コツ

2012年12月 4日 (火)

自宅でできる ボレー上達法 ラケッティング 中級編

ラケッティング 上達法 中級編
 テニス、トッププレーヤーのスーパーショットから、
 どうやって自分のレベルアップにつなげるかには話を移しています。
 どんなショットにも適した練習法があります。
 ラケッティングはいつでもどこでもできる、勝手気ままな練習法なんです。
 ラケッティングの基本
 ボールをラケットで遊ぶ 基本ラケッティング
 
 ワンマンボレー

 テニス愛好家の方、ストロークは大好きだけれど 
 ボレーはイマイチ、そんな方が多いですね。

 その理由は簡単です。
 ストローク練習が好きで、好きなことから始める。
 最初はそれでいいんです。
 でも慣れたら、少しずつ、苦手を無くす工夫をしましょう。
 ボレーが苦手なのは、慣れていない事。
 練習時間が圧倒的に少ない事。
 ボレーの正しいグリップ、薄いグリップに慣れていないせいです。

 テニス上達の練習法の工夫
 ボレー上達にはボレーの時間を増やす。

Saytspinvsdrop


 遊びのテニスなら良いのですが、試合を考えたら、
 ダブルスでの事を考えたら、ボレーの重要度は増します。
 ダブルスはボレーがポイント源
 それはソフトテニスも同じなんですよ。

 ボール出しマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、250ページの大作です。
ボール出しマニュアル ドリル選210 冊子版

Bmvoposition

ボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 それらを一気に解消するのが、今日紹介するワンマンボレーです。
 上達しますよ。

 ラケッティングで、ボレーのスライス感覚をマスターしよう。
 ラケッティングの良い点は、いつでも一人で練習できる事。
 しかもテニスで重要な、タッチフィーリングを確認できます。

 今回紹介する、ボレーのラケッティング、
 ワンマンボレー、その名の通り、自分でボレーをします。

 フォアバック、交互に。
 グリップはフォアバック同じですよ。


 それで、自分の前をボールが山なりに動きます。
 その山の下を、ラケットが先に動いて、ボレーの準備です。

 ボレーは、ラケット面で、相手のボールに合わせるのが原点ですから。

Racketingonemanvo


 一番基本のボール突きのラケッティングのインパクトを感じてください。

 スライス回転、ラケット面がボールの下に入り込みます。
 それでボールを上に押し出す感覚。

 ボレーはスライス感覚 
  フェデラーに学ぶ

 両手打ちのスライス 上達法 クルム伊達に学ぶ
  

 慣れていない方は、
 最初はフォアだけで、打ったら、ボールを手で取りましょう。
 これを数回やったら、次にワンマンボレーでやってみましょう。
 数回から、10回へと回数が伸びるのが分かると、より楽しくなりますよ。

Sayingrackrtingvofeeling


本日の御教訓 ボレー上達
ラケッティングで確認
 1:面で合わせる
 2:タッチ
 3:スライス面


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2012年12月 3日 (月)

ラケッティングでマスター 背面ショット 動画で紹介

 テニス上達のヒント ラケッティングの勧め

  先回のスーパーショット、背面ショット、ご覧になりましたか?
 「エッツ、あんなショット、」
 プロだから出来る、そう思っていませんか?
 皆さんだって、練習すれば、それらしきものが出来ます。
 2012 今年のスーパーショットNO1 背面ショット

 マンスール,バーラミのトリッキーショットも凄いでしょう。
Bahramibacksmash


 実はこの背面ショット、ボレーの正しいグリップが出来ないと難しいのです。 
 ボレーの正しいグリップ


 サーカスショットの王者なら、N.ジョコビッチですが。
 ハードコートでスライディング 

 N.ジョコビッチのいろいろハッピー動画 

 トッププレーヤーはどうして、難しそうな事を簡単にやってのけれるのでしょうか?
 ラケットワーク、ラケットの使い勝手。
 その基本がラケッティングです。
 今日はお約束通り、背面ショットのラケッティングを紹介します。


