ブシャール

2014年10月23日 (木)

サービス上達のヒント イワノビッチ ブシャール戦から学ぶ

WTAファイナル2014 シンガポール
A.イワノビッチ E.ブシャールを退ける  サービス上達のヒント
 E.ブシャール、2連敗でラウンドロビンから敗退決まる。
 思わぬ大差。
 今まではE.ブシャールの2連勝。
 試合の結果もあるけれど、この二人の試合から女性の試合では、
 1stサ-ビスの確率が重要なことを知って欲しい。
 これは一般プレーヤーにも言える事で、男子のトッププレーヤーでは、
 サービス力が高く、1stサ-ビスのポイント獲得率が大事となる。

 ファイナル出場8人 個性とプレースタイル

 まさか、セレナが負ける なんて、それが短期決戦。

 攻撃テニス同士。
 打ち合いは必至だったが。結果は大差だがスタッツはそれほどでも差はない。
Wtaanaybscore

 WTA グループ分け  
 A.イワノビッチはしっかり対策を練ってきた。
 「攻撃を先に仕掛けないと、彼女は攻撃が早いから。
 ベースラインにしっかり入って、ステップインして打つことを考えたわ」
Wtaanaebst

 A.イワノビッチのファイナル 2008 キャリアが長い。

 テニスはサービス力優位のスポーツ。
 しかしトッププレーヤーと言えども2ndサービスはポイント獲得率が50%ギリギリが多い。

 さらに2ndサービスは叩かれる。その防御策を考えると。
 1stサ-ビスの安定を高める事が、女子では大事となる。
 これは一般プレーヤーも同じ。

 1stサ-ビスを丁寧に入れて、E.ブシャールの2ndサービスアタックを未然に防いだ。
 長身のA.イワノビッチの1stサ-ビスはフラットサーブ。丁寧にコーナーを突いて、
 リターンでの攻撃を防いだ。
Wtaseranaebspin

A.イワノビッチ E.ブシャール ハイライト動画
 A.イワノビッチがE.ブシャールに前に出れないように、深く丁寧に打っているのが分かる。

 サービス上達の練習法満載。
 4つの回転も覚えよう。
 女性がサービスをスムーズに打つヒント 
 サービスの全体像をつかむ  
 ラケットが体の後ろを回っていますか
   肩を回すこと絶対にできますよ。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
 ダブルス、陣形フォーメーションブック、or メンタル.タフネス向上冊子プレゼント
Ws000056

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 E.ブシャール、得意技、リターンからの攻撃
 

 E.ブシャールは1stサ-ビスが入らず2ndサービスになり、スピンサーブが多くなる。
 そこをベースラインの中にはった、A.イワノビッチに叩かれた。

 E.ブシャールの得意なパターンを、A.イワノビッチの仕返しされた形だ。

一般プレーヤーは女子のトッププレーヤーを参考にしよう
 
Sayserlady

 本日の御教訓 女子のテニス
サービスの優位性を活かす
 1:1stサ-ビスで相手を動かす
 2:相手の2ndサービスは攻める
 3:気持ちを積極的に

Wtaanaybstats

 グループの順位。
Wtag

女子のトッププレーヤーが分かるリンク集
 WTA  

 S.ウィリアムス 公式サイト  

 M.シャラポワ 公式サイト  

 P.クビトバ 公式サイト 

 S.ハレプ 公式 Face book

 E.ブシャール公式 Face book   

 A.ラドバンスカ公式サイト  

 A.イワノビッチ公式サイト  
 C.ウォズアニッキ公式サイト 

錦織圭の次の大会
 パリマスターズ  公式サイト   ATP1000  10月27日 ここに全力集中


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

女子 ツアーFinal 2014 シンガポール グループ

WTA ファイナル シンガポール
 女子トッププレーヤー 8人の競演
 グループ2つに分かれて、ラウンドロビン。
 そこから準決勝のトーナメントが始まる。
ラウンドロビンの表を作ったので、成績を入れて、楽しんで欲しい。

