添田豪

2015年9月18日 (金)

日本 デビスカップチーム 歴史年表 保存版

デビスカップ 日本チーム小史 デビスカップがより分かる
 今日から始まるデビスカップ、ワールドグループ復帰の期待を賭けたプレーオフ。
 その前に、少し複雑な、デビスカップの試合内容を、
 歴史的にたどってみよう。
 もう少しで試合は始まる。
 コロンビアの高級リゾートクラブ。 テニスの大会会場には見えない。

Dcupcourt


 デビスカップの仕組み 
 日本は、長い暗黒時代時代を越えて、ワールドグループ、のプレーオフを行ったり来たりしている。
 それが出来るのも、長い間日本代表を支えている、添田豪、
 そして錦織圭の活躍が大きい。

 コロンビア戦、直前予想

Dcupjapan


1921年:準優勝
1921年 初参加で、インド、豪州ニュージーランド連合チームを破り、チャレンジラウンドへ進出。
 前年優勝国アメリカに挑戦して0-5で敗れる。
 (清水・熊谷・柏尾) 。

ワールドグループ戦績(現行制度の1981年以降)
1981年:ベスト16
  1回戦(日0:スウェーデン5)

1984年 フィリピン・中華人民共和国・パキスタンに勝って、29年振りに東洋ゾーン優勝を果たす
1985年:ベスト16
  1回戦(日0:米5)
1985年 世界グループに4年振りにカムバック。
 対戦国アメリカとは32年振り8度目の日米対決を日本初開催(京都)したが、0-5で惨敗。
 10月のプレーオフでは、ワールドグループ残留をかけて田園コロシアムでスペインと対戦したが、
 2日目0-3で惨敗した。最終日が雨となり、スペインチームが棄権したため、2-3の結果となった。

 デビスカップ、暗黒時代。その後長く、オセアニアゾーンにとどまる。

2011年 アジア/オセアニアゾーン・グループ Iの1回戦
1回戦は、セブ島でフィリピンと対戦。
 第1日目に伊藤竜馬選手、第3日目に添田豪選手がともに NO1、S.マミートを苦しみながらも破り、
 3勝1敗で2回戦に進出を決めた。(添田・伊藤・鈴木・近藤)

アジア/オセアニアゾーン・グループ Iの2回戦
 ウズベキスタン戦。
 錦織圭選手がシングルス、ダブルスで3勝をあげる活躍を見せ、
  4年ぶりとなるワールドグループ・プレーオフ進出を決めた。(錦織・伊藤・添田・近藤)

ワールドグループプレーオフ 日本は長い間、インドの壁を越えられなかった。
有明コロシアムでの開催となったインドとのプレーオフ。
 初日の第1試合で杉田祐一が格上のS.デブバルマンにストレート勝ちをおさめ、
 続く第2試合の錦織圭もR.ボパンナに快勝。
 ダブルスは惜敗したが最終日の第1試合で錦織圭が日本チームの勝利を決め、
 日本チームは実に27年ぶりにワールドグループ復帰を果たした。(錦織圭、添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一)
 ここでもダブルスが。

2012年:ベスト16
  1回戦(日2:クロアチア3)
2012年 ワールドグループ1回戦
27年ぶりのワールドグループ1回戦では、兵庫県のブルボン・ビーンズドームでクロアチアと対戦。
 添田豪がI.ドディグをフルセットの末破り、日本にワールドグループ初となる1勝をもたらしたが、
  身長208cmのI.カロビッチが3勝、2勝3敗で敗退した。(錦織圭、添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一)

Dcjapan23croatia


 クロアチアに惜敗  

ワールドグループ・プレーオフ
 ワールドグループ残留をかけたプレーオフは、有明コロシアムでイスラエルと対戦。
  初日に添田豪、最終日に錦織圭がともにドゥディ・セラに勝利して勝敗は最終試合にもつれたが、
  A.ワイントラウブがランキング以上のプレーを見せて添田を破り、
  日本はアジア/オセアニアゾーンへの降格が決まった。(錦織圭、添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一)
 ここでもダブルスがネック。
 日本イスラエルに惜敗  

2013年 アジア/オセアニアゾーン・グループ1・1回戦
 2013年の1回戦は、インドネシアと有明コロシアムでの対戦。
 初日のシングルスで伊藤竜馬と添田豪が1セットも落とさずに完勝。
 第2日のダブルスでは伊藤と初代表の内山靖崇がフルセットにもつれる接戦を制し、
 日本のデビスカップ対戦史上100勝目となる勝利を決めた。
(添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一、内山靖崇)

