デビスカップ

2017年9月19日 (火)

舞台は日本 テニスの主戦場 デビスカップ、東レパンパシフィック

テニス日本 デビスカップ、東レパンパシフィック
 身近でトッププレーヤーのテニスが見られる。
 素晴らしい事。
 テレビ放映で、トッププレーヤーのテニスを感じる事が出来る。

 テニスのすばらしさ、醍醐味を味わって欲しい。

 デビスカップは国別対抗戦、特別なプレッシャーがかかる。
Dcupjapanteam


 東レパンパシフィックオープンは、女子テニスの今が見える。

共に、ダブルスを見れるのが、いい。
 デビスカップ2016決勝、アルゼンチンvsクロアチア戦ダブルスより
 
 
大阪と、有明で繰り広げられる激戦。
大坂、デビスカップ
日本チームは、岩淵キャプテンの元、新体制で臨んだ。
 プレッシャーがかかる中で、選手、キャプテン一丸となって、
 難敵ブラジルを破ってのワールドグループ、残留は立派。

ラバー3のダブルス、世界NO1のメロ、ソアレス組に敗れたが。
 次の杉田祐一が、ブラジルNO1のT.モンテイロ81位をストレートで下した。
デビスカップ ラバー4 日本 ブラジル
 杉田祐一◎   ×T.モンテイロ
 最終戦を待たずに、残留決定。
 デビスカップの試合の仕組み

Dcupjapanwin31


 2勝をあげた杉田祐一、
 チームを元気づけた先勝 

執念で頑張った、添田豪に大きな拍手を送りたい。
 杉田祐一に身をを持って勝ち方を伝えた、添田豪。
 グリグリトップスピン対策

世界NO1ダブルス

東京、有明の激闘
台風通過後の強風の中、難しい状況。
 それもテニス、オープンスキルのスポーツだから。
 風、太陽の天候、
 コートサーフェイス、シチュエーションはが変わる。
 コンディショニング調整も実力


 東レパンパシフィックの概要
 大坂なおみ、奈良くるみ、尾崎里紗の3人が本戦入り。
 活躍に期待。

 青山修子のダブルスにも期待。
 


大坂なおみ、A.ケルバーにリベンジ許す
 
 A.ケルバー6-3,6-4 大坂なおみ
Ppokerver

 奈良くるみは逆転勝ち
奈良くるみ114位がY.プチンセワ48位を2-6, 6-4, 6-2の逆転で破り、
2015年以来2年ぶりの2回戦進出を果たした
 Japan Women's Openでは初戦で大坂なおみにストレート勝ち。
 で調子をあげる。
 大坂なおみの無気力試合が気になる。

大坂なおみ A.ケルバー戦


東レパンパシフィック 2017 有明の見どころ。
 台風が猛威をふるいながら、日本列島を縦断。
 テニスファンにはやきもきの連休。


テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird


 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 JTA デビスカップ

 ITF日本vsブラジル戦

 東レパンパシフィックopen2017 公式サイト

 wowow on line

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

添田 グリグリのスピンに対抗 高い打点のカウンター デビスカップ勝因

添田豪の壮絶な試合 トップスピン対抗する高い打点のカウンター
 添田豪選手、なぜかいつも競る。
 ダニエル,太郎もそうだけれど。
 デビスカップは国別対抗の総力戦。
 テニス以外の力も重要だ。
 ホームが有利なのはサッカーも同じ。
 サポーターの応援が大きい。
デビスカップブラジル戦 総論 

 杉田祐一の先勝の意味
 

 添田豪、大激闘の背景  
Dcupall


ラバー2 日本◎  ×ブラジル
 この試合、グリングリンのトップスピンに対する、
 高い打点のストロークのラリー戦。
 改めてストロークの打ち方を見直すのに良い機会だったので、
 添田豪のストローク、トップスピンのストロークを見直してみましょう。

添田豪◎ 3-6,6-4,6-4,6-7(1),6-4 ×T.モンティロ
Score

 相手は来日ブラジルチームではNO1のT.モンティロ。
 サースポーの23歳。ナダルばりのフットワーク、トップスピンが売りの選手。
 解説の松岡修造が話していたが、
 「相手は攻撃力はそれほどないが、
 粘り、しつこい選手。」
 「添田豪の高い打点のシャープなストロークが必要。
 松岡修造の解説は凄い的確。
 守り入ったら勝てない。
 添田豪の良い処は、ベースラインに入って、角度をつけて攻める展開を早くする事。
 ミスを恐れず、攻める必要がある。」
 この解説、非常に分かりやすくて、参考になる。