Wtawhite

Wtared


 いきなりランキング上位が直接対決。だから面白い。
WTA Final 

普通に行けばセレナの独壇場でしょう。
 でも彼女、急に弱気に。
 心の問題ですね。

 テニスはメンタル.タフネス

女性は、お化粧されちゃうと、分かりませんね。皆さんどうですか?
Wtawho


 

 女王、S.ウィリアムスも病気が治って万全の体勢。
 2位に返り咲いた、M.シャラポワ。調子を上げている。
 サービスの出来いかん、それだけでしょう。

 3位のP.クビトバも調子の波が少ない選手だ。
 P.クビトバの基本  

 少し不調なのが、2位だったS.ハレプ。 
 ロランギャロスではM.シャラポワに敗れたが

 A.ラドバンスカ。最近、得意の守備が破られることが多い。


 若手で伸びたのが、E.ブシャール


 

 そして復調著しいのが、A.イワノビッチとC.ウォズアニッキ。
 この二人、チャーミング対決で、沸かしたしたんですよ。
 今年は、A.イワノビッチ、C.ウォズアニッキと復調

この8名がしのぎを削る。

 この舞台にV.アザレンカ、Li Naが居ないのは本当に寂しい。
 P.クビトバ V.アザレンカのファイナル

Ws000069


 

 LiNa 引退
  ロランギャロスの2011の活躍 がつい最近のように思える。
 

アジアの代表を錦織圭が引き継ぐ形に
 


女子のトッププレーヤーが分かるリンク集
 WTA  

 S.ウィリアムス 公式サイト  

 M.シャラポワ 公式サイト  

 P.クビトバ 公式サイト 

 S.ハレプ 公式 Face book

 E.ブシャール公式 Face book   

 A.ラドバンスカ公式サイト  

 A.イワノビッチ公式サイト  
 C.ウォズアニッキ公式サイト 

錦織圭の次の大会
 パリマスターズ  公式サイト   ATP1000  10月27日 ここに全力集中

 テニス365

テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。
Mtdairy1


ソフトテニスシステム手帳 


  錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法
 ニック.ボロテリーテニスアカデミィーのチーフコーチの秘密の練習法。

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

USオープン2014 女子シングルスシードプレーヤー Part2

USオープン 女子シングルス 上位シード
 第4シードまでは、朝一番で紹介している。
 USオープン2014女子シングルス 第4シードまで

 男子シングルスの行方
 ここニューヨークのコートサーフェイスは世界最速
 男子シングルスでは3球目までに決着がつく。
 コートサーフェイス、一番遅いロランギャロスとの比較

 その点女子シングルスはラリーが続く。
Uscourepractise2

 
 ベテランに若い選手が挑む格好だ。

 女王ベテラン勢
 S.ウィリアムス、A.ラドバンスカ、A.イワノビッチ、M.シャラポワ、J.ヤンコビッチ、S.ストーサ、
 S.クズネトバ、V.ウィリアムス

 挑む若手
 S.ハレプ、E.ブシャール、奈良くるみ、E,スビトリナ、S,ロジャーズ


第5シード M・シャラポワ(ロシア)
 チームで支えている。
 テニスに対し、真剣に取り組んでいる姿は立派。
  ロランギャロス2014 S.ハレプ破り優勝

Msser2

 M.シャラポワの出来は、良くも悪くも1stサ-ビス次第

 サービスへの入り方、ルーティーンを参考にして欲しい。
 

第6シード A・ケルバー(ドイツ)
 サービス力抜群。
 サースポーを有利に使いたい。
Kerberdsus

 USオープンにはRobbinwilliam2013

 亡くなられた
 喜劇俳優
 ロビン.ウィリアムスさんが 
 観戦に来ていた。
 ベッカムも。

 
第7シード E・ブシャール(カナダ)
 チャーミングで人気急上昇。
 ウィンブルドンではファイナルでP.クビトバに敗れた
 リターン、ドライブボレーに活路を見いだせるか。
 
