戦略

2017年10月19日 (木)

テニスの質問 ポーチに動きたい 良い練習は?

テニスの質問箱 ポーチに出たい!
 読者からの質問を頂きます。
 ブログをお読みいただき、感謝です。
 ダブルスの記事の質問が多いですね。
 関心が高いのですね。皆さんがプレーするのはダブルスですよね。

Q:もっと思い切ってポーチに出て暴れたいのですが、
 いざ試合になると、あまり動かない自分がいます。
 積極的に動けるようになるには、方法ってあるんですか?

A:ポーチに出たい。いいですね。
 これぞダブルスの必勝作戦ですね。
 前衛のポーチの動き、身に付けたらダブルス強くなりますよ。
 前衛が動くと、相手へのプレッシャーが大きくなります。
 先に前衛が動くことで、相手ペアは、守備になりますから。
 ポーチの有効性。
 ポーチに出るコツ。この二つを紹介しましょう。

サービス側のポーチの例です。
Dbserpoach


 ダブルス強くなる見本、
 マクラクラン勉、内山靖崇組、USチャンプ破った


テニス、特にダブルスではサービス側有利です。
 この優位性を活かしての前衛ですよね。
 ですから、サービスの陣形では、サーバー+前衛の連携が大事です。
 特に1stサ-ビス、圧倒的にサービス側が有利ですね。
 で、問題は2ndサービスです。
 サービス、リターンの力関係ですね。
 リターンが思い切り良く、反撃に行けるのであれば、状況は一気に変わります。

ポーチが上手になる練習を紹介しましょう。
 普通のボレーとポーチボレーの違いを理解しておきましょう。
Vovopoach


ボレーとポーチボレーの違い
 動く範囲
 気持ち
 ボレーのきっかけ
 タイミング
 ボレーのコース
 ぺアとの連携

ペアボレーは、普通のボレーよりも横移動が多いです。
 倍位動く事も多いです。
 その分、動き出しのタイミング、
 瞬間的な反射が重要です。

 そこでやって欲しいのが、
ボレーボレーの基本練習 

そこで横移動のボレーボレーで動きをマスターしましょう。
 コートサイドからお互いにボレーボレーをして横移動しますが、
 逆クロスに打ちながら、移動します。
Levo1


 最初は、5,6回で、コートサイドまで移動で結構です。
 移動距離にして、1,2歩で結構です。
 相手の動いた距離を予測して打つのはそれだけで練習になります。
 先に動かないように、スプリットステップを忘れずに。
 横移動のボレーボレー 

次はポーチを意識して、少し遠くに打ちます。
 目標は3回でコートサイドまで移動ですね。
 この移動距離、がポーチの移動距離です。

Levo2_2


 

 横移動のボレーボレー、動画  

動きながらのボレーボレー、
逆クロスに打つコース狙いの両方がマスターできます。
 逆クロスにボレー

 同じようなボレーボレー練習で、ブライアン.ブラザーズのスペシャル練習があります。
 
 この練習も結構難しいですよ。動画があります。
 ブライアン.ブラザーズのボレー練習
 
 やって見てください。

 ポーチは青山修子のダブルスを見習いたいですね。
 
 動画もあります。

本日の御教訓 ポーチの移動距離を覚える
横移動のボレーボレー
1:横に移動でボレー
2:3歩は動きたい
3:逆クロスに打つ

 テニスのQ&A

テニス上達グッズ  

正しい比率のコート図を使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 ポーチメニューも豊富ですよ。
Bmpovofree

 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
日本人、シングルス、ダブルス、チェックしてください。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

フェデラー強い ナダルのデフェンス力を撃破上海マスターズ2017

フェデラー、ナダル、上質の試合
参考になる点多い。
試合運び、
戦術、テニスを知るにはテニスコート下敷き、便利ですよ。
 PDFでプレゼント中! お気軽に。
C


メンタル.タフネス、マナーどれをとっても最高。
 R.ナダル、R.フェデラー、メンタル.タフネスの強さ
 
 見ていて気持ちの良い試合。

上海オープン R.フェデラー、R.ナダルを圧倒。
世界ランキング1位のナダル、2位のR.フェデラー挑戦を受ける。

 コートには、R.ナダルのボールを打つたびの声が響く。
打つ時に声を出すことで、リラックスと、
 腕が伸びる効果がある。

 M.シャラポワは騒音ですが、R.ナダルのそれは集中力の現れ。

R.フェデラー 6-4,6-3 R.ナダル  1時間12分
 この試合時間の短さはR.フェデラーの時間です。
Rfbeatrafascore


 

 R.ナダルにブレークチャンス0はR.フェデラーの完璧な勝利。
 二人とも1stサ-ビスの確率は高いです。
  R.ナダル74%、R.フェデラー68%。
 錦織圭選手に見習ってもらいたい点ですね。
  
 R.フェデラーは1stサ-ビスのポイント獲得率83%でR.ナダルの62%を圧倒。
 2ndサービスでも79%です。
 普通はR.ナダルの2ndサービスのポイント獲得率が高いのですが
 

 R.ナダルはもっとロングラリーが必要。
 R.フェデラーの速攻 が冴えました。
Sayingrf3rdattack


 R.ナダルが勝つ時は、R.フェデラーの速攻を一度止めて、
 カウンターでのポール回し的なダウンザラインで逆襲 します。
 
 今回は、R.フェデラーの早さに押されて、数センチ、外でした。
Nadal_vs_fedrerpass

ナダルのコメント、フェデラーの方が僕より良かった、それだけ。
 まだ修正点があるから、それを治すと、努力の人を示してい居た。

 R.フェデラーとR.ナダルのライバル史。
 R.ナダルの23勝15敗 これだけ見たら、R.ナダルの圧倒ですよね。
 この二人決勝を何度も戦いっています。
 でも去年、二人はランキングを落としてから、対戦は極端に減りました。