 ストローク対決 超回転対、高い打点。
ブラジルのNO1、T.モンティロ。23歳の若さ、
 コートカバー力もある。
 トップスピナー、改めてこのタイプの選手には打たせてはいけないと痛感した。
 最初は緊張感からか、振り抜きが悪かった。
 だからボールが浅くなる。
 浅くなれば攻められてしまう。
 添田豪のボールに慣れ始めたら、大きく振り抜く。
 左右に振られてもフットワークを活かして、リズムをつかむ。
 大きく声を出しながら、ガツンガツンスピンをかける。
 トップスピンの極例エッグボール

 トップスピンが良く効いているので、
 ベースライン付近でボールがすとんと落ちて,伸び、弾む。
 特にバック側に来たボールは肩口以上で、押し返すのが大変だ。
Topsiner


 テニス、デビスカップの5セットマッチは
 心と体の持久力が必要

 この二人の打ち合いを見て、
 改めて、トップスピンのボールのつなげる時の有利さを見た。
 相手を外に追い出すことが出来る。

 添田豪がいつトップスピンの弾みに慣れて、
 高い打点で打ち返すことが出来るかだ。
Hhtopspin

 エッグボールを打ち返す。N.ジョコビッチ
Novacnadalrallyline


 

 T.モンティロのトップスピン、誰に似ているかと思ったが、
 それは西岡良仁。
 西岡良仁のトップスピン 
Fsswing

 
 また、そのトップスピンを決め返すには、高い打点、早い攻めが必要な事を。
 添田豪が決める時は、ベースラインに入って、
 T.モンティロが間に合わないタイミングで射貫く必要があった。

 エッグボールに対抗するG.デミトロフ
 

 添田豪も慣れて来る、少しでも浅くなれば、前に詰めて、高い打点で叩く。
 このせめぎ合いが続く。
 気持ちが折れた方が負け。
 T.モンティロも凄い、可能性がある。
 改めて思ったのが、同じサースポーでもR.ナダルの安定性
 

 この倍振られても、軸がぶれず、安定している。
 そしてカウンターで決め返す。
 添田豪は、5,6回続いたラリーの後のミスショットに助けられている。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird


 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中

 コート図ご希望の方。ソフトテニス、硬式テニス、お知らせください。
スポーツ&アート

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 JTA デビスカップ

 ITF日本vsブラジル戦


 Japan Women's Open Tennis 2017

 wowow on line

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

添田 超頑張り シングルス2連勝で王手 デビスカップ2017ブラジル戦

日本 ブラジル戦で2連勝、王手
 表面的にはデビスカップの初日で2連勝。
 しかしその内容は、非常に濃いものがあった。
 数字には出ない、心と体の葛藤。
 国を背負う選手の厳しさ、キャプテンの重要性。
 サポートのメンバー、
 大きな応援団の存在などなど、
 まさに人生の縮図を見るような初日の二試合目。

デビスカップはテニスのワールドカップ 

 デビスカップは国の威信をかけた総力戦だ

 デビスカップで試合の順番をラバーと呼ぶ。
 rubber トランプ用語で、3,5回勝負の事。

 デビスカップの興奮。
デビスカップ、ワールドグループ、プレーオフ
 日本対ブラジル ラバー1
 日本;杉田祐一 ブラジル;G.クレイザー
  6-2,7-5,7-6(5)

 ラバー2 日本◎  ×ブラジル
 添田豪 3-6,6-4,6-4,6-7(1),6-4 T.モンティロ

Dcuprubber2

添田豪 勝ち切る 感激の5セットマッチ、
杉田祐一の先勝を受けて、楽な戦いになると思ったが、とんでもない。
 壮絶なまさに死闘。
 Mr.デビスカップ、添田豪が日本ために勝ち切ってくれた。
 昨日、デビスカップは楽しいと書いた。
 選手、キャプテンには失礼な事を書いた。
 ブラジル戦予想
 結果的に、初日にシングルス二つを勝ち、王手をかけたが、

 杉田祐一先勝!
 杉田祐一、添田豪の2選手とも、緊張感でがちがちだったと言う。

プレッシャーがかかるデビスカップ、国別対抗戦


 キャプテン、岩淵聡大きなプレッシャー、出もやりがいもあるだろう。

 選手に近い所が良い。
 添田豪の健闘を讃える。
Dcupcap

 デビスカップはチェンジエンドで、選手と話をすることが出来る。
 キャプテンシーが求められる。
 先の植田キャプテン

 選手の力を思い切り引き出すのが仕事だ。
 選手と年齢も近く、引退したばかりで、アドバイスにも力がある。

新星日本は、ダブルスのスペシャリスト、岩淵聡キャプテンで、
 新しい体制になった。
 運悪く、錦織圭、西岡良仁、の2枚看板が怪我で使えない。
 準備万端だった、ウクライナ戦 
 ダニエル,太郎は、試合がある。