 ここ数試合、Ws000004

敗退が続く。
 太ももの
テーピングが気になる。

 持ち前の
 ファイティングスピリッツが
 必要だ。

第8シード A・イバノビッチ(セルビア)
 前哨戦で久しぶりに、ファイナルへ
 強打は健在だが、試合に展開力が欲しい。
 

第9シード J・ヤンコビッチ(セルビア)
 超安定したテニス。粘りを見習いたい。
 

第10シード C・ウォズニアキ(デンマーク)
 久しぶりに、勝利が続いている。
 最近のテニス、序盤から攻撃できるようになった。
 粘れる選手は心が強い
 Ws000005

 

第11シード F・ペネッタ(イタリア)
第12シード D・チブルコワ(スロバキア)
第13シード S・エラーニ(イタリア)
 女子ダブルスのNO1、ムーンボールがどこまで通用するか?
 
第14シード L・サファロバ(チェコ共和国)
第15シード C・スアレス・ナバロ(スペイン)
第16シード V・アザレンカ(ベラルーシ)
 本当は、トップ4で戦う選手。
 今年は右ひざの怪我に泣いている。
 

第17シード E・マカロバ(ロシア)
第18シード A・ペトコビッチ(ドイツ)
第19シード V・ウィリアムズ(アメリカ)
 強打健在で、最近調子が良い。
 自身のブランドを持っている。
 eleven  

第20シード S・クズネツォワ(ロシア)
 前哨戦で、奈良くるみを破って優勝
 
 ステディなテニス。

第21シード S・スティーブンス(アメリカ)
第22シード A・コルネ(フランス)
第23シード A・パブリュチェンコワ(ロシア)
第24シード S・ストーサー(オーストラリア)
 USオープン優勝。
 ウィンブルドンダブルスでの優勝 
 前哨戦で、カナダのE.ブシャールを破る。

第25シード G・ムグルサ(スペイン)
第26シード S・リシキ(ドイツ)
 サービス力抜群なので、上位に上がるだろう。
第27シード M・キーズ(アメリカ)
第28シード R・ビンチ(イタリア)
 女子ダブルスのNO1プレーヤー、ネットプレーが上手い。
第29シード C・デラクア(オーストラリア)
第30シード B・ザフラヴォワ・ストリツォワ(チェコ共和国)
 クルム伊達とダブルスを組んでいた。好成績。
 最近はシングルスでも勝ち上がっている。

第31シード 奈良くるみ(日本)
 今年、調子が良い。
 ブラジルのクレーコートで初優勝
 前哨戦で、S.クズネトバに敗れるも準優勝。
A.ラドバンスカ戦  
第32シード S・チャン(中国)

 忘れちゃならないのがダブルス
 クルム伊達  前哨戦でSemi-Finalへ
  
 青山修子の活躍に期待したい。
  

 2013USオープン ファイナル  セレナ V.アザレンカ
  
 USオープン2013 E.ブシャール

USオープン便利なリンク集
 USオープン 公式サイト  

 ATP  

 WTA  

 テニス365

wowow テニスon line

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 セミオーダーノート

テニスシステム手帳バイブルサイズ
Tennisscore1c


テニスシステム手帳B7サイズ


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

ブシャール 大応援団で緊張か ロジャーズカップ 初戦負け

ロジャーズカップ 成長中のブシャール、まさかの敗戦。
 ウィンブルドンで吹き始めた、カナディアン旋風。
 追い風を受けて、USオープンに進む道だったが。

 ロジャーズカップはUSオープンの前哨戦の、2つのポイントの高い試合。
 トッププレーヤーはまず出る。
  錦織圭足の裏の不調、
  R.ナダルがパス。 
 J.D.ポトロもナダルと同じ手首の故障。
 
 USオープンに間に合わせたいところだ。
 カナダ風は前哨戦Citiでも、大きく吹いた。
 男子シングルスはM.ラオニッチ、V.ポスピシルのカナダ対決

 カナダ旋風でもE.ブシャールはロランギャロスから。
 E.ブシャールの魅力 
 
 第5シードのE.ブシャール、負けは異変としか言いようがない。
Ebscore


 予選勝ち上がりのアメリカの113位のロジャーズに。 フルセット負け。

 ロジャーズは、こんなに一人だけのプレーヤーを応援する、中での試合は初めて。
 だからボールにだけ集中しようと思った。と語る。

 カナダは母国。

 しかもE.ブシャールは超人気がある。
 大応援団がいる。
 トッププレーヤーでも大会の序盤、しかも女子では観客はまばら。
 これがE.ブシャールならではの人気。
Ebcheerleader