 
 上級者編のRacketingbacksidevo

 ラケッティングですが、
 初級編から
 少しずつ練習すれば、
 30日位で
 出来るようになります。

 ラケッティングの素晴らしさ。
 僕はテニスを
 始めたのが
 30歳過ぎ。
 凄く遅いです。

 それでどうやったら、
 早く上達できるか
 考えました。
 練習コートもないし、
 テニススクールに行くお
 金がもったいない。

 なんてが言えませんが。


 ラケッティングの基本 はこの動画で

 一番ベーシックなラケッティング  
 
 ラケッティングの最初 ラケッティングとテニスレベルの相関関係

Racketingrelation


 ラケッティングとテニスのレベルって相関関係にあります。
 特にソフトタッチ ですね。
 と言う事は。

 ボール出しマニュアルDVD版にもラケッティング上達法の抜粋を入れました。

 ボール出しマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、250ページの大作です。
ボール出しマニュアル ドリル選210 冊子版
ボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版

Bmpsamplegrading


ソフトテニスボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

ストローク 実力アップ トップスピンの打ち方 バックハンド

テニス フィーリングを活かそう
 トップスピンを覚えよう。

 WTAチャンピオンシップファイナル


 面白いですね。
 選手層ががらりと変わりました。
 特徴的な選手達です。

 でも基本は同じ。
 P.クビトバ選手 安定した軸を持っています。

 V.アゼレンカ選手、何なによりも闘争心が強い、心の選手です。

 V.ズボナレバ選手、試合を組み立てる、戦略家。

 そして今回のS.ストーサー選手

Ttechtopspinss


 S.ストーサー選手のバックハンドを例にトップスピンの打ち方を考えましょう。

 S.ストーサー選手は、ダブルスから出発して、シングルスに転向した珍しい選手

 ですからサービス力、ボールのコントロール力があります。
 そして判断力の速さですね。
 シングルスに比べるとダブルスはクイックネスが重要ですから。

 相手が打った時に、自分はトップスピンで攻撃するか、
 スライスで展開を待つか判断します。

 トップスピンを打つと決めたら、準備は早めです。

 打点に入るタイミングを合わせて、テイクバック
 テイクバックの時にラケット面が下を向いている事に注意。

 こうしないと、効果的なトップスピンがかかりません。

 そして大事なのはインパクトに向けててラケットヘッドを走らせ、
急加速する事。

もちろん打点は前です。

一般プレーヤーのミスで多いのが、
1:打点が後ろ
2:急加速が少ない
3:インパクトでラケット面がぶれる

その原因のほとんどが、準備が遅い事です。
 では準備を速くするにはどうすれば良いでしょうか。

 そこで

Sayingtspinss

 本日の御教訓 トップスピンを打つために
 早め、早めの準備

  1:相手が打ったらスプリットステップ
  2:テイクバックでラケット面は下
  3:インパクトに向けて急加速

 トップスピンと言えば
 R.フェデラーのトップスピン
  
 R.ナダルのエッグボール
 
 N.ジョコビッチのソフトテニストップスピン

 テニス部活応援キット

Tenniswblob


 杉山愛選手の公認コーチが
 スピード&回転のあるストロークを初めて公開!!
 爆発的に売れた第1作
新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾

 1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2011年7月19日 (火)

