センターセオリー

2015年5月15日 (金)

錦織 トロイツキ戦 勝利 ジョコビッチ戦のシミュレーション

錦織 V.トロイツキ N.ジョコビッチと似た選手
 V.トロイツキは次に対戦する、N.ジョコビッチと同じセルビア出身。
 プレースタイルも似ている。
 俊敏な動き、早い攻撃だ。 
 錦織圭の陣営には、2試合ぶりに、M.チャン の姿が。
 これは大きな支えになる。

 V.トロイツキ、俊敏な動きで、今までは逆を楽に取れたが、
 錦織圭の得意技、相手の逆をとる
 早い打ち合いが記憶に残るが、ラリーをしながら、
 自然に相手の逆を突く、このタイミングの取り方が絶妙。
 
Keivicscore

 マイアミでは錦織圭のペースで楽勝 
 

 しかし、V.トロイツキは準備してきた。さすがトッププレーヤー。
 V.トロイツキは対応してくる。
 簡単にウィナーは奪えない。
 錦織圭 ◎ 6-4 6-3 × V.トロイツキ
 ブレーク合戦となったが、2ブレーク差で逃げ切った。

 クレーコートではブレークが増える。ここをどう乗り切るか。
 錦織圭の3回戦、苦戦

 1stサ-ビスのポイント獲得率が76%でV.トロイツキの53%を大きく上回った。

脚のバネが良く効いた、錦織圭のサービス。
 脚部を曲げて、Keiserjump

 タメを作る、

 足首
 膝、
 上体、
 肩、
 前腕へと
 運動連鎖 が続く。

 サービス、腹筋、身体の怪我の相関関係
 

 この試合が、次のN.ジョコビッチ戦に活きて来る。
 シミュレーションができたことになる。

 R.フェデラー、シミュレーションの上手さ
 テニスに限らず、上手なプレーヤーは常にシミュレーションができている。
Sayingsimulation


 同じミスを犯さない
 

 錦織圭は、サービスをセンターに集めた。
 リターンで角度をつけられないようにする。
 センターセオリー だ。

 そしてリターンでは、かなり前に詰めて、高い打点で打ち込んだ。
 右サイド、センターへのキックサービスのリターン。
Keirevivr

 見事な角度のつけ方だ。
そして左サイド、相手は逃げるキックサービスを打って来る。
 下がったら、オープンコートができる。
 そこで前に入り込む。
 ジャックナイフ、炸裂。
Keirevicleft

 マドリッドオープンで錦織圭がA.マレーにやられた作戦だ。
 

 錦織圭の高い打点のリターン フォアの例
 

 次はNO1N.ジョコビッチと対戦する。
 N.ジョコビッチ、2試合続けてのフルセット。本調子ではないが、地力はある。

イタリア国際 クオーターファイナル  注目の強豪が対戦する。テレビを見逃すな。
 N.ジョコビッチ 対 錦織圭
 D.フェレール 対 D.ゴファン
 R.ナダル 対 S.バブリンカ
 R.フェデラー 対 R.フェデラー
 


 正統派のテニスを目指そう。テニス、マニフェスト

   レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
 NHKでも紹介されたスパニッシュX ドリル、 ダブルスでの活用法も紹介しています。

NHK 奇跡のコーチテニス編 スペインの指導 


Bmspanishxs

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  
 イタリアオープン 公式サイト  
  
 全仏 公式サイト  
   5月24日

 ATP 公式サイト  

 テニス365 

 NHK マスターズ放映 
 錦織圭、N.ジョコビッチ戦は、深夜11時以降


 錦織公式サイト

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

伝説のダブルス ウッディーズの作戦 CCセオリー 動画

伝説のウッディーズ ダブルスの戦略 CCセオリーって
 今日は暑い。テニスやんわりプレーですよ。
 頑張る必要はありませんよ。

 テニスの勝利の法則Ctwinlaw5

 センターセオリーを
 まとめています。
 センターセオリー、
 いろいろ最終章、
 オプション編に来ました。
 超大作になりましたが。
 ダブルスの冊子に加えます。