 ワールドグループへのプレーオフ
 ウクライナ戦の快勝
 この時は錦織圭を杉田祐一とのダブルスに回す余裕があった。

 今回は、良い状況ではない。
 でも、だからこそ、試せる力もある。
 ダブルスを主に見ているトーマス島田コーチ、
 新戦力として、B.クラクランを起用する。

 特にラバー2、添田豪の試合は壮絶だった。
 大阪の応援団が大きな力となった。
 デビスカップ、応援団は欠かせない。
Dcup


 壮絶な試合内容は、次にアップする。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird


 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中

 コート図ご希望の方。ソフトテニス、硬式テニス、お知らせください。
スポーツ&アート

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 JTA デビスカップ

 ITF日本vsブラジル戦


 Japan Women's Open Tennis 2017

 wowow on line

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年9月15日 (金)

杉田まず価値ある1勝 デビスカップ2017ブラジル戦

デビスカップ ラバー1、杉田祐一ストレート勝ち
 デビスカップは楽しい。
 ダブルスが見れるし、5セットマッチなので
 試合の流れに緊張感がある。
 デビスカップ、グランドスラム 5セットマッチ
 

デビスカップ、スコアをつけよう
 

デビスカップ プレーオフ ブラジル戦
 ブラジル戦予想 
 緊張する第1試合。
日本:杉田祐一 6-2, ブラジル G.クレイザー
Dcupscore


 デビスカップでは、試合をラバーと呼ぶ。
 日本のエース、杉田祐一が登場。
 ブラジルのG.クレイザーと対戦。
 相手もランキング以上のショットを打つ。
 杉田祐一少しずつ試合をコントロールするが、相手も粘る。
 主因は、杉田祐一の思い切りの良いフォアハンド。
 これが随所に決まった。

岩淵、新キャプテン
Dcupcap


 杉田祐一の良い点
 フォアは身を助ける  
 高い打点、
 コンパクト 相手の時間を奪う。
Fshelp


 リターンの良さ  

 試合展開の良さ  
 
課題 相手も少しずつ、調子を上げてきた。
 アンフォーストエラーが多くなっているので、
 コントロールをしっかり。

試合のスタッツ
Dcupstats


 ダブルフォールトを減らそう。
 ネットプレーが少な過ぎるのでもう少しプレッシャーをかけたい。

 デビスカップでまず先勝。これは次に出る、添田豪へのプレッシャーを減らすことになる。
 日本、頑張れ!


皆さんお応援の成果。
 添田豪選手、死力を振り絞って、逆転勝ち。
 しびれました。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird


 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中

 コート図ご希望の方。ソフトテニス、硬式テニス、お知らせください。
スポーツ&アート

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 JTA デビスカップ

 ITF日本vsブラジル戦


 Japan Women's Open Tennis 2017

 wowow on line

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

デビスカップ2017 日本代表 ブラジル戦 情報集 歴史年表

デビスカップ2017、日本代表 ブラジル戦
日本がいた、ワールドグループではセミファイナル。
 日本はホームで戦える強み。
 デビスカップはホームが有利
 大阪は縁起の良い場所。

デビスカップ ワールドグループ
 ベルギー対オーストラリア
 ベルギーは、D.ゴファン一人の大活躍。
 フランス対セルビア
 フランスは日本を破っての勝ち上がり。
 この舞台に戻りたい。

Dcup

 
日本代表、苦難の歴史は続いている。
 シングルスの駒は揃ってきたが。
 錦織圭が欠場でも、杉田祐一が大きく育った。
 本当は西岡良仁の2枚看板で行きたかったかったが。

 課題はいつもダブルス。

デビスカップの仕組み
 グランドスラムと並び、5セットマッチの持久戦も。
 国の威信をかける、プレッシャーも大きい。
 キャプテンが岩淵聡に変わり、チームがどう変わるか。
 植田キャプテンで育った、日本チーム

 デビスカップで選手が育つ。
Dcupteam2017


日本代表、近年史。
オセアニアゾーン時代の苦難の歴史

プレーオフの勝ち上りがしびれる。
2011 ウズベキスタン ゾーンから脱出   
 錦織圭が、添田豪とダブルス
2012 クロアチア戦 2-3 課題整理  
2015 コロンビア大激戦  
2016 ウクライナ戦 完勝  

Dcup2017


注目の日本代表 vsブラジル戦
ブラジルチーム エースのT.ベルッシが来ないのでラッキーだが
 ブラジルはシングルス世界ランク81位のティアゴ・モンテイロ、G.クレイザー124位
ダブルス世界ランク1位のマルセロ・メロ、同6位のブルノ・ソアレスというメンバー
 メロ USオープンでクボットと組み優勝。
 世界のダブルスが見れる。

