パエス

2016年6月11日 (土)

パエス、ヒンギス ミックスのグランドスラム達成 全仏2016

L.パエス、M.ヒンギス 念願のミックスダブルススラム
 全仏、クレーコートの試合は面白い。
 ダブルスの放映をもっとやってくれると良いのだが。
 N.ジョコビッチが今回、キャリアグランドスラムを達成した。

 同じように、実だの同じペアで、グランドスラム4大会を年度をまたがっても良いから勝利する事。

ダブルス、全仏は面白い
 男子ダブルス、ブライアン.ブラザーズを破った新鮮、ベテランペア
 

 新しい男子ダブルスの陣形。参考に。

L.パエス、M.ヒンギス、ダブルスの超スペシャリスト。
 共通点は、誰と組んでも勝てる事。
 相手の長所を活かし、
 カバーリングが良い事。
 L.パエスは、ここ数年、試合には余り積極的にはでていない。
 しかし出場すれば、勝つあたりはさすが。

 M.ヒンギスも、単複合わせて12のグランドスラムタイトルを持つ。
 なかったのがロランギャロスのシングルスとミックスダブルス。
 これでコレクションにないのは、ロランギャロスのシングルスだけ、

 それだけロランギャロスはグランドスラムを達成するトッププロにも難しい。
 全員がダブルスのスペシャリスト。
 試合が面白い。

 トッププレーヤーのダブルスでは掛け声は、しっかりしている。
 一般プレーヤーの良くある、お願い! はまずない。

 「You!」
 「Mine!」はっきりしている。
 これは参考にしたい。
 ダブルス会話教室 
 勝つペアは、ポイント毎に会話して、作戦を確認する。

 負けて来るペアは、少しずつ話が少なくなる。
 
 女子ダブルス、M.ヒンギスとS.ミルザはペアを組み、優勝も多い。
 今年のロランギャロスは、珍しく、早く負けた。
 クレーコートの遅い展開は余り得意ではない。
 ヒンギス、ミルザ組

 L.パエスはダブルスの職人
 去年は、A.マレーと組み
 S.バブリンカとも組んでいる。

 今年は、R.ナダルとも組んでいる。
 L.パエスの最高のペアは、M.ブパシ。仲たがいしたらしいが残念。
 2011 二人で組んでいる。 上手いですよ。
 動画で  

 L.パエス、M.ブパシが分かれて対戦  

 今ではL.パエス、R.ステパネック組  このR.ステパネック、ロランギャロスでは予選を勝ち上がり、
 A.マレーを苦しめ、今の芝の大会ではM.シリッチを破る。まるでゾンビだ。

 特にミックスダブルスは、いろいろなプレーヤーと組んで優勝している。
 M.ナブラチロバとのペアリングは有名。
 最近はM.ヒンギスが多い。
 2015 USオープンで初優勝  
 本題、全仏 ミックスダブルス決勝
M.ヒンギス、L.パエス ◎ 4-6, 6-4, [10-8] S.ミルザ、I.ドディグ

Paeshingisnetrg


 試合スタッツ  
 1stサ-ビスを高い確率で入れる。
 ブレーク数は2つずつで拮抗。
 L.パエス組がブレークチャンスは多かったが、
 1stサ-ビスのポイント獲得率の高いチームがセットを奪っている。

 パエス組Dodigmilzargcober

 I.ドディグ、
 S.ミルザ組の
 センターを
 狙う
 センターセオリーを
 上手く使い
 陣形を崩す

 このミックスダブルス、女性がサービスの時に、M.ヒンギスは少しは出る。
 サーブ&ボレーを使える女子プレーヤー、
 M.ヒンギス、マテックサンズ、数は少ない。

 クルム伊達もダブルスは上手い。膝の2回の手術、大変ですね。応援しましょう。
 クルム伊達、公式サイト
 
 男性はサーブ&ボレーを1stサ-ビスは使う。
 その辺の陣形の使いまわしが参考になる。

 ミックスダブルス、勝利の法則  
 女性のサービスキープ、
 男性のサービスブレーク、これがネックになる。
Dbmixsayingserre


 女性のサービスの時に男性はI.フォーメーションでプレスをかける。
 

 この時はどう対抗するか、それが後衛陣だ。
 

 僕は、M.ヒンギスは素晴らしい選手だと思うが、
 引退した原因が、ドーピング検査でコカインの陽性
 検査が長引くことを理由に引退。結果的に2年間御出場停止処分になった。
 この件がうやむやになっているのは残念。
 舛添ではありませんが、疑惑は晴らしてから