 CCセオリー、あまり聞いたことありませんか?
 ありませんよね。 僕がテニス徒然草を雑誌T/Tに連載 していた頃の造語ですから。
 CC レモンではありません。
 Cenrte to Cneter それでCCセオリーです。
 ダブルスの戦略で紹介してきた、センターセオリーの極限の形です。

 一昔前に、ダブルスのスペシャリストペアが居ました。
 ウッディーズです。Woodies

 M.ウッドブリッジ。
 M.ウッドブリッジの
 二人組。
 オーストラリアのペア、
 強かったですよ。
 二人とも体格、
 体型、サービス力に
 恵まれた
 訳ではありません。

 ポイント毎の戦略が良く練られているのです。
 まさにダブルスは頭脳、戦略を示してくれました。
  
 その二人のダブルスを見た時に、衝撃が走りました。
 I.フォーメーション、オーストラリアンフォーメーションは常識的。
 後衛陣もです。
 特にサービスの時にCCなんです。

 その当時僕らのダブルスの常識では、サービスはサイドから打つ。
 クロス有効に使って、相手を外に追い出す。でした。

 こんな時にウッディーズのセンターセオリーを見ました。
 ショックでしたね。
 サービスをセンターから打つのです。
 そして打つコースもセンターが多かったですね。

 ダブルスはサービス力が有利ですが、ウッディーズの場合は、サービスをねじ込むのではなく、
 サービスはネットプレーのポイントのための道具。
 リターンもそうでした。
 ダブルスはサービス側優位
Cctheorybasic

 

サービスをセンターから打つメリット
 1:ネットの一番低いところを狙える
 2:速いサービスを活かせる
 3:次の移動が楽

サービスをセンターに打つメリット
 1;相手のリターンに角度がつきにくい
 2:前衛がポーチに動きやすい
 3:結果的に3球目攻撃が楽

 ダブルスサーバーの位置とリターン
 

 Center to Center
Ccsermerit

サービスをセンターから打つメリット
 1:ネットの一番低いところを狙える
  サービスの確率が高くなる。
  リターンとの距離が一番短い。

 2:速いサービスを活かせる
  フラット、スライスサービスを打てるであれば、このコースが楽。

 3:次の移動が楽
  サインプレーで前衛の動きをカバーするのであれば、センターから打つと移動距離が楽。
  I.フォーメーションでは特に有利。

  ダブルス、センターセオリーの活用  

  だからサーブ&ボレー  
 
サービスをセンターに打つメリット
 1;相手のリターンに角度がつきにくい
 ワイドを狙いにくい。
 特に右サイドでは相手のバックを狙える。

 2:前衛がポーチに動きやすい
  ボールがセンターに集まりますから、前衛は動きが楽です。
  サーバーがセンターから動いていれば、カバーもしてくれます。
 ポーチのコース  クルム伊達選手から学びましょう
  

 3:結果的に3球目攻撃が楽
  3球目の最大の攻撃は前衛のポーチが一番。
  サーブ&ボレーに出ていれば、1stボレ-も楽。
  
3球目攻撃  
 シングルスでもそう、ダブルスはなおさら

Ccsermerit2


 ダブルスに勝つには戦略が必要。
 その戦略の要がセンターセオリー
 そして極地がCCセオリーなんです。

 勝利の法則ダブルス

ダブルス陣形雁行陣

 ダブルス陣形並行陣

本日の御教訓 CCセオリーで勝利

センター to センター
 1:攻めやすくて、守りも楽
 2:前衛は動きやすい
 3:サインプレー、I.フォーメーションに最適

Cctheoey


 伝説のウッディーズが、レジェンドのP.キャッシュ、I.レンドルのペアと対戦です。
 CCセオリー、変則陣形、サインプレーは余り使いませんでしたが、ネットプレーは見事ですね。

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 テニスの部活活性化をフォロー します
  
  大好評作戦ボード,システム手帳、ボール出しマニュアルの3点セット
  スケジュール管理、コート図入りの日誌、テニス力管理で一気に上達。

 テニス部活応援キット
Dbscoreadd


ダブルス強化ノート 
 ダブルスのスコアをつけよう。


ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

センターセオリー 活かすサービス 勝利の法則

センターセオリー より効果的に サービスの使い勝手

センターセオリーを続けています。
 基本はシングルスから、
  
 ダブルスに超役立ち、お分かりいただけましたか?
  
