メンタル

2017年10月31日 (火)

杉田 不調 どう立ち直るか プラス思考で

杉田祐一、不調続く
 パリで予選上がりの77位に完敗。
 注目カードの動画を紹介しながら、不調の要因を探ろう。
 原因が分かれば、対策も立てられる。

 負けから学ぶ

 不調は誰だってある。
 ただ落ち込まず、Saytranpolinelosewin

 前向きに
 考えよう。
 勝つ時もあれば、
 負ける時もある。

 次に向けて、
 心をリセット。
 プラス思考

 目の前の人参、モチベーションが必要だ。
 
マスターズ、パリインドア、初戦
 38位杉田祐一× 4-6,2-6 ◎77位F.クライノビッチ
Scoreparis


 試合時間1時間、粘りが無かった。
 ここ3試合で3連敗。
 1stサ-ビスのポイント獲得率、
 リターンのポイント獲得率も悪く、
 ブレークチャンスもたったの1回。
 相手には4回の内の3回を活かされてしまった。

 バーゼルのD.シャパロフ戦、
 ストックホルム、のJ.D.ポトロ戦は、 
 対戦相手が、強いから仕方がない部分があるが、
 相手が77位では少し残念。
 ここが正念場。
 楽天オープンから2勝5敗。

 楽天オープンのA,マナリノ戦、から諦めが早い感じがする。
 持ち前の粘りが感じられない。
 それはリターンのポイント獲得率が落ちている。
 杉田祐一選手は、リターンが良いのが持ち味
 

 最近フォアハンドの決定力も上がっている
 だから力勝負に行きたがる。
Saynoing


  

 サービスエースは増えているので、攻撃力アップは分かるが。
 ほんの少し、ボールが切れる。
 狙ったショットが少し切れる。
 次のポジションに戻っていない事が多い。
 ハードヒットにこだわり過ぎではないか。
 得意のバックハンドスライスを入れて展開をスローに。
 ネットプレーの質を上げる。
 アプローチショットで前に詰める、発展途上、もう少し。
 1stボレ-のコースが甘い、特に浅くなる。
 パッシングショットの餌食になる。
 前に出る勇気は大切だが。
 ここから頑張って欲しい。

 不調からの脱出
 良い時を思い出す  
 Plan → Do → Check → Actでしっかり敗因を整理。

Pdca


 テニスの内容を整理  
 一般プレーヤーでは、
 スコアをつける事も大事だ。


 バーゼルの、D.シャパボロフ戦は惜しかった。
 売り出し中の若手に、大健闘したが、逆転で押し切られた。
 杉田祐一× 6-4,2-6,6-7(3) ◎D.シャパボロフ

 ストックホルムでは、
 D.イストミン、M.バグタチスを下したが、
 J.D.ポトロに打ち負けた。
 杉田祐一× 2-6,6-7(6)  ◎J.D.ポトロ

 上海、S.クエリに完敗
 杉田祐一× 3-6,2-6 ◎S.クエリ

 ATP ツアーファイナルに望みを託す、二人では、
 モチベーションが違う。

楽天オープン 準優勝のA.マンリノ、ウィンブルドンの雪辱ならず。
 杉田祐一× 2-4,4-6 ◎A.マンリノ
 

杉田祐一の戦歴 スタッツも見れる。
 


バーゼル、D.シャパボロフ戦

ストックホルム M.バグタチス戦

本日の御教訓 不調からの脱出
好不調は誰だってある
1:良い時を思い出す
2:不調の原因を探す
3:モチベーションを高める

テニス上達グッズ  

正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

錦織 次の試合 W&Sオープン 第5シード 開き直れ!

錦織圭 次の試合 W&Sオープン、第5シード シード死守
 本当は、勝ち残って欲しかった、ロジャーズカップ。
 次は、(ウエスタン&サザン)・オープン シンシナティの大会。
W&Sオープン
 錦織圭の、USオープン直前、最後の大会になる。
 マスターズ。ATP1000、グランドスラムに続くポイントの高い大会。

シリーズを振り返ってみよう。
ATP500 Citi オープン。
 A.ズべレフ戦の完敗 で、シードを守れず。

 こんな試合展開ができたら良かったが。

続くロジャーズカップ、大きな計算ミス。
 初戦の2回戦で、G.モンフィルズに大逆転負け

 錦織圭vsG.モンフィルズ戦   ハイライト動画
錦織圭の敗因、
 はっきり言って、自分に対しての自信が揺らいでいる。
 メンタル.タフネス

 開き直って、ファイティングスピリッツを出すこと が重要だ。

Saybelievemyself

 

