戦術

2017年11月 2日 (木)

デミトロフの魅力 速攻、美しい片手打ち

G.デミトロフ、ATPファイナル 当確
 テニスの質の良さ。
 今年の、トッププレーヤーのNO1を決める、ATP ツアーファイナル。
 G.デミトロフが出場を決めた。
 M.シリッチも当確で、残る席は後一つ。
Atpgdmcrankin


 今年最後のパリインドア激戦が繰り広げられている。
 R.フェデラーが背中の不調で、棄権。
 しかしATP ツアーファイナル出場のための、念のための欠場だろう。
 R.フェデラーの好調さ

 G.デミトロフは、パリで、復調しつつある、R.ガスケと対戦。
 ◎G.デミトロフ 6-4,6-4  ×R.ガスケ
Gdscorerg

 スコアこそ競っているがブレークチャンスを与えない、好調さを示している。


 この二人、バックハンド、片手打ちの見本。

 片手打ちバックハンド、両手打ち、メリット.デメリット
Gdbs2ways


 

 D.ティエムの片手打ちバックハンド
 

 G.デミトロフ、バックハンド、スライスの上手さ
Gdsliceimp


 

 そして何といっても、G.デミトロフには、切れの良いサービスがある。
 1stサ-ビスで87%、
 2ndサービスでも70%とポイント獲得率を上げ、
 R.ガスケにつけ入るスキを与えなかった。

 ボールを最後まで追い続ける、テニスの基本。
 スライダーマン、G.デミトロフ  

 今のストローク戦からの速攻スタイルに合った、選手。
 R.フェデラーに攻撃は近い。
 Baby R.フェデラーと言われていたが、

 N.ジョコビッチを破って、才能が開花した。

トッププレーヤーが勝ち上がるのに欠かせない、フォアハンド。
 打点は前!
Gdfsimp

 

 G.デミトロフ、今年は順調に成績を上げている。
 優勝は、シンシナティ
  N.キリオスを破る。

 ソフィア、
 ブリスベーン 錦織圭を破る
 

 直近では、優勝を逃しているが、そろそろの予感がする。
 ストックホルムでJ.D.ポトロに敗れ、準優勝。
 上海マスターズ、R.ナダルに敗れ準優勝。
 チャイナオープンでR.ナダルに敗れ準優勝。
 R.ナダルが大きな鬼門となっている。

G.デミトロフの動画をどうぞ、強さが分かる。
 G.デミトロフのマジックショット

G.デミトロフのベストポイントpart1

G.デミトロフのベストポイントpart2

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコート図を使った作戦ボード、見開き2画面

Wb2magimage


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 サインプレーの紹介。
 ダブルスのメンタル.タフネスも

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
パリインドア公式サイト  

 NHKマスターズ放映

 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
 
 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

杉田 不調 どう立ち直るか プラス思考で

杉田祐一、不調続く
 パリで予選上がりの77位に完敗。
 注目カードの動画を紹介しながら、不調の要因を探ろう。
 原因が分かれば、対策も立てられる。

 負けから学ぶ

 不調は誰だってある。
 ただ落ち込まず、Saytranpolinelosewin

 前向きに
 考えよう。
 勝つ時もあれば、
 負ける時もある。

 次に向けて、
 心をリセット。
 プラス思考

 目の前の人参、モチベーションが必要だ。
 
マスターズ、パリインドア、初戦
 38位杉田祐一× 4-6,2-6 ◎77位F.クライノビッチ
Scoreparis


 試合時間1時間、粘りが無かった。
 ここ3試合で3連敗。
 1stサ-ビスのポイント獲得率、
 リターンのポイント獲得率も悪く、
 ブレークチャンスもたったの1回。
 相手には4回の内の3回を活かされてしまった。

 バーゼルのD.シャパロフ戦、
 ストックホルム、のJ.D.ポトロ戦は、 
 対戦相手が、強いから仕方がない部分があるが、
 相手が77位では少し残念。
 ここが正念場。
 楽天オープンから2勝5敗。

 楽天オープンのA,マナリノ戦、から諦めが早い感じがする。
 持ち前の粘りが感じられない。
 それはリターンのポイント獲得率が落ちている。
 杉田祐一選手は、リターンが良いのが持ち味
 

 最近フォアハンドの決定力も上がっている
 だから力勝負に行きたがる。
Saynoing


  

 サービスエースは増えているので、攻撃力アップは分かるが。
 ほんの少し、ボールが切れる。
 狙ったショットが少し切れる。
 次のポジションに戻っていない事が多い。
 ハードヒットにこだわり過ぎではないか。
 得意のバックハンドスライスを入れて展開をスローに。
 ネットプレーの質を上げる。
 アプローチショットで前に詰める、発展途上、もう少し。
 1stボレ-のコースが甘い、特に浅くなる。
 パッシングショットの餌食になる。
 前に出る勇気は大切だが。
 ここから頑張って欲しい。

