予測

2017年5月25日 (木)

錦織 全仏への道 アンダーソン戦 絶対に有利 その根拠

全仏まであとわずか。 錦織圭のクレーコート、K.アンダーソン戦、 
 作戦は?
 トッププレーヤーは必死の調整を続けている。
 ゆっくり休養に入ったのは、
 A.マレー、N.ジョコビッチ、R.ナダル
 R.フェデラーはウィンブルドンに専念するために
欠場を表明した。

さて、必死もがく錦織。
 ジュネーブに参戦
 初戦の2回戦は、しぶとい、M.ククシキンを一蹴
 調子の良さをアピールした。

 次の対戦は、K.アンダーソン。
 怪我から回復途上とは言え、ローマでも活躍。
 アメリカの伸び盛り若手、J.ドナルドソンにフルセット勝ち。
  15本のサービスエースを放っている。これは要注意。
  ビッグサーバーの油断できない相手。
1203cm 超長身、もちろんビッグサーバー。
 2015年には10位まで上げている。
 身長とサービスの相関関係  
K.アンダーソン 203㎝ 錦織圭177cm
 錦織圭にはSerheightkeikevin

 打ち上げ感覚の
 スピンサービス
 が必要。

 長身
 アンダーソンは
 フラットサーブ
 が可能。

 それは
 仕方がない。


 残念ながら、テニスは、長身有利


 ハードコートでは特に。 

 しかし、クレーコートでは、サービス力は20%減。
 錦織圭のリターン力が活きる

 ただ、クレーコートは錦織圭が得意で、
 錦織圭の1stサ-ビスが普通に入っていれば大丈夫。
 サービスエース10本は覚悟の内。

それを証明するのがElo 強さ比較 

Keikandelo


 

 後は自分を信じる事  

 錦織の3勝1敗。 
 錦織9位、最高4位 アンダーソン62位、最高10位
 直近は今年のマイアミ 錦織圭のストレート勝ち

 2015はメンフィスの決勝で、3連覇の記念になる大会だった。


 負けたのは、少しの油断から、上海のマスターズ

 同じ轍は踏まないだろう。
本日の御教訓 K.アンダーソン戦
 まずは自分を信じる事。
Sayingchandepace


 試合に入り方要注意
  錦織圭は序盤がペース作りが下手。
 最初のゲーム、リターンで崩す
 錦織圭は1stサ-ビスの確率を上げる

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを
Wb2magimage

 ワンポイントアドバイス、レッスンカード 

 テニス・システム手帳 
スコア、データ整理、作戦ボード、とテニス指導の全てが出来る。

A5memoc2cbird2

もちろん,ソフトテニス用も準備。


作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月24日 (水)

テニス 新しい強さの指標 Eloレイティング 今強いのは誰?

錦織、ジョコビッチ 新しいデータで実力比較
 今日の日経新聞、さすがデータの日経と思われる記事があった。
 テニスのランキング、強さの指標、Elo イロレイティングの紹介だ。
 面白いでデータなのでぜひ読んで欲しい。
 たかがデータ、されどデータ。
 強さの数値化、将棋、チェス、テニス、海外では賭けが盛んなので、発展します。
 良い悪いは別として。
 それによると、錦織圭は、歴代のトッププレーヤーの中でも強い方。
 しかも、上位選手との差を、どんどん詰めてきている。

  
日経新聞 Eloの紹介記事

 その記事を参考に、月さんの情報を駆使して、
 トッププレーヤーの強さを、改めて比較してみたい。

Elo2

錦織圭のランキング 2017、5月
 ATP 9位 Race 14位 Elo 7位  この差は何だ? 
 そこで早速調査開始。

 日経新聞の記事、面白いデータで役に立った。
 テニスは、ネットを挟んだ対人競技だから、このチェスからの発想は役に立つ。
  テニスはネットを挟んだ対人競技。
 ただ、テニスは、チェスの様にクロズドスキルではなくて、
 クロズドスキルのフィギュアスケート 
 