日本チーム キャプテン岩淵聡
杉田祐一(40位)
添田豪(152位)
 内山靖崇(197位)
 B・マクラクラン(複138位)

 初日、シングルス、1,2回戦
 二日目、ダブルス
 三日目、シングルス、4,5回戦

Dcupbra

 最終日までもつれるだろう。
 杉田祐一は有利。
 Mrデビスカップ、日本を引っ張って来た、添田豪がどこまで頑張れるか?
 ダブルスは、ブラジルが圧倒的に強い。
 日本は杉田祐一の2勝と添田豪の1勝で勝ち上がりたが。

第1日 緊張する中で行われる。
 第1試合シングルス 杉田祐一×ギジェルメ・クレザ 
 初めての対戦。
第2試合シングルス 添田豪×チアゴ・モンテーロ
 初めての対戦。

マクラクラン勉 でBen  
 新加入のB.マクラクラン ニュージーランド生まれの
 ダブルスが好き 身長185m 
 下位の試合で今年1勝  ペアはS.Waad選手


テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird


 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 JTA デビスカップ

 ITF日本vsブラジル戦


 Japan Women's Open Tennis 2017

 wowow on line

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2016年11月28日 (月)

J.D.ポトロ 驚異の大逆転劇 デビスカップは面白い 決勝

信じられない大逆転劇 男、J.D.ポトロ
デビスカップ ファイナル アルゼンチン悲願の初優勝
ラバー4でJ.D.ポトロが信じがたい逆転劇で、M.シリッチを下しタイ、
ラバー5 クロアチア:I.カルロビッチ アルゼンチン:F.デルボニス
 F.デルボニス◎ 6-3,6-4,6-2 ×I.カルロビッチ
 5度目の決勝進出
 クロアチアは2005年優勝。この時のメンバーには、
 今R.フェデラーのコーチのI.ルビチッチ、
 そして、今回もメンバーに入っている、I.カルロビッチがいた。

驚いた、J.D.ポトロがM.シリッチを大逆転。
 デビスカップ初日は、M.シリッチ、J.D.ポトロの両エースが勝って、1勝1敗。
 
2日目のダブルスでは。クロアチアが楽勝で、王手。
 I.ドディグの活躍が目立った。  
 流れから言って、M.シリッチかなと思ったが。
 実は、この両エース。
 体型も似ているし、プレースタイルも似ている。
 ビッグサーバー、
 フォアハンドの強打が武器。
 M.シリッチの強さ ATPファイナル、錦織圭戦で逆転勝ち
 

J.D.ポトロはなんと言っても、リオでのN.ジョコビッチに勝ったことでしょう
 
 バックハンド、スライスで丁寧に返した。
 これがM.シリッチ戦でも活きた。
 バックハンドはSaypotroweekpoints

 スライスも武器に。
 リズム変化を
 つける事が出来る。

 強打の相手には
 特に活きる。
M.シリッチが第3セットからJ.D.ポトロのすスライスの丁寧な返球を、決め返そうと焦った。
 J.D.ポトロのバックを突かないとフォアで打たれるので、きわどく狙ったが、ミスが出始めた。
 トッププレーヤーでもミスをすると、動揺する。
 ましてや、デビスカップの決勝の大舞台だ。
 リオではR.ナダルにも勝利 
Saypotroslice


 

 バックハンドでは、M.シリッチの方が有利かなと。
 メンタル.タフネスは、長い怪我からの復活で、J.D.ポトロが有利。
 M.シリッチは逆転されると弱い。
 パリのセミファイナル、J.イズナー戦 
  
 とは言え、この試合は屈指の好ゲーム。
 これからの男子シングルスの試合を予見させる。

 J.D.ポトロの9勝2敗。しかし、2013年までのデータで
 J.D.ポトロが6連勝。その意味ではM.シリッチには苦手意識があったかもしれない。
 実は僕は第2セットまで見て、これはM.シリッチが3セットで勝つな。
 と確信してしまった。甘かった。

J.D.ポトロ◎ 6-7(4),2-6,7-5,6-4,6-3  ×M.シリッチ
 面白い、M.シリッチのゲームが、7,6,5,4,3と下がっていく。これは初めて見た。
Dcuppotroscore

 
 J.D.ポトロの逆転のきっかけは何だったんだろう。
 ビデオを見直し、スタッツを検討した。
 それはJ.D.ポトロにチャンスが有ったが、ブレークできず、
 少ないチャンスを効率良く、M.シリッチが活かしていたこと。
 第1,2セットは、J.D.ポトロの動きが悪く。
 上手く回り込めない。M.シリッチのボールの伸びが良く、タイミングが遅れていた。

