ストーサー

2014年7月13日 (日)

ミックスダブルス 優勝ペアに学ぶ ダブルス 勝利の作戦

ウィンブルドン ミックスダブルス ジモニッチ、ストーサ組優勝
 今年のウィンブルドン、シングルスも面白かったが、
 ダブルス、面白かったですね。
 ダブルスのMoondbessey

 ペアリング
 陣形、
 コミュニケーション
 試合展開、
 面白さを
紹介します。
ウィンブルドン2014 ダブルス3種目を紹介しています。
 男子ダブルスは速攻の面白さ
 女子ダブルスは展開の面白さ
 そしてミックスダブルスは、どこを攻めるかの面白さがあります。
  ミックスダブルスは本当はmixed doublesです。
 男性が女性の弱い部分をどうカバーするかに勝負がかかります。
 サービス、レシーブはお互い決まっていますが、そこからは、女性にボールが集まりやすいのです。
 そこを男性がどうカバーするか。
 そして焦点は女性のサービスをどうキープするかですね。

ダブルス勝利の法則 こうすれば勝てる、10のポイント。
  勝利の法則ダブルス

 ダブルスの女子ダブルス、ファイナルではペアリング。
  S.エラーニ、R.ビンチ、ペア キャリアグランドスラム達成
  

 男子ダブルスではギャンブル、を紹介した。
  V.ポスピシル、J.ソック組、ブライアン.ブラザーズを破る
  
  ミックス決勝、ベテランの対決となった。
Mdbfinalscore

 第15シードのN.ジモニッチ(セルビア)/ S.ストーサー(オーストラリア)組が
 第14シードのM.ミルニ(ベラルーシ)/ H.チャン(台湾)組を6-4, 6-2のストレートで下し、
 初めて組んだペアで優勝した

 N.ジモニッチ、S.ストーサは強力、前陣速攻ペア。

 女子のS.ストーサ、キックサービスが活きる
 

 ミックスダブルスのセオリー。
 男性はサービスキープが当たり前。
 女性のサービスキープが大事。

  クルム伊達に学ぶ、ミックスダブルス勝利の法則
 

 攻撃は女性に。

 S.ストーサのボレーが良かった。
 H.チャン、リターンを狙われた。
Mdbcctheory


 ダブルスではポイント源はボレー。
 ダブルス、前衛スペシャル、青山修子選手に学ぶ
 

 センターセオリーが有効

 
 良いリターンが行かないと、超ネットプレーヤーのM.ミルニーは活きないからだ。
 M.ミルニーは男子ダブルスでも活躍する、超ネットプレーヤー。
 前で動き回り、相手にプレッシャーをかける。
 M.ミルニーはV.アザレンカと組んでオリンピック、優勝 している。

 1stサ-ビスをきっちり入れ、センターセオリーで素早く前に詰める。
 N.ジモニッチがリターンを沈めた。
 ふつうこの場面、M.ミルニーは1stボレ-がローボレーとなっているので、
 前衛のS.ストーサレシーブポーチに出る。
 そこはM.ミルニーは百戦錬磨。
 ポーチを予測して、ストレートニフワっと浮いたボールで逃げる。
 S.ストーサ、相手の動きを見て、
 落ち着いてバックのハイボレーで、センターにボレーのウィナー。
Mdbssvo

  試合のスタッツ  


 ダブルス 上達のヒント
  陣形の基本
  
 ダブルス陣形編 
 陣形の基本を知りたい方に 
ダブルス陣形雁行陣
 雁行陣をしっかり使いこなしたい方に
 ダブルス陣形並行陣  
 サーブ&ボレー、リターンダッシュで攻撃的に行きたい方に。