 良かった時 を思い出して欲しい。
Up

 

W&Sオープンのシード、注目カード
Wsseed14


1:R.ナダル  ロジャーズカップ、18才、D.シャパロフに不覚
 
 しっかり調整してくるだろう。

 16:G.ミューラー
 9:D.ゴファン
 8:J.W.ツォンガ

3:D.ティエム  このところ、早い段階の負けが続く。
 15:S.クエリ
 11:P.カレノ・ブスタ
 S.ジョンソン vs D.フェレール の勝者と当る
 5:錦織圭  去年は3回戦、B.トミックに不覚
 
4:A.ズべレフ ランキング急上昇
 ロジャーズカップでもセミファイナルにD.シャパロフと激突。
 6:M.ラオニッチ  錦織圭同様、不調にあえいでいる
 12:R.B=アグ  きっちり勝つ堅実な選手
 14:J.イズナー  ビッグサーバー

2:R.フェデラー  
 ロジャーズカップでもセミファイナルに進んでいる。
 
Wsseed58

 10:T.ベルディフ 堅実なテニス
 13:J.ソック 杉田祐一と当る
 7:G.デミトロフ  やや不調

 錦織圭はまだ良いシードにいる。
 このチャンスを逃してはいけない。
 USオープンではシードが下がるだろう。
開き直って、自分を信じて戦って欲しい。
 
 リオ・オリンピックの3回戦を思い出して欲しい。

 杉田祐一は去年3回戦まで進んでいる。
  なんと今を時めくA.ズべレフをフルセットで破っている。
Azscore


 杉田祐一はこの時のランキング102位、A.ズべレフは27位だから。
 今年の急成長ぶりが見える。

 甲子園応援、マネージャー向け。
 作戦ボード in ノート


テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容

見開き、2画面、マグネット作戦ボード

Wb2magimage


 テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マスターズ NHK で放映
 ロジャーズカップ、
 錦織圭出場のW&Sオープン、

 ロジャーズカップです。

 W&Sオープン
 錦織圭登場

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年8月12日 (土)

フェデラー 粘るフェレールを押し切る 試合の流れ ロジャーズカップ2017

ロジャーズカップ、ベスト16
興味ある試合。
 好調のR.フェデラーにデフェンス力のD.フェレールがどう対抗するか。
 R.フェデラーの17連勝中です。
 D.フェレールにはR.フェデラーは超苦手なんですね。

 R.フェデラー、強さ満開。
 旬のランキング
 シードダウンが続くロジャーズカップのシード

R.フェデラー◎ 4-6,6-4,6-2  ×D.フェレール
Rfdfscore


 試合の流れが良く分かります。
 最初にリードしたD.フェレール、
 R.フェデラーが追いつき、突き放す。

 スコアの中央に、ブレークチャンス、の数字を紹介。
 R.フェデラーにしては珍しく、ブレーク合戦になりました。
 普通はこれだけブレークチャンスを与えないのがR.フェデラーです。
 D.フェレールの健闘が目立ちました。

R.フェデラーのネットプレー、光っています。
Rfnetplaydf


攻撃型のR.フェデラー、デフェンス力のD.フェレール。
 二人とも、心の強い選手です。
 相手にスキを見せません。
 D.フェレールのメンタル.タフネス
 ボールを追い続ける鉄人。
Sayingferrerwinagly


 R.フェデラーのメンタル.タフネス
  ヒントは禅。

 そしてテニスはマナーのスポーツなんです。
 

 R.フェデラーにしては試合時間が長いのは、D.フェレールに粘られたのです。
 トッププレーヤーと試合時間

Frtop4matchtime


リターン上達法
 観察力 

 ポジショニング  

 リズムを作る  

 R.フェデラーの攻撃リターン  
Sayingrerf


R.フェデラーのハードコートでの強さは印象的です。
 マイアミでR.ナダルを圧倒  
 もちろんウィンブルドンも強い
 オーストラリアンオープンは優勝。 
 錦織圭に勝利しています。

 今年D.フェレールは調子が良くなかったのですが、少しずつ調整してきました。
 スペイン、強い選手が多い。
 しかもR.B=アグを含めて、安定性があります。
 第1セット、D.フェレールがとりました。
 R.フェデラーと言えども、ボールが浅くなると、反撃されてしまいます。

 ハイライト動画 

試合の後、お互いに讃えあっている姿が印象的です。
 D.フェレールは、会場を去る時に、ファンにサインをしていました。
 素晴らしいですね。
 プロフェッショナルを感じます。

