ヒンギス

2016年6月11日 (土)

パエス、ヒンギス ミックスのグランドスラム達成 全仏2016

L.パエス、M.ヒンギス 念願のミックスダブルススラム
 全仏、クレーコートの試合は面白い。
 ダブルスの放映をもっとやってくれると良いのだが。
 N.ジョコビッチが今回、キャリアグランドスラムを達成した。

 同じように、実だの同じペアで、グランドスラム4大会を年度をまたがっても良いから勝利する事。

ダブルス、全仏は面白い
 男子ダブルス、ブライアン.ブラザーズを破った新鮮、ベテランペア
 

 新しい男子ダブルスの陣形。参考に。

L.パエス、M.ヒンギス、ダブルスの超スペシャリスト。
 共通点は、誰と組んでも勝てる事。
 相手の長所を活かし、
 カバーリングが良い事。
 L.パエスは、ここ数年、試合には余り積極的にはでていない。
 しかし出場すれば、勝つあたりはさすが。

 M.ヒンギスも、単複合わせて12のグランドスラムタイトルを持つ。
 なかったのがロランギャロスのシングルスとミックスダブルス。
 これでコレクションにないのは、ロランギャロスのシングルスだけ、

 それだけロランギャロスはグランドスラムを達成するトッププロにも難しい。
 全員がダブルスのスペシャリスト。
 試合が面白い。

 トッププレーヤーのダブルスでは掛け声は、しっかりしている。
 一般プレーヤーの良くある、お願い! はまずない。

 「You!」
 「Mine!」はっきりしている。
 これは参考にしたい。
 ダブルス会話教室 
 勝つペアは、ポイント毎に会話して、作戦を確認する。

 負けて来るペアは、少しずつ話が少なくなる。
 
 女子ダブルス、M.ヒンギスとS.ミルザはペアを組み、優勝も多い。
 今年のロランギャロスは、珍しく、早く負けた。
 クレーコートの遅い展開は余り得意ではない。
 ヒンギス、ミルザ組

 L.パエスはダブルスの職人
 去年は、A.マレーと組み
 S.バブリンカとも組んでいる。

 今年は、R.ナダルとも組んでいる。
 L.パエスの最高のペアは、M.ブパシ。仲たがいしたらしいが残念。
 2011 二人で組んでいる。 上手いですよ。
 動画で  

 L.パエス、M.ブパシが分かれて対戦  

 今ではL.パエス、R.ステパネック組  このR.ステパネック、ロランギャロスでは予選を勝ち上がり、
 A.マレーを苦しめ、今の芝の大会ではM.シリッチを破る。まるでゾンビだ。

 特にミックスダブルスは、いろいろなプレーヤーと組んで優勝している。
 M.ナブラチロバとのペアリングは有名。
 最近はM.ヒンギスが多い。
 2015 USオープンで初優勝  
 本題、全仏 ミックスダブルス決勝
M.ヒンギス、L.パエス ◎ 4-6, 6-4, [10-8] S.ミルザ、I.ドディグ

Paeshingisnetrg


 試合スタッツ  
 1stサ-ビスを高い確率で入れる。
 ブレーク数は2つずつで拮抗。
 L.パエス組がブレークチャンスは多かったが、
 1stサ-ビスのポイント獲得率の高いチームがセットを奪っている。

 パエス組Dodigmilzargcober

 I.ドディグ、
 S.ミルザ組の
 センターを
 狙う
 センターセオリーを
 上手く使い
 陣形を崩す

 このミックスダブルス、女性がサービスの時に、M.ヒンギスは少しは出る。
 サーブ&ボレーを使える女子プレーヤー、
 M.ヒンギス、マテックサンズ、数は少ない。

 クルム伊達もダブルスは上手い。膝の2回の手術、大変ですね。応援しましょう。
 クルム伊達、公式サイト
 
 男性はサーブ&ボレーを1stサ-ビスは使う。
 その辺の陣形の使いまわしが参考になる。

 ミックスダブルス、勝利の法則  
 女性のサービスキープ、
 男性のサービスブレーク、これがネックになる。
Dbmixsayingserre


 女性のサービスの時に男性はI.フォーメーションでプレスをかける。
 

 この時はどう対抗するか、それが後衛陣だ。
 

 僕は、M.ヒンギスは素晴らしい選手だと思うが、
 引退した原因が、ドーピング検査でコカインの陽性
 検査が長引くことを理由に引退。結果的に2年間御出場停止処分になった。
 この件がうやむやになっているのは残念。
 舛添ではありませんが、疑惑は晴らしてから

 M.シャラポワのドーピングに対して、
 R.フェデラーは憤りを、
 A.マレー、S.ウィリアムスも怒っている。

 テニスの選手なら、自分で確認すべきことと。

 女子ダブルスの紹介をしたら、ウィンブルドンに行きましょう。

 ウィンブルドンは紫陽花の季節、八景島シーパラダイスの紫陽花、動画でどうぞ。

★ ダブルス上達情報集 ☆
 ダブルス 基礎知識  

 ダブルス上達には陣形の理解  

 変則陣形って? 
 今や、変則の言葉が死後な位一般化。女子ダブルスでもそう。

 ペアリング  

 ダブルスフォーメーションBook  
Dbforbooktitle3


 ダブルス上達DVD  

ダブルススコアのノート  

ダブルス上達、2画面マグネット作戦ボード
Allstaffscorebird


 

