教訓

2017年1月23日 (月)

錦織 フェデラーの攻撃に屈する オーストラリアンオープン2017

錦織圭 3年連続ベスト8を逃す。全豪2017
 R.フェデラーの真っ向打合いに敗れる。
 R.フェデラーが、錦織圭得意のベースラインの打合いに挑んだ。
 数年前は、R.フェデラーははるか上の存在。
 しかし今は、錦織圭が5位、R.フェデラーは怪我からの復帰で17位。
 真っ向勝負を受けて立った。

R.フェデラー◎ 6-7(4), 6-4, 6-1, 4-6, 6-3 ×錦織圭
Rfkeiscore

 第1セット、最初にブレークに成功したんは錦織圭、
 楽々ブレークを重ね、リードする。
 しかし粘られ、タイブレークに。この試合の流れが惜しかった。
 今の錦織圭なら一気に押せたはず。
 しかしテニスに「タラ、レバはない」
 ミスを重ねて、ラケットを投げつけた時点で、勝負はあった。

耐えるテニスでR.フェデラー、展開を作ると、一気に勝負。
 サービス力はR.フェデラー
 左右に見事打ち分けていた。 
 
 リターンの上手い錦織圭の読みを見事に外してサービスエース量産。
 一方錦織圭は、R.フェデラーにサービスのコースを読まれていた。
 この差は大きい。
 メンタルでR.フェデラー
 ストローク戦でイーブン。
 錦織圭得意のトップスピンロブ、この処理がR.フェデラーは圧倒的に上手い。

 クールなR.フェデラー、これを一般プレーヤー、ジュニアの選手も見習いたい。
Rfkeimt

 ラケットを投げるシーン、そんな錦織圭は見たくない。
 もっと成熟して欲しい。
 R.フェデラーの、フォアハンド、バックハンドの打ち分けが鋭い。
 先にダウンザライン、フォアの回り込みを使われた。
 錦織圭はカウンターを狙う、一歩国遅れた展開。
 お互いにスーパープレーの連発。
 特にドロップショットからの二人の動きは、世界最高峰の動き。
 見ていても最高に面白かった。
 ベストマッチに数えられるだろう。
 データテニには、ウィナーではるかに多いR.フェデラーが、正攻法的巣を制した感じだ。
 スタッツ比較  
 R.フェデラーのストローク

 R.フェデラーのタッチの良さ  

 R.フェデラーのサービス
 Rfserao


 
錦織圭の良さ。リターンを抑えらるサービスのキレ。
 錦織圭のストロークを抑えられてしまった。
Keibs


 王者の復活が見える。

 ハイライト動画  
 A.マレーもまさかの敗戦、A.ズべレフのお兄さん、ミーシャの攻撃テニスに屈する。
 この兄弟のテニス、面白い。

テニス上達アイテム
 テニス、ソフトテニス作戦ボード
2画面見開き表紙付作戦ボード。

Maglobbirdview

  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 
A5memoc2cbird2


 テニス システム手帳2017 

 テニス システム手帳2017 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
オーストラリアンオープン2017 公式サイト

Wowow で放映されている。

ATP  

WTA

テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

錦織 悔しい敗戦 デミトロフの強打に屈する ブリスベーン2017

錦織、悔しい負け方。G.デミトロフに初敗戦。
 ブリスベーン国際2017.決勝の相手は、M.ラオニッチを破り勝ち上がったG.デミトロフ、
 今年は決意を持って挑んでいいる。
G.デミトロフ◎ 6-2,2-6,6-3 ×錦織圭
Gdkeiscorebb

 真ん中の数字は、ブレーク数と、チャンスの数。
 少しずつG.デミトロフが上回っている。


 試合の内容は面白い展開だった。
 去年一時は40位台までランキングを落とす。
 しかし、元8位は、今年復調の兆しを見せている。
 最初のゲームはG.デミトロフのダウンから始まった。
 サービス力に勝るG.デミトロフ、サービスエースは7本。
効率良く勝ったのがG.デミトロフ。
 サービス力、G.デミトロフ
 攻撃力は錦織圭
 守備力で錦織圭、
 メンタル、体力でも錦織圭が上のはずだが。
 
 G.デミトロフ、驚異の柔軟性、スライダーマン
 
 N.ジョコビッチと同じように、身体が柔らかい。

G.デミトロフの積極的に軍配が上がった。
 粘られると集中力を欠きやすくなるG.デミトロフが最後まで戦い切った。
 逆に錦織圭が最終セット、集中力を失った。

 フルセットにはなっているが、簡単にセットを取り合う淡白な試合に見える。
 内容は、迫力満点の激しいラリー戦。
 サービス力に勝る、G.デミトロフが主導権を握り、
 錦織圭の2ndサービス、ワイドが少し甘くなると、リターンエースを狙われた。
 派手なストローク戦、両者ベースラインから下がらず、打ち合う。
 錦織圭が逃げたセンターのボール、少し甘くなったところを、G.デミトロフの
 逆クロスが決まり始めた。
 予測とフットワークの良い錦織圭が一歩も動けないシーンが多く見られた。
 最近の錦織圭には珍しい事。
コースを読みにくい、G.デミトロフのバックハンド。片手打ちの見事さ。
 攻撃のトップスピン、守備のスライスを打ち分けている。
Gdbs2ways