 錦織の場合、負けを素直に受け入れられない、感じですね。
 錦織圭、G.モンフィルズ戦

 ラグビーではないですが、試合が終わればノーサイド、
 全力を尽くしたのですから。

この結果、ロジャーズカップのベスト8の試合。
 「デニス・シャポワロフ(カナダ)」対「アドリアン・マナリーノ(フランス)」
 「アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)」対「ケビン・アンダーソン(南アフリカ)」
 「ロビン・ハーセ(オランダ)」対「ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)」
 「ロベルト・バウティスタ アグット(スペイン)」対「ロジャー・フェデラー(スイス)」

ハイライト動画
ロジャーズカップ クオーターファイナルへ

 甲子園応援、マネージャー向け。
 作戦ボード in ノート


テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容

見開き、2画面、マグネット作戦ボード

Wb2magimage


 テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロジャーズカップ NHK で放映
 準決勝から全試合放映。
 NHKも太っ腹。

 ロジャーズカップです。

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年8月10日 (木)

エンターティナーになれない錦織 観衆を味方に、モンフィルズに大逆転食らう

心の弱さがもろに出た、錦織
 サニブラウンではないけれど、
 ああ、やっちゃった、って感じ。
 過去3連勝のG.モンフィルズに逆転負け。
 錦織圭、G.モンフィルズ、この二人の
 テニスプレーヤーとしての在り方が勝負を決めた。
 エンターティナーかどうか?

Saytopenter

 試合だから勝ち負けは仕方がない。
 しかし、錦織圭の、悪い部分を全てさらけ出したこの試合。

 今年の初戦の入り方、苦労していた。
 それが他の試合は、相手が少し下だったから、負けずに済んだが、
 相手が試合巧者のG.モンフィルズでは、通用しなかった。

 ロジャーズカップ、注目シード
 

 D.ティエムも伏兵に敗れている。
 最近調子が悪い。
 R.フェデラー、R.ナダルは楽勝。
 最新ランキング

絵に描いたような負け方。
 錦織圭の大逆転  
 この様に行きたかったが。

 G.モンフィルズ対策は書いたが、、、
  
 その悪いパターンをやってしまった。
Gmkei

G.モンフィルズ◎ 6-7(4),7-5,7-6(6) ×錦織圭

Monkeiscore


 今回は、試合に勝って、勝負に負けた錦織圭。
 いつもは逆なのだが。マイアミのG.モンフィルズ戦
 

テニスプレーヤーは、トッププレーヤーでもあり、エンターティナーでもある。
 見ている方にも、楽しさを。
 プレーに集中していれば、それで十分に迫力は伝わってくるが。

メンタル.タフネスの方法はいろいろあるが。
 外人的、外向きがG.モンフィルズ。
 N.ジョコビッチが典型だ

 日本人的、シャイになる錦織圭。
 圧巻はタイブレーク、錦織圭リードの6-2、

 テニスは心のスポーツ、それがメンタル.タフネス
Mt2ways


 

 負ける時を演じた錦織圭  

マッチポイントから6連続ポイントのG.モンフィルズ。
 2ポイント連続でも大変。  勝利の法則
 
 6連続ポイントは、確率的には数パーセントだろう。
 これはG.モンフィルズを褒めるべきだ。

 反省すべきは   

 テニスのルーティーン、見本はM.シャラポワ
 

 勝者の顔、敗者の顔  
ハイライト動画

本日の御教訓 テニスは心の強さ
乱れは見せない
1:自分のルーティーンを持つ
2:マイナスの仕草はしない
3:自分を高める

Saymonfilsmt

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容

見開き、2画面、マグネット作戦ボード

Wb2magimage


 テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロジャーズカップ NHK で放映
 錦織圭が登場
 ロジャーズカップです。

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年8月 6日 (日)