 そう、フォアに回り込みは、
 ナダルの例 
 何故か? ハイリスク、ハイリターンのショットなのだ。 
  
 
無理してフォアに回り込んでオープンコートにウィナーをM.シリッチに決められていた。
 それが第3セットから、フォアに回り込んでのショットが炸裂、
 逆クロス、ダウンザラインとウィナーを連発した。
 M.シリッチのJ.D.ポトロのバックを突くボールが浅くなってきたことも事実だ。
 5セットのフルセット、デビスカップ、ウィンブルドンならではの世界だ。
 4時間53分の試合。
 M.シリッチから浴びたサービスエース34本。
 初日のI.カルロビッチ戦では、4セットで勝ったが、35本のサービスエースを浴びている。
Dcuppotrostats


 数字的には、J.D.ポトロがアンフォーストエラーをセットを追うごとに減らしていった。
 スタッツ  
 テクニック的には、バックハンドの打合いで
 第1,2セットは、M.シリッチの執拗なバック攻めで、
 J.D.ポトロが無理に回り込み、オープンコートを作っていた。
 しかし第3セットから、M.シリッチのボールが浅くなり、
 J.D.ポトロがダウンザライン、逆クロスをしっかり打ち切ったこと。
 自分を貫いたことだ。
 M.シリッチのボールが良かったが、必ず甘いボールは来る。
 そうしたら自分のフォアを打つだけ。
 J.D.ポトロの強い信念
 デビスカップで優勝したい
 自分はアルゼンチンのエース
 自分の良さは、サービスとフォアハンド
 自分を信じる重要性 Saypotrobelieve


 

 M.シリッチは5セットをシングルスで2回。
 そしてダブルス。3日連続。これは称賛に値する。
 J.D.ポトロは2セットアップからの逆転は初めて。
 デビスカップならではの醍醐味だ

アルゼンチン・チームのダニエル・オルサニック監督はJ.D.ポトロの頑張りに尽きる。
 夢をかなえてくれたと。大喜びだった。

 マラドーナが応援団長でクロアチアに来た甲斐があった。
 J.D.ポトロ対M.シリッチ  

テニス上達グッズ
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
ジュニアを持つ親に 成長期の子供を育てるコツ満載

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 テニス、ソフトテニスコーチ用作戦ボード新機能、紹介
テニス2画面マグネット作戦ボード

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付


 ダブルス、フォーメーションBook

 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
Wowow デビスカップ 

IPTLの詳しい事は、wowowに

デビスカップ 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

 M.シリッチ、J.D.ポトロの激突。


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダブルス 戦術を活かす 陣形の面白さ デビスカップ2016決勝より

デビスカップ  アルゼンチンの驚異的な優勝 J.D.ポトロ執念の大逆転
 J.D.ポトロが2セットダウンから、M.シリッチを逆転。
 これで2-2のタイ。
 その後F.デルボニスがプレッシャーのかかったI.カルロビッチにストレート勝ちで、優勝。
 これの記事はすぐにまとめます。
先に二日目のダブルス、凄く参考になったので、ダブルスをまとめます。
 ダブルス、クロアチア勝利の内容
 ダブルスは普通、ダブルスのスペシャリストが出ます。
 二日目はその予定でしたが、急きょメンバー変更。
 両エースが登場。
 ダブルスに勝負をかけてきました。ダブルスに勝った方が王手ですから。
両エースの対決です。

この試合、ダブルスのスペシャリスト、
 クロアチアはI.ドディグ、しぶといダブルスのファイターです。
 そこにシングルスのスペシャリスト、M.シリッチ。
 
 対するアルゼンチンは、ダブルスもシングルスも上手いテクニッシャン、Lメイヤー、
 そして剛腕、J.D.ポトロです。

M.シリッチ、J.D.ポトロもストローカー、それでダブルスの展開が面白かったですよ。
 この二人、リターンゲームでは基本的にベースラインに居ます。
 ですからこの二人のペアがリターンをする時は、後衛陣になります。
 この二人のリターン時は、前衛に自由に動ける雁行陣です。
ダブルスの陣形を主体に試合を見ましょう。
 普通は、サービス、レシーブの陣形は雁行陣が多いですよね。
 サービス、Dbboth

 レシーブは
 下がっているのは
 当たり前ですが、
 サービス側、
 前衛が
 どこまで動けるか、
 対して,
 リターン側前衛が
 どこまで守れるかが、
 勝敗を分けます。
 皆さんダブルスのサービス、レシーブ時、視線意識した事ありますか。
 誰が誰を見るか、観るか。これだけで上手くなります。