トップスピンマスター 
スライスマスターカード
 トップスピン、スライスセット


 結果的には、錦織圭は、ドロップショットを使って揺さぶりをかけるべきだ。
 この大会では、S.バブリンカ戦では面白い様にドロップショットが決まった
 

 G.デミトロフはラリーのタイミングが合っていた。
 そして自身ももっと前に出る。これが必要だった。
 第2セット奪って、普段なら調子に乗るところだが、
 第3セット、錦織圭はブレークチャンスが無かった。
 この粘るテニスは、トップ4に入るには重要。
 5回のブレークチャンスで3回成功。
 一方錦織圭は7回のチャンスがあったが、2回しかキープできなかった。
 課題の1stサ-ビスは、良く入っていたが。 試合平均で71%なので安定性はある。

 錦織圭が奪った第2セットは、ウィナーがアンフォーストエラーより2本多かった。
 落とした、第1セットはウィナー6本、アンフォーストエラー11本。
 第3セットもウィナー6本に対してアンフォーストエラー7本。
 サービスのポイント獲得率、
 リターンのポイント獲得率でも、G.デミトロフが良かった。

この両者、ネットプレーでのポイント獲得率が異常に高い。
 G.デミトロフ13/16=81% 錦織圭も13/14で93%。
 普通はR.フェデラーなどのネットプレーの上手い選手でもせいぜい65%。
 錦織圭はS.バブリンカでは100%。

 錦織圭が落とした第3セット。錦織圭はたったの1回しかネットに出ていない。
 これが敗因ではないか?
 確かにパッシングショットは怖いが、チャンスボールは前に出る勇気を相手に示せば、
 大きなプレッシャーとなる。
試合を象徴するG.デミトロフのポイント
①ワイドサービスGdkeinetpass

②錦織圭
 やっと返す
③甘いボールを
叩いて前に
④錦織強烈に
 沈めるパス
⑤やっと返す
⑥フォアの
 回り込み
ウィナー狙い
ハードヒット
⑦待ち構えて
アングルボレー
  勝利のためには、第3セット、10回はネットに詰めて、積極性を示して欲しかった。
 そのために、ブレークチャンスが来なかった。
 錦織圭の試合展開
 錦織圭のネットプレー  

これで行けるかと思いきや、サービス力に勝る、G.デミトロフが最初のセットを奪う。
 流れは、完全にG.デミトロフに。しかし第2セット、
錦織圭がG.デミトロフが勝手にポイントをくれた感じで、奪い返す。
 第3セット、錦織圭が認めるように、G.デミトロフが息を吹き返してきた。

 最終セット、臀部の違和感でトレーナーを呼ぶ錦織圭。
 不吉な予感がするが、オーストラリアンオープンまでは試合をしないので、
 しっかり休養、課題のオーストラリアンオープンに挑んで欲しい。
 ナダルとのダブルスで出場予定のエキビジションマッチを欠場
 
 オーストラリアンオープンに備える。
 ブリスベーンで幸先よく150ポイントゲット。
 オーストラリアンオープンの成績で3位に上がる可能性がある。

G.デミトロフ 錦織圭ファイナルハイライト動画
 

錦織圭がS.バブリンカに勝った試合のハイライト動画
 
 本日の御教訓 試合を支配する
よりアグレッシブに
1:攻める姿勢を見せる
2:ネットプレーを多く
3:ドロップショットで変化を
Saykei


テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを


Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
 ブリスベーン国際、公式サイト  

 Wowow で放映されている。

 ATP  

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017年1月 7日 (土)

錦織 本来の調子を戻す S.バブリンカとセミファイナル

錦織圭、余裕で、セミファイナルへ。ブリスベーン国際
 オーストラリアンオープンを前に、ドーハではA.マレー、N.ジョコビッチが決勝で激突する。
 ここドーハでは、M.ラオニッチがナダルに逆転勝ち。成長ぶりをうかがわせる。
 ナダルも怪我の心配は大丈夫の様だ。
 D.ティエムを破った、G.デミトロフと当る。
錦織圭、オーストラリアの若手、にテニスをさせず。
 J.トンプソンは、錦織圭のプレッシャーに負けて、ダブルフォールトを連発。
 普段はダブルフォールトの少ない選手、かなりのストレスがかかっていたようだ。
 錦織圭はサービス、レシーブも調子が良く。
 テンポ良く試合を作っていった。
錦織圭◎ 6-1,6-1 ×J.トンプソン
Keijtbb3score

1時間で勝利、短時間で勝てたことは大きい。
 1stサ-ビスの確率は56%に上げた。
 1stサ-ビスのポイント獲得率95%、これが大きい。
 2ndサービスでも67%でサービスゲームは盤石。
 オフシーズンの2ndサービス改良の取り組みが、功を奏した。
 相手にブレークポイントを許さなかった。これも大きい。
ストローク戦で、優位に立ち、相手がベースラインから下がったところで、
 得意のドロップショット
 ネットプレーと自由にポイントを奪った。