錦織 A.ズべレフ戦 戦術、予想 Citi2017 SemiFinal

錦織圭、ランキング急上昇のA.ズべレフと対戦。
 いよいよ、若手成長株のA.ズべレフと対戦する。

 USオープンへの道、前哨戦Citi Open2017だ。
 USオープンへ続くハードコートの試合


 Citi Open2017の位置づけ  

錦織圭、セミファイナルまでの道
 錦織圭の初戦。危なかった。
  
 錦織圭、宿敵J.D.ポトロ戦
  
 超ヤバたった、クオーターファイナル
 

 疲労は極限だと思う。それは二人とも同じ。
 A.ズべレフの方が苦労はしているが、勝ち上りは楽。

 二人とも強いが、
 実はデフェンス力の選手。

Keizverevatp


 スターズはA.ズべレフが先に優勝
 ローマで、N.ジョコビッチを破る
 

 ランキングを上げているのは攻撃力をアップしてから。
 最新のランキング  

 A.ズべレフ、一気に上位に
 

二人の差。
 サービス力、長身のA.ズべレフに分がある。
 デフェンス力はイーブン。  
 
 二人のベースラインの攻防が見もの。
 先にベースラインに入って打った方が勝つ。

 ここ最近、A.ズべレフはネットプレーを多用する。

 非常に戦略的な試合になるだろう。
 二人とも戦術、ショットの引き出しが多いから。

 リターンミスが少ないので引き締まった試合になる。
Saykeidefencesecret


勝負の分かれ道は。
 自分への自信、切れずに戦えるか。
 お互いに攻められるから、アンフォーストエラーが増えた方が負ける
 

 二人とも、最近はキレやすい。
 テニスとメンタル.タフネス
Mt4demension

 

 コートを立体的に使う。
 ドロップショット
 ネットプレー
 トップスピンロブ
 スマッシュの決定力は、A.ズべレフが上。
 錦織圭は前に詰める事が必須だが、トップスピンロブが来るだろう。

 R.フェデラーがA.ズべレフに雪辱した試合
 

勝利の法則
 戦略、戦術  

 積極的に  

 自信を持つ  
 錦織圭、A.ズべレフ、クオーターファイナル試合ハイライト動画

テニス上達アイテム
テニスグッズは スポーツ&アート


 テニスの部活活性化をフォロー します。   


 テニス部活応援キット

Tenniswblob


 甲子園応援、マネージャー向け。
 作戦ボード in ノート


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
  Citi Open 公式サイト  

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2017年7月29日 (土)

錦織 正念場の戦い Citi Open2017 シード

ワシントンDCでハードコートの熱闘が始まる

暑いですね。
 暑中お見舞い申し上げます。
Happysummer

 熱中症は自衛しましょう。


 アメリカでは熱い戦いが始まります。
 シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は31日開幕、
 USオープン2017へのロング &ワインディング、ロードが待ち受けている。
 Citiオープン2017 上位選手。  

Citiオープン、勝つために必要な事

 錦織圭も登場。
 ウィンブルドンから時間をかけてしっかり調整。
 得意のアメリカ、ハードコート。

 心.技.体をリセットして、優勝を目指して欲しい。 
 特に、今年はメンタル.タフネスが心配

 ウィンブルドンでの敗戦。 大人になりきれない。

 ラケットをぜったに投げてはダメ。
 武器を投げてどうする。
 相手に弱さを見せるだけ。
 自分でコントロールしなくては

Mt4demensionsimple

 メンタル.タフネス、4つの次元
 メンタルタフネスで重要なのは、
 今、自分の心理状態がどこにあるのかを自覚する事。
 そして、右上を目指すこと。

第1シード D.ティエム、
 ストローク主体だが、オールラウンダーのD.ティエム
 

第2シードの錦織圭は初戦の2回戦で
 リターンからの展開
 世界ランク51位のD・ヤング(アメリカ)と同194位のT・スミチェク(アメリカ)の勝者と対戦する。

 まあ、D.ヤングでしょう。
 去年の楽天オープンで錦織圭が逆転勝ち
 

 グリグリトップスピンのサースポー。

シード勢は1回戦免除のため、2回戦からの登場。
Keireattackdefence


 上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、
 錦織は3回戦で第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、
 準々決勝で第7シードのL・プイユ(フランス)か第11シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)、
 準決勝で第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)か第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する組み合わせ。

シードを上から紹介
 第1シード D.ティエム  ストロークから展開自由
 第6シード G.モンフィルズ コートの魔術師、デフェンス力
 第9シード J.イズナー  アメリカを代表するビッグサーバー
 第8シード J.ソック    アメリカ期待の選手

 第5シード A.ズべレフ  デフェンス力抜群
 第10シード N.キリオス  天才型だが、怪我から復活中
 第4シード G.デミトロフ  小型R.フェデラー
 第7シード L.プイユ   フランスの若手
 第11シード G.ミューラー ウィンブルドンでR.ナダルを破る
 
