エラーニ

2017年5月30日 (火)

土居美咲 戦術負け、技に屈する 全仏2017

クレーの祭典、ロランギャロス2017 土居美咲
 調子を上げ、期待されたが、腹筋痛、治らず。
土居美咲 ベテランの技に屈する
 S.エラーニ◎ 7-6(7),6-1 × 土居美咲
Saradoiscore


 終わってみれば、最初のゲームが全て
 S.エラーニのサービスゲーム、土居美咲は攻め込むが
 さらりとかわされて、ブレークできず、
 直後のゲームをブレークされる。
 リードしたら、S.エラーニの粘りが効く。
 クレーコートを知り尽くした技。
 コートを左右に大きく使う、
 ムーンボール屈指の使い手、
 ムーンボールの効果
 元世界5位、
 ロランギャロスの魅力 
 土居美咲は今年のクレーコートシーズン、

 クレーコートで調子を上げてきた だけに残念。
 アメリカ期待のキーズに打ち勝った

 直前の、ニュールンベルガーでもベスト4まで進出。
 ランキングを戻しつつあった。

 技のS.エラーニに対して、策が無かった。
 ウィナー狙いが、Dbladiesrule

 ほんの少しの
 アウトが続く。
逆に、
 敢えて、
 土居得意の
 フォアを打たせて、
 狙わせ
 ミスを誘う、
 S.エラーニに軍配。

 S.エラーニはダブルス、元世界NO1
 ダブルスで培った技が光る  

 これはS.ジョンソンに敗れた杉田祐一にも言える事だが、
 クレーコートは戦術、戦略が大事だ。
 R.ナダルの教え  

 女子の試合を象徴するゲーム。
 女子はラリーが続く  
 サービス力ではなく、リターン勝負。

 クレーコートの女子シングルス
 一般プレーヤーに良い見本となる。
 ミスを減らし、ラリーする事。

 1stサ-ビスのポイント獲得率
  S.エラーニ:56% 土居美咲:47%
 2ndサービスに至っては
  S.エラーニ:43% 土居美咲:36%
Saradoistatts

 重要な、安定指数 
 打ち勝つか、
 自滅を減らすか、
 もろ刃の剣。

 錦織圭のタイプは? 

 女子シングルスで攻撃力で勝てる選手は、
 S.ウィリアムス、M.シャラポワ位。
 若い選手は攻撃的だが。

 ほとんどがデフェンス力の選手。
 A.ケーバー、S.ハレプ、

前の試合で痛めた、腹筋の痛みが出た。
 これではサービスがトーンダウンする。
 土居美咲のサービス、第2セットは、48%に下がり
 ポイント獲得率も落ちた。
 腹筋の痛みはサービスへの影響が大きい。
 錦織圭もそうだった。
Keiabs

 
全仏2017
 ダニエル,太郎、初戦突破  
 奈良くるみも逆転で突破。
 全仏始まる、シード紹介

スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  

 ソフトテニス専用作戦ボード 
Softtwb2mag


 

 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 連日熱戦が続く、ダニエル,太郎、奈良くるみ勝利、
 杉田祐一が熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

ダブルス ヒンギスの上手さ 強さ USオープン2015

ヒンギスが魅せる ダブルスの妙味 ペアリング
女子ダブルス ヒンギスFinalへ ミックスダブルスはSemi-Finalへ
 ヒンギスに注目
 上手いですね。

 ◎M.ヒンギス S.ミルザ 6-4 6-1  ×S.エラーニ、F.パネッタ
Dbhmepscore


 面白い事に、女子ダブルスではS.ミルザ
 ミックスダブルスでは、L.パエス。二人ともインド人。

 アメリカの情報で、M.ヒンギスはインド人を賢く使うと書かれていた。
 僕の友人、外資系の会社に務めていた、面白いことを言っていた。

仕事は誰に任せるか。
 取り敢えず、仕事を終わらせたいのなら中国人。

 計算をさせたいのであればインド人。

 お金だけ出させて、援助してもらうならアメリカ人。

 しっかり組織立ってやりたいのならドイツ人。

 子供にお金を出して、アメリカの留学させる韓国人。

 最後までしっかり仕事をしたのであれば、日本人と。
 面白いでしょう。

M.ヒンギスのポーチ
Dbmspoach


 ハイライト動画 M.ヒンギス S.ミルザ vs S.エラーニ F.パネッタ


 S.エラーニもダブルスのスペシャリスト、去年グランドスラムを取った、
 S.エラーニ、R.ビンチ、ペアを解消して、同じイタリア人のF.パネッタと組んでいる。
Dbpenera