近年史 

 2017 R.ナダル見事なチャンピオン復活。 
 今年はR.フェデラーが2連勝
 

 2013頃 ナダルリードのライバル関係  

 2010 R.ナダル チャンピオン復活  

 2009 R.フェデラー、グランドスラム達成  

 クレーコートで圧倒的に強い、R.ナダル。
 上海の様な速いコートサーフェイスではR.フェデラーが有利。
 でも二人が頂点な事に間違いはありません。

 R.ナダル、R.フェデラー、ライバル関係
 

この試合、J.D.ポトロが、予想していました。
 「R.ナダルは強いけれど、
この上海の速いコートサーフェイスではR.フェデラーが有利」と

 R.フェデラーの美しいストローク  

Roger Federer vs Rafael Nadal Full Highlights HD | Shanghai Master 2017

Rafael Nadal vs Marin Cilic - SHANGHAI 2017 SF Highlights HD R.ナダルの予測力
 アンフォーストエラーの少なさ、逆を突かれた数回

Roger Federer vs Juan Martin del Potro Full Highlights HD | Shanghai Master 2017

テニス上達グッズ  

正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2mag


ダブルスフォーメーションBook

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 最新の大会ライブスコア 男子、女子、
 ライススコア、ドロー、クリックで見れる。
 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

日本ペア 念願の優勝 マクラクラン勉・内山靖崇 楽天オープン2017

ダブルスで念願の優勝 マクラクラン勉・内山靖崇ペア。
新しいダブルスの形を見た。
 アイフォーメーションの使い勝手、
 デサイディングポイントの駆け引きだ。

感動のダブルスだった。
 内山がダブルスで活躍した、
 デビスカップ、カナダ戦を思い出した。
 この時の司令塔は、錦織
 
 楽天オープン、序盤はミスが目だった内山靖崇だが、
 試合が進むにつれて、良いプレーが随所に出てきた。

第1シードを破る
 これで一気に勢いが出た。


準決勝、ペアリングが良くなる。
 

そしてこの試合、楽天オープン決勝
 強いペアでも、歯車が狂う時がある。
 ペアの不調を、何とかしようと思うんですね。

世界トップの、マレー・ソアレスペアに焦りが出てきた。
本来なら
 マレー・ソアレスペアは動きだしたら止まらない。
 まず前衛が動く。
 これが早く、速い。
 そしてJ.マレーはロブが上手い。リターンから使ってくる。
 最新ダブルスで重要なリターンゲーム

今回のダブルス、良くも悪くも、ロブが多かった。
それも Moondbreaganko

リターンの
ロブ

上手く
使った方が
 勝ち、
甘いロブの
 チームは負けた。

ロブの使い手は
マクラクラン勉
J.マレー
マクラクラン勉に
軍配
 
しかしこの日、J.マレーの動きが悪く、ミスが目だった。
 前衛の動きでミス。
 リターンのロブが浅くなる。
 特に得意のはずの前衛の動きで、単独行動が多く、
 B.ソアレスが、全くカバーに入っていない場面があった。

ロブの立体表示の作戦ボード

日本ペアの勝因
 1:コンビネーション
 2:アイフォーメーションの使い慣れ
 3:デサイディングポイントのシナリオ
Saydecidingpoint

マクラクラン勉・内山靖崇組◎ 6-4,7-6(1)
 ×J.マレー・B.ソアレス
Scorefinal


1ブレーク差で逃げ切った。
タイブレークも1の抑えたのは素晴らしい。


1:コンビネーションが上手く行った
 マクラクラン勉が司令塔。
 ダブルスで重要な前衛の動きが、何しろマクラクラン勉は良い。
 ボールをしっかり作ってくれるので、内山靖崇の動きも良くなってきた。
 アイフォーメーションでのポジションチェンジもスムーズ。
 ポイントごとに、話して確認をしていた。
 ダブルスは会話なんです。


2:アイフォーメーションの使い慣れ
 2ndサービスでもアイフォーメーションを多用。
 相手ペアにプレッシャー

相手陣形の崩し
 相手もアイフォーメーションが多い。
 マクラクラン勉の思い切りの良い、リターンが活きた。 
 まさにダブルスのリターンの見本。
 ロブのリターンが絶妙。
 このリターンもアイフォーメーションならではの産物。
 ロブのリタ―ンでなるのが、台形フォーメーション
 

3:デサイディングポイントのシナリオ

 最近のダブルス、デサイディングポイントが多くなっている。
 デュースゲームの展開と違って、
 30-40,40-30でプレッシャーが早く来る。
 2本連続ポイントではないからだ。
 集中力が重要なファクターとなる。
 そしてレシーバーズ、チョイスなので、レシーブ側に優先権がある。
 陣形をしっかり使い分けていた。
Serpairforchange


ではどうするか。
 作戦を決めておくことだ。
 動きの速いダブルスでは、臨機応変は難しい
 

 サービスゲームでは前衛の積極的な動き
 リターンゲーム、リターンもサインプレーで
 
 相手の攻撃を封じた。
 相手のミスに付け込む
Sayusemiss


マッチゲームでの、
 J.マレーのSaydbopsaypeke

 レシーブポーチミス。
 B.ソアレスの、
 1stボレ-ミスを誘う、
 上手さが出てきていた。
 ダブルスは
 ミスを誘う
 ゲームでもあるから。

 このままダブルスを組み込んでいって欲しい。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコート図を使った作戦ボード、見開き2画面


ダブルスフォーメーションBook

Dbhow


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 サインプレーの紹介。
 ダブルスのメンタル.タフネスも
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
楽天オープン  ATP500。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年10月 6日 (金)