アジア/オセアニアゾーン・グループ1・2回戦
 2回戦は、有明コロシアムで韓国と対戦。
 初日のシングルスで2勝して王手をかけたが、2日目のダブルス、最終日の第1試合で連敗し、2勝2敗のタイに。
 勝敗がかかった第2試合では伊藤竜馬が快勝し、ワールドグループ・プレーオフ進出を決めた。
 (添田豪、伊藤竜馬、守屋宏紀、内山靖崇)
Dcup2013japankoreastats


 日本韓国に勝利 
 格下の韓国に大苦戦。メンタル.タフネスの弱さを露呈。
 デビスカップのメンタル.タフネス  

ワールドグループ・プレーオフ
 ワールドグループ進出をかけたプレーオフは、コロンビアと有明コロシアムで対戦。
 初日のシングルスは1勝1敗、2日目のダブルスで敗退して先に王手をかけられたが、
 最終日のシングルスで錦織圭、添田豪が連勝し、劇的な勝利を収めた。
 いつもネックはダブルス。
 (錦織圭、添田豪、杉田祐一、伊藤竜馬)

 日本コロンビアに勝利  


2014年:ベスト8
  1回戦(日4:カナダ1)、準々決勝(日0:チェコ5)
2014年 ワールドグループ1回戦
2年ぶりとなったワールドグループ1回戦では、前年ベスト4の強豪カナダと有明コロシアムで対戦。
錦織圭が初日のシングルス、内山靖崇と組んだ2日目のダブルス、最終日のシングルスと3勝をあげ、
ワールドグループ制になって以来、初となるベスト8入りを果たした

 敵地で錦織圭が、ライバルM.ラオニッチに勝つのが素晴らしい

チェコに完敗 0-5

2015年:ベスト16 ワールドグループでは初戦負け
 1回戦(日2:カナダ3)
 
 バンク―バーでカナダに敗れた。  日本と因縁がある国は、インド、カナダ、そして今回のコロンビアです。
 その結果、今回のプレーオフに回る


日本はアジア・大洋州の第1グループとしてワールドグループ進出を目指してきたが、
1981年、1985年、2012年、2014年の4回しか進出できていない(2014年現在)。

2012年、日本は27年ぶりにワールドグループに進出し、クロアチアに接戦(2勝3敗)した。
選手層も、錦織(ATP最高4位)を筆頭に、添田(同47位)、伊藤(同60位)と非常に厚くなり、
戦略次第では上位国とも十分に戦える戦力が整う、

 しかし、若手の、西岡、ダニエル,太郎が成長、中堅の添田豪、伊藤竜馬が振るわなくなってきた。


2014年に再度ワールドグループに進出。
2014年2月のカナダ戦で歴史的な勝利をあげて準々決勝に進むが前年優勝国チェコに惨敗 0-5
チェコに完敗 得ること多し
 

2015年のワールドグループ残留も決めた。しかし因縁のカナダに敵地で敗れて、プレーオフに回っている。


 日本のデビスカップチームが良く分かるサイト


 デビスカップ、スコアをつけよう

Visualscore3

 

 テニスを知らない親でも子供のスコアを簡単につける事が出来る。 ビジュアルスコア
 

錦織圭を強くしたメソッドDVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 テニス上達のテニスノート システム手帳
テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。
A5smemoc1bird2


ソフトテニスシステム手帳 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

 日本テニスの歴史年表

★☆★ デビスカップ関連のサイト ★☆★
 wowow  on line 
 9月18日―20日

 JTA 日本デビスカップチーム  

 ITF デビスカップ 

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2015年8月 5日 (水)

添田 2回戦へ Citi 2015 日本選手の活躍

ワシントン USオープンロード 添田頑張る 錦織圭は今日。
 まだまだ暑さが続きます。
 外の温度、Citiballkei

 猛暑で35度
 だとしたら、
 体感温度は
 プラス5度で40度。
 ハードコートだったら、
 45度ですよ。
 こんな時は木陰で休憩ですよ。
 正しい熱中症の知識を持ちましょう。  

 日本人選手 USオープン前哨戦情報  

 Citi Open シード選手 

注目は、A.マレー、錦織圭、M.シリッチだ。
 ダブルスに有力選手が出場しているので面白い。
Citikeicilic


 

 添田豪 快勝 予選上がりのキングを一蹴。
 添田豪◎  6-1 6-2 ×キング
圧巻は1stサ-ビスのポイント獲得率91%。

 2ブレークに抑えて、好調維持。
 その前のアトランタでベストまで行ったのが良かった。
 A.ドルゴポロフに勝ったのが大きい。
  準々決勝で第7シードのジレ・ミュラーに6-7 1-6で敗れた。

