敗因

2017年8月 9日 (水)

杉田 惜敗 ゴファンに逆転許す ロジャーズカップ2017

杉田祐一のUSオープンロード
 シードのD.ゴファンに逆転負け
 ロジャーズカップ、1回戦が始まった。
 ロジャーズカップのシード選手  

杉田祐一、D.ゴファン、二人とも久しぶりの試合だ。
 杉田祐一、好調続く  
杉田祐一は休養。D.ゴファンはクレーコートシーズンでの足首ねんざ。
 長く調整していた。 初めての対戦。
 お互いに癖の無いオーソドックスな選手。
Goffinsugitaatp


この試合、二人がどう試合に入っていくか。
 そこの興味があった。
 流れが二転三転、一般プレーヤーはここで焦る事が多い。
 試合の流れをどうコントロールするか。

 D.ゴファン◎ 4-6,6-1,6-4   ×杉田祐一
Goffinsugitascorerc

 お互いにブレークが続く、
 さすがに第9シード。
 D.ゴファンの強さ ベルギーの英雄、デビスカップでの活躍。
 優勝した、英国A.マレーと激闘  

 第1セットアンフォーストエラーが少ない杉田祐一がとる

 少しずつ、D.ゴファンのサービスが良くなっている。
 サービス、キープ、これが男子シングルス勝利の法則。
 一般プレーヤーはここで焦ってしまうが。

 杉田祐一、ウエアを変える。この様な気分転換も必要。
 試合の流れを変える

 
第3セット、お互いに集中してきた。
 キープの兆しが見える。
 フットワークの滑らかさ。
 フォアに回り込む時が美しい。
 決して無理をしていない。

 お互いの初めてのブレークチャンス、杉田祐一にピンチ。
 杉田祐一、ダブルフォールト、しかも2連続
 ブレークを許す。
 テニスとデータ

 しかしすぐにブレークバック、
 D.ゴファンがチャンスボールのアプローチショットをミス。
 イライラしている。勝ちを焦っているように見える。
 また対応試合が動き始めた。
 だから試合は諦めたらいけない。
 諦めない、これが大事。

 杉田祐一がピンチ、何とかデュースに戻すが、
 チャンスボール、ビビッて決めきれない。
 コースが甘い。
 重要な場面なので、プレッシャーがかかり狙い に行けない。
 これから経験を積んで修正したい。

 デュースに強い事が重要

Sugitamisssteasy

 外に逃げるボールを打ちたい。
 トッププレーヤーの必需品。
 内に入ると反撃される。

 

 D.ゴファンは勇気を持って狙って攻めた。
 第1セットミスになったが、第2、第3セットと入るようになった。

 杉田祐一は、ボールが内側に入り、思い切りが足りなかった。
 上を狙うには、大胆さが必要。
 錦織圭の勇気を思い出そう
 

 杉田祐一はフォアに回り込む選手ではない
 大胆さは必要だが、
 フォアに回り込むのであれば一発ウィナー
 フォアの回り込み、メリット.デメリットを知ろう。
Sugitamissstrev

 フォアに回り込むならR.フェデラーを見本に

 相手の動きRffsre3ways

 読んで
 バックを予測
 フォアに回り込む
 判断を早く
 後ろから
 ステップイン
決めるコースを3つ持つ。
 相手の逆を突く余裕を。

 そう言えば、杉田祐一は芝で王者フェデラーと対戦。
 敗れたが、良い経験になったと。

 
本日の御教訓 試合をコントロール
 流れをつかむ
 1:サービスゲームが重要
 2:チャンスは一気に
 3:ピンチは冷静に
Saymatchstream


ハイライト動画  J.D.ポトロ J.イズナー

ハイライト動画  G.モンフィルズ S.ジョンソン


今日錦織圭は難敵、G.モンフィルズと激突する。
応援よろしくお願いします。
テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容

見開き、2画面、マグネット作戦ボード

Wb2magimage


 テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロジャーズカップ NHK で放映
 錦織圭が登場
 ロジャーズカップです。

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

ズべレフに完敗 錦織 次へのステップに 負けから学ぶ

錦織圭、上り調子の20才、A.ズべレフに完敗
リターン勝負したかったが、A.ズべレフのサービス
 読めない、深い、角度がある。
 なす術べなかった。
 しかし、ものは考えよう、
 各セットたったの1ブレーク差。実はこれが大きいのだが、
 プラス思考で考えよう。