 面白いですね、トッププレーヤーの試合なんですが、一般プレーヤーに参考になる陣形が多かったです。
 最近はストローカーが多いからですね。
 そしてソフトテニスでしょっちゅうお見掛けする台形フォーメーション、これが非常に多かったです。
For

 
 この試合、男子のシングルスプレーヤーがいるので、
 クロアチアのサービスゲームはほとんどがアイフォーメーション。
 セカンドサーブでもです。
 アイフォーメーションの使い勝手
 アイフォーメーションに対しては、後衛陣で守りに入るケースが多いですね。
Dbiforvs


Dbifornext

 
 もう変則陣形なんて言わせない
 
 どちらが前衛に居てもです。正式なアイフォーメーションと言うよりは
 オーストラリアンフォーメーション+プレスフォーメーション的な攻撃陣形です。
 アルゼンチン側は、J.D.ポトロのサービス、1stサ-ビスはアイフォーメーション。
 セカンドサーブは雁行陣でした。

 そしてアイフォーメーションからソフトテニスに多い、
 台形フォーメーションに移行することが多かったです。
 ソフトテニスで台形フォーメーションが多い訳


ダブルスって普通はクロスコートのラリーで前衛が動くのですが、
 ストローカー二人がダウンザラインで打ち合って、前衛がほぼセンターに位置しています。
 特にM.シリッチ、J.D.ポトロがストロークをして、
 前衛の二人が動く。
 良く動いて、決定力が高かったのがI.ドディグでした。
 サービス側のポーチは当たり前。
 レシーブポーチに積極的にに動きます。これは相手はきついですよ。
Dbrepoach_2


 デビスカップ、日本対クロアチア戦ダブルス、伊藤竜馬、杉田祐一のペアに勝利

 
 L.メイヤーはボレーに動くのですが、M.シリッチのボール、速く、コースが良いので
 ほとんど触れませんでした。


 ストロークのM.シリッチの集中力が見えました。
 J.D.ポトロは少しパフォーマンスが悪かったですね。
 前日の試合の疲れが残っていたのでしょう。

 試合が進むにつれて、アルゼンチンペアは、キャプテンとの会話も少ない、
 二人のコミュニケーションも悪く感じました。
 日本は植田キャプテンシー大したものです。
 それで今年のデビスカップウクライナ戦は大勝で、ワールドグループに残留です。
 

 ダブルスはコミュニケーション、会話なんです。
 
 一般プレーヤーの場合。 試合の最初は仲良く動いていますが、
 負けて来ると、Dbpaircommunication

 会話が無くなり、
 チェンジエンドも
 別々の動きになり
 易いものです。
 ダブルスは
 運命共同体
 なのですから。

ソフトテニス ダブルスフォーメーションBook概要
Db


 
 
ダブルス・フォーメーション・Book
 ダブルスの基本から、戦略、戦術、陣形の変化がレベル別に整理。

試合のスタッツ
Dcupdbcrarstats


 僅差ですが、アルゼンチンにフォーストエラーが増えています。
 これはクロアチアのボレーによるミスですね。
 結果的にダブルスでは、ストローク主体でも、決めはボレーが多く なります。
 

 それがダブルスです。
クロアチア アルゼンチン ダブルスラバー3 動画

 羽生結弦選手、NHK杯,素晴らしいエキビジション 動画でどうぞ。
 グランプリファイナル、オリンピック、世界選手権と視野に。
 
 心の強さ、メンタル.タフネスが良く分かります。
ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
Wowow デビスカップ 

IPTLの詳しい事は、wowowに

デビスカップ 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2016年11月27日 (日)

デビスカップ2016 決勝 ダブルス クロアチア勝利で王手 

デビスカップ2016 ファイナル ダブルス、クロアチア勝利で王手
 デビスカップは面白いです。
両国とも優勝候補を破っての決勝進出です。
 クロアチアは、アウェイのアメリカで、
0勝2敗の崖っぷちからブライアン.ブラザーズを破っての大逆転
 
 アルゼンチンは、去年の優勝国イギリスを破りました。
  
 J.D.ポトロがA.マレーを破っています。

 国別団体戦ですから、普段の個人スポーツのテニスと違った様相になります。
  デビスカップの醍醐味  
 デビスカップは3日間。
Dcupwgnov

 初日シングルス2試合、国を代表するNO1,NO2がいれ違いで対戦します。
 二日目はダブルス ダブルスのスペシャリストが多いですね。
 三日目は、両国のNO1の激突です。
最初の予定では、
 シングルスのNO1、クロアチアはM.シリッチ、
 アルゼンチンはJ.D.ポトロ
 ダブルスは、この二人を翌日のシングルスに温存して、ダブルスはスペシャリストを出す予定でした。
 しかしふたを変えたら、両国とも、エースをダブルスにつぎ込んで来ました。
 デビスカップ 初日 1勝1敗のタイに