 一方のE.ブシャール。
  ウィンブルドンから初めての試合。
 その前の試合は、体調不良でパスした。
 その後遺症があるのか。

 絶対に勝ちたい、その気持ちが空回りりした。
 足が全く動かない。

 防戦一方になった。
 挑戦者のロジャーズは失うものはない。
 積極的に行けた。

 いつもの攻撃的に前に出るフットワークがない
 
 手打ちになっている。

 ロジャースもフットワークが良く、高い打点から叩いていた。

 本人曰く、試合前から変なプレッシャーがあった。
 第1セットは全くダメ。

 試合全体でも8回のブレークを許した。
 体調が本調子に戻っていないのだろう。

 防戦一方の展開だ。
Ebbsdeffence


 サービスは余り良い方ではないが、1stサ-ビスのポイント獲得率が50%以下では厳しい。

 でも救いは第2セット自分なりのテニスができたこと。
 ウィンブルドンの決勝でもP.クビトバに敗れて も、
 
 自分を誇りに思うと、述べた。

 このプラス思考が成長の証しだろう。

 テニスで大事な上げスイッチ  
 言い訳をしないところが良い。
 N.ジョコビッチもそう。言い訳しない

Sayingnoexcuse


 ハイライト動画

 USオープンへの道  

 ロジャーズカップ オフィシャルサイト  
 男女別になっている。

 USオープン

 正しいテニスコートの比率が分かる

 欲しい方にはPDAファイルを差し上げます。
 ブログのどこでも結構ですから、コメントをご記入ください。

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版


 シングルス、サービス、レシーブ練習、増やしました。
Bmreexpert


レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

メンタル.タフネス向上
トップスピンマスター 
スライスマスターカード
 トップスピン、スライスセット
 勝利の法則シングルス

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年7月 6日 (日)