 M.シャラポワのドーピングに対して、
 R.フェデラーは憤りを、
 A.マレー、S.ウィリアムスも怒っている。

 テニスの選手なら、自分で確認すべきことと。

 女子ダブルスの紹介をしたら、ウィンブルドンに行きましょう。

 ウィンブルドンは紫陽花の季節、八景島シーパラダイスの紫陽花、動画でどうぞ。

★ ダブルス上達情報集 ☆
 ダブルス 基礎知識  

 ダブルス上達には陣形の理解  

 変則陣形って? 
 今や、変則の言葉が死後な位一般化。女子ダブルスでもそう。

 ペアリング  

 ダブルスフォーメーションBook  
Dbforbooktitle3


 ダブルス上達DVD  

ダブルススコアのノート  

ダブルス上達、2画面マグネット作戦ボード
Allstaffscorebird


 

  テニス、システム手帳B7

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ATP500  13-15 Gerry Weber Open
 錦織圭出場予定 
 BS朝日で放送予定 

ATP500  13-19日 AEGONチャンピオンシップ
     
ATP250 女子 4-12日 男子 8-25日 AEGON Open
    
グランドスラム ウィンブルドン  27日-7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

ダブルス 上達法 ペアを活かす達人 パエス

ダブルス名人 パエスの上手さ。トッププレーヤーとダブルス、エッセー風にまとめてみました。
ダブルス面白い。
 皆さん、Moondb1pointmid

 ダブルスの
 ペア決めどうしていますか?
 強い人と組みたい。
 でも上達志向の人は、ペアを助けようとします。
 ダブルスのペア決め

 ペアで組み上げ強くなる。これが最高です。
Lcdbpairdecide

 

 今、毎日のようにIPTLをやっています。残念ながらJapanチームは勝ちが無く最下位。
  
 でもトッププレーヤーのいろいろな戦術を見れます。
 ダブルスがあるのが楽しいですね。
 一番強力だったペアはウィリアムス姉妹でしょう。
 ダブルスらしくない、パワーテニスでした。
 

 当時はそれほど狙わなくても、打てば相手がミスする感じでした。
 ダブルスの達人、L.パエス 人間国宝の様な人です。
 そのパエスからダブルスを学びましょう。

作戦を立て、戦略を練り、戦術を駆使するようになると、もっと面白い。
 それがダブルスマインド  
 シングルスとは全く違ったスポーツと思ってください。
ダブルスの面白さ、戦略、戦術
 陣形の駆使 トッププレーヤーの技から参考に
 
 今年は余り活躍しなかったけれど、ダブルスと言えば、この人L.パエス。
 今年は、ペアを固定していなかったので、ランキングは上がらなかった。
Saymixdbpaes


しかし、今年は、いろいろはシングルスのトッププレーヤーと組んで出ている。
 シングルスプレーヤーがダブルスに出る訳は、いろいろありますが。
 シーズン初め、
 決怪我からの休養明け
 ネットプレーを磨くため、
 などなどありますが、

 本音は、シングルスの方が賞金が高いから、
 シングルスに集中したい、こともあるでしょう。

L.パエス、今年はシングルスの大物と組みましたよ。
 ほとんどのシーンで、パエスが指示をしている感じです。
 A.マレー ロジャーズカップ 初戦突破で、2回戦は、兄のJ.マレー、J.ピアースペアと対戦している。
 R.ナダル サースポーだし、サインプレーなどダブルス上手いですよ。優勝もしているし。
 サースポーのキックサービスなんてもろダブルス向きでしょう。
Paesnadal

 G.デミトロフ クアラルンプール
Paesdimitrov


 S.バブリンカ

 L.パエスのダブルス  

 ミックスダブルスでは、
 S.ミルザと組んで優勝。
 M.ヒンギスと組んで優勝
Paeshingis

 M.ヒンギスのスマッシュをカバーに来ています。
 この余裕。


 L.パエスが一番強かったのは、究極のインドペア、M.ブパシと組んだ時
 分かれてしまいましたが、もったいない。
 何でインドってダブルス強いんでしょうか?
 