 不調からの脱出
 良い時を思い出す  
 Plan → Do → Check → Actでしっかり敗因を整理。

Pdca


 テニスの内容を整理  
 一般プレーヤーでは、
 スコアをつける事も大事だ。


 バーゼルの、D.シャパボロフ戦は惜しかった。
 売り出し中の若手に、大健闘したが、逆転で押し切られた。
 杉田祐一× 6-4,2-6,6-7(3) ◎D.シャパボロフ

 ストックホルムでは、
 D.イストミン、M.バグタチスを下したが、
 J.D.ポトロに打ち負けた。
 杉田祐一× 2-6,6-7(6)  ◎J.D.ポトロ

 上海、S.クエリに完敗
 杉田祐一× 3-6,2-6 ◎S.クエリ

 ATP ツアーファイナルに望みを託す、二人では、
 モチベーションが違う。

楽天オープン 準優勝のA.マンリノ、ウィンブルドンの雪辱ならず。
 杉田祐一× 2-4,4-6 ◎A.マンリノ
 

杉田祐一の戦歴 スタッツも見れる。
 


バーゼル、D.シャパボロフ戦

ストックホルム M.バグタチス戦

本日の御教訓 不調からの脱出
好不調は誰だってある
1:良い時を思い出す
2:不調の原因を探す
3:モチベーションを高める

テニス上達グッズ  

正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

テニスQ&A ダブルス編 試合の展開

Q&A ダブルスの試合展開での質問です。
 Q:ストロークでどんどん打つ感覚は分かるのですが、
 ダブルスの試合展開、
 ボールを作る雰囲気があまりピンと来ません。
 ご教授、よろしくお願いします。
テニスのQ&A 

A:いいですね。ダブルスの展開、
 ボールをOpaqa

 作ると言う
 イメージ。
 ショットの
 打ち方の質問から、
 展開の質問は、
 テニスが
 新しい方向に
 向いている事ですね。
 ダブルスは戦術、戦略が実は勝負の大きな分岐点になります。

ダブルス、ボールを作る意識。
 オープンコートを作ろう! 

 皆さんは、体力よりも、
 技と戦略でダブルス上手になりましょう。
 さて、試合をイメージしてください。
 皆さんが雁行陣でダブルスをしています。
 クロスのストロークが強打をしていると、
 速いボールで、
 前衛が動くタイミングがつかめません。
 もちろん最終的には、早い展開を目指しますが、、、。
 ストロークの都合で前衛を動かすのではなく、
 前衛が動きやすいボールを作る、
 これがダブルス必勝のコツ です。

Dbpairing

 
 
ダブルスで重要な、共通意識。
 楽天オープン、内山靖崇、マクラクラン勉ペア
 
後衛は、前衛が動きやすいように、ボールを配給します。
 速さもそうですが、コースも意識します。
 ダブルスの得点源は実はボレーなんです。
 中でも前衛にポーチは、決めるポイントも大きいですが、
 相手が動くのでは?と思わせるだけで、
 リターンのミスが増えてきます。
 これは大きいですよ。

 相手に大きく見せる! 
 相手のミスは超ラッキーです。

Photo

 サーブアンドボレー、リターンダッシュを使っての並行陣になれば
 否が応でも、前衛の勝負になりますが、
 後衛、前衛の雁行陣では、後衛がボールを作って、
 前衛がいつと飛び出して得点するかに
 勝負がかかってきます。
 それには、後衛のストローカーが、
 前衛の動きやすいテンポで
 配球することが求められます。
 深いストローク、しかも相手にバックに行った、
 これなら前衛が動きやすいでしょう。
 相手の前衛の上を抜いて、後衛を横に動かした、
 相手はボールを追うのに必死で、
 こちらを見ていない。
 これも前衛のボレーのチャンスですよね。

Saydb


 いずれにしてもストローカーが
前衛の動きやすいボールを打ってください。
 おっとっと、そのボールがゆっくり過ぎて、
 甘いと、今度は相手に狙われますから、
 しっかり眼力で、相手の前衛を抑え込んでおいてくださいよ。
 ダブルスのコンビネーション  

 ストロークで勝負したいのなら。お勧めの陣形


本日の御教訓 ダブルスはペアリング
 後衛はボールを作る
 1: コースの共通理解
 2:前衛が動ける早さ
 3:スプリットステップで斜めに動く

日本人女性がダブルス上手い訳

 青山修子が見本 

 二宮真琴の超ムーンボール 

6:テニスコート下敷きの紹介

C


 テニスコートは戦場だ

 テニスコートの心理学

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコート図を使った作戦ボード、見開き2画面

Wb2magimage


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 サインプレーの紹介。
 ダブルスのメンタル.タフネスも
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

テニスの質問 ポーチに動きたい 良い練習は?