Keiser3bb

  
 ネットプレーでのポイント獲得率が100%。これは相手への大きなプレッシャーとなる。
ただ課題もある。
ボールがまだ甘い。
 二回戦は1stサ-ビスが入らない、悪い癖。
 
相手に合わせながらテニスを作る錦織圭だが、
決めが甘い。
その後の、M.ラオニッチ、R.ナダル戦のシビアな展開を考えると、
今日のS.バブリンカ戦に課題を感じる。
S.バブリンカも、本調子ではないが、ファイナルの向けて
ドッグファイトが予想される。

錦織圭vs S.バブリンカ 錦織圭の3勝4敗
直近 ATPファイナルラウンドロビンで6-2,6-3錦織圭の勝利。
 
 USオープンセミファイナル 逆転勝ちでS.バブリンカ 4-6,7-5,6-4,6-2。
 S.バブリンカ戦の敗因は?  
 この時の第1セットは良かったが。
 どちらが先に、本来の調子を取り戻すか。
 いずれにしても2ndサービスの出来が重要。
 
 錦織圭の練習ホーム IMGが紹介されている。
 

 錦織圭とニック.ボロテリーテニスアカデミィー
 

 錦織圭が学ぶIMG スポーツ上達の名言集
 

 シングルス勝利の法則 

 ブリスベーン国際、公式サイト  
 Wowow で放映されている。

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

各種スポーツ作戦ボード 各種スポーツに対応しています。
 指導者向け 作戦ボード  
 
 皆さんのダブルス上達に、役立ちます。

 テニス作戦ボードの内容  
 テニスコーチが作る、実用本位。
Bothlobmen


 ロブの表示も可能です。

 ジュニアにはシングルスのコート図が必要です。ジュニア用シングルス作戦ボード


 作戦ボード入りテニスノート 


テニスシステム手帳 2017年
 作戦ボード、マグネット対応も
 正しいコート図、スコア、選手、コーチに使い勝手満点

  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る


 テニス システム手帳2017 

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★

ATP  

WTA

テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

錦織 無念、N.ジョコビッチに完敗 ATPファイナル2016 ベスト4で終わる

錦織 残念な結果に N.ジョコビッチに完敗
 今年6連敗中の元王者、N.ジョコビッチ。
 過去の対戦成績、
 試合予想

 ラウンドロビンのS.バブリンカ戦が理想だが。

 先の準決勝、A.マレーが最長の試合を制して、決勝に進んだ。
 決勝進出が決まった。
 A.マレー、錦織圭戦の試合時間をはるかに超える、3時間38分の最長記録。
 攻撃の速いM.ラオニッチをしてこの時間、
 A.マレーの戦略が見える。

 M.シリッチ戦ではミスが多かったので、集中力を切らさないようにプレーしたいと。
 
 自信を持ってプレーに臨みたいと。
 その集中力を削ぐような、N.ジョコビッチの集中力。
 さすが元王者。
 前の試合もそうだったが、錦織圭が、不調だったN.ジョコビッチの調子を出す役を演じてしまった。
 ロジャーズカップのファイナル  

 ローマのセミファイナル 
 この時は惜しかった。

N.ジョコビッチ◎ 6-1 6-1 ×錦織圭
Nolekeiscore


N.ジョコビッチ対錦織圭、サービスキープが出きず。展開を作れない。
 心配なのが、甘いボールを打ったと、諦めるケースが多い事。
 トッププレーヤーではほぼ決められてしまうのだが、構えている、
 動き出すことで、相手へのプレッシャーとなる。
 それを実践しているのが、A.マレーだ。

Saykei


第2セットも、最初のサービスゲームをブレークされる。
 錦織圭の粘りが感じられない。
 2回目のサービスゲームもブレークされた。
 明らかに焦ってのミス。
 錦織圭もいろいろ出している、変化を加えているが、なかなか展開を自分に持ってこれない。

 序盤は、表情も明るかったが、ミスをするごとに、どんどん暗くなっていく。
 ここだ、この表情が大きな課題となる。
 錦織圭が少し前まで、負ける時に多かった表情だ。
 錦織圭の試合に入り込む、これは素晴らしいのだが、

 もう少し自分を客観的に観れないと,上には進めない。
 ダブルスの例 

Nolekeistats


 

 過去の試合での二人のヒッティングゾーンが出ていたが、
 N.ジョコビッチに中に入りこまれている。
 錦織圭はN.ジョコビッチ戦、2ndサービスでも下がるケースが多いが、
 どうなのだろうか、
 S.バブリンカも下がる。

 錦織圭は意識的に下がってラリー戦に持って行こうとしていたが、
 この戦術がミスだと思う。
ベースラインに入ってこそ、錦織圭の良さ
 
 その分、N.ジョコビッチが前に出て、先に錦織圭を左右に振り易くなる。
 そして体力を消耗させる。
 すると厳しいボールは追わなくなる。
 テニスはゾーンの戦い。R.フェデラー、錦織圭選手が良い例
 

 N.ジョコビッチは試合後のインタビューで、「思ったことが全て出来た。
 ケイは疲れていたように見える。」と慰めの言葉を残していた。この余裕
 来シーズンに期待したい。