ダブルス 日本ペア大金星 楽天オープン2017、スコア、スタッツ

日本人ペア、大金星。USオープン優勝ペアを下す。
USオープンを制したダブルススペシャリストペアを撃破。
 しかもストレート。
 この試合、最新のダブルスが見えた。
 最近の試合から、ダブルスの今をお伝えしているが。
 R.フェデラー、R.ナダルの最強コンビのダブルス

Saydb


マクラクラン勉・内山靖崇組◎  7-6 (7-2), 7-6 (7-3)
 ×第1シードJJ.ロジェール/ H.テカウ組
 日本はダブルスがいつも力負け。
 日本の女子ダブルスは強い

 1時間40分弱のロングマッチ。
 ブレークチャンスは相手が多い。
 その点日本ペア、集中力があった。 
 これもデサイディングポイントの試合の妙。
 第2セットは、日本ペアにはブレークチャンスなし。
 相手には3回のブレークチャンス。ここをしのいだのが大きい。

Dbrtscore


試合の流れ
 2回ともタイブレーク、
 ゲームはデサイディングポイント。
 毎回緊張の連続。
 これは一般プレーヤーのダブルスでも多いので、慣れる必要がある。

デサイディングポイントに慣れる事、勝利には必要だ。
 勝利の法則、デュースゲームに強くなる。
 相手はサービスエース0、日本チーム5本は大きい。
 しかも相手にはダブルフォールトが多かった。
 日本ペアのプレッシャーが大きかったのだろう。
 デュースゲーム、デサイディングポイント、集中力

試合スタッツ
Dbmacrtstats

  

勝因を考えてみた。
 まず日本ペア、相手への恐怖を持っていなかった、
 1:相手を恐れていなかった、
 2:サービス力があった
 3:マクラクラン勉のダブルス慣れ

Lcdb5

 ダブルスの陣形マスター  

 ダブルス、勝利の法則
  

 ダブルス上達のレッスンマニュアル

 ソフトテニスでは特にダブルスのメンタル.タフネスについて特別にページを割いています。

 ソフトテニス、ダブルスフォーメーションDVD
 基本の雁行陣から、並行陣、変則陣形まで詳しく解説。
 サービス、レシーブ時の陣形の推移も良く分かります。 

この勝因については次に細かく解説する。

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面


ダブルスフォーメーションBook

Dbhow


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★

楽天オープン  ATP500。
 10月1日から、杉田祐一、ダニエル,太郎、ダブルスも期待。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2017年10月 4日 (水)

スライスの効用 ティエム破ったジョンソン ハードヒッター対策

D.ティエムの強打を封じた、S.ジョンソンのスライス
 楽天オープン、大波乱ですね。
 日本で人気のD.ティエム、第2シード、敗れました。
 シードの、K.アンダーソン、R.ハリソンに敗れました。
 サービスエース、24本しのいでいます。
 S.クエリ、復活中のR.ガスケに敗れています。

 楽天オープンのドロー、注目カード

 楽天オープン初日

D.ティエム、まさかのスライスヒッターのS.ジョンソンに。
 D.ティエムのハードヒットがS.ジョンソンのスライスにかわされた。
 そんなテニスでした。

 N.キリオスの強打を封じた、G.デミトロフの試合 を思い出しました。

 杉田祐一もスライス上手いですよ
 
改めてスライス、使い勝手がありますね。
 試合の構図としては、D.ティエムのハードヒットに
 S.ジョンソンのスライスがどこまで通用するかにありました。
 S.ジョンソン、スライスヒッターはだいた粘り強い。
 予測が良いですね。

Johnsonslicetactics


S.ジョンソン◎ 4-6, 7-6(5), 6-4  ×2シードD.ティエム
Sjjondtscore


 試合は、僅差、ブレークは同じ2ですが。
 D.ティエムがずっと耐えていました。
 S.ジョンソンにはブレークチャンスが13回あったのですから。

S.ジョンソンの勝利の要因は
 1:最後まで諦めない心
 2:予測の良さ
 3:バックハンドスライスの粘り 
この3点にあります。

Saysjhonson


 D.ティエムのウィナー級のショットを、ことごとく拾って返します。
 少しずつ、D.ティエムに焦りが出てきました。
 これを見て、S.ジョンソンはにんまりです。
 このままスライスを続ければ大丈夫。
 そう思ったことでしょう。

S.ジョンソンのスライス。
 R.フェデラーほどのキレは有りませんが、
 しつこさには定評があります。
 D.ティエムのハードヒット、トップスピンがかかり良く跳ねます。
 バックハンドに跳ね上がってきたら、対応は大変です。
 でもS.ジョンソンのスライス。D.ティエムの勢いを逆利用します。
 R.フェデラーが教える、スライスの打ち方

 スライスマスターカード
Sliceracketfaceline


 トップスピン、スライスセット
  
 スライスでテニスのタッチ、フィーリングを良くしよう
  

 予測の良さと言えば、錦織圭 でしょう。
 
スライス対策

 諦めないと言えば、デビスカップの大逆転、添田豪でしょう。
 泥臭く、粘ります。


テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面

Tennie2magscorefullset


ダブルスフォーメーションBook


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ATPのライブスコア

楽天オープン  ATP500。
 杉田祐一、ダニエル,太郎、ダブルスも期待。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 杉田祐一オフィシャルサイト 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年10月 2日 (月)

ダブルス 世界の技 フェデラー、ナダルのペア Laver Cup

ダブルス、世界の技とフォーメーション
 今日から楽天オープン、本戦が始まる。
 テレビとビデオの活躍する時間だ。
 テニスをする時間があるかなあ?
 ダブルスも放映してくれると嬉しいが。
 楽天オープン、注目カード