テニスの質問箱 ポーチに出たい!
 読者からの質問を頂きます。
 ブログをお読みいただき、感謝です。
 ダブルスの記事の質問が多いですね。
 関心が高いのですね。皆さんがプレーするのはダブルスですよね。

Q:もっと思い切ってポーチに出て暴れたいのですが、
 いざ試合になると、あまり動かない自分がいます。
 積極的に動けるようになるには、方法ってあるんですか?

A:ポーチに出たい。いいですね。
 これぞダブルスの必勝作戦ですね。
 前衛のポーチの動き、身に付けたらダブルス強くなりますよ。
 前衛が動くと、相手へのプレッシャーが大きくなります。
 先に前衛が動くことで、相手ペアは、守備になりますから。
 ポーチの有効性。
 ポーチに出るコツ。この二つを紹介しましょう。

サービス側のポーチの例です。
Dbserpoach


 ダブルス強くなる見本、
 マクラクラン勉、内山靖崇組、USチャンプ破った


テニス、特にダブルスではサービス側有利です。
 この優位性を活かしての前衛ですよね。
 ですから、サービスの陣形では、サーバー+前衛の連携が大事です。
 特に1stサ-ビス、圧倒的にサービス側が有利ですね。
 で、問題は2ndサービスです。
 サービス、リターンの力関係ですね。
 リターンが思い切り良く、反撃に行けるのであれば、状況は一気に変わります。

ポーチが上手になる練習を紹介しましょう。
 普通のボレーとポーチボレーの違いを理解しておきましょう。
Vovopoach


ボレーとポーチボレーの違い
 動く範囲
 気持ち
 ボレーのきっかけ
 タイミング
 ボレーのコース
 ぺアとの連携

ペアボレーは、普通のボレーよりも横移動が多いです。
 倍位動く事も多いです。
 その分、動き出しのタイミング、
 瞬間的な反射が重要です。

 そこでやって欲しいのが、
ボレーボレーの基本練習 

そこで横移動のボレーボレーで動きをマスターしましょう。
 コートサイドからお互いにボレーボレーをして横移動しますが、
 逆クロスに打ちながら、移動します。
Levo1


 最初は、5,6回で、コートサイドまで移動で結構です。
 移動距離にして、1,2歩で結構です。
 相手の動いた距離を予測して打つのはそれだけで練習になります。
 先に動かないように、スプリットステップを忘れずに。
 横移動のボレーボレー 

次はポーチを意識して、少し遠くに打ちます。
 目標は3回でコートサイドまで移動ですね。
 この移動距離、がポーチの移動距離です。

Levo2_2


 

 横移動のボレーボレー、動画  

動きながらのボレーボレー、
逆クロスに打つコース狙いの両方がマスターできます。
 逆クロスにボレー

 同じようなボレーボレー練習で、ブライアン.ブラザーズのスペシャル練習があります。
 
 この練習も結構難しいですよ。動画があります。
 ブライアン.ブラザーズのボレー練習
 
 やって見てください。

 ポーチは青山修子のダブルスを見習いたいですね。
 
 動画もあります。

本日の御教訓 ポーチの移動距離を覚える
横移動のボレーボレー
1:横に移動でボレー
2:3歩は動きたい
3:逆クロスに打つ

 テニスのQ&A

テニス上達グッズ  

正しい比率のコート図を使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 ポーチメニューも豊富ですよ。
Bmpovofree

 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
日本人、シングルス、ダブルス、チェックしてください。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

フェデラー強い ナダルのデフェンス力を撃破上海マスターズ2017

フェデラー、ナダル、上質の試合
参考になる点多い。
試合運び、
戦術、テニスを知るにはテニスコート下敷き、便利ですよ。
 PDFでプレゼント中! お気軽に。
C


メンタル.タフネス、マナーどれをとっても最高。
 R.ナダル、R.フェデラー、メンタル.タフネスの強さ
 
 見ていて気持ちの良い試合。

上海オープン R.フェデラー、R.ナダルを圧倒。
世界ランキング1位のナダル、2位のR.フェデラー挑戦を受ける。

 コートには、R.ナダルのボールを打つたびの声が響く。
打つ時に声を出すことで、リラックスと、
 腕が伸びる効果がある。

 M.シャラポワは騒音ですが、R.ナダルのそれは集中力の現れ。

R.フェデラー 6-4,6-3 R.ナダル  1時間12分
 この試合時間の短さはR.フェデラーの時間です。
Rfbeatrafascore


 

 R.ナダルにブレークチャンス0はR.フェデラーの完璧な勝利。
 二人とも1stサ-ビスの確率は高いです。
  R.ナダル74%、R.フェデラー68%。
 錦織圭選手に見習ってもらいたい点ですね。
  
