ミニテニス

2014年6月19日 (木)

ダブルス 上達のヒント ミニテニスで上手くなる

ダブルス上達の練習法
 もう少しでウィンブルドン、サッカーも明日が日本戦、
 応援しましょう。
Topplayers


 サッカーのフォーメーション、ダブルスと関連性があります。
  スペインに勝ったオランダ、フォーメーションの勝利です。

 サッカー、スペインの敗因。チリ戦
  
 オランダ戦
  

 サッカーワールドカップリンク集 


 大きな大会では、エキジビションで、キッズ、ジュニアを集めて、
 トッププレーヤーが対戦します。
 レッスンもあるし。
ウィンブルドン、シードが発表になりました。


 明日シングルスのドローが発表されます。

 最後の前哨戦が繰りひろげられています。

 この動画、レッスンのヒントが一杯ありました。

 1:ボレーボレーの上手さ。

 2:ダブルスの並行陣、雁行陣でのラリー

 3:子供を入れた、楽しい遊び。

 ダブルス 上達のヒント
Minivovo


  


トッププレーヤーのラリー
 ミニテニスから応用
 ハイライト動画 マレー兄弟のダブルス
 

 ミニテニス、されどミニテニス、
 ダブルスでは特に、ミニテニスのエリアでのせめぎあいになります。
 トッププレーヤーもミニテニスの練習は多い。

 ドロップショットの練習に最高

  ウィンブルドンではドロップショット増えますよ。
 

 ミニテニスを優しいと思っている方いますが、ちゃんとやったら難しいですよ。
 サイドラインにボールを収めるには、ボールのコントロールが必要です。

 ミニテニスの練習バリエーション  

 ミニテニスからポーチ練習。
Minivopoach


 レッスンでミニテニスを活用しよう。タッチ、フィーリングが良くなりますよ。
 レッスンマニュアル  
 
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Bmminivovosidemove


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 調整力が必要なことと、
 相手を良く見て、アングルを使う。そしてセンターが空いたら、しっかり狙えるようにします。

 角度を狙う意識をもちましょう。
 ミニテニスでは、角度をつけると、相手の角度もついてくるのが良く分かります。
 錦織 ナダル戦から 

 ミニテニスでストローク、ボレー、スマッシュ、サービス、レシーブ、全て練習できます。

 出来ないのはハードヒット位。

 ダブルスの名手、ブライアン.ブラザーズのルーマニアンボレードリル

 
錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 お陰様で人気ブログの1,3位です。有り難うございます。

13

 ウィンブルドンですからさらに頑張りますよ。

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年6月15日 (金)

フィーリングを活性化 こんな練習法

ロランギャロで感動して興奮しました。
 テニスやる気になったでしょう。
 ナダルのロランギャロ7勝は凄い記録です。52勝1敗、
 信じられません。
 スポーツの目からナダル見てみました  

 生涯グランドスラムなのに、M.シャラポワは余り気にされていません、
 何故なのかなあ。
 M.シャラポワにも敬意を表して。
 
 トッププレーヤーのWs000019
動きは素晴らしい。

 やることが
 一杯に増えました。
 皆さんそう
 思うでしょう。

 そこで提案、
 テニスをシンプルに
 考えます。

 と言うか、
 あまり考えないように
 しましょう。
 動きを無意識化したいんです。

 日本人は、考えすぎとも言われます。
 左脳を休ませて右脳を活性化? 

 高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD
 [残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]
 僕も使っています。非常に参考になりますよ。

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]


 自分は練習の時に必ず、ミニテニスから始めます。足を動かして、ラケットのタッチだけを
 感じ取るようにしています。

 梅雨時ですから、コートに立てない時は頭を使います。
 コート上では、身体を使う、出来るだけ無意識化ですよ。

 テニスとフィーリング フィーリングを活かそう。
 テニスに限らず、スポーツの上達には、フィーリングが重要です。
 本人なりにおどんな感じで打っているか、そこが重要なんです。

 フォームだけを機にしだすと、肝心の動きや、フィーリングが忘れ去られてしまいます。

 テニス、上達にはすることが一杯あります。
 そう考えていませんか?
 確かに、基本から応用、ダブルス、メンタルタフネス、
 考えたらきりがありません。
 ショットごとの動きの整理も必要だし。

 そんな時に活きて来るのがフィーリング、感じる事なんです。
 ボールを打つ感触、タッチ、そこに集中してみましょう。

Nadalsuperanglevo


 お勧めの練習は、ミニテニス。
 ベースラインからのラリーだと、どうしても考える時間があるので、
 「こうしたい」「あそこを狙って」とか意識が出やすいんです。

 ミニテニスではボールがどんどん来ます。
 ラリーでつながる楽しさもあります。

 ですから感じる事に集中できます。

 それと、リラックス、これが大切

 フィーリングで上達 バックハンド自習法


 慣れたら次はこの段階 

 ただ、どんな場合でも、脚は止めないようにしてください。
 動けば、叶う! のですから。

 今日のミニテニスは、お互いにぜ後に動きます。
 でも一定の距離感を保つので、相手が出てきたら、下がって、
 自分が前に出ながらボレーに入ります、
 自然にそう言ったショットになるでしょうけれど