 陣形は動くもの、変則陣形を使いこなそう。
  
  皆さん、雁行陣だけがダブルスと思っていませんか?
  後衛陣、 
  I.フォーメーション、常識的に使いこなしましょう。

 ミックスダブルスに勝つ方法
Dbmixsayingserre


 作戦ボードで指導のビジュアル化
 

 ミックスダブルスファイナル ハイライト動画  


レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版


 ダブルス、試合形式練習練習、増やしました。
Bmmatch2back


レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

東レ シャラポワ 対 ストーサ 高速サービスとキックサーブ

東レ ベスト8 シード同士の対決
 これが女性では珍しい、サービス力対決になる。
 第2シード M.シャラポワ対 S.ストーサ

Toraymssswta


 7勝1敗 でM.シャラポワ
 詳しい対戦成績  


 サービス力の対決Toraydrawmsss

 高速サービスの
 M.シャラポワ対

 女性では珍しい
 キックサーブの打ち手、
 S.ストーサ

 鬼門は今日の風。

 高いトスの
 M.シャラポワは
 ダブルフォールトが
 心配。

 リターンと
 フォアハンドストロークが勝負。

 今回の東レ、ストロークを修正してきた。

Toraymsfsreach2


 風で、S.ストーサのキックサーブがより曲がる。

 M.シャラポワ、戦略が良くなった

 M.シャラポワの高い打点のストローク
 強打で勝ち得た 生涯グランドスラム ロランギャロ

Sayingmsattackmind


 

 S.ストーサのサービスの跳ね際を、高い打点でM.シャラポワが打てるかどうかがキーポイント

 第2シードのM・シャラポワ(ロシア)が第16シードのL・サファロバ(チェコ共和国)に6-2, 7-6 (7-5)


 M.シャラポワ S.ストーサ戦について語る
 

 選手でもサースポーのサービスはサービスに慣れるまで、時間がかかる。
 サービスのスピンは気になる。

 S.ストーサはUSオープン 2011でS.ウィリアムスを破って優勝
 

 S.ストーサのサービスはリターンしにくい。

Saysskickser

 皆さんのサービス力アップをお手伝い ポケットレッスンカード
 サービス力アップ

 S.ストーサのキックサーブ メリット 
 


 そしてS.ストーサのボレー     
 ボレー の原点。正しいグリップ
 はぜひ皆さんも参考にして欲しい。

正しいボレーをマスターする ポケット レッスンカード
 ボレーマスター

 WTAでもS.ストーサはニュースになっている。
 ストロークはトップスピンでウィナーを狙う。
Torayssnews

 キックサーブは上級者でも難しいでしょう。
 腰を痛めやすいので注意。

 テニス部活応援キット

Tenniswblob


ソフトテニスシステム手帳 2013

  2012 10月のカレンダーから使える。コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

山本ケイイチのコンディショニング・トレーニング ~カラダ本来の能力を引き出す体操~

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

シャラポワ エラーニ 二人が教えてくれるもの 試合の勘所

ロランギャロ 女子シングルス 準決勝
 ファイナルへ進むのは

 大雨のロランギャロ、Msyahootop

嘘の様に晴れ上がった
 青空の1時間後。
 専門の気象予報士は、
 大雨のさなか、
 1時間後の試合を告げた。
 このと即能力の確かさ。
 試合に使いたいものだ。

 体格、体力差は戦略でカバーしたS.エラーニ
 S.エラーニ S.ストーサ  7-5 1-6 6-3

Sarass8


 

 最初のゲームを粘って取ったのが大きい。
 フォアに回り込むサービスエースの迫力は、小ささを感じさせない。
 脚が速い。
 思った位以上にストロークの球足が伸びる。
 S.ストーサも逆を突かれて、見送るケースが多い。
 男子では少ないケース。
 R.ナダルだったら絶対に追いかける。
 S.ストーサは少し諦めが速いようだ。

Sarassstats


 ランキング24位  今大会絶好調のS.ストーサのキックサーブを破った。
 女子でも珍しい、キックサーブが武器

 女子でも打てる。
 打てたら強力な武器
 S.エラーニ は身長が165cm  25歳
 サービスも150キロ台 S.ストーサは188キロ S.エラーニは151キロだ
 と言う事は、
 日本時だってできると言う事だ。
 しかも凄いのが単複両方ともファイナル進出。
 ダブルスはイタリアの同僚 R.ビンチと組んでいる。
 M.キリレンコ、N.ペトロバのロシアベテランペアと対戦する。
 これも楽しみだ。