 R.フェデラーは1stサ-ビスのポイント獲得率83%でR.ナダルの62%を圧倒。
 2ndサービスでも79%です。
 普通はR.ナダルの2ndサービスのポイント獲得率が高いのですが
 

 R.ナダルはもっとロングラリーが必要。
 R.フェデラーの速攻 が冴えました。
Sayingrf3rdattack


 R.ナダルが勝つ時は、R.フェデラーの速攻を一度止めて、
 カウンターでのポール回し的なダウンザラインで逆襲 します。
 
 今回は、R.フェデラーの早さに押されて、数センチ、外でした。
Nadal_vs_fedrerpass

ナダルのコメント、フェデラーの方が僕より良かった、それだけ。
 まだ修正点があるから、それを治すと、努力の人を示してい居た。

 R.フェデラーとR.ナダルのライバル史。
 R.ナダルの23勝15敗 これだけ見たら、R.ナダルの圧倒ですよね。
 この二人決勝を何度も戦いっています。
 でも去年、二人はランキングを落としてから、対戦は極端に減りました。

近年史 

 2017 R.ナダル見事なチャンピオン復活。 
 今年はR.フェデラーが2連勝
 

 2013頃 ナダルリードのライバル関係  

 2010 R.ナダル チャンピオン復活  

 2009 R.フェデラー、グランドスラム達成  

 クレーコートで圧倒的に強い、R.ナダル。
 上海の様な速いコートサーフェイスではR.フェデラーが有利。
 でも二人が頂点な事に間違いはありません。

 R.ナダル、R.フェデラー、ライバル関係
 

この試合、J.D.ポトロが、予想していました。
 「R.ナダルは強いけれど、
この上海の速いコートサーフェイスではR.フェデラーが有利」と

 R.フェデラーの美しいストローク  

Roger Federer vs Rafael Nadal Full Highlights HD | Shanghai Master 2017

Rafael Nadal vs Marin Cilic - SHANGHAI 2017 SF Highlights HD R.ナダルの予測力
 アンフォーストエラーの少なさ、逆を突かれた数回

Roger Federer vs Juan Martin del Potro Full Highlights HD | Shanghai Master 2017

テニス上達グッズ  

正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

ダブルス強化書 陣形の基本を スペシャリストの動きから

ダブルス 上達法、こうすれば強くなる
上海オープン、R.フェデラー、R.ナダルが出場している。
 ダブルスも面白い。
 ダブルスの上位ペア、どこかで見たような名前が。
  そう、
楽天オープンで、マクラクラン勉、内山靖崇ペアに苦杯を飲まされたペア。
 J.マレー、B.ソアレス組

 今年のUSオープンの優勝ペア。J.ロジェール/ H.テカウ組

 S・ゴンザレス/ J・ペラルタ組 ベスト4決めまで上がっている。

世界ランキング2位のKontinen, Peers組が、このペア、ダブルスのスペシャリスト。
 去年から一気に強くなった。
 M.グラノラー、I.ドディグ組と対戦。
 面白い展開となった。
 この4人、ダブルスの戦略は何でも出来る、
 1ポイント毎に戦術を練って、フォーメーションをとって来る。
 だからダブルスは面白い。
 この試合から、ダブルスの面白い場面を抽出してみた。


ダブルス上達チェックシート
 ダブルスのいろいろな場面を取り出して、
 それぞれ何を考えるか、チェックして欲しい。
 この時にサービス側、レシーブ側の二人の考え方が同じだと、
 ダブルスはスムーズに行く。
 これが正しいと言う考え方は、ペアの力量、フォーメーションによるが、
 大事なのは共通意識を持つことだ。
Db1sere

最初のサービスの時、4人が何を考えるかです。
 サービス側、リターン側で共通意識を持てる事。
 ダブルスの共通意識

さあ、場面設定で行きましょう。

場面1;サービス、レシーブの陣形
 相手サーバー、結構良いサービスを打ちます。
Db12

 そこでリターン側の前衛、下がります。
 後衛陣ですね。
 後衛陣のメリットは何でしょうか?  
 一般プレーヤーの方も、是非後衛陣使ってみてください。
 新しい可能性が見えますよ。

 サービス時の、4人のプレーヤーの、視線も注意してください。
 ダブルス、誰を見るか? 