面白い試合があった。
 R.フェデラーとR.ナダルが組んで、J.ソック、S.クエリのペアと対戦する。
 エキビジションマッチのLaver Cup
 Laver Cupの試合内容、結果 

エキビジションマッチだからと思っていたが、これが凄い。
 お互いのテニスが、相手の良い処を引き出す。
 究極のダブルスを見た感じがする。それぞれの個性を活かして。
 ダブルスが改めて、多くの要素が含まれていると感じた。

 スコアはあまり関係ない、その内容をチェックしたい。
R.Federer & R.Nadal (Europe) Lcdbrfnadal

6-4 1-6 1-0 (10-5)
S.Querrey & J.Sock (World)


 超トッププレーヤーのダブルス。
 でもその基本は同じ。
 速さ、早さ、強さは、真似出来ないが、
 コンセプトは真似をしたい。
 F1の技術を活かす、一般車の乗り心地と考えよう。
 

R.フェデラー、R.ナダルのペア。シングルス世界ランク1,2位のぺア。
 初めて実現した。
 R.ナダルとR.フェデラーのライバル関係
 

実はR.フェデラーはダブルスも名手。
 スイス、デビスカップを優勝に導いている。
 ペアはS.バブリンカ。夢のペアですよね。
 
Lcdbrfnadal_2

R.ナダルだって、ダブルス上手い。回転系のショットはダブルス向き。
 ダブルスの優勝もある
 スペイン、ダブルスプレーヤーを多く輩出している。

一方のアメリカペア。
 サービス力から攻撃する、速攻ペア。
 J.ソックは、ダブルス、上手い。
 ウィンブルドンでも優勝している。
 ブライアン.ブラザーズを破ってだから凄い
 

 S.クエリは長身からのビッグサーブ。
 超攻撃型のプレーヤー

 4人とも主戦場はシングルスだが、ダブルスも得意。
 だからダブルスが良く見える。
 4人が喜々としてダブルスを楽しんでいた。
 あれだけレベルが高ければ、超楽しいでしょうね。


サービス、リターンゲームでの陣形の使い分け。
 1stサ-ビス、2ndサービスでの考え方が大きく異なる。

 この辺、一般プレーヤーでは、サービス、リターンゲームの意識の差は少ない。
 1stサ-ビス、2ndサービスでの差も少ないだろう。

 特にリターンゲーム、これが一般プレーヤーには重要だと感じる。
 何故なら一般プレーヤーのダブルスでは
 サービスキープ力がそれほど高くない。
 もっともっとリターン有利になっても良い。

 一般プレーヤーのダブルス、雁行陣が主体だが、
 もっと陣形のバリエーションが合っても良い。

 アイフォーメーション、サインプレーは使い勝手がある。
 
まず、戦略、陣形。
 伊達公子のダブルス戦略
 
 それを立てる前に自分のペアの個性を知る。
 相手の個性を知る。

サービスゲーム、ビッグサーバーの1stサ-ビスは圧倒的にサービス側有利。
 しかし2ndサービスは、リターナーの実力で変わる。

 ビッグサーバーのサービスエースは諦めるしかない。
 S.クエリ、J.ソックの速さ、R.フェデラーのキレ。

 2ndサービスはR.ナダルのリターンがダブルス向き。
 R.フェデラーも攻撃的なリターン。

 ストローク、お互いのフォアハンドは強力、一発で抜き去る。
 かなり深く打つ、相手を動かさない限り逆襲を食らう。

 ストローク、速くて、威力があるので、ボレーも予測は必要。
 浅いボールを打ったら、反応している時間的余裕はない。

 ダブルス陣形総合編レッスンカード  

ダブルス雁行陣レッスンカード

 ダブルス並行陣レッスンカード 

 サービス側の陣形は1stサ-ビスはアイフォーメーション、普通の雁行陣半々。
 この時のレシーブ側はまず後衛陣で。


 アイフォーメーションの使い勝手

 アイフォーメーション対策は後衛陣 

 2ndサービスに陣形が動く。
 ここで良くある雁行陣に。
Lcdb2ndser

 ストロークで早いボールが多い中で、R.ナダルのムーンボールが活きる。
 良く弾むので、自分達が動く余裕が出来る。
 R.ナダルがベースラインからムーンボールを打って、
 R.フェデラーはスルスルと前に上がる光景が多かった。

 驚いたのが、R.フェデラーのネットの素早さ。
 R.ナダルのカバー  能力。

 なにしろ、凄いダブルス、動画でご覧ください。

ダブルス上達のヒント集

 上達、基本中の基本

 小さなルーティーン   

 陣形の妙をつかむ    

 大きく上手くなる小さなコツ 

 デビスカップの錦織圭に学ぶ   

 ボレー強化 

R.フェデラー、R.ナダル組のダブルス ハイライト動画

テニス上達グッズ 

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


 ダブルス、ボール出しマニュアル
Bmvost

 
正しいダブルスコート図を使った作戦ボード、見開き2画面


ダブルスフォーメーションBook

Dbhow


コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★

楽天オープン  ATP500。
 10月1日から、杉田祐一、ダニエル,太郎、ダブルスも期待。

wowow ライブ 

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年9月25日 (月)

東レ2017優勝 Newウォズアニッキ 攻撃力up

東レ2017優勝 Newウォズアニッキ 攻撃力up
 持ち前の安定性に加えて、攻撃力。
 特にサービス力。
 そして高速ストローク。
 進化を示した、女王G.ムグルッサ戦。
 完勝で自信をつける。