 ダブルスはシングルスでも活きるのだ。
 逆にS.エラーニはダブルスで瞬発力を磨いていると言える。
  ダブルスをシングルスに活かす 錦織圭
  
 足で稼いだ勝利と言える。
 それともう一点、S.ストーサーはダブルスで鍛えた前への詰めがある。
 それをS.エラーニは抑えた。

 どうやったか、自分が先に出ることだ。

 これも皆さんに参考になる闘い方だ。
 サーブ&ボレーを対戦したら
 錦織圭の例 

 フェデラーから1セット取った若者
 

 M.シャラポワ P.クビトバ  6-3 6-3
 

 スコア以上に競ったゲーム。
 チャンスを活かした、M.シャラポワ。

Mspk

 M.シャラポワの戦略は
 1stサ-ビスでもポイント獲得率を高くして、
 ブレークポイントでより集中力を高める事。
 チャンスは少ない。
 互いに少ないブレークチャンス。
 しっかりものにしたM.シャラポワが勝った。

Mspkstats


 「言うは易く、行うは難し」、なのだが。
 それをデータが示している。
 より攻撃的なP.クビトバに対してアンフォーストエラーを減らす作戦。
 いつも攻撃テニアテニスを身上とする、M.シャラポワには珍しい。
 その理由は、風。風を味方にする。
 今大会は、天候が不安定、
 風も強い。
 そこで強さを発揮するのは、多少山なりでも、安定性
 そこに気付いたのだろう。

 ナダルが見せる安定性 

 これは皆さんにも参考になる打ち方だ。

Sayingmswind


本日の御教訓 試合が教えてくれる
状況判断を早く

 1:体格、体力差は戦略でカバー
 2:風を味方にする
 3:チャンスは少ない

 これで決勝の相手が決まった。
 生涯グランドスラムをかける、M.シャラポワ
 小粒でピリリと辛い、S.エラーニ


全仏便利リンク集
 速報の結果を知りたい方に、素晴らしいサイトを紹介。
 tennis Explorer men 

tennis Explorer lady

ロランギャロ

 ウィンブルドン

 USオープン 

 テニス365 

 ATP男子プロテニスツアー

 WTA 女子プロテニスツアー 

 WOWOW テニスオンライン


 テニス作戦ボード セミオーダー

Bothlob


 作戦ボードの詳しい内容は


テニスシステム手帳B7サイズ2012

Bivisualscore2p

 セミオーダーテニスノート
 細かい説明はここで


ボール出しマニュアルDVD

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

ボレーの原点 グリップ  動画で確認

ボレーのコツ

 錦織圭選手の記事が入ったが、
 ボレーのコツに戻る。

 僕の好きな選手、R.フェデラー
 女子ではC.ウォズアニッキとS.ストーサ
 C.ウォズアニッキは粘るストロークが好き。
 自分も決めショットがないから。

 それとS.ストーサ 彼女のサービスとボレーが大好き
 成績が波があるのがまた興味深い。

 S.ストーサのボレー
 気持ちが良い。
 ダブルス,プレーヤーからシングルスに転身したからだが、
 ダブルスもやって欲しい。

Vogripss


 見て欲しいのがグリップ。

 フォアバックの両方に対応するコンチネンタルグリップ

 これがボレーのグリップ。

 このグリップが出来る人は、
 サービスが良い。

 スライスが打てる。

Voslicesaying


 その理由は次のサイトに紹介してある。

 ボレー上達の科学 N.ジョコビッチ
  

  サービスとボレーの共通点
  ウィンブルドンで見る 

 ボレーとリターンの共通点

 ちょっと違うのが R.ナダルのボレー 
  失礼だけれど、R.ナダルのボレーは一般プレーヤーっぽい。
最近変わってきているけれど

 ボレーが出来るとスライスが上手。


 フォアボレーの動画 が一杯紹介されている
非常に良いページ

 そうそう、決めに入る時はしっかりステップインしてくださいよ。

Vofstepinss


就活応援手帳
テニスシステム手帳バイブルサイズ2012

Photo


テニスシステム手帳B7サイズ2012

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年10月30日 (日)

