グリップ

2016年5月12日 (木)

錦織 ガスケ戦 バックの打ち合い必死 ローマ2016 勝機は

イタリアオープン、3回戦に進んでいる。錦織 vsガスケ戦の予想と、バックハンドの考察をお届けする。
 バックハンド、上手く打ちたいですよね。
 まずは凡ミスを減らすこと。
 トッププレーヤーのダウンザライン、一般プレーヤーはなかなか怖くて打てないものです。
 ショートクロスはもっと難しい。これはトッププレーヤーの技ですね。
 でも打つコースのイメージは持ちましょう。

ローマ、2回戦
 N.ジョコビッチは接戦だったがクリア。
 R.フェデラーは、若手のズベレフと振り切る。才能って凄いと話していた。
 ナダルもコールシュライバーを破り、
 今年調子が良かったM.ラオニッチ、暴れん坊ランチャーフォアハンドの持ち主、
 キリオスに敗れる。
 キリオスのテニス、素晴らしいものがあり、M.ラオニッチにサービスエースをたったの1本お抑えたのが凄い。
 今年、急成長すること間違いなし。

 ローマのシード 

錦織圭、R.ガスケ戦の予想
さて、錦織圭の相手は、A.セッピをストレートで下した、R.ガスケ。
全体の流れ。
 コンパクトなテニスをする、R.ガスケ。 早い展開の錦織圭。
 サービス力、リターン力と錦織圭がやや上。
 問題は、錦織圭の苦手意識。  これは心の問題、メンタル.タフネスだ。
 過去は1勝6敗、だが直近のマドリッドオープンでストレートで下した のが良かった。
 
 この時のテニスをすれば大丈夫。

 初戦、バテたが、あの中でコンディショニングをカバーして逆転できる実力がある。
 体力が回復していると良いが、つくづく1日のオフがあり良かった。
 初戦、2回戦V.トロイツキ戦  
 2セット、中盤からの攻撃は素晴らしいものがあった。

 R.ガスケは素晴らしい片手打ちバックハンド、特にダウンザラインは素晴らしいものがある。

 主に、トップスピン、強打が普通。
 つなげる時は、ゆっくりめのスライス。
 余裕があれば、打ち込んでくる。
 ドロップショットも展開を変えるのに必要だ。
 
 お互いにバックハンド、ダウンザラインが得意。
 クロスのラリーから、いつダウンザラインに打ち込むか。ここが勝負だ。

 二人がバックハンドのクロスコートラリーになることは必死。
 バックはもちろん良いが、トッププレーヤーと言えども、ウィナーはフォアの方が強い。
Gasquebsslicetopspin


 バックハンドのラリー、いきなりダウンザラインを打つことはR.ガスケは少ない。
 相手のバックバックを突いて、次もバックをケアしようと思った時に、ダウンザラインに振り抜く。

 一方錦織圭は、リターンを含めて、早めのダウンザラインを狙うだろう。
Keibsslicetopspin

試合のラリー数
 サービスエース、Rgkeirallystatsbasic

 ダブルフォールトは
 少ないはず。

 1stサ-ビスの
 確率を上げて、
 短い展開 
 これが多いはず。

 ここでどれだけ
 ポイントを奪えるか。

 速攻が大事だ。  速攻の勧め、良く解説者が、錦織圭は長いラリーも持ち込んでと言うが、
 それは体力消耗が大きい。
 5回までのラリー―ポイントを増やす工夫が大事だ。

 体力の消耗もあるし、長いラリーはR.ガスケの展開になる。


 バックハンドのダウンザライン、口で言うのは簡単だが、
 相手に食い込まれると、振り遅れ、外に切れやすい。
 
 相手のフォアに打つことになるので、コースが甘いと、カウンターを食らう。
 その前に相手にバックをケアさせる必要がある。

バックハンド勝負 勝敗の分かれ目は
 1:ベースラインから下げた方が勝ち
 2:先に角度をつける
 3:相手の戻り方から判断
 4:フォアの回り込みを見せる

 錦織圭がラリー戦に付き合い、ベースラインから下がると、R.ガスケは
 テンポを速めて打って来る

 錦織圭の戦略の懐の深さで勝ち切りたい
 

 錦織圭のR.ガスケ対策  

 バックハンド、どっちが得? 片手打ち、両手打ち
Bsonebothmerit

 