 インタビュ―でも、「自分の課題であった、最後までアグレッシブに戦えたことに満足している。」
Cwcuptoraywta


 東レ、C.ウォズアニッキ  

 実は今年、Missセミファイナルリスト
 7回、決勝で負け。
 良く言うと7回のファイナル進出。

 東レ連覇達成。
 2016 優勝! 急上昇の大坂なおみをかわす。
 
 C.ウォズアニッキでデビュー当時のチャーミングさ
 
今までのC.ウォズアニッキ、上手いし、下位に負けないけれど、
 上位に勝てない、
 圧倒的な攻撃力が無いと。

 しかし、今回の東レパンパシフィック、大きく変わりました。
 準々決勝のD.チブルコワ戦、
 マッチポイントからの逆転、

 そして、女王G.ムグルッサに圧勝の準決勝
 
 超強打には、緩いボールを活用、得意の打ち方だ。

東レパンパシフィック2017 決勝
C.ウォズアニッキ◎ 6-0,7-5 ×A.パブリシェンコバ
Cwscore


ベースラインから少し上がって、ラリー戦を好んでいたが、
 積極的にベースラインに入り、高い打点で叩くようになる。
 相手の強いボールに対しても、A.ラドバンスカ風
 
 座り込みライジングで対抗。
 このコントロールが良い。

 真似して欲しい、C.ウォズアニッキの基本ストローク
Cwstbasictoray


 

 相手が前に出てきても、慌てずパッシングショット。
 これがショートクロス、良く落ちる。
 トップスピンが効いている。

 得意のムーンボールに頼らず、高速ラリー戦に付き合う。
 続くと、展開を緩くして、時間を稼ぎ、
 相手がペースを合わせると、急にカウンターを早くする。
 これでウィナーが抜けていく。

 賢いテニスが良く見える。
今までのC.ウォズアニッキのテニスは
 1:ムーンボール主体でつなげるテニス。
  悪く言えばミスマチ
 2:サービスは無理せず、ダブルフォールトを減らす。
 3:無理しての攻撃は、勝ちが見えてから。
 4:攻め込まれると、ロブで時間稼ぎ。
 すこしオーバーだが、非常に守備的なテニスだった。

 C.ウォズアニッキがミスをすると、信じられない。
 2010年のC.ウォズアニッキ  

これが攻撃的になった。
 サービス、ストロークとスピード展開を早くして、
 ムーンボールで続ける展開が激減した。

 相手が攻撃した時のカウンターは元から得意。
 この鋭さを増している。

  トップスピンマスター

 バックハンドマスター 

試合のスタッツ
 サービスエースが、これは特筆。
 センターへの早いフラット、
 サードに逃げるスライスサービスを使い分けていた。
 サービスの打ち分け法。

 サービスエース6本、ダブルフォールト0
 ピンチでダブルフォールトのA.パブリシェンコバとの差がはっきりしている。
Cw2ndsertspin


 1stサ-ビスのポイント獲得率は71%で普通だが、
 2ndサービスでも75%h驚異的。
 次のストローク戦の自信があるのだろう。
 特に第1セットの2ndサービスポイント獲得率は83%。
 凄いですね。
 2ndサービスの打ち方、女性でもキックサーブと行かないまでも
 トップスピンサービスは常識に。

  サービス力アップ

 この時に、腕の回内を使うが、練習には十分い注意して欲しい。
 コーチから正しい打ち方で練習しないと、テニスエルボーになり易い。
 キックサーブ、練習の注意点
 サービス、ストローク、手打ち厳禁。
 運動連鎖を使おう

 ブレークチャンスを与えない強さ。

 アンフォーストエラーは一けた台で、
 A.パブリシェンコバの攻撃力を封じた。
 第2セット自分のテニスは攻撃のみ、と開き直った、
 A.パブリシェンコバに反撃を浴びるが、
 落ち着いて、しのぐ。
 決して慌てる事が無かった。
 防御の自信があるからだろう。

2011、C.ウォズアニッキ一位の頃
  攻撃力のセレナvsデフェンス力のC.ウォズアニッキ
 
 この頃はグランドスラムの優勝が無くてもランキング一位で、
 無冠の女王と言われた。

東レ ファイナルハイライト動画

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Wb2magmag


ダブルスフォーメーションBook

コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 東レパンパシフィックopen2017 公式サイト

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

ダブルスの進化 東レ2017 決勝から  強化法研究

ダブルス決勝 東レパンパシフィック2017
 ダブルスって面白いですね。
 ペアの個性が光る。
 若いシングルスペア二人と、ダブルスのスペシャリストペアの対決。
 ダブルスのスペシャリスト、第4シード、クレパッチ、サンチェス組が
 クレパッチ、34位
 サンチェス 26位 しかしチームとしては10位
 超攻撃的な二宮真琴

 ムササビポーチの青山修子

 ダブルスランキング  
 日本人ペア、結構上位にいます。期待しましょう。
 オリンピックに向けて好材料です。
 男子を何とかしたいですね。
 デビスカップ、日本ワールドグループに残留
 ダブルスにも光明が。

 シングルスのトッププレーヤー二人に勝利。
 D.ガブリロバ、D.カサキナ ダリアペアは、シングルスのトッププレーヤー。
 若く、さらに上を目指す。
 奈良くるみ、尾崎里紗ペアに接戦で勝った。
 勢いがある。

M・クレパーチ/ M・マルティネスサンチェス組◎ 6-3,6-2×D.ガブリロバ、D.カサキナ組
 ダブルスとシングルスの違い を知る。
 

 ダブルスの醍醐味を教えてくれた。
 テニスは戦略的、戦術的なスポーツ
 

 ダブルスはより戦術的
 
 ダブルスは共同社業 だから。

 ダブルス力を知る 
Dbpowerchart


 