 コートサーフェイス、天候など、オープンスキルのスポーツ。
 テニスはオープンスキルのスポーツ

Sayingcrisismanagement


クレーコートの強さ
 特に今行われているクレーコートでは、クレーコートへの対応で得意、不得意が分かれる。
 R.ナダル、D.ティエムはクレーコートで強い。

 R.フェデラー、N.ジョコビッチは、クレーコートは余り得意ではない。
 でも、ピークでは、二人ともロランギャロスで優勝。

 N.ジョコビッチのロランギャロス  

 R.フェデラーのロランギャロス 
 二人とも、全仏優勝で、グランドスラム達成しています。

 僕は旬の強さを測るのは、Race のランキングと前から書いている。
 今年は特に、その二つ、差が開いている。
 群雄割拠状態にある。
 

 直前の二つのランキング比較  

 Eloのデータを見ながら、Raceランキングをチェックしよう。

Elo レイティングが凄いのは
 その選手の最盛期の強さを数値化。
 年齢も比べる事が出来る。
 すると錦織圭は、まだまだ強さに復活の余裕あり。
 J.D.ポトロを5位に挙げてている事。
 この強さは有っていると僕は確信する。
Eloatprank0524


 錦織圭を下した、J.D.ポトロ  

 A.ズべレフ ローマで優勝

 D.ティエムも合っている マドリッドオープンで優勝

 テニスの強さ、比較に新しい見方。
 イロ レイティング スウェーデンの、物理学者でチェスマスターでもある、Elo博士が考案した、
 強さの指標。

 Atpのランキングシステムと、本当の強さの乖離を、詰めるべくの説明。
 細かい物理的な数字が多くて、分かり難いが、
 現在のATPのランキングでは、試合でのポイント獲得数で、ランキングが決まる。
 当然、一位は圧倒的に多く、2位、3位と、どんどんポイントは下がる。
 Eloでは対戦したプレーヤー同士の勝敗,ポイントなどで分析し、から、数値を出し、合計する。
 すると確かに、強さの指標が、一致してくる。

 テニスは、野球と違い、リーグ戦では無く、トーナメントなので、強い相手と当り負ければ、それまで。
 しかしこれからもトーナメントな訳だから、
 それはそれで良いと思う。

 ATPのランキングでもRaceランキングは、強さの指標として、役に立っていると思う。

ジュネーブ、3回戦、錦織圭対K.アンダーソン
 ジュネーブで錦織圭が対戦するK.アンダーソン Elo のレィティング
1919.2  39位
 錦織圭は  2201.7 で7位  200点以上の差だから、圧倒的に錦織圭が有利となる。

アップデートされた最新Elo tennisabstract.com


Elo Rating system
PDFで、ポイントの出し方を紹介。
 簡単と書いてあるが、数字に弱いと難しい、英語です。

イロ レイティング 

 お陰様で、D.ティエム、ズベレフを紹介した記事、トップ3まで独占です。
 クリック有り難うございました。
0524


テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
Wb2mag


 テニス・システム手帳 
スコア、データ整理、作戦ボード、とテニス指導の全てが出来る。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

ATPランキング 大変動 2017 5月4週 ズべレフ台風

ATPランキングに大変動 ズべレフ台風
 ATP新しいランキングから。ニュースを紹介する。
 主な点は、A.ズベレフ、D.ティエムの活躍、N.ジョコビッチの復活

ご存知の様にランキングには、二つある。
 去年からの通常のランキング、いわゆるランキング。
 去年からの52週の通算ポイントで、持ち越しがある。
 例えば、去年、優勝して、今年だめだと、その分減点される。

 もう一つはATPファイナルを目指す、Raceのポイント。
 去年は、マレーの年。今年はどうしたんだろう。

 単純に、今年の成績を加点する。
 これが旬の強さのポイント。

 今年は序盤から、ランキングの変動が激しい。
 その要因は、マーレーとジョコビッチの不調だ。
 今年の3月のランキング   
 今年の四半期のランキング 
 ハードコートでR.フェデラー、
 R.フェデラー、マイアミでナダルを撃破   
 クレーコートで、R.ナダルが一気に上昇

 そして、若者の元気。
Zveatp


前の週のランキング
 まだA.ズベレフは圏外だった。今年は二つのランキングに逆転現象が起きていて。
ランキングの上位、1位:A.マレー、2:N.ジョコビッチ、
 6位:M.ラオニッチ、9位:錦織圭