 スタッツを見ると、女子ダブルスではサービス力は60%。
 リターン力が40%。

 これは男子ダブルスと大きな違いだ。

 ダブルスの達人 L.パエス

 ダブルスの天才 M.ヒンギス
 

 L.パエス、M.ヒンギスペア 
 ダブルスの達人とテニスの天才が組んだ。

 男子ダブルスでは1stサ-ビスのポイント獲得率80%以上。
 1ブレークが命取り。

 それはサービス力の違い。
 シングルスでも1stサ-ビスのポイント獲得率が高い。ダブルスではさらに高くなる。


 女子ダブルスでは2ダウン位で推移する。

 イタリアペアはスマッシュを良く決めている。
 ヒンギス組はパッシングショットが多い。
Dbhmpenerrallystats


 つまり、前に良く詰める、イタリアペア。迎え撃つ、ヒンギスペア。
 S.エラーニはムーンボールを多用して前に詰める。

 この作戦、雁行陣の一般プレーヤーの方に使い勝手多いですよ。

 M.ヒンギスのストローク、コントロールが抜群。だから雁行陣が成立する。
 ミックスダブルスのペアのL.パエスが、ストロークを習いたいと褒めちぎっていた。


 このF.パネッタ、シングルスでクビトバに逆転勝ち。しぶとさを見せた。

ダブルスの陣形  
 I.フォーメーションを使いこなそう。

 ダブルス フォーメーションブック 

 ダブルス フォーメーションBook 詳しい説明

 ヒンギスペア、全てで勝っている。
 サービス力、リターン力で上。
Dbhmpaerstatsall


 ウィンブルドン2015 L.パエス、M.ヒンギス B.ブライアン、マテックサンズ

女子ダブルス 準決勝
 ○M・ヒンギス(1)/S・ミルザ(1) vs. ●S・エラーニ(11)/F・ペネッタ(11), 6-4, 6-1
 C・デラクア(4)/Y・シュウェドワ(4) vs. A・グローネフェルド/C・バンデウェイ

女子ダブルス 準々決勝
 ○S・エラーニ(11)/F・ペネッタ(11) vs. ●L・アルアバレナ(15)/A・クレパック(15), 6-0, 5-7, 6-2
○M・ヒンギス(1)/S・ミルザ(1) vs. ●Y・チャン(9)/Hao-Ching Chan(9), 7-6, 6-1
●C・ガルシア(5)/K・シュレボトニック(5) vs. ○A・グローネフェルド/C・バンデウェイ, 6-7, 5-7
○C・デラクア(4)/Y・シュウェドワ(4) vs. ●A・クドリャフツェワ(12)/A・パブリュチェンコワ(12), 6-2, 2-6, 6-3

混合ダブルス 準決勝
 ●A・フラヴァコバ/L・クボット vs. ○B・マテック=サンズ/S・クエリー, 4-6, 3-6
●Y・チャン(2)/R・ボパンナ(2) vs. ○M・ヒンギス(4)/L・パエス(4), 2-6, 5-7

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

テニスダブルスに強くなる

 親子の交換日誌ノート 
Dbscoretotal

 
ダブルス強化ノート 

★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
 US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2014年12月21日 (日)

ダブルス 上達エッセイ 変則陣形に慣れよう

ダブルス 上級者への道 ダブルス上達エッセィ
  変則陣形に慣れよう。
 普段見慣れないから変則に見える。
 でも相手の意味が分かれば、合理的な陣形。
 ダブルスのMoondb1pointsmall

ペアで組み始め、
 さらにダブルスの
 面白さにはまった。
 そんな方が、ぶつかる最初の壁が、
 対戦して、それほど強さは感じないのだが、勝てない相手だ。
 結果的には、実はそれは上手さの秘密なのだが、なかなか気づきにくい。
 そんな中級者から上級者に向かっているダブルスのペアに、
 陣形を駆使した作戦をお伝えしたい。


 雁行陣では勝てない事を感じるようになった。
 並行陣を使えるが、相手にかわされてしまう、そんなペアにも強力な武器となるはずだ。

 動画で USオープン S.エラーニ、R.ビンチ、ペア vs D.ハンチュコワ M.ヒンギス
 の対戦を紹介する。
 非常に面白い動画だ。
 試合前の練習もあるので、ショットの参考にもなる。