 テニスノートの活用  

 ダブルスに強くなる  

 ダブルスは二人のシングルスではない
 

 バドミン高松ペアに学ぶダブルスの基本  
Bad


東レの決勝に話を戻します。
 この試合、見ていてダブルスの参考になる事が多かった。
 参考になる点
 1:ダブルスのスペシャリスト対シングルスチーム
2:デサイディングポイントの試合
 プレッシャーが早く来る。
3: ダブルスは陣形勝負
4:ダブルスはペアリング、コンビネーション、
 次に分けて細かく説明しよう。

1:ダブルスのスペシャリスト対シングルスチーム
 非常に面白かった。
 前々からダブルスは専用の戦略、戦術必要と話していたが。
 シングルスの若い二人、ショットの勢いは有ったが、
 ダブルスのプレースメントが重要。
 ダブルスを知り尽くしている経験がものを言った。
 シングルスペアの弱点とは。
 個人のショットに頼って、ペアを活用していない。
 戦術的には、ペアリングがしっかりしていない。

 カバーが遅れたり、
 サインミスも見受けられた。
 アイフォーメーションは取るが、前衛、特にD.カサキナは動きが少ない。

 この点ダブルスチームは、コンビネーションがしっかりしている。

一方のクレパッチ、サンチェスペアは、ダブルスのスペシャリスト。
 どう戦うかが見ものだった。
 最初はダリアペアが、ショットの勢いで相手を押し込んでいた。
 しかし、ダブルスのスペシャリスト達は、
 相手のスキを見つけて、そこにたたみみかけてきた。
 流レをつかむ、これが上手さ。

 ダブルス強化の練習 優先順位  

シングルスチーム
 ストロークが少し内側に入り込むこと。
 ダブルスチームは、しっかりアレーに来る。
 特に若いペアがアイフォーメーションをしている時に、
 アレー目がけてのリターンエースはダブルススペシャリストならではのショットだ。
 ダブルスチームはアレーを活用する。

2:デサイディングポイントの試合
 結構デサイディングポイントがあったのだが、ここで勝負が分かれた。
 ダブルスチームに流れが動いた。
 デサイディングポイントの対処に仕方、
 プレッシャーが早く来ることになる。
 普通はデュースから一本あり、そこからゲームポイントが来るが、
 デサイディングポイントが一本勝負なので、30-40,40-30の段階で、
 プレッシャーが来ることになる。
 なんとかデュース、と安心する余裕はない。
 両チームとも、デサイディングポイントのレシーバーは決めていた。
 勝利の法則 デュースゲーム
 

3: ダブルスは陣形勝負
 この試合、最初は雁行陣で始まったが、
 ダブルスチームが優勢になると、
 お互いにアイフォーメーションを使う様になった。
 アイフォーメーション、最近は2ndサービスでも使っている。
 サービスのコースが甘いと逆襲されれる
 基本はセンターが多い。その理由は?
 リターンの角度がつけにくい。
 サービスの勢いを使える。
 センター狙い前衛の、頭周辺をサービスが通過する。
 かなりのコントロールが必要だ。
 ダブルスは陣形勝負  

4:ダブルスはペアリング、コンビネーション、
 二人で共同作業。
 きちんと陣形をとる。
 シチュエーションでフォーメーションを変える。
 これが相手にプレッシャーを与える。
Dbpair112


  ダブルスはペアリング

テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird

ダブルスフォーメーションBook

コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 東レパンパシフィックopen2017 公式サイト

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォズアニッキ 強打対策の徹底 女王のリズム崩す

ウォズアニッキの戦術勝ち 緩く、賢く勝つ!
 ハードヒッター対策、勝利の法則を示してくれた。
 改めてテニスが戦略、戦術勝負と良く分かる。
 皆さん、テニスのショットの練習ばかりしていませんか?
 テニス上達には?

 東レパンパシフィック、「この大会が大好き。」と語る。
 日本が大好きでファンも多い
 基本に忠実なプレースタイルで、見ていて参考になる。

 去年はハードヒッターの大坂なおみを下して優勝
 
  2016 東レパンパシフィック 

 連覇を狙う。

 準決勝、C.ウォズアニッキ、A.ラドバンスカ戦
 
 参考になる試合  

 C.ウォズアニッキの良さ。
 お手本となる各ショット。
 無理のない打ち方。
 アンフォーストエラーが少ない。
 女性はもちろん、男性にも試合展開は役に立つ。

C.ウォズアニッキ◎6-2,6-0 G.ムグルッサ
柔良く剛を制するのお手本。
 G.ムグルッサはウィンブルドン優勝
 
 USオープン終了時、世界ランク1位に上り詰めた。

 攻撃テニスの最高峰。
 C.ウォズアニッキのデフェンス力がどう対抗する見ものだったが。
  
 この世界ランク1位のG.ムグルッサがあれよあれよと崩れて行った。
 6回ブレークされるなんて信じられない。
 1stサ-ビスのポイント獲得率が43%、信じられない。
 C.ウォズアニッキの75%。
 アンフォーストエラーは一桁だろう。

 東レパンパシフィックでは2014セミファイナルで激突し、
  2014 伊達公子選手がV.アザレンカに敗れた
 
 この時はC.ウォズアニッキがフルセットで勝利。
 今年はシンシナティで、C.ウォズアニッキが勝利。
 これで3勝3敗のイーブン位になった。

圧倒的な攻撃力のG.ムグルッサ。
 ハードヒットの選手、自分を信じている時に強さを発揮する。
 一方のC.ウォズアニッキは自分のデフェンス力を信じて、
 G.ムグルッサの強打を封じる作戦。

 効果的だったのが、C.ウォズアニッキ得意のムーンボール、
Stballline6


 時間でリズムを狂わす。
 しかしG.ムグルッサ、同じボールを打っていたら、スグにタイミングを合わせる。
 緩いボールを基本に、
 カウンターで早い切り返し。
 これは伊達公子選手のライジング