 負けから学ぶことは多い
学習効果が問題ですが。

 次のロジャーズカップに、先に準備が出来ると思えばよい。

最新ランキング、今週さらにアップする。
 

 一気にランキングアップのA.ズべレフ

A.ズべレフ◎ 6-3,6-4, ×錦織圭
Azkeiscoreciti

 新しいテニスを見せる、A.ズべレフの進化。
 トッププレーヤーの誰もが見せる、
 デフェンス力から攻撃力への転換。

 攻撃の多彩さ。
 ネットプレーは常識。
 パッシングショットが自然。
 ドロップショットは秀逸。
 ドロップショットの打ち方の見本はR.フェデラーでしょう。
Azdropshot

 

 R.ナダルがそう、
 N.ジョコビッチ
 A.マレー
 も駆け上がる時はそうだった。

 逆に錦織圭はその点でもがいている。
 いま世界のトッププレーヤーは、誰もがビッグサーバー。
 悪い言い方をすると、
 トッププレーヤーの中ではD.ゴファン、錦織圭以外は皆ビッグサーバー。

トッププレーヤーとサービス力 
 ビッグサーバーはサービスが速いだけではない。
 ゲームを効率良く取る。
 1stサ-ビスのポイント獲得率が異常に高い。
 隠れたビッグサーバー、R.フェデラー

 敗戦の要因は、サービス力。
 ベースラインの攻防に敗れた。
 テニスはゾーンの戦いでもある。
Azkeistbline


 錦織のゾーンの戦い  

 A.ズべレフのゾーン 
Repositionplayer

 ことしに入ってから、A.ズべレフ
 リターンのポジションをかなり前に出している。
 新しいコーチ、C.フェレーロの影響か?
 


 先にベースラインに入られてしまった。
 A.ズべレフ戦の、錦織の作戦、希望的観測だった。
  

出だしのゲームの入り方。
 連続ポイントを奪われ。
 主導権を握られた。
 試合中ずっと、追う立場だった。

本日の御教訓 主導権を握る
 出だしが肝心
 ポイントの先行
 弱気の自分を見せない

A.ズべレフの長身からのサービス
 ワイド、センターときっちるち分けていた。
 第1セットは1stサ-ビスが入ると100%。

A.ズべレフの好調さは仕方がないとしても、
 錦織圭のサービスが甘過ぎ。
 セカンドサーブ、浅い、角度長い。
 打たれても仕方がない。

 良かった点は、切れなかった事。
 インタビューでも、No Excuseと。

 2015年、優勝した時と比べるとコートが少し遅くなっていると。

ただ、連日深夜までの試合は厳しかった。
 暑さと、湿気と。
 熱中症の恐れ がある。

 J.D.ポトロ戦、2時。

 T.ポール戦。2時。 寝たのは4時とか。

一般プレーヤーへのサービス力アップのヒント
サービス力アップの方法  

 全身運動で打つ 

日本人のサービス Citiダブルス優勝、青山修子の例
 

錦織圭、敗戦を語る

 甲子園応援、マネージャー向け。
 作戦ボード in ノート

テニス上達アイテム
テニスグッズは スポーツ&アート


 テニスの部活活性化をフォロー します。   

 テニス部活応援キット

Tenniswblob

 コート図のこだわり
 ソフトテニスの例

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 Citi Open 公式サイト  

 次はロジャーズカップです。
 R.フェデラー、R.ナダル参戦、
 錦織圭は第5シード

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年7月18日 (火)

大坂なおみ 惜敗のビーナス戦を振り返る ウィンブルドン2017

大坂なおみ タラ・レバはないけれど。
 準優勝のV.ウィリアムスと大接戦を振り返る。
 2回戦。
 女子では珍しい、サービス力の対決。
 世界が注目を集めた。

 力では、大坂なおみが上だった。
 アンフォーストエラーが多かった。
 それは攻撃型の選手では仕方がない事。

 サービスで押している。
Serwim

 サービスの全体像、良いイメージ。
 女子のサービス、V.アザレンカの例

 サービス力アップのために。

 ビーナス、G.ムグルッサに敗れ準優勝
 

 大坂なおみ
 1回戦、S.S.Tormoに接戦勝ち  6-3,7-6(3)
 相手の方がチャンスがあった。

  試合スタッツ   
 2回戦、B.ストリコバにフルセット勝ち。
 大荒れのゲーム運び。
 この不安定さを無くしたい。

 大坂なおみ◎ 6-1,0-6,6-4 ×B.ストリコバ
  試合スタッツ 

攻撃型、特に女性では少ない、サービスからの攻撃型。
 大坂なおみはセレナを速さで抜いた のだから。
 

ビーナス◎ 7-6(3),6-4  ×大坂なおみ
Venusoosakascore


 スラムトラッカーによる、勝つためのアドバイス。
 1stサ-ビスのポイント獲得率を上げる。
  ビーナス戦で65%だった。
  ビーナスは82%。
 1stサ-ビスのリターンを確率を上げる。
  32%だったが、これは難しいでしょう。