 ダブルスでは相手が2人います。
 ボールをいつも見るのですが、周辺視野では、
 二人のプレーヤーのポジションを常にチェックすることが重要です。
 まず見る必要があるのは、自分にとって一番危険な相手です。
 サーバーは相手二人のポジションを確認。

 リターナーがフォアの回り込みするか、可能性を見ておきます。

 リターナー、サービスのコース、球種を予測します。
 サービス側の前衛、ポーチの可能性も頭に入れますよ。

 サービス側前衛、チャンスボールは決める。上のケアも。
 リターン側前衛、相手のポーチに備えます。
 ここが一番狙われ易いですから。

場面2:良いファーストサーブ、同時にサーブ&ボレーです。
 相手は速攻ですね。
 さあリターナーは何を選択しますか?
 リターナーの選択。 
 
Db2rechoice

 基本はDb2relob

 クロスの
 リターン、
 強打できれば
 最高。
 ストレートアタック、
 ロブ、
 決めて
 おきましょう。
 フォアに
 来たら逆襲、
 バックは
 守るでも可。

 大事なのは
 ペアで
 共通意識を持つ事。

 この時のリターン側の後衛、
 どんな対処が必要でしょうか?
 まずは、相手、前衛のポーチケアですね。
 ポーチが無くても、サーブ&ボレーで並行陣。
 少し下がって、守りの準備も必要です。
 ところが、ここで二つの意外なケースが。
 サーブ&ボレーではリターナーの角度を付けさせないために、
 センターが多いものです。それがワイドに。しかも甘いですね。

 もう一つ、リターナーがロブを選んだことです。
 フォアのリターンですからいろいろ攻めれるのに。
 サーバーの考えの裏をと思ったのかもしれません。

意表をついて,リターナーはなんとロブを打ちました。
 サービスは強くても、リターナーもフォアです。
 余りないケースで、意外ですね。
 バックに来たサービスはロブも多くなりますが。

 日本女子ダブルスは強い

 リターンでロブの選択
 しかもこのリターントップスピンがかかって、強烈。

場面3;この時リターン側のプレーヤー、どうしますか?
 ロブが抜けると判断した、リターナーは前に詰めます。
 リターン側の後衛も、それを見て前に。
Db3relob


 サービス側は、前衛はロブをとれないのでサイドチェンジ。

 サーブ&ボレーに来ていたサーバーがポジションを入れ替えてロブをカットします。
 ボレーで相手の足元に、返します。

Db3


 ここからはトッププレーヤーのダブルス。
 動画を見て頂きたいのですが、
 コンチネンが難しいボレーをロブ、ロブボレー、最高難度の技です。

 このロブボレーがいい。リターンダッシュで詰めた前衛の頭上を見事に抜き返しました。
 両ペアが戦後左右に動きます。
 最高のダブルス。ダブルスは陣形勝負なんですね。

 ここで一気に前衛陣対決になりました。
Db1_2


ダブルス上達の用語集  
 フォアサイド、バックサイドの間違い

 ダブルスはコートが狭くて楽? 

テニス上達グッズ  

正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年10月12日 (木)

大坂なおみ、躍動 ビーナス撃破、大きく復調 香港オープン

大坂なおみ、大きく復調。ビーナスを破る金星
 大坂なおみは不調が続いていた。
 USオープンでの活躍から、
 初戦負けが4回続いた。
 久し振りの勝利、しかも大きな金星がついた。
 大坂なおみ19才、ビーナス37才。テニスの歴史ですね。
 香港オープンで第2シード。
 試合の流れはビーナスだった。
Venus


 女子の試合では、オンコートアドバイスを受ける事が出来る。
 大坂なおみは、うまく利用して、立ち直った。
 アドバイスを受けて、強引なテニスから、戦術を使う様に。
 アドバイスと言えば孫子の兵法
大坂なおみの開き直り
 リターンAttack

 積極的に
 前に入り
 ビーナスの
 2ndサービスを
 叩く!
 これが
 ビーナスに
 プレッシャーを
 ダブルフォールトにつながった。

リターンエースも
Reace


 大坂なおみのストローク、リターンが深かくなった。
 思い切り良く振り切るようになった。
 大坂なおみがベースラインに入り、少しずつ優位に。
 テニスはゾーンの戦い。システム5を知ろう!

 64位の大坂なおみが5位のビーナスを破る。

 今年のウィンブルドン、ビーナスに惜敗
 
 その時の教訓を活かしている。

 ウィンブルドンハイライト動画  

大坂なおみ◎7-5,6-2×ビーナス.ウィリアムス
 1時間24分
Scorevenus

 大坂なおみは10回の内5回ブレークに成功
 V.ウィリアムスの4回のうち2回を大きく上回った。

二人とも1stサ-ビスは確率が50%以下で低調。
 ダブルフォールト大坂なおみ5回、V.ウィリアムス7回。
 試合がもつれる要因。

 1stサ-ビスのポイント獲得率
 大坂なおみ 84%、
 V.ウィリアムス 69%。この差がが大きい

 勝負を分けたのが、第1セットの5-4,サービスビングフォアザセット
 ダブルフォールト2回。
 ビーナスは語る、
 「このゲームが全て、彼女に自信を与えてしまった。」