 次は、アメリカのビッグサーバー、S.クエリと対戦する。
 過去は1敗だが、競っているので期待したい。
 添田豪 S.クエリ 過去の対戦
Citigoquerry

 添田豪のテニス 日本ンのデビスカップを支えてきた男
 

 予選から上がった西岡良仁は、ドイツ期待の18歳、ズべレフに接戦をものにされた。
 西岡良仁× 6-7(1) 3-6 ◎ A.ズべレフ
 結果的には
 1ブレーク差で
 惜しかった。
 ズべレフが攻め込む、Citizverevnishioka

 一方的な展開。
 西岡は、
 防御は
 強いが、
 カウンターを
 覚える必要がある。
 耐えるだけではなく、
 どこかで反撃しないと、
 身体が辛い。

 西岡、 全仏でT.ベルディフと良い試合 をしたのが記憶的。
 

 カウンターの上手い選手それは、N.ジョコビッチ
 

 A.ズべレフはビッグサーバーのK.アンダーソンと対戦する。

 女子ダブルスで青山修子、穂積ペアは1回戦を勝ち上がった。
 次はクオーターファイナル。去年優勝しているので期待したい。
 青山修子、穂積◎ 6-1 6-4  × E.Bodgan,N.ブロディ組

 ダブルス フォーメーションBook 
 陣形、フォーメーション、詳しくなる、ダブルスに強くなる。

 Citi Open ハイライト動画 西岡 ズべレフ戦もある。

 スタンフォード 公式サイト 

 テニスの部活活性化をフォロー します
  
  作戦ボード、テニスノート、ボール出しマニュアル、使い勝手最高。
Tenniswblob


  
 テニス部活応援キット

試合に強くなる、戦術、戦略、そして身体作りのサプリメント。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

 ビーレジェンドクレアチン
 クレアチンはトップアスリートの中では最も注目されるサプリメントの一つです。

★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
 Citi Open ATP500
 錦織久々の登場 第2シード

Rogers Cup   Masters 1000  8月10日~8月16日
 カナダ 、モントリオール 

Western & Southern Open  Masters 1000  8月16日~8月23日
 アメリカ 、シンシナティ 

US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日
 錦織圭、念願のグランドスラム初優勝を狙う。

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2015年6月27日 (土)

ウィンブルドン2015 日本選手、男子の対戦相手 ビッグサーバーと対戦するのは?

ウィンブルドン2015 日本人選手、男子シングルスの対戦相手紹介、分析
 ウィンブルドン、グランドスラム。
 試合が始まる。
 日本選手、頑張って欲しい。
 ウィンブルドン全体のシード選手 知っておこう。
 ドローをプリントアウトしておくと、勝ち上がりが分かりますよ。
 相撲の星取表の様に。
Keibswim2014

男子シングルス 日本選手の対戦相手を分析しよう。
 出場する、日本選手
錦織圭の相手、 ボレッリ 56位 
 去年のウィンブルドン2014,3回戦で、2日間に渡る大激戦
 
 今年は同じ轍を踏まないだろう。
 錦織圭は強くなっているし、芝への対応 が進んでいるから。
Saykeigrass

 展開が早い、ウィンブルドンではサービス力が最重要だ。
 一般プレーヤーだってそうですよ。
 テニス勝利の法則
 ウィンブルドンでは特に、1にサービス、2にサービス、3,4が無くて、5にサービス。
 サービスダウンは致命的。

 シングルスよりも、F.フォジーニと組んだ、ダブルスが強い。11位の実力者。
 まあ、錦織圭もダブルスをすれば、10位には走入る思いますが。
 と言う事は、ネットプレーが上手いことになる。

 錦織圭はパッシングショット上手い ですよ。芝でも大丈夫。
 

 M.チャンコーチは、出産の立ち合いで、ウィンブルドンには来ていない。
 M.チャンの教え 心を強くする
 
 しかしチームで錦織圭をフォローする。
Keitapingnakao


 怪我への対応には、中尾トレーナー は重要だ。
 
 中尾トレーナーがチームに入ってから、大きな怪我での離脱は極端に減った。

 直前の肉離れ の時も、対応が早かった。
 

 皆さんも テニス前の、ウォームアップ、終わってからのクールダウン 実行しましょう。
 
ジャガーはウィンブルドンのオフィシャルカー
 錦織圭は、そのジャガーと契約 している。
Jaguarwim2015officialcar


 

添田豪の相手、J.イズナー。17シード
 超、超、ビッグサーバー。
 208cm スカイハイサービス
 錦織圭が対戦、破れている。
 添田豪は、センターのサービスをケアして、山を張るしか、方法はない。
 リターン力はそれほどでないから、しっかりキープ。
 狙え1ブレーク。