クビトバ 剛腕レフティ復活 ブシャールの速攻止める

女子ファイナル P.クビトバ 6-3 6-0の圧勝。
 終わってみれば、P.クビトバDay
 やる事なすこと、すべて的中。

 パワーを総動員。
 E.ブシャールが作戦を立てる余裕を与えなかった。
Pkebscore

 E.ブシャールはカナダに、初の栄冠をもたらすことは出来なかった。
 カナダ、男子シングルスでM.ラオニッチのベスト4
  
 女子でE.ブシャール、準優勝。
 男子ダブルスで、V.ポスピシル、優勝と若い勢いがある。
 V.ポスピシルの魅力

 ダブルスキング、ブライアン.ブラザーズを破っている。
 詳しく、紹介する。
 近い将来、テニス王国になる予感がする。

 僕のE.ブシャール有利の予想は外れた
 
 残念。

 P.クビトバは、3年ぶり2度目の優勝。
 M.シャラポワを破り、初の栄冠
 
 この時は基本がしっかりできている選手と言う感じだった。

 E.ブシャールはファイナルまでセットを落としていない。
 好調さを見せつけていた。

 しかしP.クビトバは最初からエンジン全開。

 サースポーのサービスが活きた。
 サースポーを
 活かしたサービス。Pkebserstats

 E.ブシャールを
 左右に振る。
 左右に振れば、
 E.ブシャールも
 前に出にくいからだ。

 E.ブシャールはP.クビトバのボディも狙って、サービスを読まれないようにしたが。

 良く走って、ランニングショットが決まった。
 対軸がぶれない。だから次のショットの対応もできる。
Pkbswinneraxe


 パッシングショットにもミスがなかった。
 高い打点で打ち込む。

 しかも深く、深く、丁寧に

 少しでも浅いと、E.ブシャールにアタックされるからだ。
 E.ブシャール得意のドライブボレー、出番が少なかった。
 P.クビトバのボールが速く、深かったからだ。

 Ebfsfinish


ベースライン深く、釘づけにされていた。


 ドライブボレーの可能性
 E.ブシャールのドライブボレーは、今回は不発だったが、
 男性並み。
Pkebstats

  テニス勝利の教訓集
Sayingpkbasicst


 逆にP.クビトバが前に出て、攻め込んでいた。
 E.ブシャールは良い経験をした。

 
 USオープンが楽しみだ。 

 ウィンブルドンで超重要 スプリットステップ

テニス上達のお手伝い
トップスピンマスター 

スライスマスターカード

 テニス上達のテニスノート システム手帳
Lob2mag


 テニス作戦ボード セミオーダー

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


ウィンブルドンが良く分かるリンク集

 ウィンブルドン事情通

 ウィンブルドン 公式サイト  

 ATP

 WTA 

 テニス365

 wowow 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

ウィンブルドン 女王決め 元クビトバ対 ヤングキラー ブシャール

ウィンブルドン 女王決め フレッシュな対戦

 元女王 P.クビトバ 対 カナダのキュートキラー E.ブシャール
 二人とも、ミスを恐れない、攻撃型の選手。
 打ち込む音がセンターコートに響き渡るだろう。
Pkebwtastats


 E.ブシャールは優勝候補のS.ハレプの怪我もあったが、
 完勝。
 いつものようにミスを恐れない強打、超攻撃型のテニス

 凄いのが、ドライブボレー、
 普通はストロークの深いボールは一度落として打つが、
 E.ブシャールは前に出てドライブボレーで攻撃してくる。
 しかもその精度が高い。
 ドライブボレーの進化形を見ることができる。
Volleyslicedrive


 ドライブボレーと言えばナダル

新井流フルスイングテニス塾 DVD ~スピード×決定力がアップするフォアボレー・バックボレー~
 

 リターンのポイント獲得率が46%。
 これは相手には大きなプレッシャーとなる
 E.ブシャール S.ハレプのスタッツ
 
Ebrestepinn


 P.クビトバはチェコの同胞対決を制した。
 第1セットこそ、タイブレークにもつれ込んだが、
 第2セットは、気落ちする、L.サフォロバに一気に畳みかけた。
 E.ブシャールと同じように、
 ウィナーがアンフォーストエラーを大きく上回る。
 2011 ウィンブルドン、M.シャラポワを破り優勝

 破壊力のあるサースポーのサービス

Pkserwim

 

 P.クビトバ L.サフォロバ戦 スタッツ  


 サースポーの強打 対 超ライジングの対戦

 P.クビトバがウィンブルドンで優勝したのが。

 あの時は劇的だった。若いのに基本がしっかりできていた。
 少しおなかのポッコリが気になったが。

 今年はかなり、シェープアップされてる。

 E.ブシャールはサースポーにも慣れているし、
 何しろそのチャーミングな顔立ちからは信じられない強気。

 「自信がある。ファイナルの来ている事は当然の事」
 「ここまで度努力してきたから」

 クルム伊達のライジングを、ビルドアップした打ち方。
 リターンから決して下がらず、ボールの上りっぱなを叩く技術は努力のたまもの。

 お互いに 3球目攻撃を仕掛けて来る
   

 サービスの次、リターンの次に攻撃準備に入っている。
 これは見習いたい。

 勝負の分かれ目は2ndサービスの出来になるだろう。
 2ndサービスは、二人ともミスを恐れず、打って来るから。
 特にブシャールのリターンはテンポが早い
 

 サービス力でP.クビトバ
 リターン力でE.ブシャール
 気力でE.ブシャール
 戦略でP.クビトバ  有利、そんな感じがする


 テニスの上達に スポーツ練習ノートの勧め

A5memoc2wbmatchc2


 特に ジュニアの子には日誌 をつける癖をつけさせよう。

 テニス上達のテニスノート システム手帳
 テニスノート、各種用意しあります。
 スクール生用ノート  
 ジュニアのためのノート(年齢に合わせます)
 親子の交換日誌ノート 