試合スタッツ
Venusoosakastatts


 サービスゲーム
 ベースライン寄りにあと19㎝入って、ラリーをする。
 これは具体的ですね。
 テニスはゾーンの戦い だから。

 僕の印象では、ビーナスの攻撃を恐れて、
 センターに返すラリーが多かったが、
 これもシングルスのセンターセオリーだが、
 

 大坂なおみは攻撃型なので先制攻撃をする必要があった。


 ビーナスを先に動かす必要があった。
 それほど動きの良い選手ではないので、3回振れば十分だろう。

 ネットプレーの確率が50%以下なので、これを60%に
 そして出る回数を、増やしたい。
 女性でも仕上げはネットプレーで。
 ウィンブルドン、ファイナル、G.ムグルッサvsビーナス戦から。
 

 二人のネットプレー、アプローチショットは相手のバックに打つ。
 これはセオリー通り。

 参考までにダブルスのアプローチショットのコース
 

 そして浮いたボールはドライブボレーが多かった。
ドライブボレーの打ち方。名手はR.ナダル。
 

 ネットプレーのプレッシャーは大きいから。

V.ウィリアムスの攻撃
ストロークVenusaptoback

ラリー戦
甘いボール
見逃さず
アプローチショット
相手のバックに打ち

浮いたVenusdrvowinner

逃げの
ボールを
ドライブボレー

 グランドスラムはスラムトラッカーが面白い
 

 二人の激戦スタッツ 

シングルス勝利の法則
 1 楽しむ  

 2 リターンの重要性 

 3 アプローチショット   

 

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

Wb2magimage

 ソフトテニス応援キット

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 3」(ボレー)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 7月31日からの Citi Open 公式サイト  
  錦織圭、出場予定試合。

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

数字に勝って試合に負けたナダル 無念さ ウィンブルドン2017

激闘 ウィンブルドン2017 R.ナダル無念
 試合に勝って、勝負に負けた。
 芝、ネットプレーに敗れる。
 G.ミューラーは前哨戦でも優勝している。
 サービス力抜群のネットプレーヤー。
 今年、錦織圭はG.ミューラーに勝って いる。
 

 ウィンブルドン2017男子シングルスの有力シード

Mullersernadal

 
 大激闘 5時間近い、大熱戦
R.ナダルを破ったのは、サーブアンドボレーのベテラン、G.ミューラー
G.ミューラー◎ 6-3,6-4,3-6,4-6,15-13 ×R.ナダル
Mullernadalscore

 あの集中力のナダルをすれば、2セットダウンからでも、
 3セット目をとったら、大逆転劇の始まり。
 R.ナダル、得意の大逆転。 
 誰もがそう期待したはずだ。

試合のスタッツが非常に面白い
 試合に勝つ要素、総得点、でR.ナダルが7ポイント多い。
 安定指数ではR.ナダルが圧倒
 1stサ-ビスのポイント獲得率は80%でイーブン。
 差が出たのは1ブレーク。

試合に勝って、勝負に負けた、R.ナダル。
  錦織圭の逆の例   
  試合に負けて勝負に勝った。
 こんなことはないのではないだろうか。
 二人が戦ったのは66ゲーム。
 特にアンフォーストエラー、R.ナダルはたったの12。
 驚異的な少なさ。
  1ゲーム当たり、0.18本。
 ダブルフォールトはたったの2本。
  1セット当たり、0.4本
 凄いデフェンス力。

 ブレークチャンスはナダルが16、G.ミューラーの8本の倍。
 ブレークしたのはG.ミューラーが1本多い、3回。
Mullernadalstatts


 G.ミューラーが勝った大きな要因。
 それがネットプレーの攻撃力。
 R.ナダルはパッシングショットの名手

 芝は、サービス力、ネットプレーが重要
  
 R.ナダルもネットプレーに果敢に出た。
 ネットプレーに対抗するにはネットプレーが一番
  
  R.ナダルのドライブボレー 

 G.ミューラーのアプローチショットをしっかり読み切り、
 R.ナダルが簡単にポイントを奪う。
 R.ナダルのデフェンス力が勝るか?