 金沢八景インドアテニススクールの 松本コーチです。 協力有り難うございます。


 たかがミニテニス、されどミニテニスの発展形

 ミニテニスのボレーボレー 

 ミニテニスの練習ドリルを沢山紹介してある ボール出しマニュアル

Bmminivovosidemove


ボール出しマニュアルDVD

Sayingminitennis


 

本日の御教訓 されどミニテニス
易しい練習でフィーリングを活性化

1:リラックスが基本
2:足を動かして
3:タッチを感じる

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年3月16日 (金)

ストロークの実験 どんなミスが多いか

 ストロークの実験

 M.シャラポワのミニテニスの動画紹介

 順不同になってしまいました。
 先回、ストロークの事件をした時のデータを紹介するのを忘れていました。

 ストローク実験
 知りたい事、調べたい事。
 いかに普段、ストロークの意識が低いか。
 ただ打っている人が多い事か。

 もちろん生徒の中にはクラス分けをしていてもレベル差、意識の差はある。

 平均像を出したかった。
 上達意識の高い人は修正しながら打つ
 ストレス解消の人は、ただ打つだけの人が多い

 第1段階 フォアハンドストロークを自由に打ってもらう

Aim1fs


 第2段階 バックハンドを同じように自由に打ってもらう

 第3段階 コーチとラリー

実験結果
 第1段階 フォアハンドストロークを自由に打ってもらう

案の定、ネットミスが多く、確率は低かった。

Aim2bs


  ボールを打つフィーリングではなく、ボールの落ちた場所の目で確認する人が多い。
  フィーリングを活かしていない。

 第2段階 バックハンドを同じように自由に打ってもらう
  ネットミスがさらに増えた。
  バックに苦手意識もあるが、明らかにタッチが悪い。

 第3段階 コーチとラリー
  ラリーを続けようとの意識からネットミスは減るが、バールがかなり浅い。
  まだ目視で確認する人が多い。

Aim3rally


  打った時のタッチ、フィーリングを活かせると良いのだが。

  タッチ、フィーリングを活かすには、
  プロもやっている、ミニテニスが効果的。

  ストロークの自習法 バックハンドマスター
 

  インナーテニスを参考にして欲しい。

Photo

“60秒メンタルトレーニング”が、遂に一般公開!!

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]


  


 目的を持つと、レベルが上がる。
 しかし次の障害が出て来る。

 ストローク 上達のマニフェスト  

 結論

 最終目的の意識を持って練習することがいかに大事か。


 コーチからの易しいボール出しでストロークを打つ
 生徒には、目的を黙っている。
 いつものレッスンのつもりで打ってもらいたいので。

Sayingstlevelup

 本日の御教訓 練習の目的を持つ
1:ショットは狙う
2:打った時のタッチを大事にする
3:打ったボールを目で追わない


 スポーツ面白動画紹介
 テニス、スキー、サッカーなどなど、楽しめますよ。

 M.シャラポワ 享年インディアンウェールズ 練習風景


新しいテニスノート メモが充実

テニスシステム手帳バイブルサイズ2012

テニスシステム手帳B7サイズ2012

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。


| | コメント (6) | トラックバック (1)

ストロークは深く打て ネットミスが多い訳

 ストロークの実験 どんなミスが多いか?

 ストロークが短くなる訳。

 皆さんどれ位の確率でショットが入りますか?
 調べた事ありますか?

 こんなストロークの実験をしました。

 レベルにもよりますが、以外と続かないものですよ。
 練習の時はボールが何個もありますから、ミスしても次のボールがあるので気付きません。

 テニススクールではコーチがどんどん出してくれるので、
 ますます気付きにくいものです。

 初中級者で、コーチがボール出しをして、調べた事があります。
 伝えたのは、クロスを狙ってください。これだけです。
 一応、フォアに優しいボール出しで、クロスを狙ってもらいました。