残念な結果に終わったが、
 敗因は、サービス力とここぞでの心の弱さ。
 その結果が、追い込まれた時にボールを追わない錦織圭がいた、

 前なら、どチャンスボールでも、動かないふりをして、いきなり動いたり、
 最後まで反応していた。

 それがロブをアウトと先に判断して追わずに、慌ててミス。
 逆を突かれた時に、追わない。
 A.マレーにはそれで逆襲され、M.シリッチ戦では多かった。
 確かにトッププレーヤーでは、相手はほぼ決めに来る。
 しかし動けば、相手はさらにきわどく狙おうとするし、
 次のチャンスボールで、狙いミスをする要因になる。
 コーチのM.チャンは、それで勝ち残ってきた選手なのだから。

 これは一般プレーヤーの試合では、特に最後まで追う事は重要だ。
 ミスがかなり相手には増える要因となる。

相手に戦う姿勢を見せ続ける事が重要で、
 それが次の試合につながる。
 試合、スポーツ、諦めない  

 錦織圭の戦意喪失にはがっかりした。
 テニスはメンタルな戦いなのだから

テニス上達グッズ
テニス2画面マグネット作戦ボード

ソフトテニス作戦ボード大型B4サイズ、見開き2画面

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付
B7tennis2magstaffall


 ダブルス、フォーメーションBook

 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK on lineATPファイナル
 今日から、錦織圭の特集番組があります。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

キリオスの魅力爆発 楽天オープン 決勝 ゴファン戦

楽天オープンはN.キリオスがD.ゴファンを振り切る
 破壊力のキリオス対鉄壁のデフェンス力 ゴファン。興味ある対戦が続く。
 テニスって面白い。
 天才の魅力を引き出したのは、超堅実なゴファンの質実剛健なテニスだ。 
 錦織圭戦より
 あのM.シリッチをデフェンス一辺倒に押し込んだ。

 見た目かはGoffinreraku

 きゃしゃな
 身体に見えるが、
 軸が安定、
 フットワークが凄い。


 準決勝では、尊敬してやまない、G.モンフィルズの鉄壁の防御を打ち抜いたキリオス。
 非常に面白い試合だった。
楽天オープンの決勝。
 錦織圭はいなくても、超満員。テニスファンが増えている。

N.キリオス◎ 4-6,6-3,7-5 × D.ゴファン
 攻撃力とセンスのキリオス、一方、超堅実なプレーを見せる、ゴファンの面白い試合。
 キリオスは豪傑伝説が多いが、攻撃力で、R.フェデラーを破った時は感心した。
 
 マドリッドオープンで下に動画を紹介する。

ゴファンは、デビスカップでベルギーを一人で決勝まで導いたプレーヤー。
 優勝したイギリスに敗れたが、A.マレーとの試合も面白かった
 二人とも凡ミスが少ないから、ラリーが続く続く。
 
 真面目なゴファンの攻めを読み逆襲する、キリオス。
 いきなり打つショット、手打ちに見えるが、これも天才ならではのショット。

 テニスのベース、サービス力、破壊力が凄い。
キリオスのサービスKrygiosser


 静寂の
 トロフィーポーズ

 ここから動く。
 テンポがいい
 躊躇せず。
 あっけらかんと振り抜く

 しかし、しっかり
 全身運動
 運動連鎖を使っている。

勝敗を分けたのは、アンフォーストエラーとウイナー安定指数。

第1セットは、ゴファンのペース。
 ゴファン:ウィナー 15本 アンフォーストエラー9本で +6本
 キリオス:ウィナー8本 アンフォーストエラー8本で、±0
Nkdg1setstats


しかし、第2セット、キリオスが堰を切ったかのように攻め始める。
 ゴファン:ウィナー9本 アンフォーストエラー7本で +2本 ミスを抑えているのが凄い。
 キリオス:ウィナー15本と7本アップ  アンフォーストエラーを5本に抑えたのが凄い。
Nkdg2setstats


 これが良く入る。

 面白い資料が紹介されていた。二人のヒッティングゾーン比べたもの。
 どのポジションで打つかが一目瞭然。
 お互いにバックを狙っていることが分かる。
Nkdgposition

 
 どのポジションで打つかを知るのにシステム5がある。
 一般プレーヤーの方も、ポジションの意識を持つと、強くなれる。
 
 前で打つ攻撃的テニスが主流だが、
 G.モンフィルズ、
 R.ナダルは、下がって守備を固めてから攻め上がる。
 この中でキリオスは前目に動いている。
 と言うか、後ろに下がらない、攻撃的姿勢を崩さない作戦だ。
 感心したのは、ゴファンのポジショニング
 キリオスと比べると後ろ目に見えるが、縦横無尽、前に入ることも多い。
 攻める時はキリオスよりも入っていることが分かる
 後ろにも下がっている。
 スーパーショットの連続だ。

キリオスのサービスはスーパーショットとも言える
 220キロ台がコンスタント、
 2ndサービスでもダブルフォールトを恐れず200キロ打で打って来る。
 フラットも凄いが、Ser2course

 左サイド、
 ワイドの
 キックサービスと、
 センターへの
 フラットサーブ
 これを打ち分けられたら、
 トッププレーヤーでもきつい。
 左右6メートルも動かされることになる。
 このサービスに良く食らいつくのが錦織圭。
 キリオスも錦織圭を尊敬している