Raceランキングで、9位:N.ジョコビッチ、11位:7A.マレー、14位:錦織圭、
 16位:M.ラオニッチ
 N.ジョコビッチは、先のローマで、準優勝で、Raceランキングを9位まで戻している。
 N.ジョコビッチ、D.ティエムを完封 ハイライト動画

Atpmay4

 
Raceで大きく飛躍しているのが、
 D.ティエム、A.ズベレフの二人。
 D.ティエムはランキングも7位まで上げている。
 クレーコートでも活躍 が目立つ。
 
 A.ズベレフは、ローマの優勝 で、一気にトップ10入り、

 Raceも4位に上げた。

 Roma Final ハイライト動画   
 クレーコート最後のビッグイベント、全仏、ロランギャロスに向けて熾烈な戦いが続く。

 錦織圭は、右手首の怪我と格闘しながら、難しい調整が続く。
 ジュネーブに急遽出場。大きな賭けに挑んでいる。
 第1シードの、バブリンカと
Keiswgeneva
 初戦は、2回戦で、M.ククシュキンと対戦する。

 錦織の4連勝、心配はないが。

 ワンポイントアドバイス、レッスンカード 

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。


必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年5月 7日 (日)

錦織 大きな山場 マドリッド・マスターズ クレーの戦い

錦織圭の正念場、全仏に向けて、ギアアップする時期。
 トッププレーヤーが、ランキングを安定させている時期。
 今年ほど、ランキングが入れ替わる年は珍しい。
去年は絶対王者だった、A.マレー、N.ジョコビッチの出遅れ。
 変わって、トップを伺うのが、R.フェデラー、R.ナダル。
 結局、Big4の争いなのだが。

 今が旬のR.ナダルの復活。 

Atprankingmaytop


 
 
試合を面白くしているのが、若手の台頭。
 D.ティエム、A.ズベレフ、カチャロフと逸材が揃っている。
 クレーコートで、R.ナダルと渡り合う、D.ティエム


 グランドスラムに次ぐ大きな大会、マスターズ。
 ロランギャロスを前に、マドリッドオープン、イタリアと試合が続く。

こんな中、錦織圭がもがいている。
 まだ今年は優勝が無い、 錦織圭とマスターズ


 しかし、クレーコートのマドリッドオープン 錦織圭には、相性の良い大会。
 記憶に残る名勝負、ナダルが諦めかかった、無念の途中棄権、2014。
 その後も、2015,2016とベストに進出。

2014  F.ロペスを破り、念願のベスト10へ  

 2014 R.ナダルと競り合うが、無念の棄権
 


 2015 錦織圭、マドリッドオープン best4 A.マレーに敗れる


 2016 N.ジョコビッチに惜敗Nolekeimadry


  

 錦織圭,ハードコートが得意と思われているが、実はクレーコートの勝率が良い。

 今年は、今絶好調の19位の地元A・ラモス=ヴィノラス、46位のD・シュワルツマンの勝者と対戦。

 厳しいが、それが現実。勝てる力は十分に有る。

マドリッドオープンの上位シード
最新ランキングで見る強さ。
 旬の強さ,Race rankingでは2位、R.ナダル、3位、S.バブリンカ、4位D.ティエム
5位、D.ゴファン、6位、G.デミトロフ、7位、J.W.ツォンガ
8位、A・ラモス=ヴィノラス、9位、J.ソック、 10位、P.C.ブスタ
 錦織圭は14位

クレーコートで強いのは誰? 
Mo4


 

1 A.マレー  今必死にもがいている。
  15勝5敗で、優勝一回。2月のドバイ。それ以後無し。
 復調に近い感じがするが。
 A.マレー、2015マドリッドオープンで王者ナダルを破る
 

8 D.ティエム 先のバルセロナオープンではR.ナダルと決勝を争った。

3 S.バブリンカ  一人だけ、ン二つのランキングが同位の3位。安定している証拠。
 今年15勝6敗。優勝が無い。
   A.ズベレフ
7 M.シリッチ 今年は不調。イスタンブールで決勝に。

5 M.ラオニッチ 怪我から復調
 今行われている、イスタンブールで決勝に。

9 D.ゴファン クレーコートも強い。好調。
 デビスカップで存在感。

 11 N.キリオス 曲者
4 R.ナダル 今年絶好調、バルセロナオープン、モンテカルロと2連続優勝。
 クレーコート、キング復活。

6 錦織圭 右手首の腱鞘炎と、格闘中。
  A・ラモス=ヴィノラス vs D・シュワルツマン
 D.フェレール
 J.W.ツォンガ
 G.モンフィルズ 怪我からやっと復調