ストローク 実力アップ トップスピンの打ち方 バックハンド

テニス フィーリングを活かそう
 トップスピンを覚えよう。

 WTAチャンピオンシップファイナル


 面白いですね。
 選手層ががらりと変わりました。
 特徴的な選手達です。

 でも基本は同じ。
 P.クビトバ選手 安定した軸を持っています。

 V.アゼレンカ選手、何なによりも闘争心が強い、心の選手です。

 V.ズボナレバ選手、試合を組み立てる、戦略家。

 そして今回のS.ストーサー選手

Ttechtopspinss


 S.ストーサー選手のバックハンドを例にトップスピンの打ち方を考えましょう。

 S.ストーサー選手は、ダブルスから出発して、シングルスに転向した珍しい選手

 ですからサービス力、ボールのコントロール力があります。
 そして判断力の速さですね。
 シングルスに比べるとダブルスはクイックネスが重要ですから。

 相手が打った時に、自分はトップスピンで攻撃するか、
 スライスで展開を待つか判断します。

 トップスピンを打つと決めたら、準備は早めです。

 打点に入るタイミングを合わせて、テイクバック
 テイクバックの時にラケット面が下を向いている事に注意。

 こうしないと、効果的なトップスピンがかかりません。

 そして大事なのはインパクトに向けててラケットヘッドを走らせ、
急加速する事。

もちろん打点は前です。

一般プレーヤーのミスで多いのが、
1:打点が後ろ
2:急加速が少ない
3:インパクトでラケット面がぶれる

その原因のほとんどが、準備が遅い事です。
 では準備を速くするにはどうすれば良いでしょうか。

 そこで

Sayingtspinss

 本日の御教訓 トップスピンを打つために
 早め、早めの準備

  1:相手が打ったらスプリットステップ
  2:テイクバックでラケット面は下
  3:インパクトに向けて急加速

 トップスピンと言えば
 R.フェデラーのトップスピン
  
 R.ナダルのエッグボール
 
 N.ジョコビッチのソフトテニストップスピン

 テニス部活応援キット

Tenniswblob


 杉山愛選手の公認コーチが
 スピード&回転のあるストロークを初めて公開!!
 爆発的に売れた第1作
新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾

 1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2011年10月29日 (土)

WTAファイナル 準決勝 行方はどうなる?

今年の女王を決めるチャンピオンシップファイナル
 総当たりのラウンドロビンが終わり
 トーナメントになる。


 どの試合も、壮絶なストロークの打ち合いになる。
 甘い2ndサービスが叩かれるので、
 1stサ-ビスに入り方が重要となる。

 彼女たちのウエアの共通点はパープル、紫
 紫の祭典だ。

Wtapkss


 P.クビトバ 対 S.ストーサー
 P.クビトバ S.ストーサーの対戦成績は
 P.クビトバの2勝


Istpkss

  今年のオーストラリアンオープン3回戦で7-6(5) 6-3
  2008年ロランギャロ2回戦で 6-2 6-1
  S.ストーサーの武器はダブルスでならしたキックサーブ
  これは右利きにはバック側に跳ねるので嫌だが、
  サースポーのP.クビトバには叩きこむ絶好球となる。
  P.クビトバはここまで全勝。
  S.ストーサーはネットプレー等の揺さぶりが必要だろう。

 P.クビトバの安定ストローク
 
 S.ストーサーのキックサーブ
  
 V.アゼレンカ対V.ズボナレバの対戦成績は
Wtavavz

 V.ズボナレバの6勝3敗
 しかし、ここ2年ではV.アゼレンカが3勝2敗と
 苦手意識を取りはらっている。

Istbavz


 V.アゼレンカのルーティーン
  ツイストアンドシャウト
   
 
 遅咲きのV.ズボナレバ
 

 V.アゼレンカも好調。 
 ラウンドロビンの最終戦は、M.シャラポワの代役、M.バルトリにしてやられたが、
 逆に気を引き締められて良かったかもしれない。

 いずれにしても注目の準決勝だ。

 僕はラウンドロビンの勢いからして、P.クビトバ、V.アゼレンカのファイナルになる気がするが。

セミオーダーノート2012

Singlesmatchmemo




1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

 お陰さまで、内容の充実したブログとおほめの言葉を頑張ります。
 人気ブログに、各種ページが選ばれています。
1029


にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

USオープン 初優勝のストーサー キックサービスの魅力

USオープン セレナ を破ったストーサー

 0911
 世界の人が忘れてはいけない日だ。

Us0911theday


 グランドスラム初優勝
 遅咲きのテクニッシャン
 第9シードの27歳、サマンサ・ストーサーが29歳のセレナを6-2,6-3で破り、
 四大大会で初優勝した。

Sayssserena


 3つの意外性があった。
 1:S.ストーサーには失礼だが、復調中のS.ウィリアムスに勝った事。
 2:スコアがこれだけ大差になった。
 3:S.ストーサーのグランドスラム初優勝だった事。