 
本日の御教訓 キリオスの魅力
 奇想天外な発想の原点
 1;テニスを楽しむ
 2:自分の乗せ方が上手い
 3:ミスを恐れない


テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを


Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 男子シングルス、錦織の試合が良く分かるリンク集 ★☆★
上海オープン 公式サイト 
 残念ながら錦織圭は欠場、次に備える。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

wowow on line

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

テニスの楽しさ再確認 二人の天才、キリオス、モンフィルズ

テニスの面白さ堪能。楽天オープン準決勝 キリオス対G.モンフィルズ
 サッカー、ワールドカップ予選、オーストラリアと引き分け。
 マア、アウェイだから勝ち点1で、良しと。
 もちろん修正点多有り

プロ野球、クライマックスシリーズ、横浜頑張った

 楽天オープン 準決勝 テニスってこんなことが出来るんだ、
 そんなことを見せてくれる二人。
 相手が良いと、お互いの良さをどんどん引き出させてくれる。

Nkvsmonfis


 特に、キリオスは調子が、乗る、乗らないがある。気分やの天才。
 キリオスの調子を出させてくれる選手が必要だ。
 常に、「テニスを楽しみたいと語っている。」
 テニスの本当に原点ですね。
 だからエキビジションマッチのIPTLが大好き。お祭り気分が好き。

Fshiimp

 この打点の高さ、見てください。
 インパクトはラケット面は垂直。
 キリオス ストローク進化論


 

キリオスの強さの系譜。
 R.ナダルを初めて破った時
 2014 ウィンブルドン 

R.フェデラーを破った  2015マドリッド  
錦織圭はキリオスを完封中


 楽天オープン、G.モンフィルズの勝ち上りがスリリング

 長身ビッグサーバーのI.カルロビッチと対戦。
 G.モンフィルズ◎ 7-6(6),7-6(6) ×I.カルロビッチ
 2個のタイブレークの大激戦。
 G.モンフィルズ、この守備のポジション見てください。
Gmreposiivo

 こんなに下がって大丈夫なのは、R.ナダルとG.モンフィルズの二人だけ。
 フットワークがあるから。
Monfisrepositionraku

 天才G.モンフィルズ
 ナダルを破った、G.モンフィルズ 

キリオス、G.モンフィルズ、二人の天才が、スリリングでダイナミックなテニスを見せてくれた。
 テレビでも面白かったのだから、有明の人には最高だったでしょう。
 クラッチショットから、ドロップショット、トップスピンロブと
 スーパーショットが何気なく続く凄さ。
 守備を固めてから、一気に攻撃に移る、G.モンフィルズ。

 急に攻め込む、キリオス、相手は読めませんね。

 N.キリオス◎ 6-4,6-4 ×G.モンフィルズ
試合スタッツ

キリオス対G.モンフィルズ ホットショット動画
 今年のスーパーショットに選ばれること確実。
 

本日の御教訓 テニスって超楽しい
相手が強い自分を引き出す
1:相手の戦略を読む
2:数手先を読む
3:ナイスショットには拍手

Say


一般プレーヤーの皆さんにアドバイス。
 練習前は入念なストレッティング

 終わったらクールダウン

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmserrepattern4svrd


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


 作戦ボード入りテニスノート 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 男子シングルス、錦織の試合が良く分かるリンク集 ★☆★
上海オープン 公式サイト 
 残念ながら錦織圭は欠場、次に備える。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

wowow on line

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年9月 4日 (日)

大坂なおみ 悔しい キーズに振り切られる USオープン2016

女子シングルス3回戦,アメリカ期待の第8シードM.キーズ。
 今回も強気のテニスで、逆転勝ちをしている。
 本当に惜しかった。第3セットは5-1からまくられた。
 大坂なおみこのM・キーズに5-7, 6-4, 6-7 (3-7)のフルセットで敗れ、
 四大大会初のベスト16進出を逃した。

Keysosakascore


 テニス、データ処理の面白さ

 キーズのサービスのコース、データがここまで細かくなった。
Keyssercourse

 これは効率の良かった、キーズのネットポイントの取り方。
Keysnetpoint


 

2016グランドスラムは全豪オープン、シードのスベトリナを破る
 
 V.アザレンカに惜敗。
全仏オープンでも3回戦進出。
 ハレプに惜しい負け方。  
ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は怪我で欠場した。
 グランドスラムでの実績は十分。しかもシードと互角以上の戦いをしてる。

まだ若干18才、チャンスはこれから。
 気になる点が2つ。
 サービスは最速だが、サービスエースは少ない。
  相手にコースを読まれている。
 ダブルフォールトの多さがサービスエースを帳消しに。
Osakaserkeys


 先に攻められると弱い。 この2点の克服が重要だ。

 ビッグサーバーの条件は、サービスエースマイナス、ダブルフォールトが男子では2桁。
 女子でもプラス5以上。

 あっけらかんとしたテニスが魅力だが、さすがに、最終セット5-1からまくられ、
 タイブレークに持ち込まれた時は、自分自身に腹を立てていた。
 それまで決まっていた、フォアのクロスのウィナーが、ほんの少しのアウト。
 力が入ってしまい、ボールに回転がかからなかった。