第13シード J.D.ポトロ 剛腕、強打、ビッグサーバー
 錦織圭は苦手にしている。

 2016 バーゼルで快勝 

 2017 ローマで敗戦  
 第2シード 錦織圭 最低、シード、
 目標、今季初優勝。

 ウィンブルドンはシードを守れず。
 まさかの敗戦。R.B=アグ
 

錦織はシティ・オープンに2年ぶり6度目の出場。
2015年には決勝でJ・イズナーを破り、優勝している。
 この年は調子が良かった。思い出して欲しい。
 

 昨年はG・モンフィス(フランス)がタイトルを獲得した。

日本勢から添田豪も出場しており、1回戦で世界ランク103位のT・サングレン(アメリカ)と対戦する。

 面白真面目、暑中見舞い、写真で涼しく。
  

 画家の創作、暑中見舞い 

テニス上達アイテム
テニスグッズは スポーツ&アート


 テニスの部活活性化をフォロー します。   
  作戦ボード
  システム手帳、
  ボール出しマニュアルの3点セット
  即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。

 テニス部活応援キット

Tenniswblob

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


 甲子園応援、マネージャー向け。
 作戦ボード in ノート

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 7月31日からの Citi Open 公式サイト  
  錦織圭、出場予定試合。

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

ダブルス強化 集中レッスンPart1 ダブルス力をチェック

ダブルスに強くなる総力特集
 夏になり、皆さんから相談をよく受けます。
 ダブルスの情報が欲しい。
 ダブルスの陣形を知りたい。
 いいですよ、ダブルス、分かり易く、解説します。
 合宿のアドバイス、好評でした。
 合宿、ダブルス、上達には目標が必要です。
Tennistarget


 次の順番で少しずつ紹介していきます。
 ダブルス力 自分を知る
 ダブルスの要は、ペアリング
 ダブルスの陣形を知ろう
 ダブルス用のショット
 ダブルス、勝利の法則  ダブルスの専門性を知ると有利ですよ。
Db

自分のダブルス力チェック
 テニスの限らず、スポーツ、人生、汝自分を知れ! です。ここから始まります。
 さらにダブルスでは、ペアを知り、
 相手を知る事が、勝利の近道です。
 
テニス力、さらりと皆さんのテニス力をチェックしておきましょう。
 どちらかと言うと、シングルス用、
 テニスの実力判定と思ってください。
 テニス力、ダブルス力トップに戻る、
 普段の練習時と、試合ではパフォーマンスが全く異なります。
 試合で実力の半分でも出れば、良かった、
 80%出せる人は上級者でしょう。
 そのギャップを、知り、差を少なくするのが上達です。
 テニス力をチェックできるテニスノート  

 テニススクール生ノート

テニス力
 心.技.体を自分でチェックします。
 身体は、瞬発力と持久力分けて考えましょう。
 瞬発力を使うのは、サービス、スマッシュ,そしてハードヒットですね。
 器用性は、新しいショットを覚える時の対応力。
 コーチに言われてマスターする。
 試合で相手に打たれて、自分も使いこなす。

 協調性は、団体行動もありますが、
 サークルの中で上達するには重要な要素です。
 特にダブルスでは重要な要素になります。

 戦略は、試合の時にどう相手を攻めるか、 
 攻守の切り替えなど、
 実は試合で一番重要な要素なんです。

 計画性は、自分、サークルで上達する時の予定を考えます。
 週にどれ位練習できるか。
 長期的な計画、中期的な計画、
 そして今日明日の短期的な計画をしっかり立てましょう。

 目的意識。自分がテニスをする、目的ですね。
 クルム伊達が教える、目的意識
 
 楽しい、健康目的、いいですね。
 楽しく、健康的に、スポーツの原点ですから。
 少しでも試合に出るようになると、ダブルスをこうしたい、
 シングルスでこう勝ちたいと目的が出てきます。
 上達には目の前の人参が大事です。
 意外と気づき難いのがメンタル面です。

Sayingplusthinking


ダブルス力って?
 ダブルスに勝つ力をチャート化したものです。
 自分を知るところから上達は始まります。
 まずダブルスを意識するところから始めましょう。

ダブルス力をチェック 技術面中心
 皆さん、テニス楽しんでいますか? 暑いですから、熱中症には十分ご用心ください。
 ダブルス用のショットで重要なのはサービス、リターン。
 ラリーに入ったら、ショットの攻撃力、
 デフェンス力が重要になります。
 ラリーでは交互の続きますが、

Dbpowerchart


 各ショットを使った、陣形を考えます。
 サービス、レシーブ時の雁行陣からどう発展させるかですね。
 ペアリング、二人で共同作業でボールを作る。それを決める、これがダブルスの醍醐味です。