 緩いボールを予測したG.ムグルッサが動けない。
 野球でもスピードが無い投手は、緩いボールを上手く使う。
 時々入れる速球が活きる。

Cwgm

サービスはG.ムグルッサ、早いサービスで攻める。
 C.ウォズアニッキ、リターンはゆっくり深く
 これが深い。
 G.ムグルッサ打ち込む。
 速い、弾丸ライナー、1秒でC.ウォズアニッキ陣営に。
 良いボールだ。
C.ウォズアニッキ慌てずに得意のムーンボール
 滞空時間は1.5秒以上。
 G.ムグルッサ、待ち切れない。
 無理して叩く。
 これをC.ウォズアニッキ、待っていた。
 ベースラインに入り、ライジングでカウンター。
 伊達のライジング、戦術勝ち。

 ピッチャーの投球術に学ぶ、サービス
 これと同じ。

 C.ウォズアニッキ、D.チブルコワからマッチポイントを逃れた準々決勝。
 一般プレーヤーにお手本となる、C.ウォズアニッキの戦術。

 東レで以前にもあったC.ウォズアニッキ
 驚異の粘り勝ち  


 
勝利の法則 ハードヒッターには
ペース、リズムは遅く
 1:緩い展開で
 ハードヒッターは速い展開が好き。
 敢えて我慢して緩いボールで展開を作る。
 相手がイライラして来たら、作戦成功。
 メンタル.タフネスの第一歩だ。
 伊達公子選手が上手いですね。リズムの作り方
 
 2:ペース、リズムは自分で作る
 得意のムーンボールが活きる

 3:読みを外す 
 そのためには同じショットを打たない事。
 サービスもコース球種を変える。

Saywinlawcwvshh


テニス勝利の法則 

 C.ウォズアニッキ、D.チブルコワからマッチポイントを逃れた準々決勝。
 一般プレーヤーにお手本となる、C.ウォズアニッキの戦術。
 驚異の粘り勝ち  
決勝ではC.ウォズアニッキ戦とは逆の状況で、
 デフェンス力のA.ケルバーを破った、攻撃力のA.パブリシェンコバと対戦する。
 C.ウォズアニッキの5勝1敗。しかし全て2012年まで。
Toraycwapav

 決勝も、デフェンス力対攻撃力で見もの。
 楽しみ。


テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
Allstaffscorebird

ダブルスフォーメーションBook

コーチ御用達、ボール出しマニュアルの内容
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 東レパンパシフィックopen2017 公式サイト

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年9月12日 (火)

ダブルスコート 大きさのイメージ シングルスとの違い

ダブルスコート、正しい大きさのイメージを持とう。
正しく使って欲しいテニス用語。イメージが変わります。
 特にテニスの解説者。お願いします。
 コート図のイメージがこんなに違った時も。

 チェンジコートなんて間違い用語 も使っていました。
 司会者がチェンジエンドと言い直していましたが。

 昨日アップした、フォアサイド、バックサイドの間違い。
 反響が大きかったです。
 ダブルスのイメージが全く違ってきますから。
 正しい用語を覚えましょう

昨日始まったJapan Women’s Open 2017
USオープンに出場していた選手、多く出ています。
 奈良くるみ選手、大坂なおみ選手とい回戦で激突。
 クルム伊達選手の最終戦にも注目。
 クルム伊達選手の最初の引退の時に
 テニス雑誌で感謝状を作りました。
 僕は、スキーコーチのかたわら
 テニス雑誌の編集の仕事をしていました。
 そこで生まれたのが、テニス徒然草です。

 クルム伊達選手、僕は凄く学びました。感謝です。

江口選手がサースポーの中国選手と対戦していました。
 すると解説者が、バックサイドを狙われている、
 サースポーの選手のバックサイド(間違い用語)はフォアハンド側ですよね。
 フォアサイド、バックサイドでいいの?

USオープンのダブルスの解説で、解説者が、ダブルスの事を理解していない発言をしていました。
 「ダブルスは半分守ればいいから楽。」
 まあ、解説者としては、ダブルスが盛んな日本、
 より親しんで頂きたい、そう思ったのでしょうけれど。

そこで皆さんに質問です。
 ダブルスはDbcq

 シングルスの
 半分?

 ダブルスは
 シングルス
 よりも楽?

 この二つ
 どうですか?
 皆さんどう思いますか?

 少し考え見てください。
 確かにダブルスコートを半分づつ守る。
 これなら半分?
 それはシングルスコートとダブルスコートの大きさの把握が無いですね。

 正しいコート図のイメージ  

 ダブルスコートの大きさを簡単しましょう。
 そしてシングルスコート。

 ダブルスを楽しまれている方は、シングルスコートは全くイメージできないと思います。

 ジュニアはシングルスをプレーすることが多いのですが、
 ダブルスのコートでそのままプレー。
 下手をすると面倒だからとシングルスポールを付けないケースも多いです。
 これではシングルスのイメージが湧きません。