 ビーナスが初めて、USオープンで優勝した時、1997年、
 大坂なおみはまだ生まれていなかった。

 大坂なおみは語る。
 「私はウィリアムス姉妹の活躍を見て、
 憧れて育った、
 試合では当たりたくなかった、
 でもその分集中して臨んだ
 感謝したい」
 大坂なおみがテニスをするきっかけ
 A.アガシにあり。


 大坂なおみがUSオープンで元女王のA.ケルバーを破った時 を思い出す。

 V.ウィリアムスの強さ 2011ウィンブルドン 伊達公子
 

ビーナスのプライベートブランド イレブン


 大坂なおみは3回戦で、第6シードのA.パブリシェンコバと当る。
 初対戦。打ち合い必死。
Nezrap


 1stサ-ビスの確率を上げる事。
 ダブルフォールトを減らすことが急務だ。
 戦術を立て、賢く戦って欲しい。
 思い切りの良さは残しながら。

 日本の女子ダブルス、加藤穂積組は勝ち上っているが、
 青山修子、二宮真琴組、江口美沙組、残念ながら敗れている。

 香港オープン公式サイト  

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコート図を使った作戦ボード、見開き2画面

Wb2magimage


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 サインプレーの紹介。
 ダブルスのメンタル.タフネスも
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 上海ロレックスマスターズ

 NHKで放映 する。

 ATP

 WTA

 テニス365 

 お陰様でテニスコーチ部門人気ブログに、クリックに感謝です。
 テニスコート図下敷き、原案、プレゼント!

 正しい比率のPhoto

 テニスコート図
 コート図1面、
 立体画像。
 コートの比率、
 イメージ、
 長さ、
 角度が分かる。

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

日本ペア 念願の優勝 マクラクラン勉・内山靖崇 楽天オープン2017

ダブルスで念願の優勝 マクラクラン勉・内山靖崇ペア。
新しいダブルスの形を見た。
 アイフォーメーションの使い勝手、
 デサイディングポイントの駆け引きだ。

感動のダブルスだった。
 内山がダブルスで活躍した、
 デビスカップ、カナダ戦を思い出した。
 この時の司令塔は、錦織
 
 楽天オープン、序盤はミスが目だった内山靖崇だが、
 試合が進むにつれて、良いプレーが随所に出てきた。

第1シードを破る
 これで一気に勢いが出た。


準決勝、ペアリングが良くなる。
 

そしてこの試合、楽天オープン決勝
 強いペアでも、歯車が狂う時がある。
 ペアの不調を、何とかしようと思うんですね。

世界トップの、マレー・ソアレスペアに焦りが出てきた。
本来なら
 マレー・ソアレスペアは動きだしたら止まらない。
 まず前衛が動く。
 これが早く、速い。
 そしてJ.マレーはロブが上手い。リターンから使ってくる。
 最新ダブルスで重要なリターンゲーム

今回のダブルス、良くも悪くも、ロブが多かった。
それも Moondbreaganko

リターンの
ロブ

上手く
使った方が
 勝ち、
甘いロブの
 チームは負けた。

ロブの使い手は
マクラクラン勉
J.マレー
マクラクラン勉に
軍配
 
しかしこの日、J.マレーの動きが悪く、ミスが目だった。
 前衛の動きでミス。
 リターンのロブが浅くなる。
 特に得意のはずの前衛の動きで、単独行動が多く、
 B.ソアレスが、全くカバーに入っていない場面があった。

ロブの立体表示の作戦ボード

日本ペアの勝因
 1:コンビネーション
 2:アイフォーメーションの使い慣れ
 3:デサイディングポイントのシナリオ
Saydecidingpoint

マクラクラン勉・内山靖崇組◎ 6-4,7-6(1)
 ×J.マレー・B.ソアレス
Scorefinal


1ブレーク差で逃げ切った。
タイブレークも1の抑えたのは素晴らしい。


1:コンビネーションが上手く行った
 マクラクラン勉が司令塔。
 ダブルスで重要な前衛の動きが、何しろマクラクラン勉は良い。
 ボールをしっかり作ってくれるので、内山靖崇の動きも良くなってきた。
 アイフォーメーションでのポジションチェンジもスムーズ。
 ポイントごとに、話して確認をしていた。
 ダブルスは会話なんです。


2:アイフォーメーションの使い慣れ
 2ndサービスでもアイフォーメーションを多用。
 相手ペアにプレッシャー

相手陣形の崩し
 相手もアイフォーメーションが多い。
 マクラクラン勉の思い切りの良い、リターンが活きた。 
 まさにダブルスのリターンの見本。
 ロブのリターンが絶妙。
 このリターンもアイフォーメーションならではの産物。
 ロブのリタ―ンでなるのが、台形フォーメーション
 

