ギャンブル

2007年11月16日 (金)

フェデラーの教える基本 ボールを見る

 こんばんは。夜にブログをアップするのは久しぶりです



 昨日はスキーの講習会で、1日東京でした。
 上京です。(-.-)y-~~~  ああ、田舎者、
 緑が多くて良いですよ。空気は美味しい、少し銀杏の臭いがしますが。

 R.フェデラーの教えるテニスの基本
テニス スキー上達com 
 マスターズカップの特集をしています

 11:コースを隠す Part2です。

 先回は視線をインパクトに残す意味を説明しました。
 フォアハンドとバックハンドでは、どちらの方が楽でしょうか。
 それはフォアハンドです。

 自分の写真でフォアハンドストロークの打点の違いをイメージしてください、
Moon_fs_impact_differ_mid
 スクエアスタンスでは、
 打点が身体の中(それでも基点の右肩よりも前です)ですから、
 相手を見る余裕があります。

Moon_bs_imp_mid
 バックハンドストロークではそれがかなりなくなってきます。
 写真をご覧ください。

R.フェデラーの試合中の写真で説明しましょう。
Rf_fs_tb_watch_mid
 フォアハンドのテイクバックです。
 この時点では、相手の動きを見ながら、
 少しずつボールに視線を移します。

 フォアのインパクトです。
Rf_fs_imp_watch_mid
 しっかりボールを見ています。
 中央視野で、とらえていますが、
 周辺視野で、相手も見ています。
 皆さんも出来ますよ。ご安心を

 バックハンドストロークでは、
Rf_bs_imp_watch_mid
 ボールを見ると、顔が下を向きます。
 中央視野に頼ると、周辺視野が手前に来て、
相手の動きが見えにくくなります。

 ですから、ポーチには相手がバックで打つ時が良いのです。
 ボレーヤーの動きを追う余裕がフォアほどには無いからです。

 実は頚反射と言って、首の動きと手の動きは、意識しないでも起こる反射運動なのです。
 首の向きと手の動きは交差するように動くと思ってください。
 ですから視線を残す →首を手前に戻す
 すると、反射で    →腕が相手の方向に伸びていきます。
 つまり自動運転で、ラケットヘッドが走るのです。

 一般プレーヤーが犯しやすいミスは、
 自分が打ったボールの行方が気になって、インパクトから目が離れ、相手の方向を見てしまうことです。
 すると自然の反射としては、腕が縮こまり、ラケットヘッドが走らないのです。

インパクトに視線を残す。重要なことですが、バックハンドストロークではこれがさらに難しくなります。
 その辺の説明は次回にしましょう。
 お楽しみにしてください。


アート&スポーツ
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

リラックスと緊張

▼MTV シティカードのお申し込みは、今すぐこちら▼

今日は、競馬を紹介します。
Photo_296

家々、競馬をしようというのではなく、リラックスについての参考としてです。

各馬一斉にゲートイン

緊張する一瞬です。

一番緊張する人は、大金をかけている人。

旗手でしょう。
多分、お馬さんは、興奮はすれども、緊張はしていません。

それでスタートしました。

第1コーナーから第4コーナー
Photo_297

この時旗手は緊張しているでしょうか。

無心に鞭を打って、緊張はしていません。

アドレナリンが出て、良い意味での集中状態にあります。

テニスでも、スキーでも、最初からこの状態に自分を持って行く、方法を身に付けた人が勝てる人です。

最初のスタート付近で、意識しすぎて失敗する人が多いもんです。

あっ、僕は 競馬魔、見に行った事はありますが、馬券を買ったことはありません。
念のため。
振動マシン

| | コメント (1) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

ATP | D.ポトロ | DVD | Li Na | Na Li | Nike | UNIQLO | UVカット | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | イズナー | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カード | カービング | ガスケ | キッズ | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | ケルバー | ゲーム | コツ | コーチング | コート | ゴルフ | サッカー | サービス | システム | シャラポワ | シューズ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スライス | スーパーショット | セレナ | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダブルス | ツォンガ | ティプサレビッチ | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス肘 | デビスカップ | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ナダル | ニュース | ノート | バックハンド | バブリンカ | バルトリ | パソコン・インターネット | パラレル | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベルディハ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポーチ | マグネットボード | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロディック | ロペス | 上海 | 上達 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 動画 | 勝利 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 土居美咲 | 基本 | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | 携帯 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | 花粉症 | 親子 | 試合 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