 ジュニア用作戦ボード  

 最近ソフトテニスでもシングルスが盛んです。
 ソフトテニス、シングルスコート対応の作戦ボード

ダブルスは楽。
 確かに、半分づつのイメージで、
 来たボールを返すだけであれば楽ですが。

 ソフトテニスはダブルスがメインですが、
 陣形がの変化が目まぐるしいですよ。

ダブルスコート、シングルスコートと比べたら、半分を守るとして、
 2/3なんです。

 そして楽かどうかは、ダブルスの考え方次第ですね。

たかがテニスコート、されどテニスコート
 コート図を描いてダブルスのイメージチェック
 テニスコートの心理学

正しい比率のコート図下敷き プレゼント

Tc


ソフトテニス、硬式テニス、おっしゃってください。

詳しい答えは次にアップしますね。


ダブルスコート、ダブルスのイメージです。
Dbca


テニス上達グッズ  
正しいダブルスコーズを使った作戦ボード、見開き2画面
 

ダブルスコート図、満載のテニス上達ノート  
 お客様からのご要望を取り入れ進化中

USオープン 男子ダブルスの決勝です。


★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 Japan Women's Open Tennis 2017

 wowow on line

 ATP

 WTA

 テニス365 

 
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。  

| | コメント (4) | トラックバック (6)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

adidas | ATP | ATPファイナル | D.ポトロ | DVD | IPTL | Laver Cup | Li Na | M.キーズ | Na Li | Nike | P.C.ブスタ | Q&A | RICE | Rioオリンピック | UNIQLO | USオープン | UVカット | WTA | ひじかたスキースクール | アザレンカ | アゼレンカ | アドバイス | アプローチ | アルマグロ | アンダーソン | アート&スポーツ | イズナー | イタリア | イチロー | イメージ | イラスト | イワノビッチ | インディアンウエールズ | インナー | インナースキー | インナーテニス | ウィリアムス | ウィンブルドン | ウェブログ・ココログ関連 | ウエーデルン | ウォズニアッキ | ウダン | エッセー | エナン | エラーニ | オリンピック | カチャノフ | カード | カービング | ガスケ | ガルビス | キッズ | キリオス | キルジオス | ギネス記録 | ギャグ | ギャンブル | クイズ | クビトバ | クライシュテルス | クリテルス | クレーコート | クールダウン | グラトリ | グラノラー、ロペス | グランドスラム | グリップ | グルビス | ケルバー | ゲーム | コツ | コリッチ | コンディショニング | コーチング | コート | ゴファン | ゴルフ | サッカー | サービス | サーブ&ボレー | システム | シャパロフ | シャラポワ | シューズ | シリッチ | シングルス | ジュニア | ジョコビッチ | スキンシップ | スキンビクス | スキー | スキースクール | スケート | スコア | ストリングス | ストレス解消 | ストレッティング | ストローク | ストーサー | スノーボード | スポーツ | スポーツ&アート | スライス | スーパーショット | ズベレフ | セレナ | センターセオリー | ソック | ソフトテニス | ソンガ | ゾーン | タイガーウッズ | ダニエル,太郎 | ダブルス | ダボススノースクール | チャン | チリッチ | ツォンガ | ティエム | ティプサレビッチ | テクニック | テニス | テニスエルボー | テニススクール | テニス手帳2016 | テニス肘 | デビスカップ | デフェンス | デミトロフ | データ | トップスピン | トッププレーヤー | トミック | ドリル | ドロップショット | ナダル | ニュース | ノート | ハレプ | バックハンド | バドミントン | バブリンカ | バルトリ | パエス | パソコン・インターネット | パッシング | パラレル | ヒューイット | ヒンギス | ビデオ | ビーチテニス | ビーナス | ピッチャー | ファッション・アクセサリ | フィッシュ | フィーリング | フェデラー | フェドカップ | フェレール | フォーメーション | フットワーク | ブシャール | ブライアン.ブラザーズ | プレゼント | プロモーションビデオ | ベッカー | ベルディハ | ベンチッチ | ペア | ペット | ペトロバ | ホワイトボード | ボレー | ポスピシル | ポーチ | マイアミ | マクラクラン勉 | マグネットボード | マスターズ | マッケンロー | マドリッド | マナー | マニフェスト | マレィ | マレー | マンガ | ミニテニス | ムグルサ | ムーンボール | メッシ | メンタル | モンフィルズ | ヤンコビッチ | ユニクロ | ユーモア | ライブ | ラオニッチ | ラケッティング | ラケット | ラドバンスカ | ランキング | リシキ | リターン | リンク | ルーティーン | ルール | レッスン | ロジャーズカップ | ロディック | ロブ | ロペス | ローマ | 上海 | 上達 | 上達本 | 両手打ち | 中級 | 中高年 | 予測 | 二宮真琴 | 人生 | 伊藤竜馬 | 伊達 | 住まい・インテリア | 作戦 | 作戦盤 | 全仏 | 全米 | 全英 | 全豪 | 内山・勉ペア | 内山靖崇 | 写真 | 分析 | 初心 | 初心者 | 初級 | 前哨戦 | 動画 | 勝利 | 勝因 | 北京オリンピック | 卓球 | 合宿 | 名言 | 土居美咲 | 基本 | 大坂なおみ | 大島プロ | 奈良くるみ | 女ダブ | 子供 | 安定指数 | 尾崎里紗 | 川柳 | 心と体 | 怪我 | 恋愛 | 悩み | 情報 | 感覚 | 戦略 | 戦術 | 手帳 | | 携帯 | 敗因 | 教訓 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人 | 日比万葉 | 日比野菜緒 | 日記・コラム・つぶやき | 日誌 | 映画・テレビ | 景品 | 月さん | 杉山 | 杉田祐一 | 東レ | 東レパンパシフィック | 松井 | 森田あゆみ | 楽天 | 歴史 | 水分補給 | 水泳 | 流れ | 添田豪 | 無料プレゼント | 熱中症 | 猪苗代 | 猪苗代スキー場 | 生中継 | 用具 | 用語 | 睡眠 | 磐梯スキーアカデミー | 科学 | 経済・政治・国際 | 統計 | 美容・コスメ | | 肩こり | 育児 | 膝痛 | 自習 | | 花粉症 | 菅平 | 西岡 | 親子 | 試合 | 質問 | 趣味 | | 軟式 | 速報 | 遊び | 運動 | 部活 | 野球 | 野球肘 | 金沢区 | 錦織 | 陣形 | 集中力 | 青山修子 | 面白 | 音楽