3:デサイディングポイントのシナリオ

 最近のダブルス、デサイディングポイントが多くなっている。
 デュースゲームの展開と違って、
 30-40,40-30でプレッシャーが早く来る。
 2本連続ポイントではないからだ。
 集中力が重要なファクターとなる。
 そしてレシーバーズ、チョイスなので、レシーブ側に優先権がある。
 陣形をしっかり使い分けていた。
Serpairforchange


ではどうするか。
 作戦を決めておくことだ。
 動きの速いダブルスでは、臨機応変は難しい
 

 サービスゲームでは前衛の積極的な動き
 リターンゲーム、リターンもサインプレーで
 
 相手の攻撃を封じた。
 相手のミスに付け込む
Sayusemiss


マッチゲームでの、
 J.マレーのSaydbopsaypeke

 レシーブポーチミス。
 B.ソアレスの、
 1stボレ-ミスを誘う、
 上手さが出てきていた。
 ダブルスは
 ミスを誘う
 ゲームでもあるから。

 このままダブルスを組み込んでいって欲しい。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコート図を使った作戦ボード、見開き2画面


ダブルスフォーメーションBook

Dbhow


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 サインプレーの紹介。
 ダブルスのメンタル.タフネスも
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
楽天オープン  ATP500。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年10月 8日 (日)

ダブルス 内山・勉ペア決勝へ 楽天オープン2017

ダブルス マクラクラン勉/ 内山靖崇組、
第2シード破り,念願の決勝へ。
 ATPのニュースでもトップに紹介されていた。

 準決勝の勝因

Dbatpnews


男子ダブルスでこの台形フォーメーションが多かった。
 何故この陣形になるか考えてみよう。
Saytrapezoidformation

 答えは下に。
 ソフトテニスでは非常に多い
 

マクラクラン勉/ 内山靖崇組◎ 7-5,6-4
  ×S・ゴンザレス/ J・ペラルタ組
Scoresf


 この二人もダブルススペシャリスト。
 変則陣形を使いこなし。
 リターンゲームの上手さ、ストローク勝負が出来る。
 後衛陣の達人ペア。

試合内容
 1stサ-ビスのポイント獲得率は日本ペア。
 2ndサービスのポイント獲得率は相手ペア。
 ブレークチャンスは相手が圧倒的に多い10回。
 日本ペアは少ない5回の内、なんと3回も活かしている。
 デサイディングポイントの駆け引きで、見事な集中力。
 テニス、集中力  

テニス、ダブルスに強くなる
 テニスLcconcentlation1

 ダブルス
 焦ると
 ミスが増え、
 次のミスを
 呼びます。

 一度
 深呼吸で
 落ち着きましょう
 いつもの
 ルーティーンですよ。
サービス前のルーティーン

日本ペアは、内山靖崇がシングルスプレーヤーで
 ストロークが好きなので、マクラクラン勉を前に出して、
 雁行陣で勝負するのかと思われたが、
 積極的に前に詰めて、並行陣、前衛陣で勝負した。
マクラクラン勉はダブルス上手い。
 サービス力◎
 リターン◎ バックハンドの安定性とロブが上手いですね。
 ネットプレー、速い、早い、切り返しも落ち着きもある。
 ダブルスプレーヤーですね。

 内山靖崇、ミスが少しずつ減って来た
 ネットでの思い切りが良くなっている。

日本ペア、12年ぶりの決勝進出。
 2005年、鈴木貴男、岩淵聡ペアで勝利。
 僕は現場で見ていて感激しました。
 岩淵聡選手は今はデビスカップのキャプテンで、
 デビスカップ、ワールドグループ残留に
 

 この時日初めて起用された のがこのペアです。
 
 この時の相手が世界NO1ペア。メロ・ソアレス組。
 この時のB.ソアレスがやはり世界NO1、J.マレーと組みます。
 強いですよ。
 マクラクラン勉/ 内山靖崇組、世界レベルの強豪を破っています。
 楽天オープンを戦いながら、強さを増しています。
 第1シードを破る
 この二人のコンビネーションが明らかい良くなっています。

マクラクラン勉/ 内山靖崇組の勝因
攻撃ダブルスの勧め
 変則陣形への対応。  
1:強気を前面に
 サービスゲームから積極的に攻めた。
 ダブルススペシャリストの相手が、弱気のロブが多かった。
 このスマッシュをしっかり決めた。
 良く言えば、負けて元々の開き直りが有った。
 マクラクラン勉/ 内山靖崇、二人ともサービスが好調。
 ダブルス初めて組んだ、デビスカップ

 サービスゲーム、0-40からの挽回。
 これが大きかった。

2:サービス力があった
 マクラクラン勉のサービス、スピードコースが良い。
 内山靖崇も随所に1stサ-ビスのコントロールが良かった。
 2ndサービスのポイント獲得率を増やすことが重要だが。