2 N.ジョコビッチ  今までのコーチングスタッフと決別。
   心機一転巻き返しを図る。
   今現在、14勝4敗 優勝1回。年初めのドーハ。

   少しずつ粘りが戻っている。
  N.ジョコビッチの粘り。
 さあ、マドリッドオープンが始まる。
 女子では、土居美咲が、シードのM.キーズを破った
 
 この勝利で、復調することを期待しよう。

テニス上達のヒント

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Lob

 ロブの立体表示が大好評。
 特にソフトテニスの指導者の方から注文が増えています。
 有り難うございます。 立体的なコート図が有効なんですね。


この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 


必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マドリッドオープン オフィシャルサイト 
 錦織圭が出場予定、強豪がそろい踏みするが、
 NHK、テニス、マスターズ
 5月9日、(火)から放映予定。錦織圭の試合中心。


 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年3月26日 (日)

錦織劇場 マイアミ2017編 次はF.ベルダスコ 対策は

錦織 次の相手 超超スピンマン、F.ベルダスコ マイアミオープン2017
 マイアミ大会の日本選手インデアンウエールズに続き、アメリカが戦場だ。
 男子は、錦織圭、西岡良仁選手が登場。
 錦織圭はK.アンダーソンにストレート勝ち。マスターズ初制覇の夢に向かっている。
 
 西岡選手、J.ソックにリードしたが、残念な左ひざの負傷で棄権。

 女子では、大坂なおみ、尾崎里紗登場
 大坂なおみは、第3シードのS.ハレプに残念な負け方。
 尾崎里紗が、3回戦へ勝ち上がっている。
 シードのバーデンスを下した。2試合ともフルセットの激戦。
Score

 次の相手J.ジョージ、シードのS.ナバロを破っている。強敵。 尾崎の1敗。

錦織圭選手の相手はF.ベルダスコ。
 錦織圭のマイアミ大会。 
 2勝2敗だが、1試合は棄権、
 直近は錦織圭の2連勝だが、フルセット。
 去年のロランギャロス 5セット、フルセットの大激戦
 
 この時は危なかった。
 2セットアップから、追いつかれてしまった。
 試合に負けて、勝負に勝った。まさにそんな感じ。
Say

 
 強烈はサースポーの超回転、ハードヒットが売り。
 サービス力もある。F.ベルダスコのテニス 

 サースポーのサービス  
左利きのサービス、見るのも嫌と言う人は多いですね。
 スライスを打つ人が多いですが、
 左サイドではLopezserrside

 ワイドに切れ、
 右サイドでは、
 センターに
 フラットサーブと織り交ぜて来るでしょう。

 2ndサービスは、キックサービスが主体です。
 跳ね上がって右利きのボディに食い込んでくるサービスが特徴です。
 最近は、粘りが少ない感じがするので、攻撃を焦らない事。
 ダブルスの戦績もあり、攻撃は多彩。
 回転系のボールには、J.ソック戦で懲りただろうから、対策は万全負はず。
 

 お互いにフォアハンドが得意。
 F.ベルダスコのフォアの回り込みはすさまじい。
 サースポーのフォアの回り込み。ナダルの例
 
 F.ベルダスコは錦織圭の2ndサービス、フォアに回り込むだろうから、
 錦織圭が勇気を持って、逆を突けるかどうか。
 準決勝まで勝ち進めば、R.ナダルとの対戦も考えられる。
 予行練習としたい。
Saykei


 F.ベルダスコに対しての作戦 

 K.アンダーソン戦の様に、リターンから 有利に組み立てたいですね。。
 

スポーツ&アートのテニス上達グッズ
スポーツ&アートのショップブログ  
 人気商品 作戦ボード、圧倒的品揃えです。
レッスンマニュアル DVD
Bmpolicy


 各種スポーツの注文制作が可能  

 2画面の特注版 が人気です。

 テニスノート、上達にはメモる癖を、 Baby Stepで人気がさらに
  

 ソフトテニス、システム手帳  

 ダブルス フォーメーションBook

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マイアミオープン 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 
お陰様でテニスコーチ人気ブログに上位3位まで。感謝です。
0326