  テニス、システム手帳B7

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ATP500  13-15 Gerry Weber Open
 錦織圭出場予定 
 BS朝日で放送予定 

ATP500  13-19日 AEGONチャンピオンシップ
     
ATP250 女子 4-12日 男子 8-25日 AEGON Open
    
グランドスラム ウィンブルドン  27日-7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

ヒンギス ダブルス2種目制覇 USオープン2015 陣形、戦術

USオープン ヒンギス、ダブルス2種目制覇 ミルザ
 女子ダブルス ヒンギス、ミルザ組 優勝。
 M.ヒンギスはミックスダブルスと合わせてダブルの優勝。
Hmds

 相手もダブルスのスペシャリスト、陣形の動きが面白かった。
 ヒンギスのテクニック、凄い。コントロール自由自在。
 ミルザのハードヒットストローク、急展開のロブ。これは相手は苦労します。
 勝利の法則ダブルス

 相手のデラクア、シュベドナもダブルスのスペシャリスト。
 クルム伊達とはいつも組んだり対戦したりしている。
   デラクアと組み、2013,パタヤオープンで優勝
 

 ダブルスの上手い人と組むもの。
 ミックスダブルス、L.パエスと組み優勝
Hingispoachpaes


 

 女子ダブルスの優勝は、ウィンブルドンに続いての快挙。
 この時もミックスダブルスで優勝している。
 

 この二人は、今年の春、Indian Wellsからだから、
 1998年、M.ヒンギスは女子ダブルス、USオープンで優勝。
 18年前。 J.ノボトナと組んで、L.ダベンポート,N.ズベレバ組に勝った。
 J.ノボトナはH.スコバと組み、女性では少ない、前衛陣主体のテニスを展開した。
Hmdsscore


 ヒンギス、ミルザ組は、I.フォーメーションを良く使う。
 1stサ-ビスではほとんどがそうだ。
Hmifor


 すると、相手は後衛陣で、対処する。
 I.フォーメーションではリターンの選択肢がはっきりする。
 リターンが、クロスか、ダウンザラインか、はっきり変わる。
 シュベドナ、デラクア組は後衛陣でストローク勝負。
Derashuve


 I.フォーメーションの動き  

 雁行陣の動き 

 雁行陣では、クロスが主体で、ポーチをケアしながらストロークすることになる。

 ダブルス、陣形マスターシリーズ、40枚のレッスンカード、試合に持参しよう。
 ダブルス陣形編  
ダブルス陣形雁行陣
 ダブルス陣形並行陣 

 テニスのスコアをつけよう


 テニス、データの集大成。
 スラムトラッカー。 USオープン

M.ヒンギスの凄さ、20のグランドスラムタイトル
 シングルス5、ダブルス11、ミックスダブルス4。

ミルザだって凄い、女子ダブルスで2回、ミックスダブルスで3回優勝。

 S.ミルザは言う。私たちが強いのは、お互いが困っている時に、助け合う事が出来るからだと。
 そう、まさにダブルスはペアリング。
 運命共同体。  

良く草大会で、ペアがミスすると、注意する人がいる。
 試合が始まったら、ミスは気にしない。
 プレーに集中できなくなるからだ。

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

ダブルス上達大作戦
 ダブルスフォーメーションブック

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Dbforbooktitle3


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
 US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

ヒンギス、パエス 強いダブルスの見本 USオープン2015初優勝

ミックスダブルス パエス、ヒンギス組優勝
 この二人、何度も優勝しているような感じだが、初優勝。
 テニスの天才、M.ヒンギス。ダブルスの達人L.パエスが組むのだから、強い。

 相手のS.クエリ、マテックサンズは、アメリカ地元期待のペア。
 二人とも、男子ダブルス、女子ダブルスでも上位に来ている。
 S.クエリはS.ジョンソンと組みセミファイナルで敗れたが、2回タイブレークの大接戦。
 マテックサンズはL.サフォロバと組むケースが多い。
 お洒落なマテックサンズ

 シングルス、3回戦、セレナとフルセット

 第3セット、10ポイント、タイブレーク
 グランドスラムではつい最近取入れられている。
 ダブルスの軽視の様な気がするが、
  クエリ、マテックサンズ 4-6 6-3 (7-10) ◎パエス、ヒンギス
Dbmixedphqmscore


 結局は、ダブルスの組み込みの勝負。
 珍しくミスをする、M.ヒンギス。L.パエスは動じない。
 笑顔でSaydb

 会話をする。
 ミスは
 お互い様なのだ。

 ダブルス、会話教室
 ポイントをとれば、ハイタッチ。
 ミスしても、笑顔で軽くタッチ。

 S.クエリは第3セット、2ポイントリードしていたが、
 プレッシャーがかかり、ミニブレークを許す。

 ミックスダブルスはトッププレーヤーでは大会会場が同じケースは少ないので、
 組み込むにはグランドスラムが一番。

 重要なのはペアリング、L.パエス、M.ヒンギス組
 

 パエス、ヒンギス組が上手いので、
 S.クエリ、マテックサンズ組のサービスゲームはアイフォーメーションをとるケースが多い。

 I.フォーメーションの使い方
Signplaylow

 

 変則陣形に慣れる
 雁行陣にしがみついていませんか?