 G.ミューラー、自分のプレースタイルを信じて
 ネットに出続ける。

 R.ナダルのパッシングショットがG.ミューラーの網にかかり、
 ボレーのウィナーが増えて来る。

 攻め続けた、G.ミューラーの勝利。

本日の御教訓 自分のプレースタイルで
攻め、守り、はっきり決める
1:攻めてのミスは恐れない
2:守りに入らない
3:1球に集中する
Saymullerplaystyle


ハイライト動画  

 ネットプレーに慣れよう 習うより、慣れよ

実はR.ナダル、
 試合前のNadaljumpclash

 入場で、
 ジャンプして
 頭を梁に
 ぶつけている。
 これが
 敗因かも?

 
テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
 ソフトテニス応援キット

Bivscorecpower

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 3」(ボレー)」


 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 wowow テニスオンライン

 NHK ウィンブルドン

 ATP

 WTA

 テニス365 

午後に敗因を探る、メンタル.タフネス編をお届けする。
乞う! ご期待!!

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

錦織 敗因を探る Part2 調子は良かったのに何故 心の弱さ

錦織選手の敗因を探る Part2 メンタル.タフネス編
 敗因を探る。
 データー分析は如何でしたか?
 錦織圭選手と、R.B=アグ選手、
 錦織選手も決して悪くはなかったのですが、
 R.B=アグが余りにもミスが少なかったで、
 目立ちました。

今年の錦織圭選手に気になる点が、
 一気に出てしまった感じがします。
 試合の流れが悪い。  
 データ分析の次は、メンタル.タフネスの観点から敗因を、書きだしました。

たかが表情ですが。
Keiagut


 R.フェデラーはクールの天才

メンタル.タフネスを考える前に、 テニスは総合スポーツです。
 ネットを挟んだ対人競技。相手がいます。

 その前に戦うのは自分です。
 心は自分の中。
 心.技.体と言いますが、このバランス感覚が難しい。
 心.技.体のバランスが悪いと。
 ここにきて、錦織選手も良くなっていたんですが
Mtbad

 そして、テニスは、他のスポーツと比べると、
 心が左右しやすいスポーツなんです。
 ゴルフと同じ、その理由は?  

 テニスは感情のコントロールが大事
 感情なんてと、思っていませんか?
 小さな、イライラ、それが悪さをするんです。

 この様な良い心.技.体のバランスにしましょう。
Mtgood


人間、誰でもミスはします。
 問題はは、ミスをした後の対処法ですね。
 ミスをSaythrowracketkei

 持ちこして、
 イライラが
 たまって、
 ラケットを
 投げそうになって、
 思いとどまる
 再びイラつく。
 ついに
 抑えきれなくなって、
 ラケットを投げる。
 ラケットを投げたら負けます

メンタル.タフネス向上

R.B=アグ◎ 6-4, 7-6(3), 3-6, 6-3  ×錦織圭
 第1セット、押していたのは錦織圭でした。
 第2セットも、有利に進めていましたが、効果的に展開できませんでした。
 一方勝利した、R.B=アグ、ATPのサイトでも、紹介されています。

never-say-die attitude 諦めない試合に対する態度
 それが結果的に、カウンターショットに結びついた。
 錦織圭のウィナーに飛びつく、
 結果的に返る。そんなポイントが目立ちました。
 流れがあったのですが、そうさせてしまったとも言えます。
 スペインの選手、ボールに最後までくらいつきます。

 錦織選手、試合、集中力を維持することが出来なかった。
 仕草に、心の乱れが見える。
 それは自身の試合中の態度による。


今年のテニスを象徴している。
 試合を悪い方に、持って行ってしまったのは自分。
 心.技.体のバランスが悪い。
 確かに不調を抱えていた。
 身体が快調になり、いざ、それが今回。
 心.技.体が良い方向に循環すればよいのだが、
 その循環を切るのが、悪い、マナー、表情。

 負ける時の兆候  

 例の調子で、
 困った時のダブルフォールト。
 その後の態度が良くない。

 ミスをラケットのせいにしてはいけない
 
 そこまでにしてしまった、自分のテニス態度に反省を。
 ラケットを投げる
  =試合を投げる

 ラケットのせいにする
  =ミスを転換している。
Saynextcocentlation

 ミスした次の1stサ-ビスのフォールトも多い。
 これは、前のミスを持ちこしてしまっているから。

  自分でセカンドサーブにプレッシャーをかけてしまう。

 テニスとメンタル.タフネス  

テニスはメンタルなスポーツ 何故。
  

 平常心が重要 

 メンタル.タフネスは、心.技.体を支える。

 メンタル.タフネス4つの次元

テニス上達アイテム


 テニスグッズは スポーツ&アート

メンタル.タフネス強化ドリル 紹介

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 メンタル強化ノート 
Mtdiaryup


 テニス、システム手帳B7

 ソフトテニス応援キット

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 3」(ボレー)」


 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 wowow テニスオンライン

 NHK ウィンブルドン

 ATP

 WTA

 テニス365 

午後に敗因を探る、メンタル.タフネス編をお届けする。
乞う! ご期待!!