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

錦織 マスターズへ再始動 得意のマイアミ2017大会

錦織 第2シードでチャンス膨らむ マイアミ2017
 今年こそ、マスターズの優勝が欲しい。
 錦織圭のまたもやチャンス。
 第2シードは有利だ。

 日本選手では、西岡が、またもや逆転勝ち。
 インデアンウエールズでは、大活躍。
 ビッグサーバーのI.カルロビッチを破る
 T.ベルディフを破り、S.バブリンカをあわやまで追いつめたが。
 ここマイアミでは、インデアンウエールズで錦織圭を破り調子に乗る、J.ソックと当る。

 大坂なおみも初戦突破。インデアンウエールズでは3回戦

 インデアンウエールズに引き続き、見せ場を作ってくれる。
 奈良くるみは予選を突破したが、本戦初戦負け、
 土居美咲も敗れる。やや不調が続く。ここは試練。
錦織圭のランキング 4位に復活
Atpranking0324


 少し前のランキング  
 この時は5位。
 インデアンウエールズでは、J.ソックの跳ねるボールにやられて準々決勝敗退。
 課題は残る。

 マイアミのコートサーフェイスはインデアンウエールズよりも速く、得意としている。

 怪我からの復活途上のK.アンダーソンと2回戦で当たる。203cmのビッグサーバー。
 錦織圭の2勝1敗。
錦織圭のビッグサーバー対策
Keiisnerserheight

 錦織圭のインタビュー動画 
 
 練習の本拠地がs近い。第2の故郷。7年連続、8度目の出場。
 去年のマイアミ、西岡、大坂が大ブレーク。
 西岡、シードのロペス破った。  

 大坂、S.エラーニ破り Best16へ  
 錦織圭も頑張った、相性の良い大会。期待したい。
 去年はN.ジョコビッチに3-6,3-6敗れたが,マスターズでは自身最高の準優勝
 
ランキングの異変続く
 二つのランキング、相関していることが多いが。
 今年は大きく食い違っている。
  錦織圭しかり、
下がっているのが、A.マレー、N.ジョコビッチ、そして錦織圭。
 A.マレー、N.ジョコビッチと肘の不調を訴えマイアミ、をパス。
 G.モンフィルズ、T.ベルディフ、M.シリッチも下がっている。

 上がっているのが、R.フェデラー、R.ナダル
 そしてG.デミトロフ、
 好調のR.フェデラー。
 先のオーストラリアンオープンの優勝。
 インデアンウエールズでの同僚S.バブリンカを破っての優勝で大きくポイントを伸ばした。
 
 以前は、普通のランキングが重要視されていた。
 二つのランキング  
 一般的には
 しかし選手にとって重要なのはRaceのランキング ATPファイナル出場がかかる。
 今年の勝敗で決まる。

 錦織のストローク  


マイアミオープン 得意にしている、N.ジョコビッチは欠場。
 N.ジョコビッチは通算6勝。2011から5勝、3連勝


マイアミ 初日ハイライト動画

 西岡の初戦突破ハイライト動画


テニス、ソフトテニス上達グッズ
 スポーツ&アート
 テニス部活応援キット

Tenniswblob

テニスのシステム手帳2017 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マイアミオープン 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年3月18日 (土)

錦織 QFを戦うJ.ソック 1勝1敗 打ち合い必死 展開力で錦織有利

錦織圭は、今年、好調のJ.ソックと当る。インデアンウエールズ2017
 錦織圭の対戦相手、J.ソックを分析する。
 好調、錦織圭は、ドラマを展開 している。
 
 この大会、普段はめちゃ強い、Big4に異変が起きている。
 一位のA.マレーは、初戦。でカナダのV.ポスピシルのサーブ&ボレーに敗れ。
 N.ジョコビッチも4回戦で、N.キリオスに敗れ去った。
 その他にも、J.W.ツォンガ、
 T.ベルディフは、西岡に敗れている。

 N.ジョコビッチの山は、死の山と言われるほど、強豪がひしめく
 
 R.フェデラーがR.ナダルを破って勝ち上がっている。
 R.フェデラーは、N.キリオスの足の不調リタイアで労せず、準決勝へ。
 トップシードで、錦織圭は、踏ん張っている。
インデアンウエールズベスト4の組み合わせ
 P.C.ブスタとS.バブリンカの対戦は決まっている。S.バブリンカの2連勝。