守屋宏紀の相手、M.シリッチ 第9シード。
 ご存知の、USオープンで錦織圭がファイナル負けた相手
 

 サービスの出来不出来で調子が変わる。
 ただ調子は万全ではないので、序盤にプレッシャーをかけれると良い。
 調子の乗せると一気に来られる

杉田祐一の相手、カブチッチ 111位 188㎝の長身。まあ外人は大体長身ですよね。
 カブチッチの情報  
 サービス力は普通、リターン力、2ndサービスは叩いてくる。
 ここに注意したい。
 守屋宏紀に勝っているので情報をもらえるだろう。

男子シングルス ドロー表  
 

後で、土居美咲、奈良くるみの対戦相手を紹介します。

女子シングルス ドロー表

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

作戦ボードの詳しい内容は
ジュニア用の
 シングルスコートのJrs

 作戦ボード。
 シングルスは
 コートの
 イメージが全く違う。

 キッズには,
 マグネットも
 かわいくすると
 興味が沸く。

ジュニア、キッズ用作戦ボード
ジュニア用、テニスノート、レッスンカードのセット


 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

★☆★  グラスコート シーズン ★☆★ 聖地ウィンブルドンの芝へ、

 ウィンブルドン 公式サイト

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow ウィンブルドン特集
  まあ、サイトの内容は、WOWOW の方が濃いでしょう。
 解説の好き嫌いもあるでしょうけれど。

NHK ウィンブルドン

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2015年5月24日 (日)

全仏2015 日本選手 活躍期待 錦織、添田、伊藤、西岡、ダニエル,太郎

ロランギャロス 日本人選手 活躍期待
伝統のグランドスラム 全仏2015が始まる
 赤土のクレーコートの祭典だ。
 この試合で今年のクレーコートシーズンの決着をつける。
 日本のテニスを強くするには、クレーコートを復活する必要がある。
 オムニコートは一般プレーヤーには最高だが、世界で戦うにはクレーコートが必要だ。
 注目のドロー

 NHKの番組、奇跡のコーチから。

 クレーコートはテニスの本質を強くしてくれる。
 
 日本にはかつて、クレーコートが多かった。
 部活のテニスと言えば、クレーコート。
 部員は、下級生が、練習前後に、ローラーを弾くのが当たり前だった。
Rolandgarroscourtmaintain


 僕もテニスを始めたころ、クレーコートが多く、自分たちでローラーを引いたものだ。
 さすがにラインまでは引かなかったが、ラインテープが盛り上がって、
 ここにボールが来るとイレギュラーしたものだ。

 クレーコート、コートサーフェイス 赤土の特徴
 

 最近、近くのソフトテニスのグラウンドを見学する機会が多いが、
 ローラー引きは見たことがない。

 レベル別ドリルが豊富なレッスンマニュアル ドリル270
 

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
 NHKでも紹介されたスパニッシュX ドリル、 ダブルスでの活用法も紹介しています。

NHK 奇跡のコーチテニス編 スペインの指導 


 クレーコートが教えてくれる メンタル.タフネス
 

 テニス川柳でクレーコートを
テニスの基本
 言い出したら
 きりがありません
 軸
 フットワーク
 打点
 ボールを良く見る
 フォロースルー
 っで、フィーリングなんですよね。
Sen3basic

今年は日本人選手、多く出場する。
 本戦スタートが、錦織圭、添田豪、伊藤竜馬、
 予選から西岡良仁、ダニエル,太郎が上がった。
 面白い事に伊藤竜馬以外下シード、それも、錦織圭の第5シードの山にいる。
 勝ち上がって、対戦するなってことがあると、面白いのだが。

錦織圭、P.H.マチュー戦  予測
  地元の声援を受けて、P.H.マチューは頑張るだろう。
 最初はキープが続くだろうけれど、
 一度リズムをつかんだら、錦織圭が一気に駒を進めるだろう。
 錦織圭、リズムをつかんでストレート勝ち

 日本人選手、なじみが深い選手と対戦する。中堅選手で手堅いテニスが特徴だ。
 ダニエル,太郎 169位 vs F.ベルダスコ 31歳のベテラン  日本にも良く来る選手。
 初めての対戦、同じスペインでの本拠地だ。
Verdataro


 サースポーで驚異的なストローカー力
 対戦スタッツ 
 サービス、レシーブで、F.ベルダスコが圧倒。
 

 
 添田豪 90位 vs 22シードP.コールシュライバー 23位キレの良いテニスをする。
 添田豪の0勝1敗
Gopk

 2012 グラスのイーストボーンで対戦。 負けはしたが善戦
 ブレークチャンスは同じ、だがゲットはP.コールシュライバーが圧倒。
 試合が上手いベテラン。
 二人の試合スタッツ イーストボーン
 