変則陣形を習熟しよう

 ダブルスも相手が上手くなるといろいろな陣形を駆使するようになる。
 雁行陣から並行陣を使いこなし、
 さらに変則陣形の名人になろう。


 まずはしっかりダブルスの基本をマスター、復讐しておこう。
 
Serre4forlow

 ①:通常の雁行陣。陣形としては、たまたまサービス、レシーブ時の陣形と考えると合理的。

 ②:月さん、命名のプレスフォーメーション。前衛がセンターにより、相手にプレッシャーをかける。

 ③:I.フォーメーション、前衛がコートの中央に位置、(サービスが当たらないよう、低く構える事が多い)
  サインプレーで左右に動くか、センターを待つ。

 ④:オーストラリアンフォーメーション サーバーと前衛が同じ側に立つ。最近は余り見られない。
 相手のリターンが上手い場合、使い分けて欲しい。

月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 そして基本陣形を整理 しておきたい  

 変則陣形の使い勝手の良さは、相手が戸惑う事にある。
 打つプレーヤーに何をしてくるんだろう、と判断を鈍らせることだ。

 多くはレシーバーへのプレッシャー、同時に相手ペアに、戸惑いを与える。
 レシーバーが上手い場合に使われることが多い。

 前衛がいろいろなポジションに立つことで、相手に考えさせるのだ。

 サービス、レシーブの陣形と思って欲しい。
 変則陣形には、オーストラリアンフォーメーション、
 I.フォーメーション、
 プレスフォーメーションがある。

 前衛がサーバーを同じ側に立つのが、オーストラリアンフォーメーション
 前衛が中央に立つのが、I.フォーメーション
 前衛が、センター寄りに立つのがプレスフォーメーション

 オーストラリアンフォーメーションは、リターンの上手い、特にクロスリターン、
 前衛が最初からロスを塞ぐフォーメーション。
 ダブルスプレーヤーは ダウンザラインはあまり得意ではない。
 シングルスプレーヤーはダウンザラインが上手い。

 I.フォーメーションは前衛がネット中央に位置(サービスが頭を直撃しないように、低い姿勢)
 レシーバーに左右どちらに返そうか、判断を鈍らせる。

 プレスフォーメーションは雁行陣の前衛を、かなりセンターに寄せ、
 クロスケアを相手に示すことで、リターンを考えさせる

 いずれのフォーメーションでも重要なのは、ペアリング
 

 サーバーと前衛がの意思疎通が重要。
 サービスのコースを決め、(自由でも良いが、決めた方が動き易い)
 前衛は左右どちらかに動く。
 ポーチで仕留める事が出来れば最高。
 ストレートを抜かれても、サーバーはポジションチェンジしているので安心だ。
 これがサインプレーの妙味だ。

  ダブルスならではのサインプレー
Signplaylow

  

 トッププレーヤーは、毎回サインプレー、
 言わなくても分かっているのが最高だけれど。
 ブライアン.ブラザーズの阿吽の呼吸
 

ダブルス上達
 レッスンドリル集   レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
  ダブルス試合形式練習が豊富
Tcser1alllow


 ダブルス上達ノート
  ダブルス強化ノート
 スコアをかけるノート
Db0


 ダブルス陣形編  

 勝利の法則ダブルス
 テニス上達のテニスノート システム手帳
テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

ソフトテニスシステム手帳 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

 2013 USオープン S.エラーニ、R.ビンチ、ペア vs D.ハンチュコワ M.ヒンギス


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2014年7月10日 (木)

ウィンブルドン 女子ダブルス優勝 エラーニ、ビンチ組 生涯グランドスラム達成

ウィンブルドン2014 女子ダブルス優勝 S.エラーニ、R.ビンチ、ペア
  ウィンブルドンの女子ダブルスで優勝して、
 大きな記録が生まれました。
 一つはS.エラーニ、R.ビンチ、ペアが連続NO1の座を伸ばしたこと。史上2位です。
 もう一つはダブルスの生涯グランドスラム。これって超凄い事なんですが、
 ダブルスはどうも注目を集めませんね。
 一般プレーヤーがするのはダブルスなんですがどうしてなんだろ?
Servdbfinalscore

