カテゴリー

amazon

« 世界卓球 男女 メダルは確定 目標は打倒中国 | トップページ | 世界卓球 日本 女子、銀 男子、銅 強くなるには »

2014年5月 5日 (月)

世界卓球 台上の格闘技 心と技 水谷 石川

卓球は、台上の格闘技。
 テレビで観戦中の、世界卓球。
 これほど面白いとは。
 スリリング、手に汗握る。自分も一緒に応援している気持ちになれるから楽しい。
 男子は銅メダル 止まり。
 ドイツの壁。
 
 各選手のコメントが試合内容を語っている。
Pp


 日本おエース水谷は 「僕が2勝しないと」と。でもよく戦った。
 丹羽選手、ボル選手を見て、まだ勝てないと思った。
 「サービスのリターンを予測を外したところに返してくる。」
  

 女子は興奮しました。香港破って中国との決勝へ。
 日本女子試合の解説 

 平野早矢香が、苦手選手から、超大逆転、奇跡ですね。

Ppf

 
 2セットダウン、4-9からの逆転。
 精神力以外の何物でもないですね。

 スポーツとメンタル.タフネス。
 心.技.体、心も鍛えよう。  

 大エース石川佳純 大車輪の活躍。精神的に凄い。

Ppsertoss


「松岡修造氏」などのトップアスリートや、浪速高校をはじめ全国180校の高校野球部、
プロゴルファー達もその効果を実感した!試合で本来の実力を覚醒させる
“60秒メンタルトレーニング”が、遂に一般公開!!

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]

 
 卓球の試合もデータが試合中に出るようになった。
 サービス側のポイント獲得率が60%位に行かないと、勝つのは難しい。
 2ポイント、3ポイントの連取が勝つには必要。

 テニスと卓球  

 この辺はテニスの勝利の法則と似ている。


 サービスからの展開が早い。
 0,3ー 0,4秒でボールは返ってくるので、意識しての動きでは間に合わない。

 攻撃と守備の切り替え。
 回転量の使い方、切り替え。
 コースの読み。
 特に最近は、チキータの普及で、リターン力が増していること。

 試合が1セット10ポイント、サービスが2ポイント交代なのでテンポが良い。

 卓球の凄さが分かる動画
 

 中学、女子ダブルステニス、試合から学ぶ点


 回転力の影響が大きいので、
 このボールを打てば、相手はここに返す。
 その予測能力が重要。


 世界卓球  水谷準 ポルトガル戦
 ハイライト動画
 

卓球の作戦ボード 
 スポーツ用作戦ボード、注文制作 3日でお届け
A4


これはバスケットの例

 テレビ東京 卓球公式サイト 
 全農世界卓球公式サイト  

 日本卓球協会 公式サイト 
 世界卓球 公式サイト 

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 神奈川情報へ

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 健康ブロへ
にほんブログ村


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

« 世界卓球 男女 メダルは確定 目標は打倒中国 | トップページ | 世界卓球 日本 女子、銀 男子、銅 強くなるには »

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

世界」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

卓球」カテゴリの記事

コメント

卓球は英語に訳すとtable tennis。
(ping pongとも訳しますが)

ルールはテニスと似ている?

テーブルテニスとピンポン。
どちらが、英語圏の国で
普通に使われているのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界卓球 台上の格闘技 心と技 水谷 石川:

» 世界卓球 男女メダル 中国戦への課題 [ショップブログ]
世界卓球  スポーツと上達  日本男女でメダル。  女子は銀。  男子は銅。  まだまだ高い中国の壁。  世界卓球中国の強さ 攻めの強さ。  試合の主導権の握り方が上手い。  中国の外交姿勢と似ている? 強引だけれど。  学ぶ点は学ぼう。  テニス、錦織圭選手に見る試合の展開力  錦織圭選手、トップ10入り目前。マドリッドオープン、ロランギャロに向けてクレーコートの戦いが始まります。   女子は銀メダル    石川佳純:課題を見つける。  レシーブ。 ... [続きを読む]

« 世界卓球 男女 メダルは確定 目標は打倒中国 | トップページ | 世界卓球 日本 女子、銀 男子、銅 強くなるには »

無料ブログはココログ