 S.ストーサーはここ2年、常に上位に来ているが、優勝はない。
 大事なところで、気持ちの切れるところがあった。
 今回も、アメリカの地元、
 S.ウィリアムスの好調さ
 セレナは、ランキングNO1C.ウォズアニッキを軽々破っている。

 一方S.ストーサーはフルセットの苦戦続き

 体力的にも負担がかかる。
  

 これらの理由から、セレナが優勝の文字が浮かびかかっていた。
 それを覆した、S.ストーサー

 まず、
 この筋肉のたくましさを見て欲しい。

 体力トレーニングのSsmuscle

 賜物だ。

 ダブルスの
 チャンピオンとして、
 鍛えた前への
 フットワークがある。

 S.ストーサーの勝因は
 キックサービスからのシンプルな
 オープンコート攻撃。


 これについては次のブログで詳しく述べる。、

 セレナ・ウィリアムスの敗因を探る。
 メンタル.タフネスの一言だ。

 セレナは、やってはいけないメンタル.タフネスのミスを繰り返してしまった。
 2年前、反省したはずなのだが。
 K.クリテルス戦
  コードバイオレーションを取られ、そのまま敗退。
 後味の悪い試合だった。
 S.ウィリアムスのマナー事件

 メンタル.タフネスは行動で出てしまう。
 一番悪い例がラケットを投げる事
 


 データで振り返ってみよう。

Usstatsssserena


サービス
 1stサ-ビスの確率、セレナ低過ぎた。
 トッププレーヤーは1stサ-ビスの確率は決して高い数字ではないが、
 60%はないと、難しい。
 これは一般プレーヤーと大きな違い

 試合を分けたのはリターン
 リターンは反撃の第一歩。
 サービス、リターンの勝負とも言える。
 男子では特にそれが強い。

 リターン上達 レッスンカード


 セレナの様にサービス力が武器の選手。
 S.ストーサーはセレナのサービスのコースを良く読み、
 サービスエースをたったの5本に抑えている。
 それどころかリターンでは反撃に転じている。

 リターンではセレナの1stサ-ビスの速さを怖がらない、
 強い精神力が必要。
 それを見事に成し遂げた。


 その点ストーサーは1stサ-ビス、2ndサービスと安定
 サービスのポイント獲得率で圧倒
 特に2ndサービスの差は大きい。
 ダブルスサーブ&ボレー仕込みのキックサーブが有効だった。
 キックサーブの有効性
 

 キックサーブとボールの回転
 

 S.ストーサーのキックサーブ 

 リターン力でもストーサーが圧倒した。
 セレナを相手に52%は凄い

 ブレークポイントの場面でも、チャンスをことごとく着実にゲットした。

 二人でネットプレーの応酬になると期待したのだが、意外に少なかった。

 セレナは、あれだけのサービスを持ちながら、有効な攻め手に欠いた。
 C.ウォズアニッキ戦の様に、ネットプレーを活用べきだったのだろう。

 サービス、レシーブの練習を増やすコツ

Sayingssserena


 テニスの部活活性化をフォロー します。
  
  作戦ボード
  システム手帳、
  ボール出しマニュアルの3点セット
  即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。

 テニス部活応援キット

Tenniswblob

   

 ソフトテニス応援キット

Bivscorecpower


グランドスラム リンク集 超便利
 
月さんの情報力総結集
 テニス365 Q&A
  テニスの質問ならなんでもどうぞ

  

 全米オープン USオープン 
 ハードコート、高速サーフェイス  

 テニス365
 テニスの話題 

 ATP男子プロテニスツアー
 選手のデータが多い。
 月さんの情報源

 WTA 女子プロテニスツアー
 動画も豊富 

 WOWOWテニスチャンネル 
  ライブで盛り上げる

  
 クルム伊達Akways smile
 更新が細かいので、様子が分かる、
 


 本日の御教訓 リターン
反撃の第一歩

 1:気持ちで負けない
 2:コースを読む
 3:主導権を握り返す


男子の結果が出たら、サイドステップ技術特集を紹介します。
 乞う! ご期待!!


  1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


最後まで読んでいただいて、有り難うございました 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