 並行陣、前衛陣、後衛陣、使ってみましょう。楽しいですよ。


 サインプレーに慣れよう

 この4人の中ではS.クエリのサービス力が飛びぬけているが、
 第3セットM.ヒンギスへののダブルフォールトが大きかった。

 ミックスダブルス、男性のサービスはポイントが当たり前、特に女性に対しては。

 ミックスダブルスのコツ
 
 サービスのスタッツ。
グランドスラムではIBMのスラムトラッカーが威力を発揮する。

 得点の流れをグラフで表してくれる。一目瞭然。
 最初、パエス組がリード。
 第2セットでクエリ組が追いつく。


 第3セット、10ポイントのタイブレークなので、超短期決戦、
 総得点でたったの1ポイント差。

Dbmixph

 1stサ-ビスが重要。
 ダブルスでは特にそれが言える。
Dbstatsserph


 そこからスルリと抜けるパエス、ヒンギス組。
 ヒンギスがミスをして、少しイラつく素振りを見せたが、L.パエスは落ち着いている。
 マテックサンズも、S.クエリを引っ張っていた。
 ダブルスのスペシャリスト。

 レシーブとウィナー、アンフォーストエラーのスタッツ。
 共にアンフォーストエラーは少ない。
Dbstatsreph

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

ダブルス上達大作戦
 ダブルスフォーメーションブック

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Dbforbooktitle3


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
 US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

ダブルス ヒンギスの上手さ 強さ USオープン2015

ヒンギスが魅せる ダブルスの妙味 ペアリング
女子ダブルス ヒンギスFinalへ ミックスダブルスはSemi-Finalへ
 ヒンギスに注目
 上手いですね。

 ◎M.ヒンギス S.ミルザ 6-4 6-1  ×S.エラーニ、F.パネッタ
Dbhmepscore


 面白い事に、女子ダブルスではS.ミルザ
 ミックスダブルスでは、L.パエス。二人ともインド人。

 アメリカの情報で、M.ヒンギスはインド人を賢く使うと書かれていた。
 僕の友人、外資系の会社に務めていた、面白いことを言っていた。

仕事は誰に任せるか。
 取り敢えず、仕事を終わらせたいのなら中国人。

 計算をさせたいのであればインド人。

 お金だけ出させて、援助してもらうならアメリカ人。

 しっかり組織立ってやりたいのならドイツ人。

 子供にお金を出して、アメリカの留学させる韓国人。

 最後までしっかり仕事をしたのであれば、日本人と。
 面白いでしょう。

M.ヒンギスのポーチ
Dbmspoach


 ハイライト動画 M.ヒンギス S.ミルザ vs S.エラーニ F.パネッタ


 S.エラーニもダブルスのスペシャリスト、去年グランドスラムを取った、
 S.エラーニ、R.ビンチ、ペアを解消して、同じイタリア人のF.パネッタと組んでいる。
Dbpenera


 スタッツを見ると、女子ダブルスではサービス力は60%。
 リターン力が40%。

 これは男子ダブルスと大きな違いだ。

 ダブルスの達人 L.パエス

 ダブルスの天才 M.ヒンギス
 

 L.パエス、M.ヒンギスペア 
 ダブルスの達人とテニスの天才が組んだ。

 男子ダブルスでは1stサ-ビスのポイント獲得率80%以上。
 1ブレークが命取り。

 それはサービス力の違い。
 シングルスでも1stサ-ビスのポイント獲得率が高い。ダブルスではさらに高くなる。


 女子ダブルスでは2ダウン位で推移する。

 イタリアペアはスマッシュを良く決めている。
 ヒンギス組はパッシングショットが多い。
Dbhmpenerrallystats


 つまり、前に良く詰める、イタリアペア。迎え撃つ、ヒンギスペア。
 S.エラーニはムーンボールを多用して前に詰める。

 この作戦、雁行陣の一般プレーヤーの方に使い勝手多いですよ。

 M.ヒンギスのストローク、コントロールが抜群。だから雁行陣が成立する。
 ミックスダブルスのペアのL.パエスが、ストロークを習いたいと褒めちぎっていた。


 このF.パネッタ、シングルスでクビトバに逆転勝ち。しぶとさを見せた。

ダブルスの陣形  
 I.フォーメーションを使いこなそう。

 ダブルス フォーメーションブック 

 ダブルス フォーメーションBook 詳しい説明

 ヒンギスペア、全てで勝っている。
 サービス力、リターン力で上。
Dbhmpaerstatsall


 ウィンブルドン2015 L.パエス、M.ヒンギス B.ブライアン、マテックサンズ

女子ダブルス 準決勝
 ○M・ヒンギス(1)/S・ミルザ(1) vs. ●S・エラーニ(11)/F・ペネッタ(11), 6-4, 6-1
 C・デラクア(4)/Y・シュウェドワ(4) vs. A・グローネフェルド/C・バンデウェイ