 まずWinlaw3

 センターの意識
 なんですが、
 コートのセンター、
 文字通り
 センターマーク付近。
 ここを狙うという意味と。

 ダブルスでいえば
 相手のペアの間(センターを狙う) 
 この両方の意味があります。

 そしてセオリーも
 どんどん発展してきました。

 テニスの試合で勝つにはサービス、リターンが凄く重要です。

 陣形の最初は、雁行陣が多いと思いますが、その次の展開です。

 トッププレーヤーでは男子シングルス、1stサ-ビスのポイント獲得率が80%を超えいますから。

 ダブルス、センターセオリー、サービスからの話をまとめましょう。
 そしてセンターセオリーを実践するのもサービスからなんです。
 ダブルスの想定で行きます。
 まず右サイド、相手を右利きを想定します。左利きの場合はデュースコートで有利に使えます。
Ctrside


 センターを狙います。
 ここを打つメリット多いですよ。まずサービス側、
 1:センターベルトは低いので、強い速いサービスを打ちやすい。
 2:相手のバックハンドになる
 3:角度がつきにくいので、ポーチに出やすい
 こんなメリットがあります。

 センターセオリーはネットプレーが有利
  

 二つの作戦を使い分ける。
 Vに振ってからセンター真っ二つ。

 センターセオリーで意識させ、ワイドを抜く、おとり作戦
 

 少し注意は左サイド。一般プレーヤーではフォアの方がバックよりもはるかに強いですから。
Ctlside


 デュースコートと違って、左サイドでは、相手のフォアと勝負することになりますから。ここは注意してください。

 それでもセンターにサービスに入れば、ポーチに出るよ、そんなプレッシャーをかけることが重要です。

 センターにサービスを入れるには、センター寄りから打ちと楽に狙えます。
 サーバーがセンターに寄ると、賢いレシーバーなラバ、センターを狙っているな、
 そう意識します。
 この意識させることも重要です。
 意識するために失敗することも多いですから。

 ですから時々、センターからワイドに打ってください。
 その時は、ペアの前衛には話してくださいよ。
 思い切り、ストレートアタックを受けますから。

 それから、サイドより移動してを、意識的にセンターに狙います。
 狙いは、相手にコースを読ませないということです。
 普段からサービスのコースはしっかり練習しておいてくださいよ。

 サービス力アップ R.フェデラーに学ぶ
 

 センターセオリーで勝利の法則をがっつりマスター
 

本日の御教訓 サービス センターセオリー
守備に良し、攻撃に良し

 1:右サイド、センター徹底攻撃
 2:自分御得意で相手の弱点狙う
 3:ペアとコースの確認を
Ctsermerit


 部活合宿成功のコツ 
 夏の強い日差し、子供でもサングラスですよ。
 子供が、と思う方、失礼と思う親も多いようですが、紫外線から、子供の目を守りましょう。

 UVカット、偏光グラスが最高
 最近のサングラス、凄く性能がいいです。明るく見える位。

 夏の熱中症対策 

 次はセンターセオリーをより徹底させたCCセオリーを紹介しますよ。
 乞う! ご期待!!

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 テニスの部活活性化をフォロー します
  
  作戦ボード
  システム手帳、
  ボール出しマニュアルの3点セット
  即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。

 テニス部活応援キット


  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

センターセオリー ダブルスに強くなる Part2-3 おとり作戦

ダブルス 必勝作戦 センターセオリー おとり作戦、V字作戦
 学校関係では、合宿の時期ですね。
 合宿のスムーズな運営に
 ぜひお読みください。 合宿マニュアル

 レッスンマニュアルを活用されているコーチが多いです。
 有り難うございます。

 テニスは楽しいですが、さらに楽しくして、レベルアップしましょう。
 動画では女子ダブルスチャンピオンのS.エラーニ、R.ビンチ、ペアがM.ヒンギス、D.ハンチュコワ組と対戦しているシーンを紹介します。
 センターセオリー どうですか?
 ダブルスでCtwinlaw23