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 ウィンブルドン2014 情報リンク集
  公式サイト、テレビ、選手、知りたい情報は全てここにあります。

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年6月 6日 (金)

シャラポワ 勝負強くなった 強打のブシャールを返り討ち

シャラポワ 図太さも手伝い、より戦略的に
 シャラポワ、若手ブシャールの攻撃にさらされ、第1セットを奪われたが、
 しぶとく巻き返した。

 二人のストローク戦の意図が良く見える試合。
 クロスとダウンザラインのメリット.デメリット。

Msebscore

 ブシャール、目を見張る破壊力
 今日も、ミスを恐れない、攻撃力を見せてくれた。
 将来性抜群。

シャラポワの強さが見えた試合。
1:大事な場面でのダブルフォールトを跳ね返す。
 サービス力が支えた。Msserrg

  ダブルフォールト9本は、
  今までなら負けていた。
  精神力。
  リードされた
  2ndサービスで
  エースを奪う力。
M.シャラポワのサービス

2:相手の戦略を逆手に取る、賢いテニス。
  テニスは展開勝負。

 3:シャラポワは速攻型で、長いラリーが苦手。
  これを克服しつつある。
 体力も付けてきた感じ。

 若手の超攻撃ファイター、ブシャール
 ダブルフォールトが多い、シャラポワ
 普段なら負けパターン

 ブシャールの魅力は、シャラポワの深いクロスを、ダウンザラインに跳ね返す速さ、打点の高さ。
Bushadl

 ベースラインから一歩も引かない。
Bushabaseline

 勝負を分けたのはブシャールの一瞬のスキ。
 普通ならドライブボレーで打ちぬく場面、
 大事にストロークで返した。
 ネットに詰めず、ベースラインに下がった。
 しつこく粘った、シャラポワのしぶとさがブシャールのミスを誘った。

どんな時も崩さない、シャラポワのルーティーン
  一般プレーヤーにも必要なルーティーン
 ルーティーンって何?
 

 M.シャラポワのルーティーン、N.ジョコビッチがまねる


 動画があります、大爆笑ですよ。ジョコビッチはエンターテナーですね。
 ルーティーンはメンタル.タフネスの基本。
  メンタル.タフネス向上

 序盤、ブシャールの高い打点のダウンザラインのウィナーの山を築く。
 シャラポワは、Swinlawcrossmerit

 シングルスの
 基本通りに
 クロスに深く打ち、
 相手を走らせ、
 オープンコートを作る。
 男子でいえば、
 ベルディフの攻撃法。

 シングルス、勝利の法則 
 クロスに打つメリット。 

 しかしブシャール、男子シングルス的に、ダウンザラインでカウンターを打つ。
 ジョコビッチのスタイルだ。
 
 シャラポワ打つ手なしと思われたが。それが3セットの面白さ。男子なら5セット。

 しかし第2セット、ブシャールのダウンザラインを読み始めた。
 落ち着いて深いボールを返し、
 ブシャールのボールが浅くなるのを待つ。

 試合の展開力
 男子トッププレーヤーに学ぶ。プレースタイル。
 

 ダブルフォールトは多いものの、サービス力はある。

 シャラポワは4回戦から連続逆転勝ち。粘りっ気十分。
 クオーターファイナル G.ムグルッサ 第1セット1-6から
 4回戦 S.ストーサ 第3セットは6-0 勝ち切る強さがある。

試合前に読むレッスンカード
 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス

落ち着いて試合の全体を見回した、シャラポワの余裕勝ち。
 しかしブシャールの攻撃力、
 楽しみだ。

 シャラポワ ブシャール ハイライト動画
 シャラポワ公式サイト  
 楽しいですよ。ビジネスウーマン。

 ブシャール公式サイト 

作戦ボードで指導のビジュアル化を
Wb2callstaffs
 サービスのコースなどはオプションです。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマンド 
 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