 コーチは打ち易いボールを出します。

 生徒は、自分が打つことだけを意識して、打っています。
 すると、まずネットミスが多いですね。
 アウトのミスよりもネットミスが大半です。

Saynetmiss

 上達意識のある方は、2球目3球目で少し高く打って調整してきます。
 でもほとんどの方は、自分の打つことに夢中で、ミスがいかに多いかに気付いていません。

 これがバックになると、ネットミスはもっと増えてきます。

Saypercent


 つなげよう、そんな意識がまだないからですね。
 コーチのボール出しなので、ミスが余り気になっていないのです。


Sayhigh

 つなげる意識を持つには
 ミニテニスのラリーが最高です。

 ミニテニスの練習 

Msminitennis


 M.シャラポワ始め、トッププレーヤーは必ずミニテニスから入ります。


 ミニテニスを多く取り入れた練習法 
Bmminibasic1

 
ボール出しマニュアルDVD

 次にコーチとラリーをします。
 今度はラリーですから、相手のコートに入れようとする意識が働いてきます。

 ですから打ちながら修正する行動が見えます。
 ネットしたら、少し深く。

 この時に、深く打とうと、力を入れる方が多いのですが、
 ボールの弾道を高くする意識が出来ると、回転もかかるし、調整が楽になります。

 アウトしたら浅く、これが上達の一歩ですね。

 ただし、初中級者なので、サービスラインの前に落ちる浅いボールが大半です。

 子の方たちが試合を経験すると、ネットミスが減り、深いボールが行く様になります。

 ネットミスが多い理由は、強くボールを打ち、
 ネットのスレスレを通そうとするからです。
 トップスピンのかけ過ぎもあります

 このの様な経験をすると、最初のボール出しのストロークでネットミスが激減します。

 ストローク上達のヒント 長さグレーディング練習
  ベースライン一杯を狙うためにこんな練習をしましょう。
  1球目:ベースラインをオーバーするボールを打つ
  2球目:サービスライン位に落ちる浅いボールを打つ
  3球目:ベースライン1メートル以内を狙う

 グレーディングの意識を持って練習を。
  角度のグレーディング
Sayingsthint


 

本日の御教訓 目的を持って練習する
1:ネットミスは減らす
2:緩くても深いボールを
3:ラリーの回数を決める

トップスピンマスター 

スライスマスターカード

 トップスピン、スライスセット


「松岡修造氏」などのトップアスリートや、浪速高校をはじめ全国180校の高校野球部、
プロゴルファー達もその効果を実感した!試合で本来の実力を覚醒させる
“60秒メンタルトレーニング”が、遂に一般公開!!

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

ストローク ラリー上達のミニテニス 動画で

ミニテニスだってこれだけ動ける

 ボール出しマニュアルの内容を動画で紹介しています。

 ミニテニスの練習のバリエーションを紹介します。
 その2回目
 先回は、基本的なストローク、前後の動きを紹介しました。

 今回は意識的に相手を左右に動かします。
 二人で一筆書きでラリーを続けます。

Sayinginsideout0310

 この連続ラリーで、4人のただし位置を確認します。
 特にボレーのプレーヤーは前後左右斜めに同時に動きます。

 分からなかったら、とりあえずは下がって、全体を見るようにしましょう。

 前にいるままだと、守備が全く出来なくなります。


 一筆書きラリーって
   上達必死のラリー練習法 月さんのスペシャル練習法.

 動画で確認してください。

 横に動きながら、逆クロスに狙えるようになるとGood.
これが実はボールのコントロールの難しい所です。

 普通に打つと必ず引っ張ってしまいます。

 イチローの流し打ちのイメージで。
 これが上達のコツです。


 慣れないと、クロスに打つ側の人のボールが偉くクロスに行き過ぎるものです。
 それも修正してください。
 必ず慣れますから大丈夫です。

 守って欲しい事があります。
 お互いの了解でコースを振っていますよね。
 次は分かる訳です。
 でも先に動かないでください。
 相手のボールに反応する。
 スプリットステップで反応する癖を覚えて欲しいのです。

 スプリットステップの大切さ  
 次は、お互いにコートを横移動で動きながら打ちます。
 ボールのコントロール、特に逆クロスに打つ良い練習になります。
 これも慣れない方は、ボールを引っ張って打ってしまうので、なかなか横に移動できません。

Ministmove


 ストロークのインサイドアウトの打ち方の良い練習になります。

 一般プレーヤーの方、力が入り過ぎるとインサイドインになり

 引っ張りやすく、クロスに行きやすいものです。
Insideinswing


 このように、普段のラリーでも、必ず打つコースの意識を持ってください、
 良く,「試合中でもラリーの癖で相手に打ってしまう」
 そう悩む方がいらっしゃいます。

 その方も、意識して相手に打たせていたら、
 「次はもう少し遠くに、逆を突いて、」
 と決める事をラリーしながら練習できます。

 コーチをしているから、同じ所に打ってしまう、
 これは言い訳にすぎません。普段の意識の持ち方です。

 今日の御教訓
 1:意識的にコースを決める

 2:相手のボールに反応して動く

 3:逆クロス、インサイドアウトの打ち方を覚える

★☆ レベル別 レッスンドリル例 ☆★
 各レベルごとのレッスンの違いが良く分かる。
 レッスンドリル 初級者編  
 レッスンドリル 中級者編  
 レッスンドリル トーナメントクラス編  

 

ボール出しマニュアルの概略
 テニス365 Q&A ボール出しマニュアル完成

  硬式テニス作戦ボード
  ロブの表示ができる

Lob


  

 ソフトテニス 作戦ボード 
 ソフトテニスの正しい比率のコート図が3画面入り

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Laver Cup | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | P.C.ブスタ | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アンダーソン | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャパロフ | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ビーナス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マクラクラン勉 | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 二宮真琴 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山・勉ペア | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