 ミックスダブルスでは、M.ナブラチロバと組んだ時。2003年、全豪、ウィンブルドンで優勝
 カーラ、ブラックと組み2010 全豪と、ウィンブルドンで優勝。

 最近では、2012年、R.ステパネックと組んだ男子ダブルスが強かったですね。

 結論 L.パエスはペアを活かす司令塔

テニス、ソフトテニスの指導に2画面見開き、マグネット作戦ボード
Lobmagfullset

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 ダブルス、試合形式練習練習をたくさん紹介。
Bmfmcser

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


テニスの勝利の法則、備えあれば憂いなし。

 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス
ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

★☆★ 旬のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
IPTL 公式サイト 
 スタッツ、動画も紹介してくれます。内容充実。

 wowowのIPTL放映
 夕方の長い時間、テニスファンにはたまりません

 ATP  

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

ヒンギス、パエス 強いダブルスの見本 USオープン2015初優勝

ミックスダブルス パエス、ヒンギス組優勝
 この二人、何度も優勝しているような感じだが、初優勝。
 テニスの天才、M.ヒンギス。ダブルスの達人L.パエスが組むのだから、強い。

 相手のS.クエリ、マテックサンズは、アメリカ地元期待のペア。
 二人とも、男子ダブルス、女子ダブルスでも上位に来ている。
 S.クエリはS.ジョンソンと組みセミファイナルで敗れたが、2回タイブレークの大接戦。
 マテックサンズはL.サフォロバと組むケースが多い。
 お洒落なマテックサンズ

 シングルス、3回戦、セレナとフルセット

 第3セット、10ポイント、タイブレーク
 グランドスラムではつい最近取入れられている。
 ダブルスの軽視の様な気がするが、
  クエリ、マテックサンズ 4-6 6-3 (7-10) ◎パエス、ヒンギス
Dbmixedphqmscore


 結局は、ダブルスの組み込みの勝負。
 珍しくミスをする、M.ヒンギス。L.パエスは動じない。
 笑顔でSaydb

 会話をする。
 ミスは
 お互い様なのだ。

 ダブルス、会話教室
 ポイントをとれば、ハイタッチ。
 ミスしても、笑顔で軽くタッチ。

 S.クエリは第3セット、2ポイントリードしていたが、
 プレッシャーがかかり、ミニブレークを許す。

 ミックスダブルスはトッププレーヤーでは大会会場が同じケースは少ないので、
 組み込むにはグランドスラムが一番。

 重要なのはペアリング、L.パエス、M.ヒンギス組
 

 パエス、ヒンギス組が上手いので、
 S.クエリ、マテックサンズ組のサービスゲームはアイフォーメーションをとるケースが多い。

 I.フォーメーションの使い方
Signplaylow

 

 変則陣形に慣れる
 雁行陣にしがみついていませんか?

 並行陣、前衛陣、後衛陣、使ってみましょう。楽しいですよ。


 サインプレーに慣れよう

 この4人の中ではS.クエリのサービス力が飛びぬけているが、
 第3セットM.ヒンギスへののダブルフォールトが大きかった。

 ミックスダブルス、男性のサービスはポイントが当たり前、特に女性に対しては。

 ミックスダブルスのコツ
 
 サービスのスタッツ。
グランドスラムではIBMのスラムトラッカーが威力を発揮する。

 得点の流れをグラフで表してくれる。一目瞭然。
 最初、パエス組がリード。
 第2セットでクエリ組が追いつく。


 第3セット、10ポイントのタイブレークなので、超短期決戦、
 総得点でたったの1ポイント差。

Dbmixph

 1stサ-ビスが重要。
 ダブルスでは特にそれが言える。
Dbstatsserph


 そこからスルリと抜けるパエス、ヒンギス組。
 ヒンギスがミスをして、少しイラつく素振りを見せたが、L.パエスは落ち着いている。
 マテックサンズも、S.クエリを引っ張っていた。
 ダブルスのスペシャリスト。