女子ダブルス 準々決勝
 ○S・エラーニ(11)/F・ペネッタ(11) vs. ●L・アルアバレナ(15)/A・クレパック(15), 6-0, 5-7, 6-2
○M・ヒンギス(1)/S・ミルザ(1) vs. ●Y・チャン(9)/Hao-Ching Chan(9), 7-6, 6-1
●C・ガルシア(5)/K・シュレボトニック(5) vs. ○A・グローネフェルド/C・バンデウェイ, 6-7, 5-7
○C・デラクア(4)/Y・シュウェドワ(4) vs. ●A・クドリャフツェワ(12)/A・パブリュチェンコワ(12), 6-2, 2-6, 6-3

混合ダブルス 準決勝
 ●A・フラヴァコバ/L・クボット vs. ○B・マテック=サンズ/S・クエリー, 4-6, 3-6
●Y・チャン(2)/R・ボパンナ(2) vs. ○M・ヒンギス(4)/L・パエス(4), 2-6, 5-7

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

テニスダブルスに強くなる

 親子の交換日誌ノート 
Dbscoretotal

 
ダブルス強化ノート 

★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
 US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2015年7月17日 (金)

ダブルス上達教室 パエス、ヒンギスに習う ウィンブルドン2015 ミックス優勝

ウィンブルドン ミックスダブルス ダブルス上達エッセイ
 パエスのリードの上手さ M.ヒンギスのテクニック
ミックスダブルス 相手もダブルスのスペシャリスト
 しかし、チャンスらしいチャンスを全く与えなかった。
 L.パエスの、動き、全く無駄がない。
 試合時間2セットでMoondb1pointmid

 40分弱
 このペア、
 ノーミス。

 L.パエス、M.ヒンギス組(7) ◎ 6-1 6-1 A.ペヤ/T.バボス(5)
Mixdbpaesscore


この二人のダブルス、息があっている。
 L.パエスはダブルスの超超スペシャリスト。
 ダブルスは組込んだペアが多いが、L.パエスの場合は、
 組んだ誰と組んでも強くなる。

 有名だった、インドペア M.ブパシ、L.パエス組、伝説的な強さ。
 陣形の豊富さで、ダブルスの面白さを伝えてくれた。

 パエス、ステパネック組 このペアは前衛陣を主体に、陣形を駆使したペア。
 R.ステパネックはデビスカップで、T.ベルディフと組んだダブルスでも強い。

 L.パエス、M.ナブラチロバ組。 ここも伝説的な強さ。


 L.パエスは語る。M.ナブラチロバと組んだ時は、
 前衛陣、ボレー選手を得意にした。
 もっと早く、もっと早く。これが口癖だった。

 一方、M.ヒンギスと組んだ時は、何しろストロークが上手い。
 習う事が一杯あるくらい上手い。

 だから僕が前衛に居ると、後ろからストロークでボールを作ってくれる。
 「Nice and Easy and Smooth」だから僕は自由に動けると。

Saymixdbpaes


ウィンブルドン ミックスダブルス パエス、ヒンギス組
 これぞダブルス、戦略勝ち。
 パエスのリードの上手さ M.ヒンギスのテクニック
ミックスダブルス 相手もダブルスのスペシャリスト
 しかし、チャンスらしいチャンスを全く与えなかった。
 L.パエスの、動き、全く無駄がない。

 L.パエス、M.ヒンギス組(7) ◎ 6-1 6-1 A.ペヤ/T.バボス(5)

この二人のダブルス、息があっている。
 L.パエスはダブルスの超超スペシャリスト。
 ダブルスは組込んだペアが多いが、L.パエスの場合は、
 組んだ誰と組んでも強くなる。  この点は詳しく後で紹介する。

まずこの二人、ダブルスの鉄則、サービスゲームをしっかりキープする。

サービス、レシーブの陣形
 
 1stサ-ビスをしっかり入れ、相手にブレークチャンスを与えない。

 ダブルスは戦略 ヒンギス、ミルザ女子NO1ペアの戦略
 

 サービスキープ出来るのが、サービスの安定性とコースの良さ。
 これで前衛が自由に動ける。

 ダブルスは陣形 
 陣形、どれ位知っていて、どれ位使分けられますか? 