 テニスの戦歴 P.コールシュライバーに分があるが、リターンゲームは接戦。
 


 上手いし、22位シードが信じられないくらいの実力だ。
 クレーコートは得意だ。

 伊藤竜馬 108位の相手、F.フォジーニ 29位、要注意。
Itohff

 初めての対戦
 言葉が悪く、奔放なテニス。
 ただ切れやすいので、最初のゲームの集中して、相手を諦めさすことができたら。
 クレーコートでR.ナダルに今年勝っている
 その時はフットワークが最高だった。 調子を出させる前に崩したい。

 添田豪の静、F.フォジーニの超動 対決が見もの。
 F.フォジーニのダブルフォールトを誘いたい。
 試合のテンポを握らせない事。

 二人の戦歴スタッツ


 西岡良仁149位 はシードのT.ベルディフ4位と初めて当る。
Nishitb


 T.ベルディフは今好調。 スタッツで見ると
 サービス力ではT.ベルティヒ断トツ、リターンゲーム西岡、食い込む余地あり。


 女子も、土居美咲、奈良くるみが本戦に入ったが、
 クルム伊達はじめ、予選出場者は、全員初戦敗退した。残念。

★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  

 全仏 公式サイト  
   5月24日から本戦。グランドスラムのStats スラムトラッカーで見やすいですよ。

 ATP 公式サイト  

 テニス365 

 NHK マスターズ放映 

 錦織公式サイト  


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2014年2月 1日 (土)

デビスカップ 日本1勝1敗 錦織圭は勝ち切る

日本対カナダ戦  有明の激闘
 1勝1敗の対タイ 錦織圭勝ち添田豪は敗れる。
Dcuparoake

 デビスカップは世界同時開催。月さんの予想的中。
 スイス強い。
 スペインA危うし。


 錦織圭 期待通りまず1勝
  相手は、メンバーを替えてきたカナダ
 P.ポランスキー は錦織とはダブルスも組んだ友達、
 正直やりにくいと話していた。

Dcupkeibs


 メンバー入れ替えたカナダ  

 日本選手紹介 
   
 試合の内容 英語ですが、雰囲気は分かりますよ。
 
 3セットで押し切った。  6-4 6-4 6-4

Dcupkeipolanskystats

 ダブルフォールト,ブレークチャンスを多く与えたことががやや気になるが、
 本人は納得のプレーだから、次も楽しみだ。

 有明のコートを錦織圭仕様に 

  最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
 
錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 添田豪、 F.ダンセビッチに完敗。
 第2セットまでは競ったが、押し切られてしまった。
 添田豪自身、いつも静かなプレーだが、
 ファイトを前面に押し出す姿勢が必要ではないか。
 第1セット競った場面でF.ダンセビッチは、きちんとメンタル.タフネスを実行していた。
  4-6 6-7 (2) 1-6

Dcupgodancevicstats


 添田豪は長年日本のエースとして、支えてきた選手。

 コロンビア戦のガッツを思い出してほしい。
 

 プレッシャーもかかるだろうけれど頑張って欲しい。

 明日のダブルス、日本は杉田祐一、内山靖崇のヤングペア。
 カナダはダブルスのスペシャリスト、D,ネスター
 シングルス出場予定だった、V.ポスピシルのペア、

 強い相手とのダブルス、どう戦うか、戦術勝勝負。
 思い切った作戦が大事。 ダブルスの作戦 


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

 デビスカップ日本チームが良く分かるリンク集 

 ITF デビスカップ公式サイト 
 JTA デビスカップ公式サイト 

 実況中継wowow 
  
  テニス 勝利の法則
 勝には、何が必要か?

 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年10月 8日 (火)

バックハンド 両手 vs 片手 添田 vs アルマグロ

上海マスターズ 2014 バックハンド対決
 添田豪の初戦の相手は、N.アルマグロ
 楽天ジャパンオープンで錦織圭を破った選手
  

 添田豪 vs N.アルマグロ 戦績比較

Shangoalmaatp

 

今、添田豪のいるドローを紹介しようと思ったら、面白い事に気付いた。
 バックハンド、片手打ちの選手が多い事だ。
Shangodraw


 最近、片手打ちを使う選手が増えている。
 ダイナミックなフォロースルー、華麗。

 N.アルマグロの華麗で豪快なバックハンドは、楽天ジャパンオープンでご存知のはず。

Bsoneboth


 R.ナダルとの試合、両手打ち対片手打ち ハイライト動画


 T.ハースは、ベテランだが、このところ好調を維持。ランキングを上げている。
 R.フェデラーに似たプレースタイル。T.ハースのバックハンド
 
 ストローク、フェデラー、T.ハース 

 S.バブリンカは片手打ちバックハンドでは最高と言われている。
  

 バックハンド、グリップで打ち方が違う。
 両手打ち vs 片手打ち 

Griphowto


 錦織圭 対 G.デミトロフもまさに同じ。

 フェデラーと言えば、上海でダブルスもエントリー。
 中国選手と組んで、K.アンダーソン、D.ツルスノフ強豪ペアリングを破っている。
 次の対戦は、楽天オープンでも活躍して、錦織、内山ペアを破ったI.ドディグ、メロ組
  