 R.フェデラーの待つ、セミファイナル、錦織圭対J.ソックの対決。

J.ソックはアメリカンな選手。
 J.ソックは、国別対抗のエキビジションマッチ、ホップマンカップで、活躍。
 予選リーグを全勝で折り返した立役者。
 決勝は、R.ガスケのフランスに敗れたが、ここでもらしさを発揮した。
Keijs11


 J.ソックは強烈なサービスから展開する、アメリカ期待の選手。
 18位、レースのランキングでは12位で錦織圭の上、今年は好調と言う事。
 24歳、191㎝。
 サービスゲームからの速攻が得意、
 J.ソックの勝ち上がり
 3回戦で、今年好調の第12シードのG.ディミトロフを逆転で破ると、
 続く4回戦でもM.ジャジーリを逆転で下して準々決勝へ駒を進めた。
 サービスエースを連発し、打ち合いを制した。
この二人打ち合い必死。
 暑い中での対戦となるので、身体の元気さが大きなカギ。
 ストレート勝ちを続けている、錦織圭が有利ではないか。
 アメリカの試合は、地元の応援が凄い。
 WBC同様、完全アウェイでの、錦織圭となるが、この展開は錦織圭は慣れているので大丈夫。

Iwatmosphere

  
 良きライバルだが、以外と対戦は少ない。1勝1敗。
 2013 シティオープン
 この時は、J.ソックのダブルフォールトに助けられた。

 2014の上海マスターズでは、J.ソックが勝利。
  この時錦織圭は、疲労と腰痛で、絶不調
  

 ここまでセットを落としていない錦織。
 持ち前の速攻で試合を有利に進められるか。
インデアンウエールズ錦織圭の勝ち上がり
 錦織圭のインデアンウエールズとの相性

 今年は好調でここまで来ている。
  錦織は初戦の2回戦で世界ランク41位のD.エヴァンス、
  3回戦で第25シードのG.ミュラー、
  4回戦で同60位のD.ヤングを早い展開で破っている。
  早い打ち合いを制しているので、J.ソック戦でも速攻を活かしたい。
  先にベースラインに入って、ダウンザラインを展開できるかが勝負。
  ダブルフォールトは両者にとって鬼門。
  錦織圭のサービス力

 1stサ-ビスでJ.ソック、
 2ndサービスで錦織圭の展開。

 錦織圭の試合の展開力、
 特にネットプレーが重要になる。
Ws000004

  

 守りに入ると、最近の錦織は、テンポが上がらない。

 調子の良かった、S.バブリンカ戦 を思い出して欲しい。
 

月さんの勧めるテニス上達グッズ
 テニス作戦ボードの勧め 

 2画面作戦ボード
Tennis2magstandard2


 コーチ、選手ならテニスノートの活用

 テニスノート便利さ倍増

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

西岡 ビッグサーバー、I.カルロビッチを破り3回戦へ

西岡良仁、金星 ビッグサーバー、I.カルロビッチを破る  インデアンウエールズ2017
 インデアンウエールズに激震。第シードA.マレーが敗れた。
 カナダの予選上がりの、V.ポスピシルにストレート負け。
 詳しい、内容は、後でアップする。

 波乱含みのインデアンウエールズ

西岡良仁、シードのI.カルロビッチを破る。
西岡良仁◎ 6-4,6-3 ×I.カルロビッチ
Ikscore


 ラッキールーザーで勝ち上がっている西岡、
 ビッグサーバーで、ブレークが難しいI.カルロビッチから、3ブレーク。
 さすがに1stサ-ビスのポイント獲得率では下回ったが、
 2ndサービスのポイント獲得率で、追いつく。
 2ndサービスの重要性を示してくれた。
 西岡は、マスターズで最高の3回戦進出。
 西岡の予想  
 強力なサービスを武器に、速攻を仕掛ける、I.カルロビッチだが、
 西岡のグリグリトップスピン、異常なまでの粘りに屈した感じだ。

 西岡のテニス。サースポー。
 体格に恵まれない分、走り回る。 
 そしてグリグリのトップスピンが特徴だ。

Fsiw

  