 見本的な、L.パエスのポーチボレー。
 オープンコートを狙う
 

 ポーチのコース クルム伊達のポーチのコース。クルム伊達、ダブルス上手いですよ。
 T.バボスもクルム伊達と組んでいました。名人、名人を知る。

Mixdbpaesstats

 

本日の御教訓 ダブルス勝利の鉄則
ダブルスは仲間を使うゲーム
1:サービスで優位に
2:前衛は動く
3:リターンは勝負する


 ダブルスの戦略、戦術、陣形の展開を、試合形式練習を使って分かり易く教える
 レッスンマニュアル

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 ダブルス、フォーメーションBookプレゼント中。
Bmdbanswer


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


 錦織圭の次の試合。目指せUSオープン優勝。


ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015年7月11日 (土)

ウィンブルドン2015 ファイナル 見どころ 対戦組み合わせ

ウィンブルドン、決勝の組み合わせが出ましたね。
 ウィンブルドンのファイナルが良く分かる情報集です。対戦相手、個性、紹介します。
 ウィンブルドン、ファイナルの組み合わせ決まる。
 ウィンブルドン、熱戦もファイナルですね。
 皆さんは、どの試合の興味がありますか?
 各種目、男子シングルス、男子ダブルス、
 女子シングルス、女子ダブルス、
 ミックスダブルス。
Rfnewssf


ウィンブルドン、斜め情報
 ウィンブルドン白のウエア 

 ウィンブルドン、芝用のシューズ  

 ウィンブルドンと用具  

男子シングルス、N.ジョコビッチvs R.ガスケ 
 R.ガスケのバックハンド炸裂。美しいです。格好いい。
Gasquebsfine


 

 R.ガスケ、錦織圭選手がまだ勝っていない相手。4連敗中。
 

 錦織圭と同じような体型、怪我sからの復帰。でもここまで頑張りました。
 参考になります。

 でも試合の強さ、N.ジョコビッチでした。
 今回、N.ジョコビッチは結構苦労しています。
 イライラしている感じ。 でもきっちり修正する点はさすがですね。
 N.ジョコビッチ、精神的な強さ

Sayingnolemtbasic


 R.フェデラー、超快調。 サービスゲームを落としたのはセミファイナルのG.シモン戦の第2セットでたったの1回だけ。
 前哨戦のHalleからサービスゲームは安定してキープしています。
 ネットプレーの攻撃力ですね

皆さんに質問? ファイナルに2種目出場する選手がいます。誰でしょうか?
 セミファイナルに2種目勝ち上がっていた選手は
 答えは最後に。読めば分かっちゃいますけれど。

 今回のウィンブルドン、NHKも放映して、WOWOWも力が入っていました。
 錦織圭が怪我でリタイヤ、まあ仕方がないですね。 次のUSオープンへのステップと見ましょう。

 ナダル、サーブ&ボレーの色男、ブラウンに負けました。 
 いろいろ悩んでいるようです。
 N.ジョコビッチは、トニーナダルのコーチを変えない方が良いと、アドバイス。
 テニスも、コーチとの二人三脚。信頼性ですね。
 僕は、今のナダルの必要なのは、自分への信頼、振り切って打つこと。だと確信します。
 だって今まで強かったんだから。

 男子ダブルスでは、ブライアン.ブラザーズが最近勝っていません。
  ブライアン.ブラザーズに学びたい大事な点、それは?
  

 L.パエスのダブルスの上手さ。何しろ組んだペア、いつも勝ちます。
  
Hingisldb

 M.ヒンギスのダブルスの上手さ。戦略。デフェンス上手いですよ。
 
 相手のアタックを切り返す。


男子シングルス 決勝
 N・ジョコビッチ(1) vs. R・フェデラー(2)

男子シングルス 準決勝
 ○N・ジョコビッチ(1) vs. ●R・ガスケ(21), 7-6, 6-4, 6-4
○R・フェデラー(2) vs. ●A・マレー(3), 7-5, 7-5, 6-4

 ライバル関係ですね。面白い試合になりますよ。

男子ダブルス 決勝
 JJ・ロジェール(4)/H・テカウ(4) vs. J・マレー(13)/J・ピアース(13)
 新しい顔ぶれです。男子ダブルスはスペシャリスト揃い。
 J.マレーはA.マレーのお兄さん。
 マレー兄弟と、錦織圭、伊藤竜馬は楽天で対戦

男子ダブルス 準決勝
 ○JJ・ロジェール(4)/H・テカウ(4) 4-6, 6-2, 6-3, 4-6, 13-11 vs. ●R・ボパンナ(9)/Florin Mergea(9),
 ○J・マレー(13)/J・ピアース(13) 4-6, 6-3, 6-4, 6-2 vs. ●J・アーリック/P・ペッツシュナー,


女子シングルス S.ウィリアムス
 少し前までは、S.ウィリアムスの圧勝でしょうけれど、
 ムグルッサ、打ちますね。全くミスを恐れない。
 E.ブシャールを大きくしたような選手です。

 S.ウィリアムス、サービスは最強でしょう。  
 M.シャラポワとのセミファイナル、大事な場面でエースをとるS.ウィリアムス。
 ダブルフォールトでM.シャラポワ は沈みました。
 サービス優位の芝のコート、ダブルフォールトは致命傷です。