 上海マスターズダブルス ドロー 
 R.フェデラーの練習風景動画、ストローク
 
 バックハンドのコンパクトなスウィング、ショートクロス、ドロップショットが見れる。
 参考になる。


 スポーツノート活用法 スポーツ練習ノートの勧め 

6jr

 小さな作戦ボードの効用 
  縦は15センチ、でも横幅はA4 だからテニス、ソフトテニス、サッカー、フットサルには最適


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

ストローク上達のワンポイントアドバイス
トップスピンマスター 
スライスマスターカード
 トップスピン、スライスセット
 バックハンドマスター

 そして
 中級者からの脱出

上海マスターズが良く分かるリンク集
 上海マスターズ公式サイト 
 上海マスターズ ドロー 


 ATP 男子プロツアー
 楽天公式サイト
 Wowowテニス
 テニス365
 JTA
 錦織圭公式サイト


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

添田、伊藤、予選を突破 上海マスターズ2013

添田、伊藤、予選を突破 上海マスターズ2013
 世界のトッププレーヤーが集う、上海マスターズ。
 トップ8の顔ぶれ。 

 世界ランク1位に返り咲いたR.ナダルは第2シード。
 そのナダルを、北京で破ったN.ジョコビッチが第1シード。
 

 日本の伊藤竜馬、添田豪が揃って、予選突破。
 本戦に進んだ。

 12シード、錦織圭、若手成長株、G.デミトロフと対戦。
 楽天でポイントを稼げず、世界ランク18位に後退。
 楽天オープン、N.アルマグロの調整役に準じた。
 
 奮起したいところだ。腰の調子との相談になる。

 詳しい情報は次にアップする。
Shangodraw


添田豪 予選とは言え、強豪のアメリカの若手、R.ハリソンを破る快挙。
Shangoscore


 7本のサービスエースを奪われるも耐えて、
 1stサ-ビスのポイント獲得率を70%近くまで上げ、
 4回ブレークして、突破。
 復調の兆しあり。

 添田豪の頑張りでデビスカップ、ワールドグループへ。
 
伊藤竜馬、予選突破。
Shanitoscore


 予選シードのデバーマンを破る。
 伊藤竜馬はサービスが冴えた。
 7本のサービスエース、
 1stサ-ビスのポイント獲得率は70%を越え、
 8回のブレークチャンスの4回をものにし。
 自身は1ブレークダウンに抑えた。
 良い時のプレーを思い出そう。
 ゾーンに入った時の伊藤竜馬は強い

 そして本選ではG.モンフィルズと当たる光栄。
 天才とプレーできるなんて最高。
 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

上海マスターズが良く分かるリンク集
 上海マスターズ公式サイト 
 
 ATP 男子プロツアー

 テニス365

 JTA

 錦織圭公式サイト


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年9月15日 (日)

植田Japan ワールドグループ復帰へ 錦織、添田、踏ん張る

日本 デビスカップ ワールドグループへ
 植田ジャパン 采配的中 ワールドグループ復帰へ
 男泣きの添田をハグ。
 植田キャプテン、Dcupgoueda

 くるしい決断を
 何度もしたと思う。
 見事、
 日本を
 ワールドグループ
 復帰に導いた。
 植田キャプテンの
 胴上げは、
 重そうだった。


デビスカップ 錦織圭 完勝。
 デビスカップ、ワールドグループと下のリーグでは天と地の差がある。
 とは言え、今日本が戦っている、プレーオフは、強豪も多い。
 去年の準優勝国スペインがいる。スイスが居る。オーストラリアが居る。
 そこで日本は今戦っている。

 前日のダブルスの敗戦で日本は1-2の王手をかけられた状態。

 最終日、トップバッター、エース錦織圭がまず頑張った。
 錦織圭 S.ヒラルド  を6-1, 6-2, 6-4
 試合スタッツ 
 強力なストロークでウィナーを奪う展開。
 S.ヒラルドも国の意地をかけて、走る。振り抜く。
 錦織圭のダウンザラインの展開が速く、ついて行けなかった。

相手のNO1 S.ヒラルドを寄せ付けず。
 錦織圭の良い点が全て出た
 特にサービスがDcupkeiser5

 安定していた。
 懸案の
 ダブルフォールトなし。
 1stサ-ビスの
 ポイント獲得率は高く、
 89%。
 2ndサービスでも
 ポイント獲得率は高かった。
 何と100%

 これで2対2のタイ.