 先に2勝して、王手をかけたかったのですね。
 M.シリッチ、J.D.ポトロもダブルスのランキングは低いですが、
 ダブルスは上手いです。ネットプレーに慣れていますから。
 トッププレーヤーでダブルスも上手い選手多いですよ。
 世界NO1のA.マレーは、兄のジェミーも世界NO1です。
 A.マレー兄弟のダブルス。 日本とのデビスカップ

 やはりエースを出してきました。
Dcupcroardbscore

 M.シリッチのシングルスショット、フォアの回り込みが唸ります。
 M.シリッチ、ATPファイナルで、錦織に逆転勝ち
 フォアに回り込むDcupcilicfsio

 これはシングルス
 専用のショット
 ダブルスでは
 オープンコートを
 広く作って、
 仲間が
 カバーにも困る
 からです。


 この辺の駆け引きが、キャプテンの仕事です。
 クロアチアのキャプテンはI.ルビチッチ。
 元世界3位、
 そしてM.ラオニッチをビッグサーバーに育てた名コーチ。
 I.ルビチッチはビッグサーバーで、M.ラオニッチにリターンをさせ
 リターンリターン力を向上させました
 今は、R.フェデラーのコーチです。
 トッププレーヤーには名コーチがついています。
  

 クロアチアで行われましたが、アルゼンチンは大応援団
Dcupcheer

 ここにこんな人がいました。 そうマラドーナです。横にちゃんときれいな人がいますね。
Dcup


 両国の応援団。
 特に遠くからアルゼンチンの応援に来ています。
 USオープンでは、S.バブリンカ戦で、J.D.ポトロ自身が、
 試合には負けたが、応援に感謝していると、

 フィギュアスケートも羽生結弦選手、応援に守られてNHK杯連勝で、グランプリファイナル進出です。
 動画でご覧ください。

ダブルス上達の秘訣
 ダブルス上達の基本 

 戦略を知る  

 戦術、ダブルス用のショットを実行する 
 
 ダブルスは陣形

 ダブルス、フォーメーションBook ダブルスの陣形の全てが分かる。
 ダブルス、フォーメーションBook
Db

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付

 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
Wowow デビスカップ 

IPTLの詳しい事は、wowowに

デビスカップ 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。    

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年11月26日 (土)

デビスカップ2016決勝 両エースの踏ん張り M.シリッチ、J.D.ポトロ

デビスカップ 来年を盛り上げる J.D.ポトロ、M.シリッチの活躍
 まだまだテニスの試合は続く
 ATPファイナルで今年が終わったような感じがしますが。
 ところがどっこい、テニス界はビジネスですね。
 大きな二つの大会が残っています。

デビスカップの仕組み 
 正式な5セットフルセットマッチ、
 ダブルスも5セット、これはウィンブルドンとデビスカップだけ。 

Dcuprank1

 デビスカップの面白さ コートサーフェイス 開催地

 一つは、デビスカップ、残念ながら日本は、初戦でイギリスに敗れて いますが。

 ウクライナに完勝して、ワールドグループ にとどまります。 ホッと安心。
 クロアチアとアルゼンチンが対決します。
 この二つの国、テニス大国ではないのですが、国の力、愛国心が強くさせています。
 クロアチアの中心選手は、M.シリッチ
 ATPファイナルで錦織圭を苦しめました
Mcwinner

  
 アルゼンチンの中心選手はJ.D.ポトロ。
  ウィンブルドンでS.バブリンカを破り
  

  リオではN.ジョコビッチを破りました
 J.D.ポトロのUSオープンのS.バブリンカ戦、負けましたが、
 アルゼンチンの応援が凄くて、J.D.ポトロが試合は負けたけれど、
 感動したと。
 超強力なフォアハンド。
Dpfshh


 二人とも錦織圭を苦しめているプレーヤーですね。
 初日 ラバー1,2 それぞれエースが勝ちました。1勝1敗のタイ。
 M.シリッチがF.デルボニスをフルセットで下し、

 J.D.ポトロが超ビッグサーバーのI.カルロビッチを下しました。
 ここに、ハイライト動画を含めたニュースがあります。 

今日はダブルスです。絶対見ます。
 世界の頂点を決めるデビスカップが今週末、wowowでオンエア
 ダブルスもあるので、一般プレーヤーの方も参考にされるといいですよ。
 特にダブルスでは、クロアチアの、I.ドディグ、上手いですよ。
 僕の予想では、ダブルスが勝敗を分けるネックになりそうなので、
 M.シリッチ、J.D.ポトロ、二人のエースは、
 単複両方出る感じがします。