 ダブルスの試合の流れを読む力も重要です。
 流れはお互いに2,3回は動きます。どちらにもチャンスは来ます。
 そのチャンスを気づき、活かせるか。
 負けている時って、焦って、流れに意識が行かなくなり、
 次のポイントを急ぎやすいものです。
 試合中に一呼吸おいて、ペアで流れを確認しましょう。
 試合の流れって、ミスで、相手に流れるケースが多いんです。

Dbopsayingstream

 

 ペアリング、ダブルスでは重要ですよ。勝つも負けるも、二人は運命共同体ですから。
 ダブルスのペアリング 

ダブルスにミスはつきもの。
 ミスしても、焦らず冷静に。
 ペアを攻める事は絶対にやめましょう。
 ダブルスで一番重要な言葉は「ドンマイ!」です。
 だってやってしまったミスは取り戻せないのですから、それよりも次への集中です。
 強いペアは、二人で盛り上がっていきます。

 ダブルスの会話教室  

 ダブルスのフォーメーションBook  
 メンタル.タフネス、実はダブルスならではのメンタル.タフネスがあるんです。
 特に日本人は、他人に気遣う事が多いです。
 ダブルスのメンタル.タフネス  
 「ダブルフォールトしちゃペアに悪い。」
 「チャンスボールをミスしちゃって。」
 そんな気持ちが、自分を小さくしてしまいます。

ダブルス力 ペアリング中心
 ダブルスに強くなりたいと考えるようになったら、こちらのチャートの方がダブルスライクです。

 ダブルス上達ノート  

 ダブルス、フォーメーションBook

 ダブルス専用のメンタル.タフネス、特にソフトテニスでは重要ですね。
 ボール出しマニュアル、ソフトテニス用に詳しいです。
 

 と言う事で、夏のダブルス集中レッスンです。
 次はダブルスの要、ペアリングです。お楽しみに。

テニス上達アイテム
テニスグッズは スポーツ&アート


 テニスの部活活性化をフォロー します。   

 テニス部活応援キット

Tenniswblob

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


 甲子園応援、マネージャー向け。
 作戦ボード in ノート

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 7月31日からの Citi Open 公式サイト  
  錦織圭、出場予定試合。

 USオープン 公式サイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年7月 9日 (日)

錦織 敗因を探る Part2 調子は良かったのに何故 心の弱さ

錦織選手の敗因を探る Part2 メンタル.タフネス編
 敗因を探る。
 データー分析は如何でしたか?
 錦織圭選手と、R.B=アグ選手、
 錦織選手も決して悪くはなかったのですが、
 R.B=アグが余りにもミスが少なかったで、
 目立ちました。

今年の錦織圭選手に気になる点が、
 一気に出てしまった感じがします。
 試合の流れが悪い。  
 データ分析の次は、メンタル.タフネスの観点から敗因を、書きだしました。

たかが表情ですが。
Keiagut


 R.フェデラーはクールの天才

メンタル.タフネスを考える前に、 テニスは総合スポーツです。
 ネットを挟んだ対人競技。相手がいます。

 その前に戦うのは自分です。
 心は自分の中。
 心.技.体と言いますが、このバランス感覚が難しい。
 心.技.体のバランスが悪いと。
 ここにきて、錦織選手も良くなっていたんですが
Mtbad

 そして、テニスは、他のスポーツと比べると、
 心が左右しやすいスポーツなんです。
 ゴルフと同じ、その理由は?  

 テニスは感情のコントロールが大事
 感情なんてと、思っていませんか?
 小さな、イライラ、それが悪さをするんです。

 この様な良い心.技.体のバランスにしましょう。
Mtgood


人間、誰でもミスはします。
 問題はは、ミスをした後の対処法ですね。
 ミスをSaythrowracketkei

 持ちこして、
 イライラが
 たまって、
 ラケットを
 投げそうになって、
 思いとどまる
 再びイラつく。
 ついに
 抑えきれなくなって、
 ラケットを投げる。
 ラケットを投げたら負けます

メンタル.タフネス向上

R.B=アグ◎ 6-4, 7-6(3), 3-6, 6-3  ×錦織圭
 第1セット、押していたのは錦織圭でした。
 第2セットも、有利に進めていましたが、効果的に展開できませんでした。
 一方勝利した、R.B=アグ、ATPのサイトでも、紹介されています。

never-say-die attitude 諦めない試合に対する態度
 それが結果的に、カウンターショットに結びついた。
 錦織圭のウィナーに飛びつく、
 結果的に返る。そんなポイントが目立ちました。
 流れがあったのですが、そうさせてしまったとも言えます。
 スペインの選手、ボールに最後までくらいつきます。