 最後まで攻め続けた、キーズの攻撃力をほめたい。
Keysbswinner

 マッチポイントで攻め切るストローク力。大きな自信になる。

トップスピンマスター 

 勝利の法則シングルス

 サービスの速さ、大坂なおみは192kmを記録すれば、
 キーズは190㎞、ほぼ互角。
 大坂なおみは、攻められた時に、ボールを追う姿勢が無くなり、相手に簡単にウィナーを奪われてしまう。

 ボールを追えば、次のポイントで相手はもう少し難しいところを狙わざるを得なくなる。
 するとそれがミスをさせるのだから。
 ボールを最後まで追う、  これは、特に一般プレーヤーが見習ってほしいところ。

 それは奈良くるみと組んだダブルスにも出ていた。
  第一シードのフランスペアに3-6,3-6で敗れたが、
ダブルスをすることで、戦略、戦術を覚えるし
 大坂選手、アプローチショットを使って前に詰めていた。
 これは役立つ。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」


テニス上達アイテム
 テニスグッズの概要
 戦略、戦術、そしてダブルスの奥義を学べる。レッスン、ボール出しマニュアル。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
新しい感覚のレッスン、グレーディング 練習
 バックハンドの練習、お任せください、ドリルが豊富ですよ。
 テニス、ソフトテニス作戦ボード
Allstaffscorebird


 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。

 スコア便利ですよ。試合に強くなりたいのであれば。

★☆★ USオープン2016が良く分かるリンク集 ★☆★
 wowow on line

 USオープン 

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

錦織 鬼門の初戦突破 快勝も、一部の修正点 USオープン2016

錦織圭、トラウマ吹き飛ばす。USオープン2回戦へ。
今年のUSオープン、王者、女王がやや不安、と言っても強いが。
 N.ジョコビッチも、1セット落としたり、トレーナーを読んだり、本調子ではない。
 波乱含みが予想される今年のUSオープン。

 男子上位、予想
 錦織圭がどこまで絡めるか。

 錦織圭、初戦突破。これで弾みをつけたい。
 トラウマになっていたはずのUSオープン、初戦の悪夢
 
 2015、悪夢の初戦敗退。そこから歯車が狂った。

それを吹き飛ばす、快勝とは行かなかったが、自身のテニスに自信を持った。

USオープン、上位の予想
  

トロントでの決勝進出、S.バブリンカを破る

 決勝ではN.ジョコビッチに敗れた が、大きな自信になる。
  
リオでの銅メダルでナダルを破ったこと が大きな自信につながっている。

錦織圭◎ 6-1,6-1,3-6,6-3 × B.ベッカー
Keibbscore

  
 第3セット、簡単に落したことの反省も忘れない。
 今年節目の30勝を挙げる事が出来た。 30勝9敗。
 これはATPファイナル出場へ、大事な事だ。
  Race to London 

 しっかりとフットワークで勝利した。
Keifworkus


 

 第1セット、第2セットと相手にスキを許さない展開。
 しかし第3セット、一瞬のスキを突かれて、1チャンスを活かされてしまった。
 ここは大きな反省点。
 この時はリターンのポイント獲得率が下がった。
 リターンの得意な錦織圭
 このリターンの良さが、相手へのプレッシャーとなり、B.ベッカーのダブルフォールト10を誘っている。

 全体的に1stサ-ビスの確率が低く50%台。
 1stサ-ビスのポイント獲得率も80%に上げる必要がある。
 錦織圭の勝ち上がるための懸案。1stサ-ビスの確率を上げる。
  1stサ-ビスが良かったシンシナティ
 2ndサービスのポイント獲得率の高さで帳尻は保っているが。

 サービスが好調の時は、右サイド、ワイドのスライスサービスが有効だが、
 
 それでもセンターセオリー、困った時のボディ狙いで、ポイントを稼ぐあたりは立派。
  シングルス、だからセンターセオリー
  何故、シングルスでセンターセオリーか、分かり易く解説。

Keibbsercource


 ネットプレーでのポイントが多かった事は良かった。
 積極的に攻める姿勢を見せる事が出来る。
 ネットプレーの得意な錦織圭

 要所でのドロップショットも出た。これが出るのは勝っている時。
 錦織圭、必殺のドロップショット

全体のスタッツ
Keibbstats

 
これで錦織圭は、2回戦をロシアの新鋭、K.カラチャノフと対戦する。
 見どころ満載。198㎝の長身、急成長の新人だ。
 1回戦、イタリアの、T.ファビアーノをフルセットで下している。

 奈良くるみも,大坂なおみに続き、初戦を突破した。6-0,7-5  S.フェーゲレ
 
 次の相手は、クロアチアのKonjuh  92位の19才。

本日の御教訓 勝って兜の緒を締めよ
 油断禁物
1:流れをつかんだら離さない
2;勝っている時はそのままのリズムで
3:サービスキープに集中!