 役立つでしょう。
 センターセオリー
 を知ると、
 ダブルスの
 強いペアが
 どの様な
 作戦を
 立てて来るか、
 見えてきます。

 敵を知り、
 己を知れば、
 ですよね。
 先回は、雁行陣でのセンターセオリーの使い方を紹介しました。

 センターセオリーを使うには、ネットプレーが絶対に有効です。
 雁行陣では、主な攻撃参加が前衛一人ですが、
 ネットプレーに出れば、二人が攻撃参加できますから。
 
 前衛陣の有効性
 
ダブルスのペアの作戦 センターセオリーをメインに考えます。
 次のような作戦が考えられますね。相手が前衛陣なら当然ロブも入れます。

 1:王者スタイル センターセオリー、ワイド、アタックの使い分け
 2:おとり作戦で、中央突破
 3:V字作戦でワイドを効果的に
 4:行き当たりばったり

 1:ベストは、相手を崩して、センター、ワイド、アタックと使い分ける。
  これができれば、問題はありません。
  アタックで相手が返せないボールであれば、試合はいつも勝っているでしょうから。
  僕は何度も言いますが、臨機応変は無理です。実力が同じなら、
  作戦は立てておくべきです。

 2:おとり作戦
  並行陣に有効です。
  センターセオリーで、センターにボールを集めます。
  相手を中央に寄せて、ワイドを使います。
Ctstingmission


  最終的にワイドを狙うためには、
  ネットに出ていると有利です。
  雁行陣では、前衛なら攻撃参加できますが。

  相手が後衛陣であれば、ドロップボレーも有効ですよ。

 どうしても、雁行陣の方
 
 雁行陣マスターレッスンカード  

  センターに打ち、相手を中央に寄せて、オープンコートのワイド。
 ミックスダブルスの掟 センターセオリー
 

 3:V字作戦
 相手を深いクロスでワイドに動かして、
 コートの外に出します。
 センターにオープンコートができます。
 そこを、一点集中突破で、ウィナーを。
 ここのショットは、少し速めのボールを打つこと。
 ワイドに打つショットは展開用ですから、コースを丁寧に、
 そして多少緩くても構いません。
Ctvmission


 リズム変化も付けましょう。
 N.ジョコビッチのドロップショット
 

 4:一番良くない、行き当たりばったり。
  二人で、勝手にコースを狙います。
 ハードヒットが好きな人のペアに多いですね。

 ダブルスは戦略だ。
 女子ダブルス、クルム伊達に学ぶ
 

本日の御教訓 センターセオリー活用法
センターセオリーがベース

 1:おとり作戦
 2:V字作戦
 3:ミックス使分け
Sayctmission


月さんのバンド活動 夏祭りでライブ
 

親友田熊 順氏の個展 ヨーロッパスケッチ

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”



 お蔭さまで人気ブログ1位。ダブルス情報、求めている感じがします。頑張ります。


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

勝利の法則 センターセオリー ダブルス編Part2-2 ネットは有利

ダブルス センターセオリー Part2-2  ネットに出よう
 暑いですね。さらに多湿。
 プレーには休憩と、水分補給の時間を入れましょう。
 健康第一ですよ。
 熱中症対策  

 綿のTシャツじゃだめですよ。速乾性ウエアですね。

 暑さで集中力が鈍ります。相手よりも鈍ったらだめですよ。
 テニス、この暑さだからこそ、集中力が大事なんです。
 そして勝利の法則  をしっかりマスターしましょう。
 勝利の法則の重要ファクターがセンターセオリー、集中講義をまとめています。

ダブルスのセンターセオリー,内容が多いのでPasrt2にしました。
 より作戦がCtwinlar22


 具体的になります。
 センターセオリー
 しっかり覚えましょう。
 格好良い
 ダブルスができますよ。

 センターセオリー
 マスターの手順です。

 センターセオリーの基本Part1
 センターセオリーの使い勝手、ダブルス編Part2-1

 正統派センターセオリー。
 並行陣で多いですね。 アッツ、平行陣、この言葉×ですよ。並行と意味が違いますから。
 最近では前衛陣対後衛陣
 前衛陣対前衛陣があります。
 速攻をマスターしよう。
 ダブルス陣形並行陣 