 もう一つの大きな大会はエキビジションマッチなんですが
 IPTL 世界のトッププレーヤー、現役からレジェンド、
 ダブルスのスペシャリストまで面白い大会を披露してくれます。
 IPTLの詳しい事は、wowowに


テニス上達グッズ
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
ジュニアを持つ親に 成長期の子供を育てるコツ満載
Bmjrser3rdatrtack2


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 テニス、ソフトテニスコーチ用作戦ボード新機能、紹介
テニス2画面マグネット作戦ボード

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付


 ダブルス、フォーメーションBook

 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
デビスカップ 公式サイト

Wowow デビスカップ  

ATP  

WTA

テニス365 

週末はデビスカップ、クロアチアvsアルゼンチン戦ですよ。
 M.シリッチ、J.D.ポトロの激突。ダブルスが面白い。


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

デビスカップ プレーオフ完勝 新しい歴史を 次の課題

デビスカップ ワールドグループ プレーオフ 完全勝利
 日本最終日、シングルスを制して完全勝利 5-0
 こんなにうれしい事はない。
 戦略、キャプテンシーを使い総力、で3連勝して、ワールドグループ残留を決めた日本。
 見事な植田采配。
 初日にシングルスで連勝、一気に王手
 
 残留を決めた、錦織・杉田のダブルス
 
 最終日、消化試合となったラバー4、ラバー5.
 ダニエル,太郎、西岡良仁が今日も頑張り、全勝。
 日本がワールドグループに上がるようになってから初めての快勝。
Dcupdanielkei


植田監督も、日本がワールドグループで勝ち残るためには、
 錦織圭に続くシングルスプレーヤーの強化と、
 ダブルスの強化が必要だと。
 ダブルスではスペイン流の戦略が日本チームに合う と語った。


 またもや選手を交代させたウクライナに動じることなく、勝ち切った。
 ウクライナのNO1 I.マチェンコはA.スミルノフ
 NO2,S.スタコフスキーの代わりにD.カリニチェンコ

Dcupjap50


ラバー4 ダニエル太郎◎ 3-6,7-5,6-1  ×A.スミルノフ
 1セットを奪われたが、焦ることなく逆転勝ち。
 ダニエル太郎は最近持ち前の調子を活かし、サービス力がアップ。
 ストロークの粘りは素晴らしいものがある。

Dcupdanielfs


ラバー5 西岡良仁◎ 6-2,6-2    ×D.カリニチェンコ
 しっかりしたテニスで勝ち切った。
 西岡のサースポーから繰り出されるグリグリのトップスピン
Dcupfsts

  
 長身のS.スタコフスキーがミスショットを連発していた。
 トップスピンの打ち方 

デビスカップ、日本小史、新しい歴史が刻まれた。
Dcupjaphistory09


 ワールドグループではセミファイナルが行われた。
優勝候補のイギリス、フランスが、共に敗れる番狂わせ。
 アルゼンチン◎ 3-2  ×イギリス
 アルゼンチンの勝因は、J.D.ポトロがA.マレーを破ったこと。
 リオの雪辱  
 クロアチア◎ 3-2 ×フランス
 クロアチアの強さは結束力。
 アウェイのアメリカ戦、0-2の劣勢から、ダブルスの雄、ブライアン.ブラザーズを破り、
 逆転勝利
 団体戦の面白さ怖さ が見える。
 これがデビスカップだ。
 共にダブルスを勝った国が、勝利している。
 日本は、ワールドグループでは絶対にダブルスの強化が必要だ。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」


テニス上達アイテム
 テニスグッズの概要
 戦略、戦術、そしてダブルスの奥義を学べる。レッスン、ボール出しマニュアル。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 レッスンは見て分かる、ビジュアルレッスンを、作戦ボードの活用

 テニス、ソフトテニス作戦ボード
B5rscorelob


 テニス システム手帳2016 
 カレンダー、お好きな月から調整します。作戦ボード付で便利です。

 スコア便利ですよ。試合に強くなりたいのであれば。

★☆★ デビスカップが良く分かるリンク集 ★☆★
 Davis Cup 公式サイト 
 世界の試合が一気に分かる、素晴らしいサイト。

 デビスカップ日本代表  
 情報が少なく、重い、遅い。

 wowow on line

 ATP  

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Laver Cup | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | P.C.ブスタ | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アンダーソン | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャパロフ | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ビーナス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マクラクラン勉 | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 二宮真琴 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山・勉ペア | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