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

錦織 敗因を探る データから R.B=アグのステディなテニス

錦織圭の敗因を探る  Part1 データ編
 期待していた錦織選手のウィンブルドン、
 残念ながら3回戦で敗退。
 敗戦の理由を、データと、心の問題として探っていく。
 Part1はデータ編だ。
 データでの分析と、
 心.技.体でのバランスの崩れからの敗因を探ってみたい。
 これは誰にでもあることなんで、冷静に分析してみよう。

 錦織圭、負ける要因は2回戦にあった。

R.B=アグ◎ 6-4,6-7(3),3-6,6-3  × 錦織圭
Agutkeiscorewim


 心.技.体、そしてデータと、悪い循環に陥っている。
 それを修正するのは、選手自身。
 コーチ、周りはアドバイス出来るが、
 修正するのは自分と言う事だ。

 ウィンブルドンはコンディショニングが難しい

錦織圭の悪い点が、重要なポイントで出てしまった。
 第1セット、チャンスが多かったのは錦織圭。
 しかし少ないチャンスを、R.B=アグが活かした。
 ステディに拾い、カウンターを狙う、R.B=アグ。
 錦織圭に振られた後のカウンター、軸がぶれていない。
 負ける時はそんなもの。
 データ的には僅差だが、重要なポイントのかかる場面で
 良い自分を出せずに、攻め切れない悪い癖。
 R.B=アグは2016 上海でN.ジョコビッチを破っている
  
 この時もステディなテニスが勝利を導いた。
 
 第3セット、錦織圭に良いリズムが出はじめ、
 サイドをショットが切り裂き始めた。
 このまま逆転勝ち? と期待したが、
 長続きしない。アンフォーストエラーが出る。
 嫌な表情を見せる。
 表情、たかが、されど、情報が一杯

 すぐに引き戻されてしまう。
 淡々と冷静にテニスを勧める、R.B=アグとの大きな違い。
 弱さが出てしまった、

 テニスは、1ポイントの積み重ね。
 勝つには連続ポイントが必要。

 しかし1ゲームを落としても、次のゲームでフレッシュにすることが出来たら、
 挽回の可能性がある。

テニスと数字  

 安定指数で、錦織圭は+6、これは良い数字。
 安定指数って
 ウィナーが多いが、アンフォーストエラーが多かった。
 勝ったR.B=アグは+11.アンフォーストエラーを極端に抑えている。
 この安定性が勝利に。
Agutkeistattswim


安定指数の3つのタイプ  
 錦織圭は、アンフォーストエラーを抑えた時の方が勝率は良い。
 攻撃型はR.フェデラー  

 守備型は、R.ナダル  

 安定型が、錦織圭、N.ジョコビッチ
Topplayeraord2015

 勝利の法則シングルス

 勝利の法則ダブルス


錦織選手、挽回するケースがたくさんあったが。
 2012 全豪 2セットダウンから
  
 2016USオープン A.マレーに逆転勝ち

 良い時の錦織圭
Routineaftermiss


テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
 ソフトテニス応援キット

Bivscorecpower

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 3」(ボレー)」


 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 wowow テニスオンライン

 NHK ウィンブルドン

 ATP

 WTA

 テニス365 

午後に敗因を探る、メンタル.タフネス編をお届けする。
乞う! ご期待!!