 今年のウィンブルドン ダブルスの優勝ペアの紹介です。
 男子ダブルス V.ポスピシル、J.ソック組 ブライアン.ブラザーズを破っていますから。
 マッチポイントの大ギャンブルに注目です。

 ミックスダブルス N.ジモニッチ、S.ストーサのベテラン強力ペア。
 きっちろミックスダブルスの作戦を使っています。


 シングルスだって、それほど多くのプレーヤーが達成できる訳ではありません。
 ビッグネームばかりですよ。
 グランドスラム現役プレーヤー 達成者

 R.フェデラー  

 R.ナダル 

 M.シャラポワ 

 N.ジョコビッチはロランギャロスにかかっています。

女子ダブルス、生涯グランドスラム達成者
 1992年から、ジジ.フェルナンデス、N.ズベレバペアが達成。
ジジ.フェルナンデス本当にダブルス上手かったですよ。

 ウィリアムス姉妹も達成しています。この頃は敵なしで強かった。
 1999-2001年にかけて。


 S.エラーニのErranikids

 小さい頃の
 写真見つけました。

 本当に
 かわいらしい、
 お嬢ちゃんでしょう。

 このペア、あまり騒がれていませんが、実は生涯グランドスラムの達成なんです。
 同じペアで組み込んでこそできた快挙なんです。
 2012年 ロランギャロス
 2012年 USオープン
 2013年 オーストラリアンオープン
 2014年 ウィンブルドン

それぞれの対戦相手
 ロランギャロス2013 [7] Maria Kirilenko (RUS) / Nadia Petrova (RUS)
 US2012    [3] Andrea Hlavackova (CZE) / Lucie Hradecka (CZE)
 全豪2013   Ashleigh Barty (AUS) / Casey Dellacqua (AUS)
 今年のウィンブルドン

 S.エラーニ、R.ビンチ、ペアのダブルス、凄く参考になります。
 ダブルスの陣形、特にI.フォーメーションが上手い ですよ。
I.フォーメーション 
 相手のリターンがServifor

 良い場合に使う。
 前衛は
 ネット中央に
 低く構える。
 日本人に
 合っていますよね。

 左右
 どちらに動くかは、
 サインで決める。

 

 S.エラーニのストロークからのムーンボール
Dbladiemoonball

 
 R.ビンチのネットプレーのコンビネーションが最高なんです。

 ちなみに、こんなに強いペアと、3回戦で青山組が対戦しています。
  
 残念ながら、4-1でリードしながら負けましたが。


 キチンと勝ちに行ってましたよ。
 次が期待です。

 クルム伊達はこのペアに勝っているんだから凄い。ソニーオープンマイアミ

Wimbledon 2014- Errani/vinci Vs Hlavackova/Zheng - Full highlights - 4th July 2014

レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版


ダブルス、試合形式練習練習、増やしました。
Ws000045

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

東レパンパシフィックテニス2014 見どころ紹介

東レパンパシフィック2014 見どころ 紹介
 世界のトップの選手の試合を見るのは、機会が少ない。
 東京、有明の東レパンパシフィックテニス。
 その良いチャンス。
 テレビ放映もある。
 そしてダブルスの試合があるのがラッキー。

 東レパンパシフィックを機会に世界のトッププレーヤーは飛躍する
 去年のファイナル、A.ラドバンスカとN.ペトロバ

 日本人選手の活躍も見逃せない。
 クルム伊達、森田あゆみ、土居美咲が強豪に挑む。
 韓国オープンでシードを破る、クルム伊達
 もちろんダブルスにも注目。

Ppoarkoreawin

 韓国オープンで優勝したA.ラドバンスカ、好調維持。良い見本が見れる。

 クルム伊達に学ぶ ダブルスの楽しさ 

 女子と言っても最近は、プレーの進化がすさまじい。
 ストロークのスピード感が凄い。

 世界の女子のプレーは、一般プレーヤーの参考になる
 特に
 1:選手のプレースタイル、戦略、戦術
  奈良くるみがUSオープンでS.キルスチャを破った試合 から 
  
 2:試合の流れをどのように支配するか
  
 3:テクニック。分かりやすい。
  参考になる 日比万葉選手のプレースタイル

 日本で人気が高い、A.イワノビッチ。
Ppoainews


  

 S.ウィリアムス選手がこれなくなったのは残念だが、
 世界のトップ選手、シードを紹介する。名前をクリックすると、テニス フィーリングでのサイトにアップする。
 試合が楽しめます。
 シード選手
1.V・アザレンカ(ベラルーシ)     スピード感
  