 心配はS.ウィリアムス、心の弱さ

女子シングルス 決勝
 S・ウィリアムズ(1) vs. G・ムグルサ(20)
 サービス力ではS.ウィリアムスが圧倒でしょう。
 リターン力、ムグルッサの攻撃力すごいですよ。
 お互いの2ndサービス、取るのが大変なんではないですか?
 新しい、女子シングルスの世界ですね。

女子シングルス 準決勝
 ●A・ラドワンスカ(13) 2-6, 6-3, 3-6 vs. ○G・ムグルサ(20),
 ○S・ウィリアムズ(1) 6-2, 6-4 vs. ●M・シャラポワ(4),

女子ダブルス 決勝
 M・ヒンギス(1)/S・ミルザ(1) vs. E・マカロバ(2)/E・ヴェスニナ(2)
 ストローカーが強いので、後衛陣から雁行陣への戦い方に注目です。

女子ダブルス 準決勝
 ○M・ヒンギス(1)/S・ミルザ(1) 6-1, 6-2 vs. ●Raquel Kops-Jones(5)/A・スピアズ(5),
 ○E・マカロバ(2)/E・ヴェスニナ(2) 6-3, 4-6, 6-4 vs. ●T・バボス(4)/K・ムラデノヴィック(4),

混合ダブルス 決勝
 A・ペヤ(5)/T・バボス(5) vs. L・パエス(7)/M・ヒンギス(7)
 男二人がネットプレーヤーでどれくらいポイントをとれるかですね。
 雁行陣の戦いになるでしょう。

混合ダブルス 準決勝
 ○L・パエス(7)/M・ヒンギス(7) vs. 6-3, 6-4 ●M・ブライアン(1)/B・マテック=サンズ(1)
 ○A・ペヤ(5)/T・バボス(5) 4-6, 6-3, 11-9 vs. ●R・リンドステッド/A・メディーナ=ガリゲス,


質問の答え ファイナルの2種目出場は M.ヒンギス選手
 女子ダブルスと、ミックスダブルスに出場します。 凄いですね。

 Semi-FinalまでならT.バボス選手。女子ダブルスとミックスダブルス、
 彼女は、クルム伊達選手ともペア を組んでいました。優勝しています。

 R.フェデラー 無事これ名馬

 テニス部活応援キット

Tenniswblob

テニスのシステム手帳2015 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

ソフトテニスシステム手帳2015 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。
   

 ソフトテニス応援キット

錦織圭を育てた、ニック.ボロテリーのチーフコーチ。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」


★☆★  グラスコート シーズン ★☆★ 聖地ウィンブルドンの芝へ、

 ウィンブルドン 公式サイト

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow ウィンブルドン特集
  まあ、サイトの内容は、WOWOW の方が濃いでしょう。
 解説の好き嫌いもあるでしょうけれど。

NHK ウィンブルドン

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年4月14日 (火)

女子ダブルス 新チャンピオン ヒンギス、ミルザ 特徴は

ヒンギス、ミルザペア  動画で観察
 比較的変則陣形が多くなってきた昨今、
 女子ダブルスの正統派のスタイルが復活。
 雁行陣主体で、戦術の引き出しの多い、M.ヒンギスが、
 M.ヒンギスのダブルス復活   USオープンに向けて、D.ハンチュコワと組んだ。
 

 その後、ダブルスのスペシャリストといろいろ組んで、
 ペアが定まった、それがS.ミルザ。
Hingismirzawta


 ヒンギスは自由自在。並行陣に出たり、変化をつける事が多い。

 ミルザの強さと、M.ヒンギスのキャリアとテクニックの合体。
 女子ダブルスに新しい風。
 女子ダブルスでついに世界NO1になった。
 WTAでも大きく取り上げている。
 トップページに、ダブルスの記事が3つも並ぶのは珍しい。

Mirzawta


 ヒンギス、ミルザペア、マイアミ大会で優勝  

 クレーコートシーズンが始まる。
 アメリカチャールストン。ファミリーサークルカップ

 クルム伊達は O.Savchukと組んで出場、
初戦第2シードの R.コップジョーンズ、A.スピアース
当たりフルセット負け。 6-4 3-6 10-6 最近勝利から見放されている。

 ボゴタでも1回戦負け。
 クルム伊達の公式サイト、苦悩が赤裸々に書かれている。 
 あれだけ頑張っているのだから凄い。 
 

 チャールストン クレーコート  グリーンクレーで赤土のクレーコートとは少し違う。
 レッドクレーはレンガを砕くが、グリーンクレーは玄武岩を砕いた土。
 レッドクレーよりも少し硬く、速い。
 