錦織圭を育てた指導。
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」


テニス上達アイテム
 テニスグッズの概要
 戦略、戦術、そしてダブルスの奥義を学べる。レッスン、ボール出しマニュアル。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
新しい感覚のレッスン、グレーディング 練習
 バックハンドの練習、お任せください、ドリルが豊富ですよ。
 テニス、ソフトテニス作戦ボード
Allstaffscorebird


 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。

 スコア便利ですよ。試合に強くなりたいのであれば。

★☆★ USオープン2016が良く分かるリンク集 ★☆★
 wowow on line

 USオープン 

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

USオープン2016から テニスは心のスポーツだ 大坂逆転勝ち、土居、西岡敗れる

テニスは心が支える 日本3選手の心境。
日本選手が3人出場した。
 今日の3試合の予想 
 土居美咲、大坂なおみ、西岡良仁。

 テニスが改めて心の戦いであることが良く分かった結果だ。
 テニスはラリーポイント、
 ポイントの大半をミスが占める。一般プレーヤーならなおさらの事。

 ミスは誰でもするが、問題はその次の持って行き方だ。
 失点はどうにもならない
 だから次にどの様に集中力を取り戻せるかが大事だ。
 そんなことは、誰でも百も承知、でも忘れるのが試合の時だ。

 
 トッププレーヤーでもコーチをつける。心のよりどころが欲しいのだ。

勝ち上がれたのは、逆転勝ちをした、大坂なおみ。シードを破った。
 30シードだった、土居美咲は精彩なく破れ、
 西岡は、食らいついたが、シードの壁、
 ビッグサーバーの壁は厚かった。
 日本選手予想 女子シングルス 

 日本選手男子 

C・ウィットフェフト◎ 6-4,6-1  × 土居美咲
第2セット、先にブレークして、復調の兆しを見せたが、
 6ゲーム連取された。
 攻める意識が強過ぎ、アンフォーストエラーを増やしてしまった。

Usmt

 プラス思考で考えるのであれば、
 これで女子ダブルスに集中できる!
 リオで第2シード、今回USオープン、第1シードを破る快挙
 
 次の試合に集中して欲しい。
Saybecoolmt


大坂なおみ◎ 6-7 (4-7), 6-3, 6-4 C・バンデウェイ 28シード
ど派手な打ち合いを制した。あっけらかんと制した、強さがあった。
 大坂なおみ打ち合いの強さ。

Us


23シード K.アンダーソン◎ 6-3,7-5,6-4  ×西岡良仁
 相手は長身のビッグサーバー、今年前半は不調だったが、USオープンの前哨戦位から調子を上げてきた。
 西岡も食らいついたが、
 ミスすると、ふてくされるような、態度が目についた。
 ラケットを放り投げるシーンも2度。
 ラケットを投げるとどうなるか? 

 トッププレーヤーたる自覚を持ってプレーしてもらいたい。
 ジュニアの選手もたくさん観戦している。
 良いマナーを見せて欲しい。
 ポイントを取られても前向きに。
 プロは若い選手の見本であって欲しい。

フォアの良いショットを持っているのだから。
Usfs


 粘るのが西岡の信条、その選手がふてくされてどうやって勝つのか。
心の強さ、もう一度勉強して欲しい。
 心を強くする
 冷静なら粘りのショットも活きる。
ジュニアのマナー

 心.技.体、そして感情の揺れが、全てに作用する。だから冷静に。
 感情の抑え方。上手く開放し、コントロール。これが難しい。

Mtoghnessbusiness


 今日はこの後、グランドスラムならではの統計、スタッツの見方を紹介します。
 大坂選手、西岡選手のデータも合わせて紹介します。
 USオープンがより楽しくなります。乞う! ご期待!!

本日の御教訓 テニスは心のスポーツだ
 心静かに客観的に
 1:怒りは負け
 2:ジャッジに不満を持たない
 3:ミスは忘れる

 サースポーの粘りの真骨頂を見せて欲しい。グランドスラム、コートサーフェイス

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」


テニス上達アイテム
 テニスグッズの概要
 戦略、戦術、そしてダブルスの奥義を学べる。レッスン、ボール出しマニュアル。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 メンタル.タフネスの方法、硬式テニス、ソフトテニスに分けて紹介しています。

Bmpdfindex


 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。

 スコア便利ですよ。試合に強くなりたいのであれば。

★☆★ USオープン2016が良く分かるリンク集 ★☆★
 wowow on line

 USオープン 

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月21日 (日)

金メダルのバドミンドン 高松ペア ダブルスを学ぶ 勝負のキモ

オリンピック バドミントン 女子ダブルス、奇跡の逆転優勝。
 バドミントン世界ペアに学ぶ、ダブルスの勝ち方。
 高松ペア、格好良かった。
 朝日新聞のニュースから抜粋。
 レスリング女子で、逆転勝ちが続いた。  
 それをテレビで見ていた、高・松ペアは「自分達も出来る!」と思ったそうだ。

 最後に5連続ポイントを取るのは実力があるからだが。
 そこには、自分達のプレーをしよう、
 詰めの段階は自分達の方が強い。  そんな自信があった。
 スポーツの勝利に基本は、自分を信じる事
 