2.A・ラドワンスカ(ポーランド)    基本に忠実
 
3.S・エラーニ(イタリア)       ダブルス名人、ムーンボールの達人
 
4.C・ウォズニアキ(デンマーク)    デフェンスの女王
 恋の行方とゴルフ 
5.A・ケルバー(ドイツ)        速い攻撃
 去年の東レ V.アザレンカ戦 
6.J・ヤンコビッチ(セルビア)     オールラウンドの粘り
7.P・クヴィトバ(チェコ共和国)    ウィンブルドン優勝者
8.R・ビンチ(イタリア)        ネットプレーの達人
9.S・スティーブンス(アメリカ)    アメリカの若手成長株
11.A・イバノビッチ(セルビア)    日本で人気、チャーミングな選手
12.S・ストザー(オーストラリア)   トレーニングで鍛えた体、キックサービスを見るならこの人
  去年のM.シャラポワ戦から 
14.K・フリッペンス(ベルギー)    サングラスが似合う、ネットプレーが上手い
15.S・キルスチャ(ルーマニア)    最近好調、

 A.イワノビッチ戦のハイライト動画 

シードに入っていないが、元女王のV.ウィリアムスの攻撃力は見もの。
 カナダの若手E.ブシャールもクレバーなテニスをする。

 日本選手のハイライト動画 2日目 
 クルム伊達 
 森田あゆみ選手 ロブソンを破る

 TBS 地上波は 残念ながら土日 
 BS-TBSで夜11時頃から試合の内容を見せてくれる

東レパンパシフィックが分かるリンク集

 東レパンパシフィック公式サイト
 WTA 女子プロテニス
 JTA 日本テニス協会
 テニス365
 クルム伊達公式サイト
 いつもながら情報が早くて一般プレーヤーに参考になる。
 トッププレーヤーの中では秀逸のサイト。


 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

テニス、ソフトテニス、システム手帳、日誌2014カレンダーに対応しています。

 テニスシステム手帳バイブルサイズ

B7


 テニスシステム手帳B7サイズ

 池田快人の「ドローイン・ダイエット」
 ドローインとは、呼吸法と姿勢をちょっと変えるだけで、
 お腹まわりに集中的に作用してボディラインを美しく変えるエクササイズ。


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2013年6月 7日 (金)

セレナ ムーンボールを打ち砕く ロランギャロ

セレナ エラーニ 体格差で圧倒
 イタリアのS.エラーニ選手、小柄、165cm。ここまで活躍できるのだから、
 日本人にも参考になる。
 イタリアの選手、クレーコートが男女上手い。
 サッカーも、バレーボールも上手い。
 運動センスがある。
 負けはしたが、一般プレーヤーが参考にすべきはS.エラーニのテニス。
 それは忘れないで欲しい。