 レシーブとウィナー、アンフォーストエラーのスタッツ。
 共にアンフォーストエラーは少ない。
Dbstatsreph

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

ダブルス上達大作戦
 ダブルスフォーメーションブック

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Dbforbooktitle3


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
 US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

ダブルスの面白さ パエスに学ぶ 誰と組んでも強い

ダブルスの面白さ USオープン パエスの上手さ、強さ、ペアの使い方
 テレビのUSオープン、面白いですが、シングルスの放映が多いですね。
今日は少しダブルスの魅力を紹介します。
 ダブルスはMoondb1pointsmall

 二人いる
 陣形ができます
 攻守が
 はっきりします。
 サービスゲーム
 アドバンテージがあります。
 ダブルスの
 メンタルタフネスがあります。

 ダブルス フォーメーションブック

 ダブルス上達法、総力特集
 今年は日本女子ダブルス、活躍できませんでしたね。
 クルム伊達、青山修子と初戦負けでした。
 ○G・ムグルサ(8)/C・スアレス・ナバロ(8) vs. ●クルム伊達公子/M・ミネッラ, 6-1, 7-5
 スペインペアは、強力ハードヒッター、
 ○M・ニクルスク/O・サウチュック vs. ●青山修子/R・ボラチョーバ, 6-2, 6-1

 ダブルスのテレビ放映少ないので余り見れませんね。
 もっともっと放映して欲しいものです。

 とは言え、男子ダブルスは早過ぎて、何が起こっているか分からないくらいですね。
 ダブルスの王者、ブライアン.ブラザーズ初戦負けです。
 アメリカの、S.クエリ、J.ソックのペアに負けました。
 J.ソックをに苦手にしている様子。
 去年のウィンブルドンでも敗れています

 ブライアン.ブラザーズ、最近パワーが落ちています。
 

 ダブルスと言えば、L.パエス選手。
 僕は大好きですね。
 ダブルスの醍醐味、ペアリング、陣形の妙を駆使して、
 最大限の効果を出しています。

 いろいろなペアと組んでいますよ。
 一番有名なのは、インドのM.ブパシ。最高のダブルスでした。
  前衛陣のウッディーズ、雁行陣のインドペア、そんな構図でした。
 

 僕はこの二人と、ウッディーズのダブルスを見て、ダブルスのスコアをつけるようになりました。
 陣形の変化が面白かったからです。
Db0

テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。
 

 つい最近まではR.ステパネックとのペアも良かったですね。
 
 今年のUSオープンは、F.ベルダスコ。
 F.ベルダスコと言うと、グリグリのハードヒット、シングルスプレーヤーと言うイメージがありますが。
 一昨年は、ATPファイナルで、ダークホース優勝しています。
 F.ベルダスコ、マレーロ組  
 

 その前のロジャーズカップではA.マレーと組んでいます。
Paesdbmurray


 S.バブリンカとも。S.バブリンカは去年のデビスカップ、スイス優勝の立役者
 オリンピックでもR.フェデラーと組んで優勝。
Paesdbsw


 L.パエス、ミックスダブルスでも強いですね。
 ミックスダブルスの面白さ 2013のミックスダブルス
 こんなに面白いペアが。
 

 最近は、M.ヒンギスと組んでいます。
 全豪で優勝 
Paeshingisao

 

 その前はやはりダブルスのスペシャリスト、S.ミルザ
 

 M.ナブラチロバとの友情あるペアリングも良かったです。
 
 ダブルス上達エッセィ

錦織圭を強くしたメソッドDVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」


★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
 US OPEN (全米オープン)  8月31日~9月13日

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Li Na | Na Li | Nike | Q&A | RICE | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