 最近のソフトテニスでも多いですよ。
 ソフトテニスはネットの中央が低くなく、水平なので、ワイドをより狙いにくいのです。

ダブルス、センターセオリーの使い勝手
 今日はセンターセオリーの使い勝手、3つの作戦を教えましょう。
 誰でも、簡単にできます。

センターセオリーを活かす3つの方法
 1:ネットを早くとる事
 2:センターを狙い続けて、ワイドに
  センターセオリーからV字作戦を取り入れます
 3:ワイドに打ってからセンターに  この3つの作戦です。
 V字作戦から、センターセオリーの中央突破ですね。

 今日はこのうちのネットプレーのメリットを紹介します。

1:ネットを早くとる事
Saydbnetimportant

 まず、雁行陣では、センターセオリーを使いにくいので、
 出来るだネットポジションを取るようにします。
 二人がネットにつくことで、相手のオープンコート、センターがより見えてきます。

 テニスはオープンコートを作るスポーツ
Sayopenc2

 

 ダブルスは特にサービス側有利
 そのメリットを活かすのがサーブ&ボレー  

Ctsvomerit

  

 ダブルスはネットを先にとる事と良く言われます。
 前に出ると、オープンコートが良く分かります。
 短いボール、角度もつきますから。

 クルム伊達のダブルス、ポーチのコース
 

 特に相手が雁行陣の時は、前衛陣が有利です。

 ダブルスは陣形勝負。デビスカップ優勝のチェコペア
 

 雁行陣同士では、膠着状態になります。

 でも、どうしても雁行陣と言う方は、それなりの作戦があります。
ダブルス陣形雁行陣
 今の皆さん、多分雁行陣、居心地が良いのでしょう。
 ダブルスに慣れて来ると、雁行陣では居心地が悪くなってきます。
 そこがダブルス上級者への感覚ですね。

Saydbwinlawnet


 本日の御教訓 ダブルス 勝利の法則
ネットを先にとる

 1;ネットからオープンコートが良く見える
 2:相手にプレッシャーを与える
 3:角度もつく

  ソフトの陣形解説

  ソフトテニス便利情報 

 体育指導者用5種目指導作戦ボード 


 ミニテニスの練習バリエーション  

 ミニテニスからポーチ練習。


 レッスンでミニテニスを活用しよう。タッチ、フィーリングが良くなりますよ。
 レッスンマニュアル  
 
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Bmminivovosidemove


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 調整力が必要なことと、
 相手を良く見て、アングルを使う。そしてセンターが空いたら、しっかり狙えるようにします。
Dbforbasic
 
錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 お蔭さまで人気ブログ1位。ダブルス情報、求めている感じがします。頑張ります。
0716


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2014年7月15日 (火)

テニス 勝利の法則 センターセオリー Part2 ダブルス編

ダブルスで使われるセンターセオリー
 センターセオリー、ご質問があったので、答えていますが。
重要な戦略なんで、5回に分けて説明しますね。
 シングルス、Winlaw2