 R.ガスケ,片手打ちバックハンドの秘密、
 それはグリップ。Gasquegrip

 エンドを超太くする、
 手首を
 動かしやすくする工夫。
 片手打ちのなせる業。

 グリップテープ
 頻繁に巻き替える

 気持ちの切り替えと、ショットタッチを優先しているからだ。
 サーブ&ボレーヤーの鈴木貴男選手も同じ感じだった。

テニス上達グッズ スポーツ&アート
 作戦ボードの詳しい内容は
 テニスの部活活性化をフォロー します。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
バックハンド、上達メニュー豊富。
Bmgradingmix


 リターンミスを減らす
 中級者からの脱出
 バックハンドマスター 
トップスピンマスター 
スライスマスターカード


テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

ソフトテニスシステム手帳2016 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

  作戦ボード入りテニスノート 

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ローマ マスターズ 公式サイト 

ローマ ライブスコア

NHKマスターズ放映 10日火曜日から

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2015年7月30日 (木)

初級 バックハンド短期上達法 軽井沢の合宿から

軽井沢の合宿から、ワンポイントアドバイス。まだまだやる事が一杯あります。
 涼しい軽井沢の合宿から、イメージとフィーリングを使ったテニス上達法を紹介しています。
 整理して分かりやすくしています。
 テニス合宿 部活指導者の方へ
 
 レベル差がある、初級者のレッスン
皆は、3面のコート活かして
 それぞれPhoto

 ラリー練習
 必ず
 ミニテニスから
 初めて
 タッチ、
 フィーリングを
 確認します。  

そして今日は、初級者レッスンの最難関、バックハンド
 暑いですね。
 木陰で、水分補給をしっかりしながらテニスですよ。
 飲み過ぎて、1coolfandog

 お腹が、
 チャポンチャポン
 にならないように。
 熱中症、水分補給、正しい情報で予防。
 

 昨日のテニス、1面に13人もいました。そこで僕がボール出しで効率を上げました。
 そのやり方は次の紹介します。
 テニスのレッスンで、最初の難関はバックハンドでしょう。
 普通のレッスンだと、バックハンドが苦手になる理由は簡単です。
 フォアハンドをたくさんやり過ぎて、バックが苦手になりやすいんです。

 ここは発想を切り替えます。
 ストロークの練習でフォアをマスターしてからバックではなく、
 フォアもバックも同じ∞スウィングなんですよ。
 ただ、グリップがフォトバックで変わりますよ。
 バックのテイクバックでグリップチェンジをしますが、左手でグリップを替えます。

 ストローク上達の秘策、∞スウィング(八の字スウィング)
Bs

 

 実は、フォアがトップスピン、バックがスライス、orフラットですからスウィングは少し違うのですが、
 初級者ですから、内容はシンプルに。

 ストロークでは、ネットを越すことに主眼を置いていますから、基本はムーンボールです。
 バックはスライスの中ロブの弾道になります。

 バックハンド自習法  

 ここが、短期練習と、週一のレッスンとの大きな違いです。
 するとフォアは比較的低い弾道
 次はバックなんですが、普通のレッスンであれば、少し厚いバックハンド、ないしは両手打ちのグリップを教えます。
 でも彼女は年に一回のテニス。
 そこで僕は、これはボレー、もサービスも同じグリップだからと、
薄いコンチネンタルグリップを示して、バックハンドは、「これでボールを高めに打ちましょう。」

 実はスライスのイメージなんですが、そんなムスかしい事を言わずに、
 何しろ、高くボールを打ちましょうと。
 結果的にロブでいいですよ。

 スウィングのイメージを伝える  

 自分でボール出し、でもスウィングは連続的に。
 スプリットステップも入れてリズムを作る。

 この後、2球連続で自分でボール出しして打ちます。
 この時に、フォアを打ったら、左手でグリップを替える事も教えます。

 この練習をした後で、ボレーの練習に入ります。
 薄いグリップで、フォアバック、同じグリップで面を合わせるように打ってもらいます。
 軽くボール出しをして、スプリットステップでタイミングをとります。