ボレー上達 小さなコツ フットワークはドンタコス

ダブルス ボレー上達のフィーリング

 なでしこ0nadesiko_2


 Japan 

 凱旋

 日本に勇気と元気をくれました。
 なでしこJapan優勝までの動画、全てのデータがここに

 ワールドカップのオールスターに日本人が4人
 沢はゴールデンボールとゴールデンブーツ賞、得点王、MVP

 ボレーのフィーリングは

  ドンタコス1


  花笠音頭

 この比喩分かりますか。

 自分はレッスンで

 ボレーを教える時に
 フットワークはドンタコス
  
 懐かしいCMの動画です。ボレーに最高

  スプリットステップをしてステップイン
  上体を捻ればボレー完成です。

 腕の動きは花笠音頭と言います。これは次に


 先日読者の方から質問を頂きました。
 テニススクールのコーチが、「ボレーはオープンスタンスで打て」と
 「ステップインしなくて良いのですか?」

 このコーチはテニス雑誌を読んで、
 最新ボレーはオープンスタンスで打て、
 そんな記事を読んだのでしょう。

 決して間違ってはいませんが、
 オープンスタンスで打つボレーそれは
 トッププレーヤーが間に合わない時にやる事。

 それを一般プレーヤーがやっていると、
 全てのボレーを動かずに打つ不精なボレーになってしまいます。

Lcvosvo3wb

 ストロークも同じなのですが、
 トッププレーヤーの試合ではお互いに厳しいところに打ちます。
 ですからストロークも目一杯左右に振られて、
 やっとの思いで返します。
 打ったら戻らなければいけないので、
 戻りが楽なオープンスタンスになります。

 基本に忠実なK.クリテルスのフットワーク

 ストロークですが、なぜそうするのかが、良く分かります。

 ボレーのフットワーク

 ボレーも全く同じ事です。
 対応する時間がない時は、オープンスタンスと言うかその場で、
 面だけ作って打つことになります。

 でも全てのショットがそうではなくて、基本はフットワーク、
 ボールにしっかり体重を乗せるにはステップインする事です。

 そしてボレーしたら次のボレーのための準備で前に詰めます。

 スプリットステップ、
 レディポジション
 この循環です

 手打ち防止にもなります。

 一般プレーヤーの方の打ち方を見ていると、
 オープンスタンスのためのオープンスタンスで
 時間的に余裕がある時でも、
 動かずに手打ちのオープンスタンスになっています。

 どんな事にせよ、なぜそうするのか合理的に考えて欲しいのです。

 ボレーに限らす、ストローク、ボレー、テニスはフットワークで打ちます。

 ですからミニテニスのボレーボレーで丁寧に脚を動かして打つ事を覚えてください。

 スプリットステップ
  ↓
 ステップインでボレー
  →
 レディポジションに戻る

 ボレーが上手くなる40枚のカード

スプリットステップの説明カード 表
Lcvo4splitrp


 裏には箇条書きで分かりやすい説明が

Votxt4split


 こうしてイメージとフィーリングを合わせます。
 頭の中もダブルス用に整理整頓  

 ボレーが上手くなると、サービス、スライスも良くなる理由

 両手打ちのバックハンドでボレーは苦手の方が多い理由。
 M.ヒンギス選手を見習いましょう。
 

 小型作戦ボード B5サイズ  でラケットカバーに楽々入る

Softwbfulllob


 本日の御教訓 ボレー
 テニスはフットワークだ

  1:体重を乗せるステップイン

  2:スプリットステップでタイミングを計る

  3:打ったらレディポジションに戻る

1sayingvostepin

 熱中症の最新情報
 運動後の牛乳がなぜ良いか。ためしてガッテンより

全日本ダブルスシニアチャンピオンが模範演技
【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン” 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

なでしこ ブライアン.ブラザーズ ダブルス の関係は?

ダブルス強化 なでしこが教える 

 ブライアン.ブラザーズのダブルス、
 ウディーズと0ganbatohoku_4


 同じ位に好きですね。

 コンビネーションで

 戦うペアだからです。

 なでしこジャパン、優勝ですね。
 なでしこ優勝への道 ハイライト動画も

0sawafinegoal_2


 沢選手は移っていませんが、素晴らしいシュートです。
 コーナーキックからのコンビネーション
 

 パワーで勝るアメリカに、
 スェーデン、ドイツなど長身の選手達にどう戦ったか。


 テニスに役立つ、ヒントがあるようです。

 先日、テレビでデビスカップのトップリーグを見た。
 アメリカ対スペイン
 国別対抗では、シングルスで3勝したスペインが勝ったが、
 ダブルスは世界NO1のブライアン.ブラザーズ
 さすがに上手い。