 ダブルスの違い
 1:シングルス 
 2:ダブルス
 3:サービス
 4:サーブ&ボレー
 5:オプション

 と紹介していきます。
 
 シングルスのセンターセオリー は先回紹介しました。
ダブルスのセンターセオリーです

 テニス勝利の法則に重要なのが戦略と戦術です。
  

 基本はシングルスの方が分かりやすいですが、

 センターセオリーにはダブルスの勝利の法則の原点が一杯詰まっています。


まず皆さんお練習で良くあるダブルスのサービス、レシーブのポジションです。

 サービスが凄くワイドから打ちます。
 サービス側前衛はストレートケア。抜かれるのが嫌なんでしょうけれど。

 そしてリターン側、左サイドですがレシーバーは、バックが嫌だから、コートの外に出て構えています。
 自分でバックが苦手なことを示しています。

 リターン側の前衛、サイドケアで横に寄っています。
 これではポーチのセンター抜かれやすいでしょう。


 お互いにセンターにオープンコートが広く、広がっています。
 どうぞ攻めてくださと言わんばかりに。

Db


 そこで次の様にセンターを詰めてください。
 これからお互いにセンターのオープンコートが減りました。

 こうすると相手は、ワイド、アングルを狙います。
 難しいからサイドアウトしやすいのです。

Photo

 これが良い例ですからしっかり覚えてください。


 陣形の知識
速攻の男子ダブルス、ブライアン.ブラザーズ
 

 並行陣、前衛陣のセンターセオリーは攻守とも分かりやすいです。
 雁行陣は実は難しい。
 簡単なようで実は難しい。雁行陣

 ペアリング、女子ダブルス、ポーチの可能性
 

 展開の妙、
 実に使い勝手が良いですよ。
 センターセオリー、知っておくと便利です。
 自分は楽で、相手は大変ですから。

 昨日はセンターセオリーをより理解して頂くために、シングルスで説明しました。
 コートのセンターに、深く、打ち続けることです。

 相手のミス待ち作戦になりますが。まあ、テニスはウィナーよりも凡ミスがは以下にに多い世界ですから。
 ウィナーが凡ミスよりも多いのは、世界のトッププレーヤー数人だけです。
 一般プレーヤーのテニスはミス待ちでOK 
  

 ダブルスの好きな方、ワイドを狙う方が多いですねr。
 アレー狙い、決まったら格好いいです。
 でもサイドアウトのリスクもあります。

 中央を狙う事。相手ペアの中間を狙います。

 1:サイドアウトの危険性がないので、ミスが少ない
 2:中間は、ボールを譲るケースが多い
 3:センターはネットが低いので安定が高い
 4:相手のボールに角度がつきにくい

1:サイドアウトの棄権がないので、ミスが少ない
 真ん中めがけて、思い切り良く振り抜にましょう
 何回でも効果的ですよ

2:中間は、ボールを譲るケースが多い
 ワイドのウィナーをケアするケースが多い
 お互いにカバーしてるつもりのケースも多いんです。
 特に雁行陣でフォーメーションが前後に開いた時に、センターにオープンコートが広がります。
 相手二人のフォアバックを覚えておきましょう。
 どちらかと言うと、バック寄りの方が苦手なはずですから。
 相手ペアとしても、フォアに優先権と思いがちです。

 攻撃の優先権は、ネットに近いプレーヤーなんですよ。
 
 これもダブルス、勝利の法則です。
 ネットプレーの方が相手は気になります。
 ボレー、スマッシュ、ポーチを特にケアしていますから。
 
 ペアもお互いに、テリトリーがありますから、

 トッププレーヤーのダブルスとの違い
 トッププレーヤーはセンターを凄く詰めている。
 ネッテにベタ詰めも多い。
Bbfineccare


 それは彼らが、運動範囲が超広い事。
 特に後ろに対してのスマッシュが強い事。

 一般プレーヤーは基本通りに守りましょう。

Saydbctheory

 
本日の御教訓 センターセオリー ダブルス
 相手ペアのセンターを狙う
 1:リスクが少ない
 2:譲るケースが多い
 3:ネット中央が低い


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 B6作戦ボード 硬式テニス 
Tennisb6bothallstaff

 B6作戦ボード ソフトテニス用  

 テニス作戦ボード セミオーダー

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2014年7月14日 (月)

勝利の法則 センターセオリー Part1

センターセオリーの意味 Part1
 テニスののおいしい勝ち方を紹介しましょう。
センターセオリーって良く聞きます。ダブルスだけと思っている方が多いようです。
 自分でもよくレッスンで言いますが、
 お客様で、誤解をしている方も多いので、
 整理しておきます。

たかがセンターセオリー、されどセンターセオリー。
 知っておくだけで、自分たちの展開を楽にすることができます。
 センターセオリーから見えて来る、テニス像をお伝えします。
シングルス編、ダブルス編に分けます。
 そこから基本が分かって来ることがたくさんあります。
 1:シングルス編 Winlaw1


 2:ダブルス編

 3:サービスのメリット

 4:サーブ&ボレー編

 5:オプション編と
 展開します。
今回はセンターセオリーの基本の考え方が分かる、シングルス編です。

 センターセオリー、言葉通りでセンターを狙う、打つことなんですが、
 ダブルスだけの言葉と思っている方が多いようです。
 それと、センターの中央場所だけを考えている方が多いようですが、
 もう少し幅広く考えた方が良いでしょう。

  センターの意味
  コートの中央
  ペアの中間
Moondbessey_2


 ダブルスでは、ペアの中間の意味が広くなります。
 ですからシングルスの法則を紹介して、次にダブルスの紹介をします。

センターセオリーの使い勝手
 皆さん、センターセオリーって分かりますか? 
 ダブルス専用の作戦と思われがちですが、
 シングルスでも使われます。
 センターの意味が分かりやすいので、シングルスから説明しますね。