 トップスピンの打ち方  

 相手は、巨人、210cm I.カルロビッチ。
 サービスの成績は抜群。
 サービスエースの記録も更新中。 この時で1万本。
 3月まで、11801本 1試合平均で20本近く。
 I.カルロビッチのサービス、スタッツ  

 こんなI.カルロビッチ相手に、西岡は、サービスエースを12本に抑えた。
 しかもダブルフォールトを8誘っている。

柔良く剛を制する
。まさに西岡のテニスだ。

Statsik


 次の相手は、T.ベルディフ。去年のロランギャロス、1回戦で対戦
 第1セットこそ、簡単に落としたが、第2、第3セットと粘り、T.ベルディフを慌てさせている。
 
 T.ベルディフは、まだ調子を出していない。
 トッププレーヤーのランキング 3月
 つけ込むスキがある。
 I.カルロビッチ戦同様、リターンゲームに集中して、先にブレークを狙おう。

本日の御教訓 柔よく剛を制する
 西岡、真骨頂
1:ボールをSay

最後まで追う
2:チャンスはある
3:粘り勝つ

月さんの勧めるテニス上達グッズ
 テニス作戦ボードの勧め 

 2画面作戦ボード
Tennis2magstandard2


 コーチ、選手ならテニスノートの活用

 テニスノート便利さ倍増

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年3月11日 (土)

錦織の相手はエバンス 今年急上昇 インデアンウエールズ2017

インデアンウエールズ2017 錦織選手の初戦の相手。
 誰もが、青空のきれいさに驚く、ここインデアンウエールズ。
 第4シードで2回戦から出場の錦織圭。対戦相手が決まった。
 先に2回戦への勝ち上がりを決めた、西岡、大坂
 
 錦織圭も調子に乗りたいところ。

錦織圭の初戦相手が決まった。
 N.ジョコビッチのドローを中心に面白い組み合わせが多い。
  
 ダブルスにも多くのプレーヤーが出場しているので、そこも興味が湧くところ。
 
ダブルス1回戦が行われ、
 Big4のA.マレー、N.ジョコビッチ、R.ナダル、ダブルスでも勝利
 R.ナダル/ B.トミック◎6-4, 7-6 (9-7) P.カレノ=ブスタ/ J.ソウザを

 A.マレー/D.エヴァンス◎ 6-3, 1-6 [10-6] 第5シードのF.ロペス/ M.ロペス
 N.ジョコビッチ/Vトロイキ◎ 2-6, 6-3 [10-7] ×R.ボパンナ/ P.クエバス組にの逆転で勝利して2回戦へ進出した。
 強さ満開の、S.バブリンカ、G.デミトロフペアは敗れた。ダブルスって面白い。
 ズベレフ兄弟が、P.コールシュライバー、D.ティエムのシングルスペアを破る。
 M.ミルニーのペアが、S.バブリンカ、G.デミトロフ、のシングルスペアを破って、
 ダブルスのスペシャリストが優位に立っている。

 D,エバンス イギリスの伸び盛りの選手。
 今年の勝敗は、二人とも9勝4敗。
  錦織圭がイマイチ調子に乗れていない
 この大会で良い成績を残して、一気にジャンプアップしたいところ。

Keievans


  
 相手のエバンス、ランキングは下位ながら、このところ急上昇。
 トップランカーとも、良い試合をしている。
 思い切りの良いショットを繰り出す。
 テンポの速いテニスをする。
今年になりランキングを上げてきた。

エバンス強さの要因は
 好調のイギリスチームにあり、A.マレーに引っ張られてきた。
 今回もダブルス、A.マレーとエントリー。
 
 全豪の前哨戦でD.ティエムを破り、
 今年の全豪で、M.シリッチ、B.トミックを破っている。
 1:ブレークポイントコンバージョンが増えたこと。勝負強くなった。
 2:リターンゲームの勝率が格段に上がった。


 錦織圭もテンポは良いので、先にリズムに乗った方が勝つだろう。

Sayspeedquickness

二人の戦歴
 1勝1敗。2013USオープン、初戦でストレート負け、悔しい1敗をしている。
  D.エバンス◎ 6-4,6-4,6-2 × 錦織圭
 調整不足の出鼻をくじかれた感じだ。
 悪い癖が全て出た。
 スロースタート。
 1stサ-ビスの確率の悪さ、
 大事な場面でダブルフォールト。
 心が折れる