 セレナ豪快 圧勝  6-0 6-1   好調の時のセレナは怪物だから仕方がない。
  46分 最短の準決勝ではないだろうか。

Serenaerranistats


 エラーニのムーンボール、ネットプレー通じず。

 この二人身長差が大きい。10cmの身長差。
 テニスに限らず、スポーツは体格差は大きなハンディ。
 テニスと身長差の相関関係
Serenaerraniser

 小粒でピリリと辛い、S.エラーニはダブルスも上手い。
 走り回る、クレーコートのテクニッシャン。
  S.エラーニのダブルス、ムーンボール 

 対するセレナは、恵まれた体格、センスから、
 攻撃するファイター。
 超恵まれた身体、センス、心さえくじけなければ、女王で君臨し続けられた。
 セレナの攻撃力 

 セレナの弱点は、メンタル。
 セレナのバッドマナー 
 あれだけ強いのだから、落ち着いていられるはず。

 メンタル.タフネスをアップするカード
 そこをS.エラーニが得意のクレーコートで付ければと思ったが、
 全く付け入るすきは無かった。

 S.エラーニの展開は、身長差を跳ね返すキックサーブ。
 1stサ-ビスの確率を上げて、少しでもムーンボールで左右に振りたい。

 しかしセレナは、弾むボールは身長があるので打ち頃。
 しかも少しでも浅くなると、ムーンボールをノーバウンドでドライブボレーで打ち込める。

 セレナのストロークの基本 トップスピン
 見て欲しいのがインパクトでラケット面が垂直だと言う事。
 トップスピンの打ち方

Serenatspinver

 
  トップスピンマスター レッスンカード 
 そしてこのボールに対しての入り方。
 基本に忠実。

Serenafsready


 さらに、ウィリアムス姉妹はドライブボレーの名手。
 ドライブボレーの使い勝手。
 ボレーの歴史とドライブボレー 

 攻撃が守備を打ち砕いたゲームだった。

 僕がエラーニのコーチだったら、どんなアドバイスをするか、考えてみた。
 もっと時間稼ぎをする。
 特にリターンゲーム、セレナのタイミングで打たせない。
 低いスライスを多用して、ドロップショット、バックにトップスピンロブ。

 まあ、そう上手くはいかないでしょうけれど。

 これでセレナは、V.アザレンカを下した、M.シャラポワとのファイナルとなる。

 テニスシステム手帳B7サイズ2013
A5smemoc1bird2

 ジュニアのシングルスを意識したノート。
 ジュニアのためのノート(年齢に合わせます)
 コート図の作戦ボード付きのテニスノート。欲しいページが必ずある。


  セミオーダーテニスノート
 細かい説明はここで


 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
 錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

全仏オープンテニステニスが分かる便利リンク集
 ロランギャロ、いろいろ情報
  グランドスラムならではのとっておき情報を紹介。
 ロランギャロ公式サイト


 男子シングルス情報 

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2013年6月 5日 (水)

テニス 戦術の変化 ドロップショットを使う

戦略の重要要素 ドロップショットの打ち方 
ロランギャロ 今年の異変
 ドロップショットの多用。
 普通クレーコートの試合は、ベースラインからガツンガツン打ち合うイメージが強い。

 R.ナダル、錦織圭 はそのイメージだったけれど。

 今年は少し異変が起きている。ストローク戦からの展開が変わった。
 普通だったらアプローチショットで前に詰めるケースが多いが、
 今年はドロップショットが多い。

 その効果、Rgrfserscene

 展開が
 多様化している。
 だから面白い。

 
 ドロップショットが多い理由。
 その理由、今年のロランギャロは
 いつもよりも湿気が多く、ボールが重い。
 コートが滑らない、ボールが弾まない。

 風がある。
 風下からのドロップショットはさらに効果的。
 風でボールが止まるから。

 男子ではフットワークがあるので、拾われる可能性もあるが、
 その次のショットを自分の選択で進める事が出来る。

テニスのショットはタッチとフィーリング,そして自分のリズムを作る

Dropshoterrani


 女子では一発で決まるケースも多い。
 エラニ、A.ラドバンスカ戦。
 S.エラーニがポイントの多くをドロップショットからの展開で取った印象がある。

 N.ジョコビッチを苦しめたP.コールシュライバー、
 ウィナーのほとんどがドロップショット。
 面白いように決まった。 そこからN.ジョコビッチは切り返したが、流れはP.コールシュライバーにあった。

 相手がナダル、D.フェレールの様に、喜んでボールを追う相手には使わない方が良い、
 A.ラドバンスカは戦意喪失で、ボールを追わなくなっていた。
 これは何回も使える。

 トッププレーヤーのスーパーショット 動画でどうぞ。

 ドロップショットの効果
 1:リズムを変える
 2:相手の意表を突く
 3:相手を動かす
 4:結果的に相手を
 動揺させることが可能

Dropshotaim


 ハードヒットで短気な人には特に有効。

 ドロップショットの打ち方。
 テニス、タッチ、フィーリングを最大限に利用する。

 アンダーサーブとドロップショットの関係  

 ドロップショットを打ったらしなくては習い事。
 打っての見学は×
 自分も前に詰める。これ常識。
 相手も返してくる可能性があるから。

ドロップショットの打ち方 エラーニ
 1:スライス回転を極端に多く
 2:ボールの弾みを抑える
 3:スウィートエリアを少し外す


  間違えないで欲しいのだが、ラケットを引くのではなく、
  ラケットヘッドは前、グリップの手首を柔らかく。
  手打ちにならない事が重要。

 ドロップショットを打つ基本はスライス回転

Slice_image_ball


 そしてボレーの上達にもつながる

スライスマスターカード

 トップスピン、スライスセット

 ボレーマスター

 結果的にリターンにも有効です。
 リターンミスを減らす

 R.フェデラーのドロップショット連発動画


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