 クレーコートではスプリットステップは軽い方がいいですね。
 ジャンプし過ぎると、一歩目で滑りやすいですから。

 バックハンドのイメージ 
Bstopspinphiloppoussis


 ナダルを例に、ストロークの弾道のイメージ
 
 ラケッティングで続けているんですが、
 ボールを拾うラケッティング、難しいでしょう。

 中上級者の方でも、手首が硬い人はなかなかできません。
 頭の固い人もできないかなあ?
 ボールを拾うラケッティングのタッチ、センスって凄くテニスで重要なんです。

 これが彼女出来ちゃった。僕ははっきり言って全く来ちゃいしていなかったんですが、
 月さん、出来た! って大喜び。

 その結果は、凄いですよ、
 日中の練習でも結構ボールが当たるし、良く飛ぶようになりました。

 この練習の後、ラリーをしました。

 ボールはあちこちに飛び散りますが、「弾んで!」「打って!」を毎回言いながら打ってもらいます。
 本人はフォームが気になるようですが、タイミングだけ取って言いながら打って。

 僕が聞くと、「弾んで」が遅くて、「打って」が早い。
 まだ正しいタイミングをとらえていないんですね。

 本人も、弾んでが遅いと、分かっています。
 弾んでの時に、ラケットは引いてあるんですよねと質問。

 待っていました。そうですよ、弾んでの前にラケットを引いて準備ですよ。

 それと、タイミングがずれてしまうのは、コートの向こうに相手がいるイメージがないからですよ。
 僕が向こうのエンドに居て、ボールを打っているのをイメージして。と話しました。
 ラケットフェース、ボールの当たりをチェックします。

 ボールを見る いつから見るか。 当たり前が難しい。

 インパクト直前、Watchball3ways

 どこを見ますか?
 ボールの
 ロゴ
 見えますか?

 そこからイメージ、見る事が始まりますよと。

 ラケッティングと上達 オフコート、トレーニング
 
 バックハンド上達ドリル満載
 ボール出しマニュアル  

 大事なのはフィーリングです。
 右脳の方が情報量が多いですから。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 バックハンド、自習法、ラケッティングも動画で紹介。
Bmstotalcombination

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 次は中級者のレッスンです。お楽しみに。

 錦織圭の次の試合

 ダブルス・フォーメーションBook完成


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

ヒンギス ダブルス勝利の基本 グリップ

ダブルス 勝つヒント 基本のグリップ
 皆さん、M.ヒンギス、ご存知ですか?
 世界チャンピオンに君臨、天才少女の名を欲しいままにした選手です。
 先回のオリンピックの時に、オリンピックの優勝が欲しいR.フェデラーが、オファーをした位、
 センスのあるプレーヤーです。
 去年ダブルスで復活しました
  ペアは,杉山 愛とも組んでいた、D.ハンチュコワです。

 杉山.ハンチュコワ組のダブルス、強かったですよ。
  

マイアミで行われたSony Open   M.ヒンギスが優勝しました。
S.リシキと組んで、念願の、引退から復帰後の初優勝。
Hingisdbscore

 強いペアを破っているので凄い。
 準優勝のペア、
 C.ブラック、S.ミルザペアも強いですから。
 本人はあと2回くらいは勝ちたいと。
 M.ヒンギスの凄さ。ダブルスの優勝、これで38回目。

 シングルスはどれくらい勝っていると思いますか?43勝ですよ。
Db


皆さんのグリップ、チェックしたことありますか?
 テニスの基本はグリップにあります。テニススクールではグリップを教えるのに苦労しました。
 万能のグリップはありませんが、ショットに合わせたグリップで、
 最適のボールをコントロールできます。

 ちょうど良い写真がありました。ストローク、ボレーでグリップ確認しましょう。
Dbpositiongrip


 前衛に立つ,S.リシキはリターン側のボレーヤーです。
 相手の攻撃にいつでも対抗できるように、
 ボレーのグリップで立てて、構えています。

 一方リターンのM.ヒンギスは、ストロークのグリップですね。
 一般プレーヤーは、1stサ-ビスに対してはボレーのグリップで構えた方が無難ですが、
 トッププレーヤーは、読みがいいので、リターンをストローク感覚で打てます。
 この構えでリターンに立たれたら、サーバーにはプレッシャーになりますね。

 ダブルス、勝利の基本、サービス、リターン
 

 そして一般プレーヤーは、ストロークとボレーでのグリップをしっかりチェンジすることを
 確認してい欲しいのです。特にダブルスでは前衛、後衛でショットも異なるし、
 したがってグリップも変わります。
 J.マッケンローのように薄いグリップであれば,ワングリップですが、
 J.マッケンロー、グリップの神秘