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

杉田祐一 大激戦、力尽きる ウィンブルドン2017,2回戦 仇をとられる

杉田 接戦を落とす。ウィンブルドンの壁
 グランドスラム、ウィンブルドンは特に面白い。
 芝に足を取られての、大事故も。
 杉田祐一の感激、ツアー初優勝
 まさかの決勝の相手と当るとは。
 グランドスラム、初初戦突で勢いの乗るはずだった杉田祐一。
 
 トッププレーヤーの試合は村内甘くはなかった。
 グランドスラムの5セットは過酷だった。

ウィンブルドン2回戦
杉田祐一× 1-6,7-5,6-4 6-7(2),2-6 ◎A.マナリノ
Amscore

 スコアの真ん中に、ブレークチャンス、ブレーク数を紹介。
 杉田祐一のところには1stサ-ビスのポイント獲得率を紹介。
 セットをとるには1stサ-ビスのポイント獲得率が重要と分かる。

 試合の出だし、杉田祐一の足が重い。
 明らかにフットワークの良さが出ていない
 しかし第2セット、気持ちを入れ替えて、
 積極的に攻めた。
 テンポが良くなり相手のマナリーノがたじたじ。
 審判、ボールパーソンに文句をつけて、試合を遅延させる。
 警告も何度も取られる悪態ぶり。
 試合が何度もマナリノのペースで中断する。
 テニスはオープンスキルのスポーツ

杉田祐一の安定したショット。
 軽快なBsmp

 フットワークと、
 しっかり
 曲げた膝。
 取った
 セットは
 それが出ていた。
 

 だからテニスは面白い。

 芝の難しさ

 第3セットを取り逆転に成功。
 この時の試合展開は良かった。
 試合の流れは完全に杉田に。
 しかし、
 しかし、第4セット、タイブレークで歯車が狂い始める。
 簡単にミニブレークを許し、相手に主導権を渡す。

 マナリノの試合巧者ぶりの敗れた。
 グランドスラムの5セットマッチ経験の無さがが響いた。
Amstatts


 この試合、脚の疲れを意識してか、緩急の、緩の部分が少なかった。
 A.マナリノのしたたかさに敗れた。
 良い経験だったはず。
 負けが教えてくれる教訓
 

 杉田祐一、初優勝のハイライト動画

テニス上達アイテム
 テニスグッズは スポーツ&アート
ダブルス・フォーメーションBook 刷新。
DBフォーメーションBook 内容

DBフォーメーションBook

ソフトテニス用ダブルスフォーメーションDVD
Dbre


 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 wowow テニスオンライン

 NHK ウィンブルドン

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

データで見る 錦織、敗因研究 ロランギャロス2017

データで見る 錦織、敗因研究 全仏2017
全仏は、男子シングルスがR.ナダル対S.バブリンカ
 女子がS.ハレプと若手のオスタペンコ。注目の一戦ですね。
 面白かった、S.バブリンカ、A.マレー戦。
注目していた、R.ナダル、D.ティエム戦の試合経過は後でアップします。
 先に気になって気になって仕方がない、
 錦織圭選手、敗戦のデータをまとめておきます。
Murraykeiscore


 負けから学ぶことは多い のです。
 そこは謙虚に学んで、
 芝のシーズンに入って欲しいからです。

 残念ながら、決勝に進んだA.マレーに敗れた錦織圭。
 先のブログでは、メンタルの弱さを指摘 したが、
 
 今回は僕のライフワークでもある、データ分析を紹介したい。

 データはたかが数字で試合の結果だが、
 グランドスラムの様な5セットになると、
 数字が先か、勝負が先かのように思えて来る。

 しかもクレーコートで天候も不安定  

テニスの試合、勝つにしても負けるにしても、データは安定して、試合状況を示す。
 しかしこの試合、錦織選手のデータが整わない。
 心の乱れを示しているようだった。

 テニスと数字、確率
Saydata


 特に第一セットの楽勝から。
 勝負を分けた、第3セットタイブレークの0-7は
 勝負の怖さを示している。
 そして第4セットの、1-6もあるが、
 2ndサービスのポイント獲得率の0%。
 この数字の乱高下が、A.マレーの勝利を提供した形になった。
 錦織圭の一人相撲。
 A.マレー自身も、試合後、
 「調子はそれほど良くなかった」と。語っていた。
 試合後、調子不足の中で、ままあの全仏だったと、とらえている。
 この差がBig4との差になっていると感じる。

 同じように、心の動きも。
 勝ったから笑うのか、笑うから勝ったのか。
 卵が先か、ヒヨコが先か、

 それを考えると、勝つ事は先にできないが、笑う事は先にできる。
 そこから良い循環に持って行く、これがアスリートではないだろうか。

Saynumeffort


 メンタルの良い循環 

サービス力の検討
 錦織圭選手は残念ながら体格的に、ビッグサーバーではない。
 トップ10をみても、誰もが1stサ-ビスは200キロを軽く越えて来る。 
 1stサ-ビスのポイント獲得率は少なくとも70%。
 サービス力のある選手なら80%は軽く越える。
 サービスと身長の相関関係  