 シングルスでは、センターマーク付近を狙う。
 ストロークのセンターセオリーと
 サービスのセンターセオリーがあります。
 リターンだって、シングルスなら有効ですよ。

Ccangle


 ダブルスはリターンではポーチがありますからご用心。


 センターセオリーの基本 シングルス編

 戦略を立てて、戦術を使いこなします。
 ショットはダブルス専用のショットになります。

シングルス センターセオリー
メリット
 1:ショットのミスが少ない
 2:相手のボールに角度がつきにくい
 3:相手にオープンコートを作る事

 1:ショットのミスが少ない
 シングルスの戦略でも、センターマーク付近1メートル四方に返していれば、
 シングルスは負けない、と言われています。

 ネットの中央は低くなっています。だからより安全。
 シングルスコートって?
 ボール2個分も低いんですよ。

Netcenterlow

  

 ただし、センターに深く返すのは、簡単な様ですが、センターマーク1メートル四方は難しいですよ。
 浅くなると振られます。相手がナダルだと思ってください。
 錦織圭のフォアに回り込む
 

 ムーンボールでも良いですから深く返すことです。

 オプションで、相手よりもストロークに自信のあるプレーヤーは
 わざわざサイドアウトの危険性もある、ワイドを狙わずに、
 センターに打って、相手との力勝負をしていました。
 全盛期の、M.ヒンギス、V.ウィリアムス、S.ウィリアムスがそうです。
 錦織圭も良くやります。
 
 これを考えると、女性って強いんですね。

 錦織圭 new バックアタック エアーK
 最近は少しでも浅かったら、狙いに行きますね。より攻撃的に。


 R.ナダル、N.キルジオスとの試合で、リターンを思い切り、N.キルジオスのセンターに。
 ナダルは、ワイドか、ダウンザラインのどちらかに動くとと予測したのでしょうけれど、
 これがN.キルジオスのスーパーショットになりました。
 

 サービスのコース相手のボディが多いんですよ。
 サービスの狙い場所、ボディなら反撃は少ない
 
 これも変則センターセオリー。

 相手は左右を狙って、サイドアウトしやすい。
 でもセンターに打つ、あなたにはミスが少ない、と言うことになります。
 不思議なものでシングルスをしている方は分かりますが、
 テニス、相手を左右に振りたくなるものなんです。
 ウィナーが抜ける錯覚があり、サイドに少し切れて、
 「ああ、狙い過ぎた」なんて言い訳を言ったりして。

 2:相手のボールに角度がつきにくい
 センターに打てば、相手は角度をつけにくいです。
 センター深く、ムーンボールが打てたら最高ですね。
 
 相手をベースラインから下げることも可能です。

 こちらから仕掛けて、ワイドに打つと、次は相手も角度をつけやすくなります。
 ミニテニスでアングルショットの練習をすると良く分かりますよ。

 サービス、センターに打つ訳 ビッグサーバーはここに良く打ちます。
  

 これもセンターセオリーの一つでしょう。

 そして相手のリターンも角度が狭くなりますから。

 シングルス上達法  錦織圭の例
  フェレールを破る 

 シングルス上達

 右利きを想定すると、右サイドでは、相手のバックになりますから、
 100%センターセオリーで良いでしょう。

 左サイドは、相手のフォアになりますから、バックを入れながら、
 読まれないようにしましょう。

 3:相手にオープンコートを作る事
  センターにあなたが打ちます。相手はフォアバックのどちらで取りますかねえ。
  フォアの回り込み人がいたら、相手のフォア側に大きなオープンコートができますよ。

 勝利の法則シングルス

本日の御教訓 センターセオリー シングルス
一番安全策
 1:センターに深く打ち続ける
 2:ミスの確率は少ない
 3:相手に角度をつけられない
Saycths

 正しいテニスコートの比率が分かる

 欲しい方にはPDAファイルを差し上げます。
 ブログのどこでも結構ですから、コメントをご記入ください。

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版


 シングルス、サービス、レシーブ練習、増やしました。
Bmreexpert


レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