 両ペアともサービスゲームはアイフォーメーション。
 このフォーメーション、相手へのプレッシャーも大きいがs、
 1stサ-ビスの確率が下がると、使いにくい。
 アイフォーメーションと対策  

3:マクラクラン勉のダブルス慣れ
 最初に紹介したが、マクラクラン勉、ダブルス上手い。
 前衛にいる時はネットで良く動くし、反応も良い。
 ベースラインではリターンの安定性、と、ロブの使い方が上手い。
 非常にダブルスライクな選手。
Saydb

 ダブルスライク ダブルスの戦術  

 アイフォーメーションならではのサインプレー
 
 ポーチに出る、出ない。
 サービスのコースの2つをサインで出していた。

 補足、勝利の要因
 台形フォーメーションの対応が良かった。
 
課題
 内山靖崇のストローク。速さがない。
 内山靖崇の1stボレ-。
 サーブ&ボレーに行くのは良いが、相手に動きに翻弄されて、ネットミスが多かった。

 試合を進めながら、内山靖崇がマクラクラン勉に引っ張られて、
 ダブルスらしくなっていく様子が良く分かった。
 強くなるって、この過程が大事。

 東レパンパシフィックに見る
 ダブルスのスペシャリスト対、シングルス×2、どちらが強い。

 優勝の青山修子ペアに見える前衛の動き
 アイフォーメーションへの慣れが必要。

二宮真琴のプレーに見る、
 超ムーンボールの必要性

 日本人はダブルス向き 

 お陰様で、ダブルスの検索多いです。
 クリック有り難うございます。
テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面


ダブルスフォーメーションBook
 変則陣形のドリル多いですよ。
Bmdbanswer


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
楽天オープン  ATP500。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

ジョンソン スーパーランニング ボールを追う執念

トッププレーヤーの基本から、学ぶ
 楽天オープン、参考になるプレーが多いです。
 D.ゴファンのボールを追う姿勢。
 D.シュワルツマンのガッツ溢れるプレー。
 そしてS.ジョンソンのスライスとフットワークです。
テニスはボールを追う競技
 楽天オープン面白いですね。
 トッププレーヤーのプレーが、テニスの醍醐味を伝えてくれる。
 テレビ観戦で、試合を観ている無精をお許しください。

日本ペアの活躍に期待!
楽天オープン S.ジョンソンのボールを追う姿勢
 この二人試合中に握手をしている。
 なんででしょうか?
Sjshake

 下のハイライト動画をご覧ください。
 S.ジョンソンのスーパーショット+スーパーランニング。
 これにはポイントを決められた、D.シュワルツマン思わずも拍手。
 
 テニスは走る
 ボールを追う競技
 と改めて納得させられた。
 

 テニスのスポーツ的特性
  ネットを挟んだ、対人競技、ラリー。
  運動科学的に

 ここまで来れば、格闘技。
 N.ジョコビッチ対R.ナダル驚異の試合
 

D.シュワルツマンはS.ジョンソンの弱点のバックに
 アプローチショット。前に詰める。
 S.ジョンソンは良いロブを上げる。
 D.シュワルツマンは身長が低い、抜けるか。
 ジャンピングスマッシュでオープンコートのフォア側に。
 これも良いスマッシュ。
 S.ジョンソン予測が良い、スルスルと走って、打点に入り。
 カウンターの強打。
 D.シュワルツマンは落ち着いて、オープンコートにドロップボレー。
 まさか取りに走らないだろうと思う。
 しかし、S.ジョンソン走って来る、諦めない。
 そしてボールがバウンドの寸前に、
 振り切ってダウンザラインにウィナー。
 S.ジョンソンはネットポストと審判台の狭い空間を走り抜ける。
 大拍手。
 今年一番のスーパーショットではないだろうか?

Jhonsonsuperrun


 そのボールを追う姿勢が、
 少しずつ、相手にプレッシャーを与えて行く。

Sayingbartoli1move


 この試合、S.ジョンソンは体調を崩して負けたが、
 最後まで諦めないその姿勢に拍手。
 トッププレーヤーでもこの基本は同じ
Sayingchaceballmurray


 

 R.ナダルのしつこさはここ
 
 
 スーパーショットのタッチ  

 それが第2シードのD.ティエムを破る金星なってなって現れた。
 
 
今回の楽天オープンで光るのが、
 D.ゴファンの粘り。
 テニスの見本ですね。

クオーターファイナルハイライト動画

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面

Tennie2magscorefullset


ダブルスフォーメーションBook


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ATPのライブスコア

楽天オープン  ATP500。


wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

  杉田祐一オフィシャルサイト 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Laver Cup | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | P.C.ブスタ | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アンダーソン | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャパロフ | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ビーナス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マクラクラン勉 | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 二宮真琴 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山・勉ペア | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 質問 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