その中でランキング上位を保っているのは立派。

錦織圭選手は、セカンドの方が強い選手。
 2013年頃は、2ndサービスが弱く, 
 M.チャンコーチの加入で、強化した。

 一番強いのはN.ジョコビッチ

錦織圭選手、1stサ-ビスの確率が悪いとセットを落とすと良く言われるが、
Keiserrgmurray_2

 
 今回の第4セット、1stサ-ビスは82%に上げたが、セットは1で落とした。
 この時の1stサ-ビスのポイント獲得率は44%、
 得意の2ndサービスではなんと屈辱の0%。
Keirg1st


 2ndサービスの数字は、錦織圭が優位だったが。
 2ndサービスが得意な錦織圭。

Kei2ndrg


サービス力の上達法  

 A.マレーも錦織圭と同じデフェンス力の選手

 しかし、A.マレーはサービス力もある
 錦織圭選手は少しリターンに頼り過ぎる傾向がある。
 サービス力はポイント獲得率、70-80%の世界。
 ここから下がるのは利幅が大きく上がる。厳しい。
 リターンは良い選手で50%越え。
 ここから上げても利幅は少ない。

全体的なスタッツ
Keistatsmurray

 グランドスラムはスラムトラッカーが便利 
 感謝しています。
 テニスのデータをとろう  

 試合のスコア

 ソフトテニスで試合途中のアドバイス の有効性。


 テニススコアノート  

 ソフトテニス スコアノート 

勝利に重要な安定指数
Keimurray


Saydatabig4


 

本日の御教訓 テニスはデータ勝負
試合が先か数字が先か
1:1stサ-ビスのポイント獲得率を上げる
2:安定指数を上げる
3:デュース、タイブレークの集中力

 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年6月 9日 (金)

錦織 ロランギャロス2017の反省点 心の弱さ

錦織圭のロランギャロスが終わった。
 紆余曲折の1週間。良くも悪くも。
  体調不十分の中で戦ったと言えばそれまでだが、
 いつもなら、試合経過、スコアを書くが、
 今回は、余りの不甲斐なさに、
 心の問題、メンタル.タフネスについて書くことにする。
 皆さんは、テレビを見ていて、
 ストレスがたまりませんでしたか?

 全てを象徴しているのが、第3セットのタイブレーク。
 0-7の敗れ方だ。
 心.技.体の全てが悪い方向に向かって行った。
 良い時は、先行されても、じわじわ、追いつき、
 相手にプレッシャーをかける。
 しかし、力が入り過ぎ、ネットミス。
 ストロークが悪い循環に行ってしまった。
 良い時の循環  

 悪い心の循環
Mt2ways


 メンタル強化ノート 

メンタル.タフネス向上

 ロジャーズカップで負けた時 に、言い訳無しを書いた。
  
 大きく負け越している、A.マレーに苦手意識が大きく働いていた。

A.マレー◎ 2-6,6-1,7-6(0),6-1 ×錦織圭
Murraykeoscore


A.マレーにゲームを支配された。
第1セットは好調、今年の全仏で一番良かったのではないか。
 ミスしても、冷静に淡々とプレー、少しずつゲームを支配する。
 その落ち着きが、ラリー得意のA.マレーがからミスを誘う。
 A.マレーが、もう錦織圭とはプレーしたくないと言わしめた、
 デビスカップでの試合がある。

しかし、今年の全仏を象徴するような、乱高下、
 松岡修造が、解説で、
 今年の全仏は毎試合、崖っぷちと話していたが。
 トッププレーヤーの条件として安定性、が上げられる。
 多少のアップダウンは有っても、
 修正する力があると言う事だ。
 超乱高下のF.ベルダスコ戦。  

 本人は、第2セット焦ってしまったと言うが、言い訳は無し。
 スポーツは、0sayingnoexcuse

言い訳無用。
 言い訳は
弱者の逃げ道。
 野球の
野村監督の言葉に、
「不思議の
 負け無し」、
がある。
 弱いから負けたのだ。
 ナダルが、ブルーコートで負けた時
 
 逃げ道は自分で断たなくてはならない。
 全てが実力不足と言う事、
 それを認めてからの自分の見直しだ。

 ATPのサイトでも、A.マレーとの対戦前の下馬評で、
 今の錦織圭は、クオーターファイナリストで、
 それ以上は勝てないと書かれていた。

 今年の全仏、乱高下が激しかった。

 一方で対戦した、J.シャーディ、F.ベルダスコは
 強い時は、展開が早く、全くつけ入るスキがないと。
 強い時があっても、弱い時があれば、トーナメントはそれまで。
 J.シャーディ戦