Bbnetplay

 
 パワーではF.ベルダスコのいるスペインが圧倒している。
 しかし、戦略、テクニック、
 ダブルスを見せてくれた。

 ブライアン.ブラザーズの基本ボレーの動画

 トッププレーヤーでボールが早いのでステップインしていませんが、
 皆さんは脚をしっかり動かしてください。
 

 やはりダブルスはペアリング、ネットプレーだ。

 そこで今日のアドバイス
Lcvo3movingfwork

 ボレーはネットプレー  
 シングルスとダブルスではボレーへの  
 入り方が異なる 。

Votxt3fwork

 

 ダブルスはサービス、レシーブの時に  
 雁行陣では二人のボレーヤーが立つ  

 前衛陣に詰めれば、ベースラインには  
 一人、残り三人はボレーヤー  
 ボレーに対してはストロークも  思い切り良く打って来る

 ボレーは展開が早い 誰を見るか

 ボールは

 もちろん見ますが、Db


 相手二人の動きも。

 見ないもの、

 それは
 自分の打った
 ボールの行方です。

 これを皆さんは見てしまう。

 すると相手の動きが見えない。
 要注意ですよ。


 ボレー シングルスとダブルスでは大きく異なる
 全く違うポジション、動き  シングルス  
 自分からボールを作って   仕掛けて のボレー

 ダブルス
  直接的に常にボールは来る
  ボレーは臨戦体勢で待とう。

 常に相手を見ていないと、そのすきを狙われる。
 サーバーの狙いと視線
 

 ボレーが飛躍的に上手くなる レッスンカード
 

 ボレーの基本はスライスだ
 

 夏の熱中症対策 
 
 ためしてガッテンでいい事知りました。これでばっちり

 夏の合宿便利帳

 合宿に、Tenniswbfullsetblue


 小型のテニス作戦ボードB5サイズ


 小さくても

 機能はばっちり

 ソフトテニスの

 ケースにも入ります。

1sayingdbvo

 

 本日の御教訓
 ダブルスはボレー

 1:ダブルスはボレーの決定力
 2:ボレーの展開の速さ
 3:並行陣、前衛陣に慣れよう


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

ダブルス 大きく強くなる小さなヒント4 ボレー

ダブルス 強化 小さなコツ NO4
 ボレー 上達大作戦
 ダブルス強化のコツを続けている。

読者の方達から
 「陣形の事を知りました。」

 「普通のブログ、
 ダブルスの
情報が少ないので
 助かります。」

 人気記事上位独占 ダブルスの記事が多いですね。

Dbpopulerarticle

 有り難うございます。

Bvobasic


 などなどコメントを頂きました。
 有り難うございます。

 自分でも今、意識的にダブルスの事を書いています・


 ダブルス、強くなりたかったら、ボレーの強化を。

 でもストロークの練習が皆さん好きなんですよね。
 確かにラリーは楽しい。
 打った気もする。

 ボレーの快感を覚えるには、少し時間がかかる。
 ボレーならではのオープンコートにきれいに抜けるエースを覚えたら、
 ダブルスはもっと好きになる。

ダブルスで活躍するのがボレー
 これはソフトテニスのダブルスでもそうなのだが、

 ソフトテニス、何が決定力か データから

Dbssoftvodata


 ポイントのほとんどはボレー
 ボレーが決まるか、ミスするか。これで試合が動く

 硬式テニスの場合には、サービス、レシーブの次がボレーとなる。
 ダブルスとシングルス
 ボレーは大きく違う。
 シングルスでは、サービス、レシーブから直接ボレーをする事は少ない。
 サーブ&ボレー、リターンダッシュをする以外には。
 ベースラインから前に出る動きをしてから一度

シングルスのボレー ポジション

 サービスSvo

 
 サーブ&ボレー
 で前

1stボレ-で

 守って、

 次が、
 
 決めのセカンドボレーとなる。

ダブルスでは攻守の入れ替えが激しい

 厄介な前衛Dbvo4

 がいるので、

 リターンが甘ければ
 いきなり
 ボレーの
 攻撃が来る。

 リターン側では

 防御のボレーを

 余儀なくされる。

 このポジションとボレーの大きな関係がある。

 動き
  シングルスでは完全に大きく
  フットワークを使ってのボレーとなるが、

 ダブルスではベースラインに近いので、
 短い時間で攻撃的なストロークをボレー
 することになる。
 防御のボレーにしても、0.5秒でボレーは来るので、
コンパクトなスウィングと言うことになる。

