチャンピオンシップ公式サイト 

強力な出場選手の紹介を

Dohakimvssstosur


 S.ストーサー ダブルス上がりで、去年から一気にブレーク
 強烈なキックサーブが武器
 a hard-nosed competitor,  強烈なライバル

 C.ウォズアニッキ
 スウィートキャロラインと、roadrnner
 チャーミング

 V.ズボナレバ 今年グランドスラムで2度ファイナリスト。
 USオープンでK.クライシュテルスに全く歯が立たなかったが、
 ドーハの予選で雪辱。強くなっているのは確実。

 K.クライシュテルス 彼女だけがグランドスラムで勝っている。
 夫も子供も家に置き、トロフィーをもらいに来たと話す。

 攻撃力ではK.クライシュテルス
 守備力 C.ウォズアニッキ
 サービス力 S.ストーサー
 オールラウンドの力で最近急上昇がV.ズボナレバ。
 ネットプレーも巧みになっている。

 USオープン決勝 K.クライシュテルスがV.ズボナレバに貫録勝ち 
 USオープン準決勝 V.ズボナレバ 対 C.ウォズアニッキ
  http://tsukisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-e684.html
 この時はミス連発でV.ズボナレバの勝利

 過去の年間チャンピオンは誰?
 どんなメンバーがランキング1位だったのだろうか。
 昔の選手がいかにロングライフだったか。
  C.エバート (1975, 1976, 1977, 1980, 1981)
  M.ナブラチロバ(1978, 1979, 1982, 1983, 1984, 1985, 1986)
  S.グラフ(1987, 1988, 1989, 1990, 1993, 1994, 1995, 1996)
  M.セレス(1991, 1992)
  M.ヒンギス(1997, 1999, 2000)
  L.ダベンポート(1998, 2001, 2004, 2005)
  S.ウィリアムス(2002, 2009)
  J.エナン(2003, 2006, 2007)
  J.ヤンコビッチ (2008)
  C.ウォズアニッキ (2010)

 M.シャラポワ、A.イワノビッチが見えないけれど
 最近は浮き沈みが激しいんですね。

 厳しい世の中

 野球用のシステム手帳2011

 テニス365 Q&A 

alt="にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ" />
にほんブログ村


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

テニス徒然草 トッププレーヤー編 ミニテニスが戦場だ

Doha 女子WTA チャンピオンシップ

 トッププレーヤーの試合は面白い。
 グランドスラムの勝ちあがりもスリルがあるが、

 トッププレーヤーが思い切りよくプレーする姿は、
 感動的だ。

 テニスのコーチをやって良かったとつくづく思う。

Kimverascrossrally

 

 チャンピオンシップ公式サイト

 
V.ズボナレバ対K.クライシュテルス 動画 全勝はどちらだ

 6-4 7-5でV.ズボナレバが制する。
 素晴らしい試合だった。
 動画のハイライトをどうぞ。

 準決勝は S.ストーサー対K.クライシュテルス
     V.ズボナレバ対C.ウォズアニッキ だと思う。

 このプレーヤー達の対戦成績は後で紹介する。
 今日はレッスンだが、間に合うように頑張ります。

 二人のフットワークが良かった部分を切り出してみた。

Kimverasuperrun


 強打同士の戦いながら、ベテランの味が見える。
 K.クライシュテルスのテクニック、メンタルはさすがだ。
 V.ズボナレバはM.シャラポワ、E.デメンティエバ、S.クズネトバの陰に隠れていたが、

 基本のしっかりした選手。
 最後の詰めがいつも甘かった。
 試合を見ていると自信なさげだった。

 それが今年になり、一気に実力を発揮。
 ウィリアムス姉妹が怪我で休んでいる間に、
 スルスルと2位に上がってきた。

 アングル、アングルで攻めるK.クライシュテルス
 逆を突かれるも、ワイド、ストレートと振り返すV.ズボナレバ

 この場所って、ミニテニスの場所なんですよね。
Battleonmini


 戦場はミニテニストッププレーヤーでもそう。
 だからミニテニス、軽んずるべからず!

 トッププレーヤーの戦場、
ミニテニスで十分に練習できるんです。
 ミニテニスの効果的な練習法 
 
 ミニテニスをレッスンドリルに組み入れよう
  レッスンドリル 

 テニス365 Q&A

  自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

Pdca

  得意、苦手の分析
  サービス力、リターン力の分析はお任せ。
  説明書もあります。

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法
 

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

ママさん選手 クライシュテルスUSオープン連覇

USオープン情報

興奮のうちにUSオープンもファイナルステージに向かっている。

Kimkids


 女子決勝、  Fire2010


 男子準決勝、

 決勝と立て続けに行われている

 今、R.ナダル、N.ジョコビッチ戦が始まったところだ。


 K.クライシュテルス V.ズボナレバを破って優勝

Uskimcentercourt

 

 wowowのニュース 

 K.クライシュテルスの勝ち上がりのドロー

 データを見よう
 どこを見てもK.クライシュテルスの完勝。

Uskimverastats


 ここまで好調のV.ズボナレバの姿はどこに行ったのか。
 K.クライシュテルスは試合後ベラに
 「あなたは、若いのだから、チャンスはいくらでもあるわよ」 
 と慰められていた。

 
  去年復帰してからUSオープンで優勝
   この時は、若手NO1のC.ウォズアニッキを破る

  V.ウィリアムスは彼女に破れている

 今年は、
 この大会好調を維持していた、A.イワノビッチ
 S.ストーサー
   V.ウィリアムスを撃破しているから本物。
 S.ウィリアムスとの1戦を見たいところだ。

 テニス365 Q&A テニスの質問をどうぞ
  

 シングルス 勝利の法則 

 ソフトテニス作戦ボード 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ATP | D.ポトロ | DVD | Li Na | Na Li | Nike | UNIQLO | UVカット | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | イズナー | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | キッズ | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | ケルバー | ゲーム | コツ | コーチング | コート | ゴルフ | サッカー | サービス | システム | シャラポワ | シューズ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スライス | スーパーショット | セレナ | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダブルス | ツォンガ | ティプサレビッチ | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス肘 | デビスカップ | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ナダル | ニュース | ノート | バックハンド | バブリンカ | バルトリ | パソコン・インターネット | パラレル | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベルディハ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポーチ | マグネットボード | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロディック | ロペス | 上海 | 上達 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 動画 | 勝利 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 土居美咲 | 基本 | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | 携帯 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | 花粉症 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