 錦織圭の敗因  

去年の デビスカップでも当たりこの時は錦織圭がストレート勝ち をしたが、
 
  錦織圭◎ 6-3,7-5,7-6(3) ×D.エバンス
 どのセットも接戦だった。

錦織圭の対策を考えてみた。
 早さ、速さ対策を持つ。  
 1stサ-ビスの確率を上げる 事は必須。
  
 錦織と試合を左右する、1stサ-ビスの確率、
 リターンゲームでも積極的に先に仕掛ける事 が必要だろう。
  
 相手はバックを中心に攻めて来るだろうから、
 バックハンドのダウンザライン、ショートクロスの打ち分けが勝敗を分ける事になる。
 錦織圭のストローク打ち分け。
Keirallyspeed


 勝負の分かれ目は2ndサービス。
 セカンドサーブは二人とも弱いので狙い目になる。

 守りに入ると、最近の錦織は、テンポが上がらない。

 調子の良かった、S.バブリンカ戦 を思い出して欲しい。
 

月さんの勧めるテニス上達グッズ
 テニス作戦ボードの勧め 

 2画面作戦ボード
Tennis2magstandard2


 コーチ、選手ならテニスノートの活用

 テニスノート便利さ倍増

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

ATPファイナル 準決勝組合せ 錦織は元王者ジョコビッチと

ATPファイナル 煮詰まってセミファイナルに進んだ。
 準決勝の最初の試合は A.マレー(Aグループ1位)vsM.ラオニッチ(Bグループ2位)。
 N.ジョコビッチ(Bグループ1位)対錦織圭(Aグループ2位)
Atpsf4men


 1位通過の二人は、3戦全勝。 世界王者、元世界王者ですから。
 勝ち上がり要素。  
 M.ラオニッチは、初戦のN.ジョコビッチ戦は敗れた が、
 
 サービス力を活かしての調子は上がっている。
 リターンの良いA.マレーも苦労するのではないか?
 A.マレーは23連勝中で、自身で一番長い連勝だ。

 この中でテンションが下がっているのが、錦織圭。
 M.シリッチ戦で完全に崩されて、どこまで立ち直れるかだ。
 A.マレー戦の様な覇気を出して欲しい。

過去の対戦成績
 A.マレーvsM.ラオニッチ A.マレーの8勝3敗。 
 今年は6回対戦して、A.マレーの6連勝中。
 しかしラウンドロビンのD.ティエム戦、はサービスからの展開が良くなっている。
 
今年のシンシナティでA.マレーがストレートで勝利。

N.ジョコビッチvs錦織圭
 N.ジョコビッチの10勝2敗。
 今年は錦織圭が5連敗中。
 どう突け込めるか。
 ラウンドロビンではD.ティエムを振り切って逆転勝ち
Atpkeinole

 
少しずつは良くなっている感じがするが。
 錦織圭は、S.バブリンカを破った のが良かった。
 

錦織圭もラウンドロビンの終盤から1stサ-ビスの確率は上がっている。
 後は集中力の問題。
 A.マレー戦では良かったが、M.シリッチ戦では、ブレークされた途端、集中力を無くしていまった。
 メンタル.タフネスの実行。
Photo
心を強くする、メンタル.タフネス

 この様な、マイナス思考ではなく。
Lcmtbadcircle


 プラス思考で考えたい。
Lcmtgoodcircle


 
 新たな気持ちで、N.ジョコビッチに挑みたい。
 やる事、速攻でしょう。
 ネットプレーをもっと多くすることですね。
 M.シリッチ戦の様に、ベースラインから下がっていたら勝てない。

スポーツ&アートの指導グッズ  

部活顧問、指導マニュアル


 日誌をつける

Mentalporkerface

 ビジュアル指導 2画面マグネット作戦ボード

テニス上達グッズ
テニス2画面マグネット作戦ボード

ソフトテニス作戦ボード大型B4サイズ、見開き2画面

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付
B7tennis2magstaffall


 ダブルス、フォーメーションBook

 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK on lineATPファイナル
 今日から、錦織圭の特集番組があります。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