 クレーコートでテニスをするメリット
 

 ダブルス、雁行陣の使い方 が良く分かる。
 簡単なようで実は一番難しいのが雁行陣。
 正確に動ける前衛は少ない。
  

 ヒンギス、ミルザペアの強さ。
 ミスが少ない。
 相手にとられないリターン。
 雁行陣でのプレッシャーの掛け方。
 決めはしっかりポーチ
 
 
 フェイントを前衛はしっかり入れている。

 チャールストンで優勝  Charleston: HIngis/Mirza vs Dellacqua/Jurak
 これも雁行陣の動き方が良く分かる

 ダブルス基本陣形  

 ちなみに女子シングルスの優勝は A.ケーバー  20才17位のM,キースを破った。KEYS, Madison
 M.キース最近強くなっているが、その訳はコーチ
 L.ダベンポートがついている。

 中級者脱出作戦  

 ボール出しマニュアル概略
  

 ファミリーサークルカップ公式サイト   

 WTA公式サイト 

テニス365 

 男子はモンテカルロでATPマスターズが開催。
 錦織圭は、この試合だけ、出場義務はないのでパス。
 次のバルセロナオープンに備えている。
 錦織圭 公式サイト 

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版


Bmpageexample


レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

女子ダブルス ヒンギス ミルザ 美人ペア 快調 トップを伺う

マイアミ女子ダブルス M.ヒンギス、S.ミルザペア 圧勝
 このペア強い。
 そして美しい。
 天才美少女と呼ばれたM.ヒンギス。そしてシングルスの強打で鳴らした、S.ミルザ。
 ミルザの結婚式 美しいですよ。

 スポーツ界チャーミング は?

Charhingismirza

 
 今年もう2勝。ランキング1位までもう一歩。
 女子で、シングルス、ダブルスと世界一位を経験しているのは、
 M.ナブラチロバ位だろう。

Hingismirzadbscore

 今行われているチャールストンの大会で勝てば、ペアで1位になる。
 今まで一位だったS.エラーニ、R.ビンチ、ペアがペアリングを解消すると発表したからだ。
  生涯グランドスラム達成 のペア

 先のインデアンウエールズでも同じペアと当り快勝。

 最高のテクニッシャン、M.ヒンギス
 強打のS.ミルザ。
 S.ミルザはダブルスのスペシャリスト。
 第1セット ロシアペアは5-2とリード。
 相手はロシアの良く組み込んだペア、
 E.マカロバE.ベスニナペアこのペアだって強い。

Hingisdb1


 絶妙なポーチ。
 ポーチと言えば、青山修子、最近不調ですね。

 女子ダブルスと男子ダブルスの大きな違い、サービス力。

 これは安全圏。しかし女子ダブルス、リターンが強い。
 ここから5ゲーム連取され、レシーブ逆転を許す。
 こうなると,ペアの歯車がかみ合わず、展開ができなくなる。
 そこにつけ込むヒンギスペアリの強さ、狡さ。

 でも女子ダブルスではコーチングが許されている。
 このアドバイスで、冷静さを取り戻した。

 アドバイスで変わる。
 ソフトテニスの試合では、チェンジエンドごとに、コーチングがある。
 錦織チームとM.チャン

 指導者のアドバイス、視点で、
 試合はいくらでも変わる。
Softmatchall


 そこで新しい作戦ボードの出番だ。ソフトテニス用作戦ボード
  

 特注ソフトテニス用、2画面作戦ボード  

Swballstaffs


 M.ヒンギスはミックスダブルスでも英雄L.パエスと組んで勝ち続けている。
 ダブルスの面白さが良く分かる。


 ブレーク合戦になりやすい女子ダブルス
 

 相手に1ブレークしか許さない強さ。
 9回のチャンスで6回活かす。相手は7回チャンスはあったが1回しかブレークできなかった。

 注目はリターンのポイント獲得率 64%
 サービスゲームのポイント獲得率 60% で上回っている。
 これは男子ダブルスでは考えにくい。

 ダブルスの展開の重要な場面で集中出来る強さがある。

 M.ヒンギスのダブルス
 

 M.ヒンギス L.パエスと組み今年の全豪ミックスダブルス優勝
 
 この二人のダブルス面白いですよ。

 トッププレーヤーの練習風景 ストロークのフットワークが良く分かる。

 M.ヒンギスはパブリシェンコバのコーチもしている。


 女子ダブルス M.ヒンギス、D.ハンチュコワ組対 A.ケーバー、P.クビトバ組
 動画 

ダブルスは陣形で強くなる。基本パターンを覚えよう
 ダブルス陣形編  

ダブルス陣形雁行陣
Bmdbanswer


 ダブルス陣形並行陣 

 親友の画家田熊 順氏の個展 アート フォア リビング 新杉田です。
Bus

 横浜のスケッチを紹介。

★☆★ テニスの大会が分かるサイト ★☆★

  WTA 公式サイト 

 ATP 公式サイト  

 マイアミATP1000

 NHK マスターズ放映 

 テニス365 

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2015年2月 5日 (木)

ミックスダブルス L.パエス M.ヒンギス優勝 全豪2015

ダブルス トッププレーヤー  L.パエス、ダブルスの上手さ
 M.ヒンギスと組んでミックスダブルス優勝。
 L.パエスはペアリングが凄い。
 一般プレーヤーの参考になる点を紹介したい。