 勝負の行方は、ファイナル、添田豪対ファジャにかかった。

添田豪(日本)A・ファジャ(コロンビア)を4-6, 6-4, 6-3, 6-3
Dcupgofallascore

 試合スタッツ 
 ワールドグループの強豪国の試合内容も見れる。

添田豪に勝負の行方は。
 第1セット、添田豪ブレークを許し、コロンビアリード。
 錦織圭からもサービスエースを奪っている。サービス力がある。
 思い切りも良い。しつこさもある。
 苦しい展開だ。
 添田豪は少し荒いファジャのフォアにボールを集め、ミスを誘う。
 ファジャは試合を知っている。アプローチショットで、添田豪のバックを狙い、
 ボレーで仕留める。
 添田豪のパスが甘くなり、くるしい展開。
 添田豪のサービスゲームでも油断をすると前に出る。
 プレッシャーの掛け方を知っている。

 第2セットを奪い、1-1
 そして第3セットをものにする。
 第4セット、ファージャも開き直ってウィナーを打ち込む。
 添田豪の表情に苦しさがにじむ。
 2-1の添田豪のサービス。40-0と展開。
 これを破られ、流れは一気にコロンビア。

 しかしここから展開を立て直した。
 デビスカップを引っ張ってきた男の意地があった。
 試合の流れ、展開を立て直す

 相手にもプレッシャーがかかる。それは同じ。
 最終セット、ファジャのサービスをブレークして、
 さらに集中、一気にマッチポイントを乗り越えた。

 Go Soeda 日本を救ったニュース 
Dcupgonews


 ワールドグループに戻る事は、選手のレベルアップが必要。
 ダブルスの強力チームを作る必要もある。
 デビスカップ ダブルスの重要性 

 添田豪、男泣き。
 デビスカップを支えてきた、男、添田豪
 シングルス、ダブルスと日本チームの軸として活躍。

 デビスカップ、ワールドグループ復帰までの道のり
  

 デビスカップ初日 シングルス 
 2日目ダブルス  

 スペインはR.ナダルの活躍で3連勝でワールドグループに復帰。
 さあ、これから日本のデビスカップ、活躍が始まる。
 これからが厳しい。応援よろしくお願いします。

 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Tennisb6bothallstaff


 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


デビスカップ、良く分かるリンク集
 リンク集 記事 

 JTA  
 JTAデビスカップ 
 Wowow 
 ダブルスのフルセットの放映が楽しみだ。
テニス365  
 デビスカップ国際 ITF  
 錦織圭オフィシャルサイト 
添田豪オフィシャルサイト 


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

デビスカップ コロンビア戦 タイでダブルスに重みが

デビスカップ ダブルスに重さが

 やはりコロンビアは手ごわかった。
 日本のエースDcupariake

 錦織圭は、
 完勝したが、
 添田豪は
 フルセットで敗れ、
 1勝1敗でタイ。
 今日のダブルスで、どちらが王手をかけるか。
 背水の陣で臨んだ日本 

 錦織、懸案のスロースタートが無かった。
 これが良かった。
 ブレークチャンスをしっかりものにできた。

Dcupkeifswinner


 相手のサービスエースには苦しんだものの、
 2ndサービスを叩いて、相手にプレッシャーをかける事が出来た。
Dcupkeifallascore


 メンタルタフネス的にも切れることなく、淡々とプレーを進めた。
 USオープンの敗戦から試合が無かったので、試合勘が心配だったが。
 錦織圭とメンタルタフネス

Dcupkeifallastatsall


 

 本人曰く、デビスカップでは前回、前々回と貢献していないので「魂で戦ったと」
 "Not many people can play Davis Cup.
 I was really nervous but I got better and you get stronger mentally.
 Davis Cup can make you stronger I think."

 錦織圭試合スタッツ 
  Rubber1をクリック。ライブスコアで、詳細が見える。
 デビスカップのサイトならではの楽しみだ。

 チャンスボールをしっかり高い打点で叩く事が出来た。
 リターンでの攻撃 
錦織圭の先勝で、流れが一気に日本に。

 添田豪は惜しい試合を落とした。
 添田豪 ヒラルド スタッツ 
 Rubber2をクリック

 ショートクロスのウィナーなど良い点も随所に見えたが、
 試合の流れのコントロールでは相手に分があった。
 ナダル、ジョコビッチ戦の試合の流れ
 

 最後のセット、Dcupgogiraldscorestats

 流れがどちらにも
 動いていた時に、
 ボールを
 諦めるシーンが
 増えた。
 最終ゲームでも、
 相手のボールは
 良かったが、
 執念は見せるべきだ。
 次の試合もあるから。