超攻撃型選手 ブシャールの魅力

ブシャールの強さ 超攻撃型選手
 カナダの若手、E.ブシャール、ファンも多い。

 今年のロランギャロス、
 エルニーニョと言われた。
 
 女子はシードダウンが相次ぐ。

 と言うことは若手が活躍していると言うことだ。

 レッドクレー、スペイン勢の活躍が目覚ましい。
 男子、R.ナダル、D.フェレール、M.グラノラー
 女子では第1シードのS.ウィリアムスをストレートで破った、
 注目の G.ムルグッサ そして S.ナバロ。
 この二人ダブルスも組んでいる。

 奇しくも、G.ムルグッサは。M.シャラポワに。
 S.ナバロはE.ブシャールに敗れた。
Ebnabarroscore


ロランギャロスでは攻撃力よりも、守備力が重要
  
 特に女子ではその傾向が強い。

 しかしクオーターファイナルの二人、守備力を打ち抜く攻撃力があった。

 スペイン選手の特徴は、回転量の多いトップスピン、
 ベースラインの後ろから守備から入る。
Sayattackisimportant


 トップスピン、ムーンボールは女子テニスの必殺技
 

 一方、M.シャラポワ、E.ブシャールは
 高く弾む打点をとらえて、上から抑え込む打ち方。

 特にE.ブシャールのドライブボレーは凄い。
 ベースライン付近のボールでもドライブボレーで打って来る。
 女ナダルだ

 守備的対、攻撃的。
 一昔前ですが、スペインのアランチャ、サンチェスの守備力。
 S.グラフの攻撃力を思い出しました。


 この試合展開だと、普通は守る方が、粘って、ミスを誘う。
 攻撃側が、自分を信じられなくなった時に、一気に差が開く。

 E.ブシャール、凄い。
 第3セット 1-4とリードされていても、
 自分の攻撃スタイルを変えずに、
 打ち込んだ。
 ミスも多かったが、ボールが入り始めたら強い。
 
 S.ナバロの気持ちを一気に消極的にさせた。
 それだけ攻める気持ちが強かった。
Ebattack


  ベースラインから下がらず、高い打点でフラット気味に叩く。
 フォアは少しトップスピンをかけているが、
 バックハンドはフラットで、ネットすれすれの弾道。

 ハイリスク、ハイリターン、良く入り続けると感心した。

 その攻撃を支えているのが、脚部の安定性。
 ベースラインに入っているので、深いボールは返しにくい。
 この打ち方A.ラドバンスカに似ている
Ebbsknee

 

 こんな時はしっかり膝を曲げて、ライジング気味に返す。
 浅く弾んできたボールは、待ってましたと一気に叩く。

 ストロークの基本 脚部の使い方  

 攻撃型の選手に言える事。
 攻撃するは我にあり。 守りに入らない
 チャンスは作る     チャンスを待たない
 ミスは恐れない     ハイリスク、ハイリターンなのだから

トップスピンマスター 

 一般プレーヤーの方は、守備型のプレースタイルが無難ですよ。
 1:しっかり守る
 2:チャンスは待つ、必ず来る
 3:確率の高いプレーをする
Sayebserspring


 女子で、アンフォーストエラーよりもウィナーが多いのは
 S.ウィリアムス位。
 E.ブシャール選手は、超攻撃型の選手と言える。
 A.イワノビッチの強い時がそうでした。

 サービスの振り抜きも良い。
 脚部をしっかり曲げて、エネルギーをため込む。
 ここから一気に上に振り抜く。
 コースも安定している。回転がしっかりかかっているからだ。

 サービス力アップ

 サービスの基本は脚部の動き
 

 これを地で行く、ひたむきな姿勢。これが
 デフェンス力の強い、S.ナバロをもくじけさせた。

 攻撃は最大の防御

 勝利の法則 
 テニスって、原理が分かると凄くシンプルなんです。 

 勝利の法則レッスンカード  
 欲しいカード作っちゃいます。
 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス


ブシャール 勝利の法則
攻撃するは我にあり
 1:自分を信じる
 2:チャンスは作るもの
 3:ミスを恐れない

作戦ボードで指導のビジュアル化を
B4allstaff

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマンド 
 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | Li Na | Na Li | Nike | RICE | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スライス | スーパーショット | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