 女子のS.ハレプ、絶体絶命の第2セット1-5から逆転勝利した、
 S.ハレプのメンタル.タフネスを見習いたい。

 テニス、試合中は反省せず、次に向かうが、
 試合が終わったら、しっかり自分を整理しなくてはならない。

テニスは確率心のスポーツ
 錦織選手、今年は、右手首の不調から、
 練習不足、
 身体の他を壊す、と悪循環。
 自分自身をこわごわコントロールしている感じがあった。

 自分を信用できていない。
 心が崩れる。
 パフォーマンスが下がる、の悪循環。
 テニスは確率のスポーツ。

 それと、A.マレー戦でも、ラケットを投げつけた。
 ラケットを投げてはいけない  
 チャン戦で、同じことをして、メディア、ファンからブーイングの嵐。
 
 メンタル.タフネスを立て直さないことにはこれ以上の勝ちは望めない。
 そこを立て直せば、勝つ進むことも可能だ。
 良い時は強いのだから。

本日の御教訓 最後まで諦めない
言い訳はしない
 1:強い心で挑む
 2:ボールを最後まで追う
 3:ショットは積極的に
Saykeinoexcuserg

 錦織圭の全仏は終わった。同時に、
 ウィンブルドンに向かってのグラスコートのシーズンに入る。
 休養をしっかり取り、心機一転、頑張って欲しい。


スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage


 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

土居美咲 戦術負け、技に屈する 全仏2017

クレーの祭典、ロランギャロス2017 土居美咲
 調子を上げ、期待されたが、腹筋痛、治らず。
土居美咲 ベテランの技に屈する
 S.エラーニ◎ 7-6(7),6-1 × 土居美咲
Saradoiscore


 終わってみれば、最初のゲームが全て
 S.エラーニのサービスゲーム、土居美咲は攻め込むが
 さらりとかわされて、ブレークできず、
 直後のゲームをブレークされる。
 リードしたら、S.エラーニの粘りが効く。
 クレーコートを知り尽くした技。
 コートを左右に大きく使う、
 ムーンボール屈指の使い手、
 ムーンボールの効果
 元世界5位、
 ロランギャロスの魅力 
 土居美咲は今年のクレーコートシーズン、

 クレーコートで調子を上げてきた だけに残念。
 アメリカ期待のキーズに打ち勝った

 直前の、ニュールンベルガーでもベスト4まで進出。
 ランキングを戻しつつあった。

 技のS.エラーニに対して、策が無かった。
 ウィナー狙いが、Dbladiesrule

 ほんの少しの
 アウトが続く。
逆に、
 敢えて、
 土居得意の
 フォアを打たせて、
 狙わせ
 ミスを誘う、
 S.エラーニに軍配。

 S.エラーニはダブルス、元世界NO1
 ダブルスで培った技が光る  

 これはS.ジョンソンに敗れた杉田祐一にも言える事だが、
 クレーコートは戦術、戦略が大事だ。
 R.ナダルの教え  

 女子の試合を象徴するゲーム。
 女子はラリーが続く  
 サービス力ではなく、リターン勝負。

 クレーコートの女子シングルス
 一般プレーヤーに良い見本となる。
 ミスを減らし、ラリーする事。

 1stサ-ビスのポイント獲得率
  S.エラーニ:56% 土居美咲:47%
 2ndサービスに至っては
  S.エラーニ:43% 土居美咲:36%
Saradoistatts

 重要な、安定指数 
 打ち勝つか、
 自滅を減らすか、
 もろ刃の剣。

 錦織圭のタイプは? 

 女子シングルスで攻撃力で勝てる選手は、
 S.ウィリアムス、M.シャラポワ位。
 若い選手は攻撃的だが。

 ほとんどがデフェンス力の選手。
 A.ケーバー、S.ハレプ、

前の試合で痛めた、腹筋の痛みが出た。
 これではサービスがトーンダウンする。
 土居美咲のサービス、第2セットは、48%に下がり
 ポイント獲得率も落ちた。
 腹筋の痛みはサービスへの影響が大きい。
 錦織圭もそうだった。
Keiabs

 
全仏2017
 ダニエル,太郎、初戦突破  
 奈良くるみも逆転で突破。
 全仏始まる、シード紹介

スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  

 ソフトテニス専用作戦ボード 
Softtwb2mag


 

 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 連日熱戦が続く、ダニエル,太郎、奈良くるみ勝利、
 杉田祐一が熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アンダーソン | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャパロフ | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ビーナス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 二宮真琴 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