 オーストラリアンオープン、ミックスダブルスで優勝した、L.パエス、M.ヒンギスペア。
 ダブルスはパワーではなくテクニック、戦略であることを示してくれる。
Paeshingisscore


 ダブルスは戦略 

 相手のD.ネスターもカナダのダブルスのベテラン。
 デビスカップの日本戦では、大きな壁となるはずだ。

 ミックスダブルスは、トッププレーヤーでは、超攻撃的となる。
 L.パエス、M.ヒンギスこの二人、ネットプレーが上手い。
 特にL.パエスはダブルスの歴戦のつわもの。
 いろいろなペアと組み、好成績を残している。

 M.ヒンギスのダブルス

Paeshingisnet


  

 M.ナブラチロバとのペアは、史上最高のミックスダブルスではなかったろうか。
 手術で出遅れたL.パエスを待ち、組んで復活、優勝した時は戦慄を覚えた。
 この頃から、テニスのデータを取り始めた記憶がある。
 変則陣形を自由自在に使いまわしていた。

トッププレーヤー
 ダブルスのフォーメーション  

ミックスダブルスの勝利の法則
 
 女子のサービスゲームキープ
 男子のサービスゲームブレーク
 デュースゲームをしっかり取りきる。

Paeshingisfstats


ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

雁行陣の神髄 女子ダブルス ファイナル 決め手はポーチ

USオープン2014 女子ダブルス ファイナル
 マカロバ、ベスニナ組。急成長。相手は元女王、M.ヒンギス、F.パネッタのベテランペア。
 M.ヒンギスは復活後ダブルスでS.リシキと組み優勝 している。

 しっかりした雁行陣。
 前衛がしつこくポーチを狙う。
 3回に1回は狙っている感じ。
 抜かれても抜かれてもポーチに出る。
Eehpscore

 陣形は使分けで
 ダブルス陣形編  
ダブルス陣形雁行陣
 ダブルス陣形並行陣

 サースポーが居るとダブルスは攻撃的になれる。
 サービス、リターンで有利。
 トッププレーヤーはともかく、サースポーが好きなプレーヤーは少ないから。

 ミスを恐れない攻撃。攻めての失敗は仕方がない。
 攻めないでポイントを取られるのは良くない。

最初はこうして抜かれることも
Dbpoachpass

 抜かれた次にはいポーチ。
Dbpoachagain

 それができるのは、サースポーE.マカロバのサービス力、ストローク力。 
 特にクロス一杯に強打できる、ストロークの安定性が凄い。
Dbleftyser


 サースポー、右サイド。
 センターのサービスを逆クロスにリターンできる。
 これが時て前衛にかからない。

ロシアペアは、正統派の雁行陣ペア。
 ストロークが打って、チャンスを作り、
 前衛が決めに行く。

 しかしこのペア、ボレーの決めが早い。
 3球以内にポーチに出る。
 それが良く表れているのがこのスタッツ。
 雁行陣の割に、ストロークのポイントが少なく、
 ボレーのウィナーが多い。
Eehpstats


 雁行陣だけれどポイントが決まるのはボレー

Eedbusvostats_2


 これってソフトテニスに似ている。

 クルム伊達のポーチのコース
 

 そうそう、USオープンでクルム伊達のペアは、優勝のロシアペアに負け たんです。
 
 第1セット、ノーミスで5-2まで行きました。
 そこからE.マカロバが絶好調になり逆転。

 だからなおさら立派。

 ロシアペアは、ポーチ、そしてポーチをケアさせて、ダウンザラインに誘い込む上手さもある。


 試合のスタッツで、E.マカロバ、E.ベスニナ、組はストロークでミスもさせられているが、
 ボレーでのウィナーが多い。 ボレーミスが少ないのも強い。
 攻撃的という事だ。
 女子ダブルスでも ネットでのポイントが重要 になる。
 

 M.ヒンギス、F.パネッタ組も上手いダブルスをして崩しにかかったが、動じなかった。
 この後衛陣からの展開は、見本そのもの。
Dbre


 M.ヒンギスのアプローチショット、カバー、素晴らしい。
 ただ前衛対決のボレーボレー、反射神経が落ちているのは否めない。

 ダブルスで重要なショット優先順位は?
 

 女子ダブルスのならではの必須アイテム ムーンボール
 

 F.パネッタのムーンボール、トップスピンロブ、
 女子ダブルスでは効果的ですね。
 一般プレーヤーも大いに参考にして欲しい。

  USオープン女子ダブルスファイナル ハイライト動画

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 今ならダブルスフォーメーションブック プレゼント。
Lcdbmindsayingretbasic


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

USオープン便利なリンク集
 USオープン 公式サイト  

 ATP  

 WTA  

 テニス365

wowow テニスon line

 クルム伊達公式サイト
 凄く参考になります。最高のブログですよ。

お陰様で人気ブログNO1 皆様に感謝です。
 錦織N.ジョコビッチ戦をデータ分析した記事 です。
0908


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | Na Li | Nike | Q&A | RICE | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