 ボレー ダブルスとシングルスの違い
 
ダブルス          ポイント    シングルス
 最初からボレー      前衛がいる プレーヤー 意識的に出る必要あり
 展開が早い   テンポ        対ストロークで少しは時間がある
 相手のポジションに  オープンコート ワイド、ショートアングル
 ある 決定力 ストローク力との相関関係
 非常に多い 全体の比重 少ない
 ロブに注意   注意点        パッシング

Vodbs

ボレーが上達する一番簡単な方法は
 ラケッティング 動画がでどうぞ

 

 こんなボレーボレーが出来たら上達しますよ。

Vovosidemove


 この練習、次に動画で紹介します。

 コーチ必携 ボール出しマニュアル 

 今は更新4回目でドリル数170
 部活用、合宿用メニュー も付きました。

 分かりやすい、バリエーションが増えると大人気です・

ボレー上達のレッスンカード  ボレーの科学的な基本
 打ち方の基本
 ボレーのイメージを選手の動きから
 イラストと写真を駆使してイメージを高めます。

 基本は同じだが

Sayingdbs


本日の御教訓 ボレー

 ダブルスとシングルスの違い  1:コンセプト

  2:ポジション

  3:打つコース

  次回はボレー、ストロークのダブルスでのスウィングの違いを紹介します。

全日本ダブルスシニアチャンピオンが模範演技
【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン” 

 錦織圭公式ブログ

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

ダブルス 強化 大きく上手くなる 小さなコツ

ダブルス 強化 陣形って自然に動くもの

 ダブルス強化作戦続けています。

 ダブルスのショットって、Positionsdbserre


 実はシングルス

 と全く違います。

 立つポジションを

 考えてみましょう。

 一番違うのがサービス。

 リターンはほぼ同じ。これって意外ですよね。

 ストローク、レディポジションが全く違います。

 ダブルスとシングルス、全く違うスポーツ
 
 ボレー、立つ位置で全く違うでしょう。

 この辺のダブルスとシングルスのショットの違い、
 次に詳しく紹介します。

 次の写真、いろいろなケースで出してあります。
0dba1normal

次は

0dba2redash


そして
0dba3vovo


 陣形の見方でラインを引くと全く違って見えます。

 最初の画像は

0dbb1normal


 これが

0dbb2redash


 少し動くだけで、これだけ陣形が有利になります。

 そして、究極が
0dbbvovo


 前衛陣どうしても、並行なんです。
 斜め、並行に構えます。

 決して平行、パラレルはありません。

 でもいいですか、陣形、臨機応変、(これが出来たらベストですが)
 ではなくて、

 かくかくしかじかでそうなるべくしてなるんです。

 と言う事は陣形の先取り。

 これが出来たら強くなりますよ。

 お楽しみの月さん推薦、ダブルスが分かる動画

 M.ヒンギス V.ウィリアムスのダブルス コートがカラフル

 M.ヒンギス S.ボウエル V.ウィリアムス R.スタッブス
 ダブルスのテクニッシャンが登場。
 戦略が良く分かります。

 今日の御教訓
  意識的に陣形を使う
  1:ペアでどの陣形を使うか

  2:陣形の先取り

  3:相手の予測を読む。

 ボール出しマニュアル コーチ必携 

 夏休みスペシャルプレゼント

 夏休みのBmtennisdrill170


 合宿用
 メニュープレゼント

 しています。

 日程、人数、コート数に

 合わせたメニューを紹介。


 合宿では試合を多く、
 スコアを取って、後で反省
 テニスのスコア基本解説1

 もちろんビデオは必需品

 ビデオで一人チェック
 百聞は意見に如かず。

 サービス、ストローク、瞬時にチェック

次は変則フォーメーションの使い方を紹介します。


 全米オープン USオープン 
 ハードコート、高速サーフェイス  

 クルム伊達Akways smile
 逆境を跳ね返せ

 錦織圭公式ブログ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