 今では、ワングリップの方は天然記念物ですよね。
 僕はワングリップでもそこそこプレーできますよ。
 コーチで、すべてのグリップで打てるように練習していますから。

 今度はM.ヒンギスのボレーです。
 両手打ちボレーのHingisbvo

 見本ですね。
 一般プレーヤーの方は
 利き腕だけで
 処理しようとしますが、
 M.ヒンギス選手
 の様に、
 左手のグリップに
 合わせて、
 ボレーをしましょう。

 ボレー上達の秘密特訓 ラケッティング
 
 

 テニスとグリップ 
 J.マッケンローからR.ナダルまで

 ダブルスの試合形式練習、たくさん紹介しています。
 ボール出しマニュアル、ドリル数が270に増えました。
 レッスンマニュアルDVD270
Bmdvd270

  
 レッスンマニュアルBook270
 ボール出しマニュアルの概要 
 ソフトテニス、ロブ、メンタル.タフネスの内容、増やしています。

 ソフトテニスメンタル.タフネス

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」ダブルスの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年12月10日 (火)

テニスの温故知新 マッケンロー、グリップの神秘

シニアツアー  古いようで新しいマッケンローのテニス
 シニアツアーを見ていたら面白くて。
 そうだ、彼らのテニスは決して古くない。
 テニスの温故知新。旧きを訪ねて、新しきを知る。この企画で行きます。乞う! ご期待!!

マッケンローのテニス 薄いグリップの可能性
元トッププレーヤー、のシニアツアーがあるのご存知ですか?
 現役のトッププレーヤー、R.ナダル、N.ジョコビッチのプレーを見ていると、
 凄すぎる!
 真似できない、なんて思ってしまいます。

 でもシニアのプレーヤーを見ていると、すごく身近に感じて、
 プレーを真似したくなります。

 いくら打ち方が進化したとはいえ、同じテニスで、同じコートでプレーしていますから。
 J.マッケンローに学ぶ 薄いグリップ、その可能性。

Macfs1


 薄いグリップ、感覚を大事にできます。フィーリングが良く分かります。

 最近のトッププレーヤー、厚いグリップでガンガン打ちます。
 あれはあれで魅力的ですが、
 J.マッケンローの軽いテニスもいいですよ。

 若い49歳のM.ビランデルを破って連覇。
 ますます上手くなっている。
 54歳だから驚く。
 負けたビラデルが
 リターンの上手さ。予測が良い。
 スペースが見えないと感心していた。
 J.マッケンローも来年は「3セットになるかもしれないが、勝つよ」と余裕を見せた。

Db3sv


 J.マッケンローのテニス、ご存知ですか?
 フォアバック、ストローク、
 ボレー、
 サービス、全部同じグリップです。
 そしてなんといっても魅力はサーブ&ボレーです。

 なにしろ、最小限の力でコンパクト。
 ラケットヘッドのスピードもそれほど速くありません。
 でもトップスピン、ショートクロス、器用に打ち分けます。

 このグリップの薄さ でもラケットと垂直に当たるのが分かります。

 厚さの代表、R.ナダル ここから擦り上げます。

Rafafs1_2


 当然エッグボールを打ちます。
 ナダルの専売特許 エッグボール  

 トップスピンの打ち方 

 M.ビランデル 厚いグリップ、両手打ちバック、新しいテニスのはしりですね。

Wilanderfs


 シニアツアーの公式サイト  
 J.マッケンロー
 C.モヤ
 S.エドバーグも出ている。豪華キャスト。

 J.マッケンロー B.ボルグに学ぶ 昔からのテニスの基本
 

 僕もテニスをし始めたころ、憧れて見に行きました。
 見事なサーブ&ボレーですね。
 サーブ&ボレーにトライ

 錦織圭とJ.McEnroeのエキジビションマッチ
 

 N.ジョコビッチ J.マッケンローの真似をする。

  まあ、N.ジョコビッチは役者ですね。この中のJ.マッケンローのサーブ&ボレー
 見事さ。
 N.ジョコビッチがしっかり沈めたリターンを、角度をつけたファーストボレーでエース。
 パチ、パチ、パチ

 テニス作戦ボード 
 最大はA3最少はB7サイズまで自由。2画面で倍大きく使えます。
 マグネットでさらに便利に。
 2画面マグネットは最高に使いやすい。
Bi3cscore


 練習日誌の勧め
 テニス システム手帳2014


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