 錦織選手、試合、集中力を維持することが出来なかった。
 仕草に、心の乱れが見える。
 それは自身の試合中の態度による。


今年のテニスを象徴している。
 試合を悪い方に、持って行ってしまったのは自分。
 心.技.体のバランスが悪い。
 確かに不調を抱えていた。
 身体が快調になり、いざ、それが今回。
 心.技.体が良い方向に循環すればよいのだが、
 その循環を切るのが、悪い、マナー、表情。

 負ける時の兆候  

 例の調子で、
 困った時のダブルフォールト。
 その後の態度が良くない。

 ミスをラケットのせいにしてはいけない
 
 そこまでにしてしまった、自分のテニス態度に反省を。
 ラケットを投げる
  =試合を投げる

 ラケットのせいにする
  =ミスを転換している。
Saynextcocentlation

 ミスした次の1stサ-ビスのフォールトも多い。
 これは、前のミスを持ちこしてしまっているから。

  自分でセカンドサーブにプレッシャーをかけてしまう。

 テニスとメンタル.タフネス  

テニスはメンタルなスポーツ 何故。
  

 平常心が重要 

 メンタル.タフネスは、心.技.体を支える。

 メンタル.タフネス4つの次元

テニス上達アイテム


 テニスグッズは スポーツ&アート

メンタル.タフネス強化ドリル 紹介

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 メンタル強化ノート 
Mtdiaryup


 テニス、システム手帳B7

 ソフトテニス応援キット

 テニス作戦ボード、特注版
 指導者、選手用。見開き2画面、マグネット、ロブの立体表示。

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 3」(ボレー)」


 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ウィンブルドン公式サイト  

 wowow テニスオンライン

 NHK ウィンブルドン

 ATP

 WTA

 テニス365 

午後に敗因を探る、メンタル.タフネス編をお届けする。
乞う! ご期待!!

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

錦織 ロランギャロス2017の反省点 心の弱さ

錦織圭のロランギャロスが終わった。
 紆余曲折の1週間。良くも悪くも。
  体調不十分の中で戦ったと言えばそれまでだが、
 いつもなら、試合経過、スコアを書くが、
 今回は、余りの不甲斐なさに、
 心の問題、メンタル.タフネスについて書くことにする。
 皆さんは、テレビを見ていて、
 ストレスがたまりませんでしたか?

 全てを象徴しているのが、第3セットのタイブレーク。
 0-7の敗れ方だ。
 心.技.体の全てが悪い方向に向かって行った。
 良い時は、先行されても、じわじわ、追いつき、
 相手にプレッシャーをかける。
 しかし、力が入り過ぎ、ネットミス。
 ストロークが悪い循環に行ってしまった。
 良い時の循環  

 悪い心の循環
Mt2ways


 メンタル強化ノート 

メンタル.タフネス向上

 ロジャーズカップで負けた時 に、言い訳無しを書いた。
  
 大きく負け越している、A.マレーに苦手意識が大きく働いていた。

A.マレー◎ 2-6,6-1,7-6(0),6-1 ×錦織圭
Murraykeoscore


A.マレーにゲームを支配された。
第1セットは好調、今年の全仏で一番良かったのではないか。
 ミスしても、冷静に淡々とプレー、少しずつゲームを支配する。
 その落ち着きが、ラリー得意のA.マレーがからミスを誘う。
 A.マレーが、もう錦織圭とはプレーしたくないと言わしめた、
 デビスカップでの試合がある。

しかし、今年の全仏を象徴するような、乱高下、
 松岡修造が、解説で、
 今年の全仏は毎試合、崖っぷちと話していたが。
 トッププレーヤーの条件として安定性、が上げられる。
 多少のアップダウンは有っても、
 修正する力があると言う事だ。
 超乱高下のF.ベルダスコ戦。  

 本人は、第2セット焦ってしまったと言うが、言い訳は無し。
 スポーツは、0sayingnoexcuse

言い訳無用。
 言い訳は
弱者の逃げ道。
 野球の
野村監督の言葉に、
「不思議の
 負け無し」、
がある。
 弱いから負けたのだ。
 ナダルが、ブルーコートで負けた時
 
 逃げ道は自分で断たなくてはならない。
 全てが実力不足と言う事、
 それを認めてからの自分の見直しだ。

 ATPのサイトでも、A.マレーとの対戦前の下馬評で、
 今の錦織圭は、クオーターファイナリストで、
 それ以上は勝てないと書かれていた。

 今年の全仏、乱高下が激しかった。

 一方で対戦した、J.シャーディ、F.ベルダスコは
 強い時は、展開が早く、全くつけ入るスキがないと。
 強い時があっても、弱い時があれば、トーナメントはそれまで。
 J.シャーディ戦