 もちろん諦めない気持ちは、基本中の基本。
 Never Give Up
Saynevergiveup


 最後の数本は。決めた高橋ですら。覚えていないそうだ。
 400メートルリレーのケンブリッジ・飛鳥、しかり、
 良い時の選手は、ゾーンに入る

テニスとバドミントンは異なるスポーツだが、参考になる部分は多い。
同じ要素
 ネットを挟んだ、対人型競技  形状は異なるが、ボール、シャトルのラリーでゲームは進行する。

 
違いを整理しておこう。
 バドミントンは、弾み話、ボレーボレー選手の様なもの
 シャトルとボールの違い。
 コートの大きさ。
 サービス権の移動。
 テニスはサービスの打ち方自由。バドミントンはラケットを下から。
  これはサービスで攻撃することは難しい事を意味する。
 特に大きな差は、バドミントンは、1セットまではポイントの積み重ね。21点先取。
 テニスではゲームで一度流れが切れる。0-15-30-40。
 集中力の持続時間が異なる。
1

 まず知っておかなければならないのが、バドミントンの、シャトルの飛び方の特性。
 そして初速が300キロを越す速さ。とは言え、必ず減速する。
 世界最速では初速400キロを越えるそうだ。
 ギネス記録ではなんと493kmだそうだ。   落ち着いて減速したところをさば変えるかどうかが、勝負の分かれ道になる。
 トッププレーヤーでは300キロを越えると.

 テニスではサービスでビッグサーバーは220キロ。

 このサイトに、各スポーツの速さの記録がある。 

バドミントン、シャトルコックの減速構造の研究 
 シャトルの飛び方が不規則、だからテクニカル。 

 しかし初速が早くても、減速も大きく、手元に来るときには60km 位になっている事が多い。
 従って、ネット近くのスマッシュで速過ぎて反応出来ないが、
 後方からのスマッシュ、は十分の反応出来る。
 この点は、テニスのグラウンドスマッシュ、と通常のスマッシュとの違いに似ている。
 サービスライン付近のノーバウンドのスマッシュは、相手に反応時間を与えないので、ノータッチになるが、
 グラウンドスマッシュでは、後方からで、相手が反応時間が出来る。

 テニスのショットもボールが弾めば減速する。慌てなくて大丈夫。
 

 凡ミス、特にネットミスは大きい。
  最近良くなった西岡の守備力。 
 大きなミスは大丈夫、
 振り抜く事で入る。   特にジュニアの指導では大きく振り抜かせることが大事
 

 入れに行くと失敗しやすい

テニスにも役立つ、ダブルスの動き。ポイントがあるので紹介したい。
 バドミントンは、ポイントを取るとサービス権が来る。バレーと同じラリーポイント。
 取り続ければ、ポイントが連続する。
 しかし、テニスと違い、バドミントンは、サービス側優位とは限らない。
 デンマークペアは長身。二人とも身長が180㎝前後あり、手足が長い。
 日本ペアのロングサービスを一発でスマッシュを決める怖さもある。

 バドミントンでは難しいが、サービスの作戦が重要。

日本ペアは16-19から連続5ポイントで勝利した。
 バレーボールと同じで、Badpoint

 サービス側が
 連続ポイント
 するのは難しい。

 序盤は1ポイントずつ
 交互にポイント
 静かに流れる。
 2ポイント
 連取で
 試合が動く。

 3ポイント 
 連取は、
 相手を
 焦らせ、
 意欲を削ぐ
 無理をさせることになる
 野球の
 様な
 満塁ホームラン
 はない
 ポイント は
 1点の積み重ね。

 しかも攻撃的なスマッシュで2本連取、
 これは相手にプレッシャーを与える。

 相手が守りに入ったのを見て、センター攻撃でミスを誘った。
 積極的に攻める気持ちが勝利を呼んだ。

 しかし勝利するには、連続ポイントが必要だ。
  勝利の法則ダブルス

 日本ペアは連続ポイントを7回、デンマークペアは4回。
 これが大きい。

 連続ポイントが必要と言う事は、相手に連続ポイントさせないことが重要となる。
 テニスで勝利の重要な戦略、連続ポイントをとる  


テニス勝利の法則 戦略を持て  
 自分の作戦3つ、それをペア分かる事。それがペアリング
 何となく、
 臨機応変では勝てない。
Sayingnadalnovacmomentum


 相手のすることを分析、対応策を持っておく。
対人ネット競技 勝利の法則
 連続ポイントが重要
 1:凡ミスを減らす
 2:連続ポイントを狙う
 3:ポイントミスしたら、切り替えを

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」


テニス上達アイテム
 テニスグッズの概要

 作戦ボードの注文制作
 バドミントン用作りますよ。 ネット立体で作りたいですね。
 戦略、戦術、そしてダブルスの奥義を学べる。レッスン、ボール出しマニュアル。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
新しい感覚のレッスン、グレーディング 練習
 バックハンドの練習、お任せください、ドリルが豊富ですよ。
 テニス、ソフトテニス作戦ボード

ソフトテニス用、陣形、フォーメーション完璧マスター 
Dbforbooktitle1


硬式テニス用、ダブルス・フォーメーションBook


 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。

 スコア便利ですよ。試合に強くなりたいのであれば。

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


★☆★ USオープン2016が良く分かるリンク集 ★☆★
 USオープン 

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