 今日のダブルス、監督の判断が難しい。
 錦織圭は余裕があるので出せるが、添田豪の回復がどこまであるか。
 最終日のシングルスをどうするか。
 部活のテニスの試合、 団体戦の参考になる。

 それはソフトテニスも同じ、部員がテニスメモを書くことから、上達が始まる。

 これがデビスカップの難しさ。
 団体戦ならではの、難しさ
 監督の采配にかかって来る。

 錦織圭の試合  

 添田豪の試合内容。9月13日の添田豪のページに詳細が書かれています。

 テニス上達のテニスノート システム手帳

Db0


 テニスノート

 セミオーダーノート


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

デビスカップ、良く分かるリンク集
 リンク集 記事 

 JTA  
 JTAデビスカップ 
 Wowow 
 ダブルスのフルセットの放映が楽しみだ。
テニス365  
 デビスカップ国際 ITF  
 錦織圭オフィシャルサイト 
 伊藤竜馬オフィシャルサイト 
 添田豪オフィシャルサイト 
 腰も心配だが、錦織圭との練習に熱が入っている。
 杉田祐一オフィシャルサイト 

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

デビスカップ 錦織、添田フル出場で必勝体制

デビスカップ コロンビア戦 必勝体制で臨む
 錦織,添田フル出場で背水の陣

 国別対抗戦デビスカップが有明で始まる。
 ワールドグループ復帰を目指す日本は、総力戦に出た。
 ホームでの試合で、日本有利なのだが、
 ことテニスに関しては、日本は余りホームコートアドバンテージを活かしていない気がする。
 逆にプレッシャーがかかってしまうようだ。
 デビスカップがメンタルタフネスの総力戦 と言われるゆえんだ。
  
Dcupgogiraldo

 メンタル強化ノート


 日本のエース錦織圭はA.ファジャと対戦する
 過去に3連勝 
 しかし、2年前までで、2回はフルセットだ。気を緩める事は出来ない。

Dcupkeifalla


 添田豪はS.ヒラルドと対戦する。
 ヒラルドはコロンビアのエース。

 過去に1敗。今年の全豪前哨戦、オークランドで完敗。
 対策を立てる必要がある。

 錦織、添田豪はダブルスにも出場して、相手にプレッシャーを賭ける。
  伊藤竜馬、杉田祐一選手はサポートに回る。
  試合状況によっては出るのでスタンバイ状態だ。
  錦織選手はダブルス の出場は少ないが、ダブルスのテクニックも十分に持ち合わせている。
  

  親友のJ.モナコ、ミックスダブルスではクルム伊達と組んでいる。
ダブルス強化ノート

 ワールドグループでイスラエルに負けた時に、
 錦織圭を温存して、負けた 経緯がある。
 

 今のDcupjapancplombiaranking

 日本の
 実力ランキングから
 すると、
 錦織圭に
 頼らざるを
 得ない。
 シングルスでは錦織圭は12位で断トツだが、
 [コロンビア代表]
  S.ヒラルド(単85位)
 A.ファジャ(単93位)
 F.カバル (複45位)
 R.ファラ (複57位)

 残念ながら、ダブルスでは日本は、良い成績を残していない。
 そこで、ダブルスも上手い、錦織圭を出場させ、
 一気に王手をかけたい作戦だ。

 体力面でやや不安の残る錦織圭だが、
 トップ10を狙うのであれば、それ位の余裕も必要。

 となると、錦織圭の最初のシングルス、いつものスロースタートでは、体力的に厳しくなる。
 2回目のA.セッピ戦、第3セットのように、力でねじ伏せて、相手の戦意を喪失させる事が大事だ。

 錦織圭が本来の良さを出してくれれば、大丈夫。
 1:展開力のあるストローク
  トップスピンマスター 

 2:サービス力のアップ 
  サービス力アップ 

 3:高い打点のリターン 
   リターン力アップ

 変な緊張をしなければ良いが。
 

 対戦組合わせ 詳細 

デビスカップ、良く分かるリンク集
 リンク集 記事 

 JTA  
 JTAデビスカップ 
 Wowow 
 ダブルスのフルセットの放映が楽しみだ。
テニス365  
 デビスカップ国際 ITF  
 錦織圭オフィシャルサイト 
 伊藤竜馬オフィシャルサイト 
 添田豪オフィシャルサイト 
 腰も心配だが、錦織圭との練習に熱が入っている。
 杉田祐一オフィシャルサイト 

 テニス上達のテニスノート システム手帳
A5memoc2wbmatchc2

 テニスノート

 セミオーダーノート


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