 女子のS.ハレプ、絶体絶命の第2セット1-5から逆転勝利した、
 S.ハレプのメンタル.タフネスを見習いたい。

 テニス、試合中は反省せず、次に向かうが、
 試合が終わったら、しっかり自分を整理しなくてはならない。

テニスは確率心のスポーツ
 錦織選手、今年は、右手首の不調から、
 練習不足、
 身体の他を壊す、と悪循環。
 自分自身をこわごわコントロールしている感じがあった。

 自分を信用できていない。
 心が崩れる。
 パフォーマンスが下がる、の悪循環。
 テニスは確率のスポーツ。

 それと、A.マレー戦でも、ラケットを投げつけた。
 ラケットを投げてはいけない  
 チャン戦で、同じことをして、メディア、ファンからブーイングの嵐。
 
 メンタル.タフネスを立て直さないことにはこれ以上の勝ちは望めない。
 そこを立て直せば、勝つ進むことも可能だ。
 良い時は強いのだから。

本日の御教訓 最後まで諦めない
言い訳はしない
 1:強い心で挑む
 2:ボールを最後まで追う
 3:ショットは積極的に
Saykeinoexcuserg

 錦織圭の全仏は終わった。同時に、
 ウィンブルドンに向かってのグラスコートのシーズンに入る。
 休養をしっかり取り、心機一転、頑張って欲しい。


スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage


 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

錦織のチャレンジ インデアンウエールズ2017 相性は?

錦織圭 インデアンウエールズとの相性 勝負の年、時、試合
 いよいよ錦織圭選手の正念場ですね。
 今年は、まだらしさが出ていません。
 自分で自分を苦しめているような気がします。
 全豪でR.フェデラーに敗れ
 アカプルコでは、A.ドルゴポロフに敗れ
 リオではなんと初戦負け。でも今までの貯金があるから、ランキングは5位に踏みとどまっていますが。

 面白い事に、上位の、A.マレー、N.ジョコビッチとまだ不調です。
 R.フェデラー、R.ナダルが快調。
 錦織圭とランキング  
 N.ジョコビッチのドローは死の山です。
 錦織圭は良い位置にいます。
 2回戦から出場
 イギリスの成長株、D,エバンスと、サーブ&ボレーヤーのD.ブラウンの勝者との対戦です。

錦織圭とインデアンウエールズを検証
2016 この年は調子良く、クオーターファイナルでR.ナダルに敗れる


2015 F.ロペスに敗れる ベスト16  
2014 錦織圭欠場   トッププレーヤーの激戦  
2013 ベルロクに完敗 左脇腹痛
 
2012 2回戦 ヒラルドに勝利  
 17シードで2回戦から。
2011, この時期震災がありました。
 N.ジョコビッチ、ATPのプレーヤーが積極的に支援をくれました。
 危機管理の大事さ  
 感謝です。

2010 一回戦
Keimasters


コートサーフェイスと相性、データの見方いろいろあるけれど。
 確かにインデアンウエールズは相性が悪い。7勝8敗で負け越している。
 シンシナティの3勝4敗。
 しかし、確実に上に来ている。
 このデータから見れば、今年はSF進出だ。

調子の悪い時こそ、自分に良く見る。それもプラス思考

Keipositive2017

日本選手、女子の尾崎里紗と大坂なおみが初戦で激突。
 奈良くるみ、土居美咲はアメリカの新人に、無残なストレート負け。
 この二人、何かがおかしい。

 男子、西岡良仁、ラッキーです。予選決勝で負けたのですが、
 ラッキールーザーで本戦入り。それも実力。
 インデアンウエールズの男子ダブルスが面白い。その詳細は後で紹介します。

月さんの勧めるテニス上達グッズ
 テニス作戦ボードの勧め 

 2画面作戦ボード
Tennis2magstandard2


 コーチ、選手ならテニスノートの活用

 テニスノート便利さ倍増

 錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 インデアンウエールズマスターズ 公式サイト 

 NHK テニスマスターズ インデアンウエールズ大会
 
 ATP  

 WTA

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Laver Cup | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | P.C.ブスタ | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アンダーソン | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャパロフ | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ビーナス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マクラクラン勉 | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 二宮真琴 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山・勉ペア | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 質問 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